<   2006年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

57) 折りたたむ

S西さんから、折りたたみの靴すべりを頂きました。「H谷川さんは、変わったのもが好きだから、きっと・・・」 気にかけて頂き有難うございます。
折りたたむというのは、小さくなり便利になる傘に代表されるように日本人の得意技の一つであります。
d0092767_1055917.jpg


日垣隆さんのHP通販に、本を注文しました。そうです、購入の記念に K日正100ウオン札を頂いた、あのサイトであります。
送られてきた書籍の梱包材は、折りたたみの優れものでありました。
d0092767_11282023.jpg

一枚のダンボールに切れ目と折り線が入っており、折りたたむ?組み立てると梱包できる。
本がのっている方の上部を左へ90度回転する。ピンクの帯のあたりはつながったままで、切り込みと折れ線が付いている。十文字にクロスしたら、四方向からダンボールを持ち上げ、テープで止めれば梱包終了。
梱包作業が簡単になり、誰でも出来る上、出来上がりに差はない。コレは良い。なんでもそうだけど、考えた人は偉い。これを取り入れた日垣事務所は偉い。

さらに、購入したオーデオ家電小物。
以前なら発泡スチロールだったはずの緩衝材が全く使用されていない。
d0092767_532955.jpg

ダンボールを折りたたんで、緩衝材+箱をつくりあげる。出来上がったくぼみに、商品を納める。こちらは、便利と言うより地球に優しく・・・という切り口でしょうね。これも、たいした物だと感心してしまいました。
[PR]
by ikuohasegawa | 2006-11-28 18:18 | お気に入り | Comments(0)

56)   7 か 8

七点あるゴッホのひまわりの内の一点が日本にある。数年前58億円で購入されたもので、話題になった。
画集で、それとは別のひまわり(アムステルダム・ゴッホ美術館蔵)を見ていたChiが突然こう申しました。『ダリアじゃないの、これ。ゴッホのダリア』
コレはひまわりです。確かに周りに花びらが並ぶ、よく見る ひまわり とは違いますが、でも・・・・。
夫婦ですから
ダリアに見えなくはないけど・・・・・・・」
無理して見えなくはないといっておきました。
夫婦ですから、
よりダリアに見えるように、加工いたしました。

               ゴッホ・ひまわり      ゴッホ・ダリア?
d0092767_854622.jpg

Chiは、時々面白いことを言います。

『私も、いじめにあっていた』  「かわいそうだったね」 
『いじめ返したけど。』  「・・・・」
それは、いじめにあったとは言わないだろう。単なるケンカじゃないの。
いじめ返せない子がいるのだよ。

『甲斐路はおいしいね
きっと甲斐路は、おいしい巨峰とおいしいロザリオの掛け合わせだね』
「うーん、色はそんな感じだけど・・・・・」
知ってるブドウを、勝手に掛け合わせてはいけない。

お知り合いにお届け物。 私が住所を思い出し口述。 Chiが伝票記入。
「○○市○○ 2の7・・・か8」 うろ覚えでしたから 「ナナ か ハチ」と言ったのですが・・・・・・。
『  ってひらがな?』 と聞かれました。
面白いから「ウン、ひらがなだよ」って答えたら、○○市○○2の7か8 と記入しているではありませんか。
せっかくの機会ですのでそのまま送り出し・・・・・・・荷物は無事届きました。
追伸:以来その家の住所は、○○市○○2の7か8といたしました。
[PR]
by ikuohasegawa | 2006-11-28 09:10 | Comments(2)

55) お二人の像

木更津の街へ行くと小高い丘の上に一対の像が見える。地元の方に聞くと、そこは太田山の頂上にある公園とのこと。像は故郷創生資金1億円で作った像だという。
竹下登総理が渡す一億円を、浜田幸一さんが受取る像だ。そんな訳はない。
d0092767_18104012.jpg

公園に行ってみました。きみさらずタワーのテッペンに、お二人はいらっしゃいました。
日本武尊(ヤマトタケルノミコト) と 弟橘姫(オトタチバナヒメ) のお二方であります。

d0092767_1854311.jpg

何故このお二人なのでしょうか?
日本武尊は熊襲(クマソ)を征伐に行く途中、弟橘姫を后に迎えます。相模の国から上総の国へ渡ろうとしましたが、海が荒れて渡れない。(アクアラインも無い)難破しそうになった時、弟橘姫は我が身に変えても、日本武尊をお守りくださいと海に身を投げました。
無事渡り終えた日本武尊はそれを聞き、立ち去れず何日も逗留いたしました。君去らずから木更津の地名が生まれたとの事。一方、弟橘姫の袖が流れ着いた地は、袖ヶ浦と名づけられました とさ。

アクアラインの側道でもお二人は見詰め合っていらっしゃいました。
d0092767_18492470.jpg

竹下登総理が渡す一億円を、浜田幸一さんが受取る像だと面白いのですが、木更津市は真剣でありました。でも地元の方は、当時からなんでかねー とおっしゃる方が多かったそうです。どうせ、なんでかねーと言われるなら、絶対あのお二人のほうが面白いと思う。
[PR]
by ikuohasegawa | 2006-11-26 18:04 | Comments(1)

54) 記念撮影

11月17日。KS会ゴルフコンペで優勝。たいしたスコアではありません。順番がきたよという感じですが、それでも嬉しいものであります。優勝トロフィーを頂きましたが、持ち回りですから返却しなくてはなりません。
ガラス製の素敵なトロフィーですから、窓辺に出て記念撮影をしました。変形多面体ですから景色が色々映って面白い。もっとでかいのが欲しい。透かして景色を写すのです。
カメラの前でトロフィーを持つ係りは、当然Chiにやってもらいますが、観光地だと嫌がるだろうな。
d0092767_17353715.jpg

[PR]
by ikuohasegawa | 2006-11-25 17:31 | Comments(0)

53) 平蔵 気分

牛・豚・鶏・羊以外の肉はゲームミートと呼ばれ、最近はワニ・カンガルーの類まで珍重されているようであります。飼育ではなく、狩猟で確保した肉、すなわちゲームミートであります。
江戸時代は食肉と言えばキジ、ウズラ、かも、しゃも、などの鳥類。それに一羽、二羽と数える兎。鹿、猪、熊の類。さすがに猿は食べなかった。(姿が人に・・・)牛馬は労働力だから食べない。表向きはこんな食糧事情だったようですから、江戸の人は将にゲームミート専門だった訳であります。でも、キッと裏では牛も馬も猿も食べた人はいると思うよ。

時の火盗改長官にして鬼平こと長谷川平蔵は、私の祖先であります。
したがって中村吉衛門は、いとこ。
当然作者の池波正太郎は遠い親戚であります。

長谷川平蔵は行き付けの軍鶏(しゃも)鍋屋・五鉄の軍鶏鍋をはじめ、かなりの勢いでゲームミートを食べていた。牛のすき焼きは食べないが、猪の牡丹鍋は食べていたはずだ。
寒くなるのを待って、拙者も牡丹鍋を頂きました。
d0092767_19354952.jpg
味噌だれ。生姜たっぷり。笹がきごぼう。肉は二度湯がく。と、教えられ、臭いのか?と心配しながら調理開始。それでも、写真を写すために生肉を数枚のせてみる。そのまま煮込んで食べました。左側の椎茸色が湯掻いた猪肉です。この生肉との面積バランスに、臭いを心配する微妙な心理が反映いたしております。

「煮えたぞ久栄、先に毒見をいたせ。余は鍋奉行兼務であるぞ」
「臭いも無く、おいしゅうございます」
生姜が効いて温まる。歯応えがあり、かんでいるとミソ味の奥から滋味が来る。私は好きだ。

「久栄、下り酒をもて」 (江戸で良い酒は京からの下り物・下らない物はダメ)
「久栄、それは私の分ではないか。猪ばかり食べては体に悪いぞ。」
久栄と言うのは、私、鬼平の妻であります。
もう、すっかり平蔵なのでありました。此の夜の江戸は平和でありました。

上総の国のS原親分ご馳走様でした。拙者平蔵、満足であります。
[PR]
by ikuohasegawa | 2006-11-22 08:43 | 食べ物 | Comments(0)

52) 熱  唱

クリスマスの装飾が目に付く季節になりました。
この数年、我がH谷川家のクリスマスソングと言えば、このCD。車の中ではガンガンかけまくりであります。
ウイリーさんが歌うクリスマスソング(カリキマカ)のCDは、何年か前の一月のハワイ島で見つけました。一月だと言うのにCDショップから聞こえてきたのであります。豊かな声量で朗々と響く歌声に聞き入ってしまいました。歌い上げちゃってるなー。

空中を指差し流暢な英語で 「This music」 か 「This song」 だったか言ったところ、空中を指差し「This CD」 と、このCDを手渡されました。
通じた!流暢な英単語だから。
以来我が家のクリスマスソングと言えば、このCDなのであります。
amazonでも検索できましたから、どうやら今でも販売しているようです。
カリキマカですからハワイの方で、地元ではメジャーな方なのでしょうね。
私は今でも気に入っております。

カリキマカ (クリスマスソング) 聴いてみたい方はご連絡ください。
念のため、ハワイアンでは無いような気がします。

d0092767_1855586.jpg

[PR]
by ikuohasegawa | 2006-11-21 21:48 | お気に入り | Comments(1)

51)  命 名

我が家の風知草も黄葉いたしました。
購入した時は、株分けしたひょろりが二三本で780円ぐらいでした。高いと思いながら購入しましたが、2・3回鉢を大きく替えたただけ(それでも5・6年)で、こんなに立派に育ってくれました。簡単に育つはずなのに、コレくらいのサイズだと結構高いお値段で売られており、驚いてしまいます。
そよ風にも、さわさわと心地よい葉音をたてます。
名は体をあらわすと申しますが、真に優雅なネーミングだと思います。
誰が名付けたか、風知草。
d0092767_735393.jpg

それにひきかえ「こんな名前に誰がした。」という植物もあります。

ニセアカシア :
偽名を騙った訳でも、公文書偽造をした訳でもないのに、何故と言われ続けなくてはならないの私は? 付け出っ歯の偽 明石家サンマは「原口」と自分の名で呼ばれるのに・・・。
イヌノフグリ :
犬のふぐりなんて見たことも無いのに形が似てると言われても、それは私のせいなの?それより ふぐり ってなんなの?
ヘクソカズラ :
多少匂うかもしれないけど、ココまで言うことないと思うよ。屁と糞だよ。どちらか一方なら良いという訳でもないけど、二重に貶められた私の立場はどうなるの?

文句言ってると思いますよ、きっと。(念のため言いますが、私の創作ネームではありません。植物図鑑に載っています)
[PR]
by ikuohasegawa | 2006-11-19 05:52 | Comments(0)

50) 干 物

アクリル絵具は使い勝手の良い絵具です。
水で溶ける。乾燥が速い。乾くと耐水性ができ塗り重ねても混色しない・・・。

水性絵具は固まっても水で溶かして使用できます。ですから固形の絵具もあります。しかし、アクリル絵具は乾くとまったく溶けません。したがって、アクリル絵具を使う時は、使い捨ての紙製のパレットを使います。パレットが固まってしまいますから。筆も念入りに水洗いいたします。

フタがゆるかったのか、3本のアクリル絵具が固まってしまいました。固まったなら、見せていただきましょう。チューブに切れ目を入れてはがすと、見事にはずせました。本当に固まっています。
いや、ただそれだけのことで・・・。ほかに意味はありません。
レモンイエローを使っていると、最後はオレンジになる等と言うことはありません。

d0092767_1304561.jpg

[PR]
by ikuohasegawa | 2006-11-18 18:20 | Comments(0)

49) 目の・・・・。

2001年のことでありますがドイツを観光しました、建物の壁を絵で装飾する街を訪れました。中世以来の伝統だそうです。様々な意匠で建物の壁がうめられていますが、そのほとんどは極めて伝統的真面目なものでありました。この建物も窓以外のデコレーションは全て描かれているのです。
d0092767_6582744.jpg

ところが一軒、変な意匠が・・・・。

ドイツにもいましたなー。ウケを狙う人が。
自宅の壁ですから勝手ですけど、浴室の絵なんか描いて・・・・。

d0092767_6585828.jpg

こんなのが多かった私の旅の写真ですが、ボチボチ公開してまいります。
[PR]
by ikuohasegawa | 2006-11-18 06:59 | Comments(0)

48) ジョーンズ氏

1992年製のテレビが危機であります。
電源を入れると、まず赤いトミー・リー・ジョーンズさんが画面に現れます。
そして、八代亜紀が何とかカンとかと言ってボスを飲みます。
d0092767_20174766.jpg

しばらくすると黄色いジョーンズさんの画面に変わります。三原色なら次は・・・と思うと、運がよければ正常画面。運が悪ければいきなり暗黒。最近運が悪い日々が続いています。
念のため申し上げますが、いつもジョーンズさんでスタートはありませんよ。ニュースの時も、誰かが歌っているときもありますよ。この時はたまたまジョーンズさんでした。それに、缶コーヒーはほとんど飲まない私ですから、この場面を写したかった訳ではありません。本当にたまたまなのであります。
出来れば液晶テレビのCMの画面で写したかった。壊れたTVでテレビのCM・・・・が、それは極めて難しい事なのです。
[PR]
by ikuohasegawa | 2006-11-17 20:10 | お気に入り | Comments(1)