カテゴリ:重箱の隅をつつく( 171 )

4-213) オヤジが見ても変なオヤジの生態報告(4)

オヤジが見ても変だと思うオヤジの生態を報告します。


どうでもいいディテールが思い出せなくて本筋の話が進まないオヤジ。



観光地の駐車場で「横浜から来たの」って話しかけてくる柏ナンバーのオヤジ。



新幹線でpcに充電しながらソリティアをするオヤジ。懐かしい。
d0092767_05115434.jpg

一ヶ月の避暑に来て、忘れてきたケータイを取りに帰宅するオヤジ。これは私です。



これにて一旦、終了。










[PR]
by ikuohasegawa | 2017-08-25 04:14 | 重箱の隅をつつく | Comments(7)

4-209) オヤジが見ても変なオヤジの生態報告(3)

一昨夜の関東の強風、豪雨をニュースで見て関東にお住まいの皆さんを案じております。

こちらは、時々、大雨警報が出ますが小雨で済んでおります。

浅間山は顔を・・・見せませんが、太陽が顔を出す日もあります。
d0092767_10205617.jpg

それでは、オヤジが見ても変だと思うオヤジの生態を報告します。

ゴルフ場の風呂上がり。
ヘアートニックを振りかけて慌てるオヤジ。
あなたが思っているより毛は少ないから、流れが早いのよ。


立ち読みしている本のページを、指に唾をつけてめくるオヤジ。


宴会のツマミの枝豆を口に運び
「この店の枝豆は駄目だ。二つ続けて豆が入ってない」というオヤジ。
その皿は食べたあとのカラ入れですけど。
d0092767_06031753.jpg

「横浜くらいなら自転車で行く」って自慢するオヤジ。
あんたの自転車は電動だってこと知ってるんだよ。


つづく




[PR]
by ikuohasegawa | 2017-08-21 04:15 | 重箱の隅をつつく | Comments(6)

4-204) オヤジが見ても変なオヤジの生態報告(2)

大気の状態が不安定とかで、首都圏を中心に局地的に非常に激しい雨が降った昨15日、軽井沢は小雨時々曇り、時折、薄日のさす一日でした。


それでは、オヤジが見ても変だと思うオヤジの生態を報告します。


口を動かさないと本を黙読できないオヤジ。音は出ていないけれど向かいの席にいると気になる。



横断歩道に立っているから歩行者優先で停止すると、なんか用かという顔をするオヤジ。横断歩道で待ち合わせするなよ。



ドトールのカウンター向こうの若い女子店員の動きに合わせて、行きつ戻りつしながら世間話を続ける常連のオヤジ。声がでかいし邪魔だよ。
d0092767_09510758.jpeg

さんざんしゃべったくあげく「何が言いたいかというと」と、まとめようとしてからも長いオヤジ。


つづく




[PR]
by ikuohasegawa | 2017-08-16 04:15 | 重箱の隅をつつく | Comments(9)

4-202) オヤジが見ても変なオヤジの生態報告(1)

オヤジが見ても変だと思うオヤジの生態を報告します。

いまだに「なんちゃって」を連発するオヤジ。
流行っている時でも一日一回だろう。


駅のトイレで小用を済ませ、鏡を見て髪を整えて出ていくオヤジ。
あんた、手を洗っていないんだけど。


喧嘩になるからといって夫婦別々にウオーキングしているオヤジ。


ゴルフ場の手洗いで、外した入れ歯を洗うオヤジ。
自宅じゃないんだから。
d0092767_09115458.jpg


つづく



[PR]
by ikuohasegawa | 2017-08-13 04:15 | 重箱の隅をつつく | Comments(4)

4-196) 集団トウコウ

興味を抱いて写しても、後から見ると大した写真でないことはよくある。
ウンチク話を加えれば話題に仕立てることはできるのだろうが、思い付かないからネタにならない。

そんな写真をまとめて披露します。
まあ、集団トウコウです。
d0092767_16494356.jpg
「野々市なんでも百景コンテスト」より

そっちのトウコウではなく「投稿」です。


一枚目は、どじょう1袋200g600円。
d0092767_18130922.jpg
観賞用ではなく食用だろうな。

売っていたのは、最近、佐久市南部にオープンした道の駅。
d0092767_18145082.jpg
観光客の利用は見込めないエリアなので客は価格的に期待できる。が、存続していくにはかなりの努力がいる。
というのが道の駅好きのChiの見立て。


ガレージではなくガレーヂ。
d0092767_18142268.jpg
大名古屋ビルヂングを思い出した。



信濃国分寺蓮池の畔で栽培していたフジバカマ。
d0092767_18140718.jpg
アサギマダラの好物です。
フジバカマから吸蜜するアサギマダラ。
d0092767_08574488.jpg
wikiより



買ったきず薬は「シロチン」でした。
d0092767_18134785.jpg
赤チンが懐かしいです。


大石家の中華そばチャーシューを食べました。
d0092767_18125467.jpg
二ヶ月ぶりの中華そばに満足しました。


道の駅くるみの里で、間もなく巣立つツバメを見ました。
d0092767_18132586.jpg
赤いのは雷電の手形です。
大きな力士ですが手形は原寸大ではありません。生誕250年の横断幕です。






[PR]
by ikuohasegawa | 2017-08-07 04:15 | 重箱の隅をつつく | Comments(6)

4-156) う〇こ漢字ドリル

三遊亭歌之介の 勘定板という噺を聞いたことがある。
(三遊亭歌之介の勘定板はYouTubeにあるがリンクしない)

いっぱいあるネタの中から・・・古典落語のようだが、これを得意ネタにする噺家を好まぬ。三遊亭歌之介の芸風に対する印象もあるが、こういう噺は、さらっと演じないと下品になる。

無邪気に笑う客もいたが、私は素直でないのか無邪気に笑えなかった。
歌之介の芸風からくるのかもしれないが「う〇こ」「おなら」「おしり」に反応する小学生じゃあるまいに、笑えるかと思ってしまう。
別の噺家が小学児童の落語会は「校長先生がう〇こ した」というだけでウケるから楽だと、まくらで言っていたことを思い出す。

その小学生を対象に ”う〇こ” を連発する漢字ドリルが文響社から発売されている。
d0092767_09505888.jpg
ある日の新聞広告。

爆発的大ヒット227万部突破!だそうです。
やっぱり、小学生は 「う〇こ」と言うと喜ぶ。


例文3018個の全てに「う〇こ」の使用に成功!と文響社は鼻高々。

d0092767_10471705.jpg
写真は文響社HPより

家庭学習で使うのだけど、児童諸君は「う〇こドリルは面白い」「おもしろい例文を見つけた」「こっちはどう」って話題にしても、女子の前では・・・。
d0092767_10472129.jpg
女子児童は、どう反応しているのだろうか。こっそり買うのだろうか。
「女の子の 前では う〇この 話は やめて おこう」というのだから、聞くわけにはいかない。


卒業するときに6冊並ぶ本棚というのもなあ。
d0092767_10471069.jpg
「う〇こ」でもなんでも、漢字を覚えるなら良いドリルなのだけれど、買って来てと言われたら躊躇するなあ。
せめて表紙のタイトルは一字伏せて「う◯こ漢字ドリル」にして欲しいなあ。

三遊亭歌之介も小学生も、いつまでも「う◯こ」の力を借りてるんじゃないぞ。







[PR]
by ikuohasegawa | 2017-06-28 04:15 | 重箱の隅をつつく | Comments(9)

4-130) 礼儀正しい力士

小結御嶽海の五月場所は八勝七敗ながら二横綱を倒し殊勲賞受賞。
d0092767_16594683.jpg
信濃毎日新聞より

平成27年新入幕以来2年で殊勲賞、敢闘賞、技能賞を受賞したことになる。

高安が大関に昇進したから関脇は二人になる。
そのうち琴奨菊が負け越しているので、御嶽海の来場所関脇昇進も期待できる。
入幕当時から準県民として応援してきたが、本当に強くなったものだ。
強いだけではなく礼儀正しいところも私は評価している。

彼の礼儀正しさは、花道を引き上げるときに現れている。
本場所の土俵と支度部屋をつなぐ通路を花道という。その花道で警備に当たるのが平年寄(理事など役員以外の年寄)の親方衆の任務なのだ。
今場所は引退間もない元旭天鵬・大島親方の姿がよく写っていた。

花道を引き上げる御嶽海は自身が勝った日も負けた日も立ち止まり、親方に頭を下げて挨拶をする。
d0092767_11052352.jpg
彼が毎日礼儀正しいから他の力士の態度にも目がいってしてしまう。
全く挨拶をしない力士もいる。
先輩親方なのだからキチンと挨拶をしなさいと、部屋の親方に指導されていないのかなあ。

こうして、少なくとも私たち二人は、礼儀正しさのみならず、力士として否社会人としての基本、部屋の躾、協会の教育にまで思いを馳せてしまうのだから、徹底して指導すべきである。

ここからは余談・・・元々、頭から余談みたいなものだけど
御嶽海が所属する出羽海部屋は相撲界随一の名門。11の相撲部屋からなる出羽海一門の本家である。
その割りに現在は衰退していて関取は御嶽海のみ。他には幕下以下の力士養成員16名。御嶽海の十両昇進前は関取ゼロ、つまり、「取的」「ふんどしかつぎ」だけの部屋だった。

御嶽海は関取ゼロの出羽海親方に「部屋の復活に力を貸して欲しい」と口説かれ、決まっていた社会人相撲の名門和歌山県庁への就職を断っての入門だったと聞いている。

強く人気のある関取がいれば、有望な新弟子も集めやすくなる。部屋頭が礼儀正しければ礼儀正しい力士が育つというもの。礼儀正しい出羽海部屋の復興は近い。

学生相撲出身の若い子は、比較的礼儀正しいように思う。御嶽海を初め、遠藤、正代、宇良、石浦、北勝富士・・・。


More 余談の二つ目
[PR]
by ikuohasegawa | 2017-06-02 04:15 | 重箱の隅をつつく | Comments(6)

4-65)NHKの番組タイトル、コーナー名は略語が多い

「けんコン!」って何だ。
そのままNHKニュースおはよう日本を見ていて、おそらく健康コンシェルジュの略だろうと見当をつけた。

略語の、NHKの番組タイトル、コーナー名は幾つもあった。チョッと調べただけで
「おはスポチョイス」「くらしり」「じもトピ」「シブ5時」「うたコン」「サラメシ」「あさイチ」等。

「おはスポチョイス」は、おはよう=朝 のスポーツニュース
「くらしり」は、暮らし+知る?
「じもトピ」は、地元のトピックス
「シブ5時」は、NHKのある渋谷の5時
 けんコン!のコンはコンシェルジュの略と予測したが「うたコン」のコンはコンサート?コンテスト?コンシェルジュ?
「サラメシ」は、サラリーマンの飯なのだが、私の周りには食事を「めし」と言う人はいない。
「あさイチ」は、朝一番なのだろうが、一番というには遅すぎる。

NHKの民法化が我慢ならぬことは他でも書いたが、略語の多用は民放を越えている。


かわいそうなのは、NHKニュースおはよう日本のスポーツ担当キャスターの森花子。
「今朝までのニュースをギュギュっとまとめて、スポーツフラッシュ」って毎朝言わされている。
だいたい、スポーツに限らず全てのニュースはその時までのニュースだし、全てのニュースの原稿はまとめている。

おまけに、ギュギュっとポーズを振り付けられている。
d0092767_08321244.jpg
毎日やるのは辛いだろうなあ。嫌だろうなあ。

森花子が可哀そうに思えてくる。
NHKディレクターのセンスを疑う。

ちなみに、森花子キャスターは三人姉妹で、あとの二人の名前は葉子、茎子だそうだ。
名付けた父親は植物マニアとのこと。
父親のセンスを疑うなどということはない。

もう一人妹が生まれたら・・・根子、種子、芽子。そうだ芽衣子だな。







[PR]
by ikuohasegawa | 2017-03-28 04:15 | 重箱の隅をつつく | Comments(6)

4-62)シャープペンシルの帽子と消しゴム

手帳用の筆記具としては、四色ボールペン+シャープペンシルを常用している。

紛失したキャップ(頭の先の消しゴムをカバーしているモノ)を購入する必要に迫られて商品名を確認した。
d0092767_04572433.jpg
商品名はゼブラ・クリップ‐オン マルチ2000という。

商品名を確認したら有隣堂に頼むつもりだったが、ゼブラHPから部品が買えた。
便利でいいや、即発注。

キャップではなく「帽子」と呼ぶのが正しい。
価格は1個108円。送料は
商品代金合計額が200円未満・・・80円
商品代金合計額が200円以上・・・無料

200円以上にするため消しゴム(108円)を追加することにした。
あの小さい消しゴムなのに高い。と思いつつも予備用として消しゴム2つ発注。

届きました。
d0092767_09562294.jpg
なんと、消しゴムは一袋3個入りが二つ。
おやまあ。
HPを見直したら3個入りと明記してあった。どうせ減るものだからいいや。

鉄枠のないゴム単独もあるではないか。5個108円。
40%も高い物を買ってしまった。二つも。いや、6個も。
いっぱい書き間違えて、どんどん消さなきゃ。

せっかちだから、発見即ポチ。
すると、時どきこういうミスがある。









[PR]
by ikuohasegawa | 2017-03-25 04:15 | 重箱の隅をつつく | Comments(8)

4-8) 小社、小紙、小誌、小欄

「拙」「拝」「卑」「愚」「豚」「弊」「小」 を付けると謙譲の意を表す熟語になる。
拙宅、拝見、愚妻、豚児、弊社、小社など。

「小」が付く謙譲表現は、新明解によると
しょうし【子】(代) 「小さな子供」の意の漢語的表現。〔自分の謙称にも用いられる〕
しょうせい【小生】(代)(手紙などで)男子が自分を謙遜して言う語。〔目上の人に対しては使わない〕
しょうしゃ【小社】(代) 小さなやしろ(会社)。〔自分の勤める神社や会社の謙称にも使う〕
しょうてん【小店】(代) 小さな店。〔自分の店を謙遜して言うのにも用いられる〕

他にも、小紙、小誌なども思いついた。
これらは新明解には採語されていないが、新聞社雑誌社の関係者が自社の新聞、雑誌を謙遜して言う時に使う。

この日の編集手帳は寒梅忌にちなんで藤沢周平が主題。
家紋の「裏梅」から梅の花の後ろ姿、下級武士の哀歓、寒梅忌と展開するコラムは、まこと読む者をその気にさせる。うまいものである。
d0092767_05590451.jpg
文末に「小欄も書棚の『用心棒日月抄』を手に取り・・・」とある。

小欄は新明解には採語されていない。Webのgoo国語辞典では
しょうらん小欄】新聞や雑誌の小さな欄。また、記者などが、自分の担当する欄をへりくだっていう語。
謙遜して小欄でいいのだけれど、この「編集手帳」の小欄は作者竹内政明氏自身のことを指している。

この欄は竹内政明が執筆しているから、この欄=竹内政明。だから自分のことを「小欄」という。で、誤りではないのだろうが、「小欄」を一人称で使うのは拡大しすぎ。

「小欄も書棚の『用心棒日月抄』を手に取り、久しぶりにご両人と会うつもりでいる。」というのは
「小社も街の鰻屋に出かけ、久しぶりに鰻重を食するつもりでいる」と言うのと同じ。っていうと言い過ぎかな。
小企業のオーナー社長でもそんなこと言わんやろ。

「筆者」「私」では駄目なのだろうか。主語無しでも意は通じる。
字数が減って554字より一文字二文字少ないことは時どきあるのだから。

念のため申し上げるが私は編集手帳のファンです。


Moreついでに、編集手帳のこと
[PR]
by ikuohasegawa | 2017-01-29 04:15 | 重箱の隅をつつく | Comments(8)