カテゴリ:散歩・お出かけ( 716 )

4-436) 初詣は富岡八幡宮

3日は初詣。
健康で新年を迎えられたことに感謝申し上げました。

氏神様の富岡八幡宮です。
d0092767_14390323.jpg
三日の朝ですから人出はまばら。
d0092767_14380341.jpg
手水舎が少し滞るくらいでした。
d0092767_14383346.jpg
富岡八幡宮といえば深川の富岡八幡宮(暮れに騒動のあったあそこ)が有名ですが、本家はこちら(横浜市金沢区豊岡東)です。

富岡の地に祀られた八幡様と、江戸深川に勧請した「富岡八幡宮」の違いがあります。
両神社の由緒
富岡八幡宮
富岡の小山にあり、鎌倉から見ると鬼門の方角に当たり、社も鬼門の方を向いている。1191年(建久2年)、源頼朝公が鎌倉幕府の厄災防除の神として摂津国、西宮神社の恵比寿様を祀ったのが始まりで、後の1277年(安貞元年)に八幡大神も併せて祀るようになり、それに伴い社名を八幡宮と改めました。

富岡八幡宮
1627年(寛永4年)、当時永代島と呼ばれていた現在地(深川のちに富岡)に創建されました。社地と氏子の居住地として周辺の砂州一帯を埋め立てた六万五百八坪の社有地を得ました。
世に「深川の八幡様」と親しまれ、今も昔も変わらぬ信仰を集める「江戸最大の八幡様」です。
そうですあの事件は「六万五百八坪(当時)の社有地」をめぐる骨肉の争いだったのです。


我が富岡八幡宮には鯛みくじもあります。
d0092767_15025235.jpg
もともと恵比寿様を祀ったのが始まりですし、今もお祀りされておりますからね。

金沢七福神の恵比寿様の神社です。




[PR]
by ikuohasegawa | 2018-01-04 04:19 | 散歩・お出かけ | Comments(4)

4-342)初日の出

初日の出。
横浜の日の出は6時50分。
しかし我が地、横浜南部の日の出は海面からではなく房総の山の向こうから上がるから5分ほど遅れる。

お待ちいたしました。
お天道様、本年も宜しくお願いいたします。
d0092767_07271290.jpg
八景島のブルーフォール107メートルを落下する嬌声が聞こえてくる。

振り返ると朝日に映える富士の山。
d0092767_07272031.jpg
この地からの富士山は横浜の小山に遮られ、これくらいしか拝めません。、

本年も宜しくお願いいたします。




[PR]
by ikuohasegawa | 2018-01-01 07:42 | 散歩・お出かけ | Comments(6)

4-327) 12月のゴルフ2回目

ラニーニョによる寒気団襲来とかで、12月15日の朝はこの冬一番の寒さでした。
5時過ぎに通りの角で迎えの車を待っていると、いつもとは違う車が来て停止。ウインドウ越しに会釈してきた運転手は知らない男。

ははーん。2つ向こうの角を指さすと即刻理解。
そうです。あなたを待っているのは、私より前から立っているあの方です。

ということがあって、待ち時間の寒さがまぎれました。

コンペ会場の栃木市プレステージカントリークラブに着いた7時半前の外気温は0度。
d0092767_05271339.jpg
本格的コースで少々お高いゴルフ場ですから、KS会を開催するのは割引のある年二回限定になる。
割引の理由は猛暑&極寒。
今回は、その「極」の方の割引期間中なのです。

準備を済ませて外に出ると、曇っていて景色は寒々しい。
d0092767_05271712.jpg
やがて日がさし明るくなったが、やっぱり寒々しい。
d0092767_05272210.jpg

休憩後は景色まで温かい。
d0092767_05390878.jpg
後半スタートの1番ホール

優勝しました。
めでたいことは間違いないが、グロススコアからHCを引いたネットスコアでの優勝ですから、まあ、順番が回ってきただけなのですけど。

とはいうものの、このところ連続して初心者の頃に戻ったかのようなスコアでしたから、素直に嬉しい。
不調のドライバーを封印しスプーンに変えたことが功を奏し、そこそこのスコアで回ることができました。

ピンそば40cmという二アピン賞もいただきました。
これにて、本年度のゴルフは終了。










[PR]
by ikuohasegawa | 2017-12-17 04:15 | 散歩・お出かけ | Comments(8)

4-315) 12月のゴルフ

昨5日は房総カントリークラブ大上コースでゴルフをしました。
いつものオジサンたちの迎えの車は6時。

10分前に階下に降り待っていると、通りかかったウオーキングの近所の奥さんが「千葉ですか。今日は暖かくなりますから良かったですね」

続いてタウン用でないムクムクの本格ダウンを着た知り合いが通りかかって挨拶。
もう、出勤ですか、お早いですね。と言うと「今日は今から青森へ出張なので」
それはそれはご苦労様です。

それはそれは暖かな千葉でした。
d0092767_17314432.jpg
休憩後は多少風が吹きましたが、この時期としては絶好のゴルフ日和でした。
d0092767_17314805.jpg
コース内のあちこちで、山茶花が満開。
d0092767_17315230.jpg
d0092767_17315603.jpg
椿じゃないの?というオジサンがいましたが、これは間違いなく山茶花です。
d0092767_17320056.jpg

椿は花ごとボトッと落ちます。
その散り方は首が落ちるようで縁起が悪いと江戸時代の武士は敬遠したくらいです。
時代小説にもありましたね。
『寒椿がぽとりと落ちる。主水は不吉な予感を覚え、思わず刀の柄に手を添えた。』なんてね。


ゴルフはいつもどおり。親睦に徹して和やかに終了。
そうそう、土産にアップルパイを買いました。
d0092767_17565901.jpg
土産と言っても私が好きだからですね。
それに、皆さんに買っていただいたようなものです。

休憩時間に注文し、精算時に受け取った時は焼き立てで温かでした。










[PR]
by ikuohasegawa | 2017-12-06 04:15 | 散歩・お出かけ | Comments(10)

4-312) 二月のにぎわい座チケット

2月12日のチケットを取りに、にぎわい座へ出向いた。

7&11やクロネコメール便受取りにしていては、たまったポイントを使う機会が無いので窓口へ行かねばならぬ。

2月12日の権太楼独演会。好みの席をゲットしました。10ポイントあったので一枚は無料。
演目は、Chiの好きな「傘碁」と、酒香漂う「二番煎じ」こちらは私のお気に入り。

ロビーで橘右近一門の寄席文字作品を展示していました。
d0092767_12102525.jpg
酒香漂う演題と言えば「居残り佐平治」が抜けているぞ。「宿屋の仇討ち」も。
二作とも酒香漂うどころか、へべれけのどんちゃん騒ぎだ。

書きづらい六文字演目は除いたな。
書きづらいことは解るけれど書かない訳にはいかんでしょう。
酒香漂う「猫の災難」もない。四文字なのに。

「三方一両損」に酒は出ましたっけ。
大岡越前にご馳走になるけれど、酒は出たんだっけなあ。


ちなみに12月8日は、にぎわい座・権太楼独演会。
直なのですが待ち遠しい。

演目は、登場人物全員善人の「井戸の茶碗」と「一人酒盛り」
一人酒盛りの熊は一人で全部呑んだあげく、怒って帰っちゃった留公のことを「うっちゃっときなよ。あいつは酒癖が悪いんだ」

燗酒のおいしい季節になってまいりました。





[PR]
by ikuohasegawa | 2017-12-03 04:15 | 散歩・お出かけ | Comments(6)

4-298) 11月のゴルフ

金曜日のKS会ゴルフコンペの疲れを癒すために昨土曜日は休養日にあてました。

ゴルフの報告は、まず天候。
会場は最低2度最高13度と予報が出ていた栃木あさひが丘カントリークラブ。
8時代のスタート時こそ寒さを感じましたが陽がさしてからは暖かくなり無風。
絶好のゴルフ日和でした。

続いて紅葉。
手前の桜は枯れ散っているが、真っ赤な紅葉が美しい。
d0092767_09230217.jpg
クラブハウス横


そこ以外は、只の枯葉ですね。
d0092767_06174570.jpg
筑波コース1番ホール


打っても打っても終わらないこの日のゴルフもやっと最終ホールにたどり着きました。
遠くの丘の上に、クラブハウスが見えています。
d0092767_06174821.jpg
筑波コース9番
それにしても、雲一つない好天でしたね。


月日の経つのは早いもので、ゴルフの帰りが真っ暗という季節になりました。
d0092767_06192333.jpg
ライトアップされたスカイツリー

「ところで、ゴルフの方は?」などと聞かないの。
触れないということは、書きたくないのだなと察するのが大人というものです。
今期最悪のスコアだったことは自白しておきます。

最後は言い訳。
ゴルフ前日、昼から神田一帯をウロウロ見物をして、17時30分から同じ学生寮で暮らした後輩3氏と飲酒歓談。思い出に花を咲かせ、その場にいない先輩氏にも電話をかけ大いに盛り上がった。
時間の経つのは早いものであっという間の21時30分。再会を誓って散会した。翌日勤めの人も二人いるのでね。

帰宅しシャワーを浴びたのが23時30分。
体の火照りと歓談の余韻をさまし床に就いたが、あっという間に起床。時間の経つのは早いものでというよりも4時間ですから当然。
ゴルフ行きの車中でも居眠りが出る始末。

この歳になると大盛り上がりは二日は続けられません。
盛り上がった次の日は凹みます。
大きく盛り上がった翌日は大きく凹みますね。









[PR]
by ikuohasegawa | 2017-11-19 04:15 | 散歩・お出かけ | Comments(5)

4-280)今月のゴルフ

今月のゴルフは千葉の長南カントリークラブ。
最低気温9度という予報を聞いてそれなりの装備をして出かけた。

あにはからんや、8時過ぎにスタートすると太陽が顔を出し、数ホールでセーターを脱ぐ。

休憩時にヒートテックのタイツを脱いできたという友人もいた。
それほどの重装備でなかった私は、ポロシャツの下の長袖Tシャツを脱ぎました。
半袖でプレーするゴルフの気持ち良いこと。
d0092767_17142071.jpg
前日、吹き荒れた木枯らし一番からは考えられないほど絶好のゴルフ日和でした。

スコアは二桁を目指せる感じでしたが終わってみたら、あえなく三桁。
d0092767_17141628.jpg
ニアピン賞をゲット、当たりを自慢する一打もあった。
そして、学ぶべき場面も多かった。それなのにムキになっただけ。学べない。

結局、愚者のゴルフなのだなあ。









[PR]
by ikuohasegawa | 2017-11-01 04:15 | 散歩・お出かけ | Comments(6)

4-258) 今年の松茸事情(青木村)

今年は松茸が不作だという。

検証に行った訳ではないが青木村道の駅の入り口には【松茸の販売についてお詫び】が掲示されていた。
d0092767_08085759.jpg
要約すると【数が少ないので 先着順お一人様1パック】だが【本日完売】ということ。
そうか、やはり松茸は不作なのだ。

店内の売場にも【本日松茸完売】
d0092767_08005170.jpg
いくら不作とはいえ早すぎるだろう。11時なのに。
松茸があっても買えるような値段ではないだろうが、売り切れていると強気で訊ねることができます。
「何時に来れば有るの」
「今日は入荷ありませんでした」
本当に不作なのだ。

去年の青木村の松茸は高いけれど並んでいた。

口の法楽は元より叶わぬが、目の保養もさえも不可。
というのが今年の松茸事情のようである。

さて、新蕎麦はもう少し先になるが庶民の昼食は蕎麦。
来るとき車中から、真面目そうなオヤジさんが蕎麦を打っている姿が見えた店に寄った。
メニューは手打ちの蕎麦とうどんのみで丼ものは無し。
「天ざるそば」820円を 注文。
ばかに安いとは思ったけれど、天ざるそばというよりは「ざる天」という感じ。
d0092767_08013063.jpg
蕎麦はまあまあ。天ぷらは玉ねぎのかき揚げでした。
[PR]
by ikuohasegawa | 2017-10-10 04:15 | 散歩・お出かけ | Comments(5)

4-257) 蓼科イングリッシュガーデン

蓼科イングリッシュガーデンへ行きたいとの申し出あり。
ダリヤが咲き収穫祭開催中だという。

以前にもバラの季節に訪れたことがあるから、Chiは間隔のあいた リピーターなのだ。私は前にも、お連れしたことがあるというだけのこと。

運転手の立場としては論評を差し控えるべきだが、まあ「マダムの園」「オバ様のガーデン」といったところ。
d0092767_17133561.jpg
d0092767_16061872.jpg
奥様方はイングリッシュガーデンを散策しファッションショーを観て、ランチとティーを楽しみ、コンサートに集い、ショッピングで散財する。
d0092767_16062991.jpg

当然、男は暇をもて余すから、私のような運転手か男性添乗員、優しい彼氏、気弱な旦那しかいない。
d0092767_17134662.jpg
収穫祭ということでハロウィンを意識したコーナーが美しい。
d0092767_17135787.jpg
d0092767_17131256.jpg
私の目を引いたのはこれ。
d0092767_08143091.jpg
地面から花だけが伸びている。
d0092767_16063060.jpg
「いきなり花」で気味が悪い。

花の後、葉も生えるらしいが、この姿は可愛くはない。

オータムクロッカスという名らしいが、本名はイヌサフラン・・・美しいガーデンに水をさしてはいけないが、猛毒アルカロイドを含む植物のようだ。厚生労働省




[PR]
by ikuohasegawa | 2017-10-09 04:17 | 散歩・お出かけ | Comments(2)

4-253) 木曽の風景印

ローカル局が気象コーナーで話題にしたのは志賀高原の初雪。
d0092767_19404991.jpg
d0092767_19410329.jpg
2週間ほど早い初雪だそうです。


続いての話題は十五夜。
昨夜、我が家の辺りは曇りだったから、月見はローカル局が映した長野市の月。
d0092767_19403551.jpg

さて、奈良井の郵便局は旧本陣跡の隣にありました。
d0092767_05344795.jpg
幸い平日だったので、ここでも風景印を収集。


今回の木曽街道の旅で七局を集めました。
d0092767_07442328.jpg
上の三枚は左から
洗馬局 図案は清水碑、緑袖水瓶、追分道標、桔梗の花、北アルプス。

塩尻局 高ボッチ高原、平出遺跡の復元家屋、葡萄。

塩尻大門南局 高ボッチ高原、平出遺跡の復元家屋、葡萄。

下の四枚は左から
藪原局 鳥居峠松尾芭蕉の句碑・木曽の栃うき世の人の土産かな、木曽のお六櫛。

奈良井局 中山道奈良井宿の街並。

平沢局 木曽漆器、その塗り師、檜、御岳山。

贄川局 木曽路入り口の道標と贄川関所跡。



少しずつ集めていますよ。




[PR]
by ikuohasegawa | 2017-10-05 04:15 | 散歩・お出かけ | Comments(8)