<   2008年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

416) 帝 釈 天

さくら関連のホットニュースを優先したので3月26日の柴又が再登場。

今にも、お上人様の笠智衆とほうきを持った寺男の佐藤蛾次郎が歩いてきそうな雰囲気。
想えば、お二人とも・・・・・?・・・・故人は笠智衆さんだけか?失礼。
d0092767_5255622.jpg


帝釈堂は法華経説話を表すという木彫群によって装飾されている。帝釈堂内陣にある木彫は彫刻ギャラリーとしてガラス壁で覆われており有料。木彫には興味はあるが・・・・・。
d0092767_681322.jpg

いっぱいあるけど有りすぎて品が良いとは言いかねる。
単なる私の好みの問題だけどね。 言いすぎかなー。

例えが悪いと言われるのを承知で言うなら、【全身倶利迦羅紋紋】 またまた失礼。
[PR]
by ikuohasegawa | 2008-03-31 04:28 | 散歩・お出かけ | Comments(0)

415)  この勢いで・・・

団地の駐車場抽選会。毎年3月末に実施。老齢化が進んだせいか、近年は車保有せずという世帯が増え台数的に余裕はある。2台駐車出来る方が10名分くらいある様だから。
ただし。運の悪い年は悪条件と悪条件を比較して区画を選択するという何ともイヤハヤな結果になってしまう。

その【悪条件】とは
①歩いて8~10分掛かる。
②20mくらいバックしながら車庫入れ。
③切り替えし3回の車庫入れ。
④樹液滴り木の葉舞い落ちる木の下。
⑤無理に台数を確保してあり他の区画より若干狭い。
⑥左右どちらかがコンクリート壁。

更に抽選の最後の20人位は悪条件複合区画になってしまう。残り物だからね。
昨年、私は二百八十何番かで③+⑤の区画だった。

d0092767_10545195.jpg

今年は36番目に用紙を提出し、36番目にガラポン抽選に挑み【19 】を引き当てた。
333の駐車区画から19人目に選択できる。ほとんど白紙状態。何処でもOK。選り取りミドリの中から正面玄関前。雨の日傘不要のベスト区画G-9を選択。やったー。

予感していた。当るような気がしていた。今年は自治会長のくじも当選(?)していたし、今年はよく当る年のようだから。駐車場はベスト区画当選。この勢いで宝くじでも買うか。
後は車が追突で当らないよう、食べ物で当らないよう十分注意だな。
[PR]
by ikuohasegawa | 2008-03-31 04:27 | 地域・団地 | Comments(2)

414) 桜 ・ 弘明寺の2

気に入る写真が撮れた。(28日)

大岡川の桜が満開。春休みですから子供花見大会開催中。  

僕たち いいぞ、いいぞ。  
                              写真クリックで大きくなります
d0092767_17362895.jpg



水色の上着の子!
あなた花見でカツ丼食べてるの?   そうかー、カツ丼すきなんだね。

                              写真クリックで大きくなります
d0092767_17434166.jpg

[PR]
by ikuohasegawa | 2008-03-30 03:50 | 散歩・お出かけ | Comments(1)

413) さ く ら 

28日 私が桜を見に出かけたのは何処でしょう。

三択です。 ①皇居のお堀端  ②隅田川  ③大岡川

写真クリックで大きくなります
d0092767_5441586.jpg

①のような気がする人。オシイ、写真の美しさを正しく評価できているが違う。
『まるで皇居のお堀端のようだ』というのが正しい表現です。
②のような気がする人。大間違い。
③は何処の川?知らないだろうなー。それでは

【ヒント映像・1】
d0092767_5514398.jpg


【ヒント映像・2】 お安い物から怪しげな物まで何でも揃う活気の有る商店街です。
d0092767_5561159.jpg
  
アランドロンは6900円?680円かい?かつてのネームバリューからしても6900円は・・・・・だし。この街からすると680円だろう。 桁表示6,900がある。  高い!


正解は弘明寺の大岡川でした。
d0092767_5592362.jpg
 


    
          
[PR]
by ikuohasegawa | 2008-03-29 07:01 | 散歩・お出かけ | Comments(0)

412) 御 近 所 桜

27日。自転車で出かけた富岡公園は八分咲き。満開と表現しても良い。
気の早い木もノンビリした木も一挙に開花。一気に開花したから花に勢いがあり散る花びらは 一ひら もない。
                    
                       写真クリックで大きくなります
d0092767_4361164.jpg

開花のあまりの早さに人が追いついていない。観桜の人出は未だ無い。
幼児連れの若いママが数組いるだけ。
露天のたこ焼き屋も準備中。
宴会の場所取りシートも無い。 皆さーん、桜、満開だよー。
d0092767_5373582.jpg

元海軍航空隊跡地とかで門と浜空神社がある。今の県警第一機動隊の辺りが格納庫で、その先が海だったようだ。
d0092767_5453254.jpg

航空隊なのに飛行場はない。飛行艇部隊だから。
※飛行艇=胴体下部が船のようになって水面に離着水出来る飛行機。
[PR]
by ikuohasegawa | 2008-03-28 04:36 | 散歩・お出かけ | Comments(0)

411)  葛飾 柴又

26日、葛飾柴又帝釈天へ行った。
春の陽気に誘われて発生した『ドコか行きたい』に対応し、東京ガイドブックの中からほとんどクジ引き状態で決定。行ったこと無いから行こう。
d0092767_5474869.jpg

京浜急行乗入れの京成・高砂駅にて金町行き乗り換えで寅さんの街・柴又。もちろん帝釈天の門前町だが映画から想像していた以上にこぢんまりした街並みだ。駅から帝釈天まで道幅4~5mくらいの参道が続く。映画でおなじみの草団子の高木屋老舗もその中の一軒。

d0092767_54871.jpg

もう一軒、映画との関わりを謳う 『とらや』という団子屋があるが、高木屋で団子をいただく。
草団子のヨモギはかつては近くの江戸川土手で採っていたそうだし、うなぎ・鯉料理屋も4店ある。矢切の渡しもある。

江戸川土手まで行き 矢切の渡しと寅さん博物館の位置を確認。
土手の上で細川たかしにはならなかったし、寅さん博物館にも寄らない。
展示物が想像できてしまうので興味をそそられない。トランク・腹巻・帽子・・・・・・・・。
そういえば小諸・懐古園の入り口にも有る。あちらも入場していない。

More とらや と 高木屋老舗 と 映画
[PR]
by ikuohasegawa | 2008-03-27 05:13 | 散歩・お出かけ | Comments(0)

410) 上 野 公 園

四月二十五日。柴又から高砂へ出て京成線で上野へ。西洋美術館へ向うが桜が気になって少し寄り道。
早くも五分咲き。宴会組もチラホラ。人出はすごい。

              写真クリックで満開に・・・ではなく、大きくなります。
d0092767_8383155.jpg

[PR]
by ikuohasegawa | 2008-03-26 08:38 | 散歩・お出かけ | Comments(0)

409) 烏魚子

報告が遅れた(?)が台湾旅行の土産に【からすみ】を頂いた。
S西氏は昨秋のトルコに引き続いての台湾旅行だ。その度に土産を頂いている。
フットワークの軽さを見習いたいものだ。
私は意外と出不精なもので・・・。こう言うと『ウソ!』と言われるが出不精でおまけに結構人見知りもする。
人見知りの方は他人がからむので努力して人見知らないように振舞ってきたが出不精はそのまま。結局【我がまま】ということだ。

話をもどす。からすみを台湾では烏魚子と表記するようだ。
d0092767_8292729.jpg

『ボラ』の卵の塩漬けを干したもので、中国の墨に形が似ていることから日本では『唐墨』と呼ばれるようになったとされる。
台湾では日本の影響下にあったころ『カラスミ』と呼ぶようになり、『からす』に『烏(からす)』の字を当てさらに魚の子(卵)であることから『烏魚子』になったと推測したがほぼ正しいと思う。

太平洋戦争前、祖父が台湾で勤務していたこともあってだと思うが『烏魚子』は幼少の頃から割りとなじみが有った。そういえばセンザンコウ(蟻食い)の剥製もあったなー。

S西さん、ご馳走様です。
[PR]
by ikuohasegawa | 2008-03-25 04:49 | 食べ物 | Comments(0)

408) 準備完了

陽気に誘われて・・・・・。

気持ちの良い日になりました。
マスクの人も上着を脱いでウオーキング。私は鈍感なもので花粉は感じない。
ありがたいことで。

桜、開花準備完了。
d0092767_5133652.jpg

明日は開花。
d0092767_16182285.jpg

刈り込んだ我家の風知草も芽吹き始めた。
d0092767_16195446.jpg

[PR]
by ikuohasegawa | 2008-03-23 05:22 | 散歩・お出かけ | Comments(0)

407) 三月の鰻は かわばた

軽井沢からの帰浜途中、新しく伸びた北関東自動車道を走って川端へ行っちゃいました。なんせ太田桐生ICで下りて渡良瀬川を渡ると、すぐ【うなぎ・川端】だから。ICからあんなに近いと思わないから到着時刻は11時15分。開店15分前。

という訳で3月のうなぎ蒲焼は川端。 うれしい。
文句の付けようが無い。
蒲焼あくまでも柔らかく余分な焦げ目なく熱し。仕事丁寧。タレ甘からずショッパからず。ご飯熱熱。お新香がうまい。香り高い山椒の刺激が食欲をさらに増進する。コレで鰻重(上)1800円は本当にお値打ちだ。横浜に欲しい、川端。

d0092767_110041.jpg

追加の肝焼き(400円)も絶品。キモも焼きたて。焼き置き再加熱ではない。
ご飯に蒲焼半身と串から外した肝焼きをのせて【蒲焼き肝重】 限定〇食 なんていうのはどうだ。私はいつもそんな様にして食べてますがね。なんとも言えない。

そこから横浜へ向うが、Chiと私はひとしきり川端の誉めあい。
蒲焼のほかに 『胃袋が二つあれば、鳥重も鯉の洗いも食べてみたいね』 『お茶もおいしい。大蔵のお茶』 『いつも掃除が行き届いている』 『おいしい物はお腹も満たすが心も満たす』 満足。満足。で盛り上がる。
誉め足りないので 『張り紙・お子様づれのお客様はお静かに願います』 も誉める。

『・・・・・・・・・・・z z z z z z z』 助手席のChiは午睡へと誘われ、満腹満足至福のひと時を過ごす。一路横浜へ。
[PR]
by ikuohasegawa | 2008-03-22 05:25 | うなぎ | Comments(2)