カテゴリ:製本&修理:ツール( 118 )

4-296)タミヤ電動ハンディドリルを買った。

今日はこの後、ゴルフに出かけます。
栃木方面の朝6時は2度だと報じております。


並四小本の修理日。
この日は修理の合間に豆本の試作。
手回しツイストドリルで3か所に孔をあけました。
d0092767_04461703.jpg
表紙で包んで仕上げてみました。ミゾ幅をもう1㎜広くした方がキリッとする。

手回しツイストドリルは悪くないが、30冊に孔をあけるとなると手に悪い。
その対策で発注したミニドリル用六角精密チャックは、中国送り出し26日着になるのであれこれ探しタミヤ電動ハンディドリルを買いました。
d0092767_18454377.jpg
Amazon¥1912(送料無料)


探していて分かったのだが、小型回転工具にはドリルとルーターがある。
ルーターは磨く削る用途なので高速回転。ドリルは低速だが高トルク。という差があるそうだ。
とはいえ本機は模型用単3電池2本のなのでそれほどのトルクは無い。それが我が用途には好都合。
なにせ豆本の本文に平綴じ用の孔をあけるのだから。

こんなのが届きました。
d0092767_07585227.jpg
組み立てキットだということは承知していたが、プラモデルの組み立てなんて何年ぶりだろう。

30分くらいで組み立て完了。
d0092767_03501799.jpg
接着剤を使うことなく組みあがり、実によくできたプラモデルである。
















[PR]
by ikuohasegawa | 2017-11-17 04:34 | 製本&修理:ツール | Comments(2)

4-272) 買えない「本当の定規」のその後

しつこく「本当の定規」の話題です。

もう買えないと嘆きましたが、諦めきれずに検索していてコクヨのTwitterに嬉しい記事を見つけました。
発信は2017年10月17日ですから最新ニュースです。
d0092767_16332684.jpg
喜んで下さい。
と言っても私一人かもしれないが、11月上旬に再入荷予定です。


コメントに答えての追記:
インクエッジ定規は『ライオン直線定規』としか表示していないようです。
d0092767_07432687.jpg
楽天市場より

ただし、全てのライオン直線定規=インクエッジ定規かどうかは確認できませんでした。








[PR]
by ikuohasegawa | 2017-10-24 04:15 | 製本&修理:ツール | Comments(3)

4-269) 定規シリーズ その後

新潟精機のキャッチアップスケール快段目盛(30cm)を購入して、まず驚いたのは精度。

目盛の精度はJIS1級が保証しているから、私が言うのはあくまでも見た目や手触りなどの仕上がりの精度である。
とはいうものの、これまで定規の仕上がりを詳しく比較したことは無いのだけれど、あまりのスベスベ感に指が驚き、所有する新品の鉄製定規と比べてしまいました。


機能に惚れた者の依怙贔屓でない証拠に写真を撮ってみました。

写っていますねえ。
どちらも新品ですよ。
d0092767_06180929.jpg
裁ち落としたエッジの直線具合や、表面の滑らかな仕上がりが素晴らしい。
さすが新潟精機と名乗るだけある。
販売価格にも差はあるが、鉄とステンレスという材料の差や仕上がりの差は一目瞭然です。
鉄製定規のメーカーはさんざん世話になっているので秘す。


続いて残念なお知らせです。
コクヨの「本当の定規」は、買えなくなってしまいました。
d0092767_07035252.jpg
つい先日まで
「★次回入荷は10月上旬予定です。申し訳ございませんが現在取寄せ依頼はできません。ご了承くださいませ★」
と有ったコクヨショーケース の告知が、いつの間にか消されました。

私は買う日を待ち望み、10月上旬になった、まだか、いつだ、とチェックしていました。
それなのに嗚呼、生産中止!

残念でなりません。

再生産しなくても、コクヨのどこかに一本ぐらい残っているはずだ。
電話かけようかなあ。
「僕は、あのアベ君のお友だちなんだけど『本当の定規』は一本ぐらい残っているだろう。
アベ君は後輩なんだ。融通を利かせなさい。
くれとは言わない。1080円払うから。それから有隣堂に知り合いもいる。」

嘘は言っていません。
有隣堂に知り合いはいる。
お会いしたことはないけれどH坂さんのお嬢さん。それに後輩N君の妹も務めていた。
お友だちの、あのアベ君は、私より歳下だから後輩だ。並木二丁目に住んでいる。

コクヨの「本当の定規」本当に残念だ。






[PR]
by ikuohasegawa | 2017-10-21 04:15 | 製本&修理:ツール | Comments(2)

4-266) いろいろな定規の5

販売は中止しているようですが
【ローリング ルーラー付きスケール】
d0092767_05035752.jpg
メーカーはよくわかりません


ルーラーがついているのでスムーズにずらすことができ、平行線を引きやすい。とか。


続いて、ライオン事務機の
【インクエッジスケール】
線引き側につけた段差が紙面と定規の間に隙間を作りインクの滲みをなくす。
d0092767_05041047.jpg
また、反対側についている溝は線引き用である。

使い方
烏口(カラスクチ:製図用の太さ可変の線引き具)等とガラス棒を箸のように持ち、定規の溝にこのガラス棒の先端を入れて、スーッと滑らして直線を引く。子供の頃、烏口とガラス棒で製図する父を見ました。
d0092767_07570487.jpg
トウヨー教材より


この方法は筆で直線を引く場合にも使える。




Web上にて線引き側の段差を自作する工夫を見つけた。

裏側に絶縁ビニールテープを貼ると
d0092767_07503140.jpg
インクがにじまない定規ができるそうです 。
テープの種類によっては定規の滑り止めにもなるそうです。

こういう断面の定規なら裏返して使えば、インクはにじまないような気がする。
d0092767_05592663.jpg


これにて定規シリーズは一旦終了。





[PR]
by ikuohasegawa | 2017-10-18 04:15 | 製本&修理:ツール | Comments(4)

4-262) いろいろな定規の(4)

好評にお応えして定規シリーズ第四弾。
その前に新潟精機の定規快段目盛には竹尺もあります。裁縫用ですね。
d0092767_16281755.jpg
後刻追記:快段目盛は両端から10cmずつしか、ついていないようです。


それでは、第四弾。
【クツワ HiLiNE アルミ定規】
カッターナイフを使わず紙をスパッと切ることができるそうです。
雑誌ページの切り取り、用紙・書類の不要部分の切り取りに便利というのがうたい文句。
d0092767_04391462.jpg
クツワHPより
d0092767_04483337.jpg
・45゜の傾斜加工で紙を簡単キレイカットできる
・紙を引っ張る方向がひと目で分かるガイド付き
・手が切れないよう角の処理をしているので安全

私は今のところ必要性を感じない。



必要性は感じないが、懐かしいところでは【学校黒板用各種定規】
d0092767_04421298.jpg
有限会社エスエムゼット・クラサワ

意外と安い。
木製大三角定規58cm¥6,800 木製大分度器58cm¥4,400
木製直定規100cm¥2,800 木製大コンパス52cm¥3,200

小学校の山田英雄先生を思い出します。
とてもお洒落な先生でしたが、時々、青が混じったようなグレーの事務員のような上着?スモック?を着ておられました。
d0092767_17242465.jpg
自重堂 HPより


今にして思うとチョークの粉避けだったのでしょうね。

スモック姿で定規一式を抱えておられました。
コンパスで円を描くより、いたずら小僧の頭をコツンという用途の方を鮮明に覚えています。








[PR]
by ikuohasegawa | 2017-10-14 04:15 | 製本&修理:ツール | Comments(4)

4-260) 定規シリーズ第三弾

端を曲げた定規は前からシンワの製品にある。
d0092767_07160413.jpg
薄い金属定規は机の天板に密着してピックアップしにくいことがあるから、このように曲げてあれば、つまみ易い。


新潟精機の【キャッチアップスケール 快段目盛】は端を曲げると共に、目盛りを階段( 快段 )状に刻んで、一つおき(2mmごと)の目盛に点を付けている。
隣が分かりやすいかもしれない。
d0092767_07161665.jpg
更に連続数字表示にしている。全長数値が把握しやすい気がする。
d0092767_07164733.jpg
見た感じでは、かなり使いやすい定規に仕上がっていると思う。
シンワも新潟精機の定規もJIS-1級なのです。



【ピックアップ定規】の利点をライオン事務器が挙げる、
アクリル定規の端を垂直に立ち上げてピックアップしやすい。
d0092767_07171596.jpg
この折り曲げを「厚紙やデスクマットの端に引っかければ簡単に平行線を引けます」とも言っている。
さらに、 引っ掛けた端がゼロになるので端からの長さが測りやすい。
d0092767_07170225.jpg
折角の御配慮ですが、
薄い金属定規は机の天板に密着してピックアップしにくいことがあるけれど、厚みのあるアクリル定規がピックアップしにくかったことは無い。
引っかけてずらせば平行線が引ける。といっても平行線の間隔はどうやって決めるのだろう。
厚紙の場合はともかく、マットの端に引っかけても用紙がずれれば斜めの平行線になる。

など、ライオンは今一詰めが甘いような気がする。








[PR]
by ikuohasegawa | 2017-10-12 04:15 | 製本&修理:ツール | Comments(9)

4-247) 「本当の定規」という名の定規  定規(2)

クツワ・サイズカッター定規を紹介したら、友人の一人はAmazonでポチッ。
もう一人も気に入ったらしく、吊り下げる穴はあるかと訊いてきた。これには穴はないが、穴が有ったら買うということだろう。

気をよくしたので、もう一種、定規を紹介する。

コクヨデザインアワード(2014)受賞の「本当の定規」
d0092767_09590455.jpg
コクヨHPより


見てのとおり0,5mm、1mmの目盛がいわゆる線ではなく、0,5mm、1mmの幅を一つおきに黒く塗ってある。

この写真を見て意図を見抜き得心した人は、微細な工作をしている人で更なる精度を求めている人です。

企画者の弁
一般的な定規のように「太さがある線」ではなく、幾何学の定義でいうところの線=「太さがない線」で目盛りを表現できれば、長さを計る道具という定規の本質により近づくことができると考えました。等間隔に並べた面と面との間に生まれる「境界線」で位置を示し、より正確な長さを計ることができる定規です。
この「理屈」に魅力を感じる。

確かに、細い線を引いてもそれには幅があるから細長い面でしかない。
d0092767_10153594.gif
私一人ではないと思うが、同寸法で引いた線に合わせて幾つか切り出すと、出来上がりは微妙に同一性を欠く。

そのマチマチを眺めながら、線に幅があることを痛感して「もっと細い線を引かなくてはいけない」「線の右を基準にしよう」とか「線ではなく針で突くだけにしよう」 などと思うこと、しばしば。

この「本当の定規」のデザイナーは私たちと同じ悩みを味わっている製作者なのだろう。

太さがある線ではなく、太さを持たない幾何学的直線を定規で実現するために、面の端の境界で表す。
d0092767_10144314.jpg
「幾何学的直線目盛の定規」これは格好良い。

この定規を使えば「この線のどこが1mmなのだ」と思わなくて済むことは違いない。計測の正確さは増す。

「★次回入荷は10月上旬予定です。申し訳ございませんが現在取寄せ依頼はできません。ご了承くださいませ★」
残念。「本当の定規はこれだよ」と自慢して歩くことができない。

しかし冷静に考えると、この定規で正確に測れば採寸精度は上がる。ただし、この定規を使っても作品の出来上がりに大差はないだろう。正確に測れても正確に印すことが難しいからねえ。

今のところ、寸法移しはスプリングデバイダーが一番正確だと思う。
d0092767_20224752.jpg
付け加えると、
①Amazonでは扱っていません。
②この定規には大きめの穴があいています。
③15cmで1080円です。

※直線(ちょくせん、line)とは、太さを持たない幾何学的な対象である曲線の一種で、どこまでもまっすぐ無限に伸びて端点を持たない。まっすぐな線には直線の他に、有限の長さと両端を持つ線分(せんぶん、line segment、segment)と、一つの端点を始点として無限にまっすぐ伸びた半直線(はんちょくせん、ray、half-line)がある。


















[PR]
by ikuohasegawa | 2017-09-29 04:15 | 製本&修理:ツール | Comments(6)

4-226) クツワ・サイズカッター定規   定規(1)

少し古くなった定規が見づらいと口にしたら、Chiがプレゼントしてくれた。
クツワ・サイズカッター定規31cm。

これが、なかなかの優れものだった。
目盛が黒印刷で(白紙の上で)見やすいだけでなく
d0092767_07422893.jpg
・31cmまであって∔1cmのことだけど使いやすい。有難い。(以下は有難いを省きます)
・端から測れるゼロスタートが一か所ある。
・片側にステンレス板を付けてあるのでカッター作業可。
・加えて滑り止めが3ヶ所ついていて滑りにくい。
・有って便利な縦メモリの数字。
・A4、B5など用紙サイズ表示入り。用紙の規格サイズを確かめる際にも便利。
・10cmごとに黒白で塗り分けられていて、ひと目で10cm単位の長さを確認できる。

ほとんどの要望に応えた至れり尽くせりの定規だと思う。
Chiのプレゼントだということを割り引いても、これはなかなかの優れものだ。

とはいっても、念のために測るとか、時々、線を引くだけの方には関係のない機能ですけれど。







[PR]
by ikuohasegawa | 2017-09-08 04:15 | 製本&修理:ツール | Comments(9)

4-112) カルコってご存知ですか

その前の修理日に「カルコってご存知ですか」と聞かれて解らなかった。
説明を聞いて、あゝあれかと形は思い浮かんだ。


写真のヒョウタン型のものは線を引く大工道具・墨壷(すみつぼ)で、糸を結んである小物がカルコ。並べてあるのは各種カルコ。
d0092767_05550704.jpg
豊浦金物HPより

プレハブ工法が主流の現在は、ほとんどの材料は工場で一括生産し現場で大工さんが組み上げる。
一方、在来工法で建てる場合は角材・板くらいの木材を、建築現場(今は加工場かもしれない)で大工さんが寸法に合わせて加工する。その際、基準線やカットラインを引くのに、墨壷を活用する。

古来より、指矩(さしがね)、釿(ちょうな)と共に大工の三種の神器とされてきた墨壷なので、彫刻を施したりしていたが、現在の墨壷はカラフル。
d0092767_09295316.jpg

使い方は、材木の基準点に、糸を結んであるカルコを刺す。墨壷から引き出した糸をまっすぐに張る。糸をつまみあげて離し黒色の直線を引く。

そのカルコを頂いた。
一個は図書館置きの道具箱に入れ、二個を持ち帰った。
d0092767_14433516.jpg
我らは大工仕事をしないので黒線を引くためにカルコは使わない。
位置やカットラインの二点を印したりするとき使う。

鉛筆、目打ち、千枚通しは先が太い。針は細いが掴み難い。
そこで、カルコが役に立つ。

カルコの針は細いので綺麗に正確に位置を定めることができる。
カルコの柄は目打ちより小ぶりなので使い勝手が良い。

無ければ先へ進めないということはないが、あると便利な小物である。

欅の柄を、荏の油で磨きツヤを出した。
d0092767_17360785.jpg
活用させていただきます。








[PR]
by ikuohasegawa | 2017-05-14 04:15 | 製本&修理:ツール | Comments(7)

4-111)カッターナイフの替刃いろいろ

カッターナイフは切れ味を重視するものだが、本体のデザイン?使い勝手が気になるものだから十種類くらいのカッターナイフを所持している。
一方、刃はオルファの特專黒刃はよく切れると思う。
私のように普通より少し多く紙を切る程度の利用者でも、特專黒刃の切れ味の良さは実感できる。

しかし特專黒刃がよく切れるのは黒いからではない。
黒いのは、視覚的に差別化を図る事と錆びにくくするための表面処理・・・ポキポキこまめに折って使うので、錆びにくいことへの私の評価は低い・・・で、刃を鋭角に研磨してあるからよく切れるのである。
d0092767_05533909.jpg
オルファHPより


普通の方よりはカッターナイフに世話になるけれど、通常の刃の切れ味に特に文句はないし特專黒刃の切れ味には満足している。しかし、もう一段切れそうな替刃を見ると手が伸びる。

最近、KAI印の「職専 超鋭角刃」を見つけた。
d0092767_16324722.jpg
職専という命名はユーザーに内装職人を想定しているからのもの。

早速、比較してみた。

写真の上が 職專超鋭角刃。
中が 特專黒刃。
下が 通常の刃。
d0092767_10413869.jpg
見ての通り、職専超鋭角刃の研磨幅は特專黒刃を大きく越える。
刃の厚みは三種とも0.38mmということなので、刃の研磨幅が広い方が刃先角が鋭いことになる。
d0092767_16285973.jpg
KAI 印 HPの職専超鋭角刃には「刃先角度は8度」とあるが、オルファ社HPの特專黒刃には刃先角度の表記は無い。

特撰黒刃を手に入れたとき、通常刃に比べ切れ味のシャープなことに驚いた。 
そして今、KAI印の職専超鋭角刃を使ってみると使い始めの切れ味は最高。力を入れずともスーッと切れる。
しかし、刃のモチは特撰黒刃以上に良くない。刃のモチだけで言うなら通常刃が一番。

今日の結論
日常の生活使いなら、通常刃で十分。
趣味で紙を切る人なら特專黒刃。
切れ味を最優先する方はKAI印の職専超鋭角刃を折って更新しながら使う。日常使いには不向き。
ということでしょう。

ちなみに、チタンコートカッター替刃を、3M スコッチが販売している。
同社HPによると
刃先角度は、通常刃25度、鋭角刃20度、チタンコート刃18度ということです。
d0092767_16511953.jpg
チタンコートカッター替刃は買っても、眺めているだけになるだろうな。
ゴールドで美しいし、5枚で315円だからポキポキ12折りすると1折り5円25銭になるもの。

KAI印の「職専 超鋭角刃」は、50枚入りで662円だったので1折り1円10銭。


後刻追記

オルファの精密細工用「30度鋭角刃」は、刃の先端(切っ先)を30度にカットしている。
通常の刃は60度だから、かなり鋭い。
d0092767_08373746.jpg
オルファがHPに角度を記載するのは「30度鋭角刃」のみ。

一方、KAI印の「職専 超鋭角刃」は、刃を8度まで研磨している。
通常の刃は25度だから、かなり鋭い。

鋭角にしている個所が異なっているのです。







[PR]
by ikuohasegawa | 2017-05-13 04:13 | 製本&修理:ツール | Comments(4)