<< 729) 十 島 村? 727) 臨時増刊 ・ 今月の鰻 >>

728) 金次郎・次郎

「早く撮って、早く。人が来る!」 とか言いながら写してもらったたのに、公開してしまった。

せっかく写したのに、その時は人に見られたくないと慌てていたのでワラジに履き替えていない。
残念!画竜点睛を欠くとはこの事だ。
ちなみに、 『晴』ではなく 『睛(ひとみ)』  恥ずかしながら最近気が付きました。

『睛』・・・・目が青い。 「欧米か!」

内子町民具資料館で金次郎君と記念撮影。
d0092767_9423293.jpg

愛媛県喜多郡内子町は木蝋と白壁の町。内子座もある。
内子座
木蝋や生糸等の生産で経済的にゆとりのある時代に、芸術、芸能を愛してやまない人々の熱意で生まれた木造の劇場です。あるときは、歌舞伎、人形芝居、あるときは落語、映画等と農閑期にはもてはやされ、出し物が内子座を彩り、人々の心の糧として大切にされました。名前を「内子座」といいます。
内子座は、大正5年2月(1916)大正天皇即位を祝い創建。木造2階建て瓦葺き入母屋造り。ホールとして活用後、老朽化のために取り壊されるところ町民の熱意で復元。昭和60年10月、劇場として再出発。

d0092767_941335.jpg

木蝋はハゼの実から採った蝋で和蝋燭の原料。

木蝋に触発され『次郎物語』を思い出した。
金次郎ではなく次郎の祖父の家業はたしか木蝋を商う大商人。徐々に思い出してしまった。
下村湖人著 次郎物語。なつかしー。
[PR]
by ikuohasegawa | 2009-03-09 07:26 | 散歩・お出かけ | Comments(2)
Commented by アルチュハイマー at 2009-03-10 09:00 x
は氏ともあろう人が、「点睛」に今頃気付くなんて、ほんとうに恥ずかしいじゃないですか。言葉の由来がわかっていれば、絶対間違えないんですがねぇ。
 由来と言えば、ここで漢字クイズを。「かんぺき」と「ごりむちゅう」の由来と正しい字がわかりますか?
 「次郎物語」なつかしいですね。中1の時に読んでおりました。NHKの連続小説ドラマでもやってたんですよね。
Commented by ikuohasegawa at 2009-03-10 12:04
長々書くのがめんどうですから、語源由来辞典をどうぞ。

http://gogen-allguide.com/ 
<< 729) 十 島 村? 727) 臨時増刊 ・ 今月の鰻 >>