<   2007年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

266) 越淡麗米の酒

越後長岡に勤務する後輩から懇切なる便りと共に長岡の銘酒・吉乃川が届いた。しかも、金賞受賞の作品そのものを商品化した垂涎の酒である。桐の箱入り限定600本。
同君の深いこころ配りは我が身に過ぎるものであり、雑に呑んでは申し訳が無い。慶賀の日を選び頂戴する事とするが正月までは待てない。
さし当たって11月26日がその日になろう。Chiの誕生日である。
d0092767_82482.jpg

従って酒の味わいはまだ書けない。一杯呑んで報告するという手もあるが、そのまま本日カラになるという恐れがあるので自制している。何も無い日に単なる晩酌で呑んでは勿体なさ過ぎる。11月26日には、贈って頂いた感慨を味わいながら夫婦で杯を重ねる事とする。
越後長岡 G一君の, 勤めを終えし者への心遣いに深く感謝。有難う。

      酒酌みて納屋におさむる案山子かな   並木町
[PR]
by ikuohasegawa | 2007-10-31 04:49 | Comments(0)

265) 一見の価値有り

久々の証人喚問でワクワクして1時の開始を待った。

持ち時間を無駄に使うな。自分の感想の発表会じゃないぞ。
報道された事の単なる再確認をしていては駄目だ。
追求のネタは週刊誌・TVのみかい。
その先は何か無いのかい。
相手は明確な方針を定めた元官僚。
話すと決めた事は聞かれない事までよくしゃべる。それ以外は逃げる。
あーあっ。それではダメだろうが。

中で面白かったのは社民党・照屋 寛徳氏。
新聞もTVも一番面白いところを報道していない。
冒頭のネタ振りが笑える。
ゆっくりした口調は、まるで八代目 林家 正蔵師匠。林家彦六でお亡くなりになったあの名人。

地元沖縄ネタで 『あなたは那覇市松山にあるクラブ銀座へは・・・・』

一見の価値有り。見逃した方は下記へアクセスして見てください。11分間。
d0092767_650970.jpg

衆議院インターネット中継
衆議院の画面が開いたら左側サブ画面のカレンダー・10月29日をクリック。
テロ防止→照屋 寛徳氏を選ぶ。
[PR]
by ikuohasegawa | 2007-10-30 06:55 | 繰り言 (くりごと) | Comments(0)

264) 台風一過

10月の下旬以降に関東地方に台風が接近するのは10年に一度程度だそうだが イザ来ると『何を今更』 という感がしてしまう。でも、台風は秋の季語だから間に合っており遅いわけではない。いずれにしても、大きな被害が出なくて幸いであった。

台風一過 とはよく言ったもので翌日は全くの快晴。陽気に誘われておもてに出るが暑い。しばらく歩いたら我慢できない。シャツをぬぎアンダーシャツになる。こんな事もあろうかとアンダーシャツは半袖のグレーを着てきている。問題なし。
d0092767_2214886.jpg

風の影響を受けた並木のイチョウは大量の銀杏を撒き散らしている。そこを車が踏むから悲惨な状況だ。この辺りのイチョウは25・6年生だから果実は小さい。銀杏は好物のひとつですから採取・・・・と思わぬことも無い。靴の爪先でぐりぐりすると銀杏部分は小指の爪程度。その鬼殻の中たるや労多くしてなんとやらという感じで採取活動には至っていない。

それでも銀杏採取をする方はいるにはいるが少ないので、道路はごらんの様な有様と化す。
ご存知だと思いますがイチョウの実って臭いのです。
臭い多くして実少なし。
[PR]
by ikuohasegawa | 2007-10-29 09:53 | 散歩・お出かけ | Comments(1)

263) 宮 廷 建 築

大正天皇のご成婚記念で市民が奉献したという表慶館は東京国立博物館の前庭にある。写生中の画学生がいない間に前景としてチョッと失礼。
d0092767_5442562.jpg

現在、展示はほとんどされておらず二階も立ち入り禁止。
d0092767_5444240.jpg

一階ホールから中央天井ドームを仰ぎ見る。優雅な宮廷生活を思い浮かべると血が騒ぐ。
母方の祖母がフランス貴族の出だから・・・・・・。
                       写真クリックで大きくなります
d0092767_5452054.jpg

すいません、大嘘つきました。
[PR]
by ikuohasegawa | 2007-10-28 05:19 | Comments(0)

262) フシグロセンノウ

定年退職を機に【年金モード】へ生活を切り替えた折、購読雑誌を選別した。サライはおしくも選に漏れ立ち読みの部 第一位にとどまった。したがって、現在購読していないが書店で・・・・・。

堀文子さんの大回顧展を横浜高島屋にて開催中というので21日に出かけた。70歳の時イタリアの古都アレッツオに移住しアトリエを構えた。82歳の年には幻のブルーポピーを求めてヒマラヤ・5000mの高地を踏破。という88歳の現役画家である。
初期からの代表作と『命というもの』の原画などで70年の画業を振り返る回顧展。盛況であった。
d0092767_11441465.jpg

題材のほとんどが自然、とりわけ花が多いので女性のファンが圧倒的に多い。この日もほとんどがご夫人、と 僅かなお供の男性。

十数年購読し続けたサライ読者の私としては連載画文『命というもの』で見覚えの有る作品がならんでいて懐かしい気がする。とりわけ フシグロセンノウ は我家の林で最初に見つけた花でもありChiともども思いが深い。

d0092767_6492089.gif

[PR]
by ikuohasegawa | 2007-10-27 05:34 | 散歩・お出かけ | Comments(0)

261) 博物と美術

朝、上野駅を出たところで妙齢のご婦人から『徳川様のお宝はドコで見られますか』と尋ねられた。
「私もよく解りませんので、あちらの企画展の案内ボードで館名を確認され、隣の園内案内図で場所を確認されたらどうでしょう」 冷たかったか?私の対応。
折りしも東京国立博物館・別館では【大徳川展】開催中であった。私?常設のみで企画展までは行けない。
d0092767_21484682.jpg

光雲・崋山・雪舟・国芳・由一・清輝・等伯・大観・劉生・木米・・・・これらの美術作品が東京国立博物館にある。博物館と科学博物館は折り合いがついているようだが博物と美術品は何をもって境とするのか。ドコに境界を設けているのか。誰かに聞いてみたいが、どうせ一定の線引きはしたが過去の収蔵品は放さないで現在に至るとか何とか曖昧な官僚の答弁のような回答だろう。だれでも名品は放したくないからね。

陳列品は勿論一級品ばかり。何時か教科書で見たそのものが展示されている。
神奈川県立博物館はレプリカばかりだった。建物が旧横浜正金銀行という結構な年代物だけにレプリカであることが目立ってしまう。悪いが大違いだ。

それはおいて、東京国立博物館はインテリアも面白い。
休憩室モザイクタイルの壁・照明器具の金工細工。正面ホールの時計。
d0092767_21532338.jpg

階段踊り場を飾るステンドグラス。陳列室内の壁面(照明は後からだろうな)
d0092767_21482168.jpg

ココは幾つかをのぞいて展示物の写真撮影はOKなのだ。国宝・名品を撮影したが写りが良くない。レプリカより劣って見える。利休の竹の一輪挿しなどは、押入れにズーッと保存されていた小学生時代の夏休み課題作品ぐらいにしか写っていない。ので公開中止のうえ全て削除。

私は上野・東京国立博物館のリピーターになりそうだ。
[PR]
by ikuohasegawa | 2007-10-26 04:21 | Comments(0)

260) 割烹蒲焼 わ か な

十月の鰻蒲焼は地元横浜・関内の銘店、創業明治五年の わ か な とする。
お若い友人から毎月か!とクレーム?が出た。毎日大盛りの草(サラダとも言う)しか食べていないので生命を維持するために月一ときめている旨お答えしたが、納得していただけたでしょうか。

さて10月23日11時15分関内駅着。11時開店の店内には男性1名。離れた禁煙部屋は家族連れ4名と私達。うな重は蒲焼とご飯別盛りの定食になりお料理4品付きで少々重いのでうな丼をオーダー。
35分後うな丼が来た。どんぶりがデカイ。昼食時はサラリーマンを呼び込まなきゃと言うのだろうが、蒲焼も大きいがご飯も多い。遠方のうなぎ屋ばかり行っていたがココはお値打ちだ。大盛り満腹の2310円。肝吸・赤だしは別注文。
                         写真クリックで大きくなります
d0092767_9953.jpg

蒲焼は勿論ご飯も熱い。温かいのではなく熱い。だから余計にうまい。
猫舌の方は茫然自失・唖然とするくらい熱い。
電子レンジで加熱したくらい熱い。
ホヘホヘしながら頂くタレのしみたご飯が熱々で本当にうまい。9月の鰻重とは大違いだ。わかなの勝ち。

11時半、ほぼ口開けの客で焚きたてのご飯だったのか、それとも電子レンジの力を利用しているのか解らないが、とにかくご飯は熱くうまい。
かまどで炊き上げおひつに保存するという本格派であっても、ほんのりとしか温かくないごはんより電子レンジを使ってでも熱く熱く、熱々にして頂ける方が私は美味しい。特に丼物は。全国のうなぎ屋さん!ご飯は電子レンジで加熱しなさい。
蛇足だが蒲焼を電子レンジで加熱するのは絶対に許さない。専門店なのだから。
d0092767_9481558.jpg

ここの山椒がまた良い。フタをあけると多からず少なからず山椒が入れてあり、目が行きとどいている。香りも刺激も新鮮。
見ると解るが全体の色目は黄色(現物はもう少し緑っぽい)。山椒の葉を混ぜてあるのだ。
評論家だと『山椒特有の刺激がピリッとしていて、それでいてまろやか。葉がブレンドしてあるからでしょう』とでも言いそうだ。

『ご飯を熱々にして蒲焼のタレをかけ、良い山椒をふれば、それだけでも美味しいかも知れない』と、本気で思ってしまった。 鰻のタレ丼と命名。

あのー、話題が熱々のご飯と山椒になってしまいましたが・・・・。
鰻が美味しいのはわかなだから当然の事。

12時25分満腹で退去するが,その時点で100席以上あるイス席はサラリーマンでほぼ満席。食べてる人はほとんどいない。皆さんお待ちです。
お出かけになるなら、11時開店ですからお早いお時間にどうぞ。
[PR]
by ikuohasegawa | 2007-10-25 05:03 | うなぎ | Comments(3)

259) 上 野 森 の 住 人

上野の森で芸術の秋をハシゴ。東京都美術館から藝大そして国立博物館へ向う。

森の影に突如、中年男性の大集団出現。全員むこう向きに違和感を感ずる。ナンジャコリャ。大勢いて近寄りがたい。写真を写すのも何だか腰がひける。藝術とは無関係だろうが向う側に何があるのか気に掛かる。並んでいるようだ。
d0092767_11452288.jpg

賛美歌が聞こえてきた。もっと近寄って見たい気もするが『横はいりするな、順番に並べ!』なんて言われそうで近づけない。簡易テーブルで箸を使う人が見える。どうやら飢えの上野の森の住人の皆さんへ炊き出しのようだ。

何年か前、Chiは四国八十八ヶ所巡りを思い立ち三泊四日の日程で二ヶ国を巡礼した。その折、Chiは順路のアチコチの街の人から缶ジュースやら汗拭きタオルやら飴やらミカンやらを頂いた。それを『お接待』というそうな。ちなみにお遍路さんはお接待を断ってはならない。なぜなら、『お接待』はお遍路さんへの施しと同時に、自分のかわりに遍路に行ってもらうという意味があるのだから。食事を奉仕・炊き出す直接の現場に行きあってその『お接待』を思い出してしまった。

話が四国にそれた上野にもどそう。道具立てから継続的なものと推察したが、まことにどうも大変なことを・・・・・・頭が下がる。奉仕と言うのは心の安らぎまで入れたら結局自分の為にやるのだろうけど・・・。

それにしても森の住人の皆さんは、夜は森に散って眠るのか。冬が近い・・・・・。
[PR]
by ikuohasegawa | 2007-10-24 05:50 | 散歩・お出かけ | Comments(0)

258) 岡倉天心の審美眼

東京都美術館のルノアール夫人と石破茂氏の幻影に別れを告げ藝大美術館へ行った。一般開放日で学内ドコへでも出入り自由。絵画的な感じがする路地なんかも歩いてみる。私はよく口にするが、好きなことやって生きていけるのは本当にうらやましい。藝大学生諸君、君達はその入り口をくぐっている。今後の努力・研鑽と幸運を祈る。
木立ちの中のアチコチに歴代教授の胸像がある。
d0092767_18401314.jpg

高村光雲もいる。岡倉天心は東屋風屋根付きでライトアップされている。なんと言っても開祖だから。ロダン作バルザックは遥かかなたのフランスを遠望。
d0092767_20171438.jpg

東京藝術大学大学美術館は企画展のみ公開。岡倉天心展。藝術教育ここに始まれリ。
展示されている書簡は読めない。草書行書でくずされているから。唯一、天心を誹謗する怪文書だけが読めた。これは筆跡を隠すためきちんと活字のような楷書で書かれているから読める。天心を援助した九鬼男爵の夫人と【不倫淫行に耽る】とある。公金流用に関しては解説文が明確に否定しているが、この件に関する明確な否定は見あたらない。そういうことがあったのかも。

学生の模写・模作用に天心が全国から集めた美術品は、、その後重要文化財に指定されている物が数多くある。あれも!これも!と驚いてしまう。天心は美を見極める眼力を持っていた。
九鬼男爵夫人もさぞかし美しき方だったのか。天心の審美眼ここに極めリ。
[PR]
by ikuohasegawa | 2007-10-23 05:00 | Comments(0)

257) こ れ が 欲 し い

【展覧会はどれが欲しいかという眼で見ると楽しい】程度のミーハー美術鑑賞であるから、12日の上野で一番ミーハー度の高いフィラデルフィア美術館展を見た。館内は老年のミーハーで一杯。でも、モネ展よりはマシだ。爺様が多い分だけ香水が臭わない。(爺様の臭いは自分もそうだからよく解らないのだろうが)
d0092767_106448.jpg

フィラデルフィアから借りられる物を全部借りてきたという感じがして、アラカルトと言うか名品ごった煮状態。
印象派と20世紀の美術などと言う大雑把なタイトルは何でも有りの象徴。そのなかでは ‘ルノアール夫人’が楽しみである。

この絵は、人だかりがしている人気の《 ルグラン嬢の肖像 》 の隣に掛けられていたが、ルグラン嬢に優るとも劣らぬ存在感がある。わたしは、これが欲しい。サイズもそれほど大きくないから部屋に掛けて違和感はないし何と言っても心が落ち着きそうだ。これに決めた。

若いお兄ちゃん二人が 『ルノワールは デブ専だ。やせてる方が・・・ 』 などと小声で感想を述べるのが聞こえる。まだまだ若い人には、このふっくらとしたアリーヌから伝わる女性の幸せ・夫婦の幸せなどというものは解らないだろうな。

この絵でアリーヌを飾るのは、帽子につけられた花と、現場でよく見なければわからないほどのイアリングのみ。化粧気がないにもかかわらず彼女の顔は輝き、穏やかで見る者に大きな安堵感と希望を与える。それでいて確信に満ちた口元には安心感を感ずる。ほんのり紅のさした頬に眼がいった。(写真は茶色く見えますが現物はウス赤です)
d0092767_8175259.jpg

そう言えばルノアールの女性はみんな頬が赤いと思ったら、石破茂防衛大臣が浮かんできた。
いかん。後はどれをみても石破茂氏の面影がちらついてどうにもならない。

More:石破茂防衛大臣
[PR]
by ikuohasegawa | 2007-10-22 04:56 | Comments(0)