<   2010年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

2-163) ご近所桜

近所の中学校の桜。
入学式を待ちきれない一本は満開。 (写真クリックで大きくなります)
d0092767_16365426.jpg

富岡八幡公園はまだまだ。二三分咲きだが、今日は暖かくなるというから一挙に進むだろう。

本日は王子・飛鳥山公園へ行く。
飛鳥山は徳川八代将軍の吉宗が、1270本の山桜の苗木を植えさせたのが最初。当時も上野のお山など桜の名所はいくつかあったが酒宴や仮装などをしてドンチャン騒ぎをすることは禁止されていたので、庶民の花見といえば飛鳥山だったとか。落語「長屋の花見 」や「花見の仇討ち」の舞台も飛鳥山である。

私達はドンチャン騒ぎの花見ではなく『見学会:紙の博物館と飛鳥山公園』だから、紙の博物館へも行きますとも。
[PR]
by ikuohasegawa | 2010-03-30 16:25 | 散歩・お出かけ | Comments(0)

2-162) 三月の鰻は鹿島町川端

2月の鰻は28日になってしまい、雨の中へ出かける破目におちいった。加えて、後日気が付いたのだが、28日は住宅管理組合の臨時総会だった。出席届けを出していたにも関わらず忘れてしまった。ゴメンなさいだが『蒲焼』の力だ。

切羽詰まるといけないので、3月は早めに達成することにした。軽井沢からの帰途、20日に大きく寄り道をして、安心の川端へ。
信州の三月は春を予感させるだけだが、三月の上州はあちこちで花が咲いている。芝桜は未だだけど木蓮・木瓜・梅・ポツポツと菜の花・早咲の桜。春そのもの上州を抜け、渡良瀬川を渡って野州・鹿島町川端へ。

いつもの 鰻重の特上。 (写真クリックで大きくなります)
d0092767_829388.jpg

肝焼きとお新香。
d0092767_8333783.jpg

以上、二人前合計で5千円也。

全く言うことなし。蒲焼もご飯もタレも山椒も肝焼きもお新香も。
鰻重を一箸口に運び、「美味い ウホッウホッ 熱い 満足」って言いながら食べたことありますか。思わず口に出てしまうのが川端。

グイットここまで寄り道させちゃうのが川端の鰻重の力なのだ。


[PR]
by ikuohasegawa | 2010-03-30 06:33 | うなぎ | Comments(0)

2-161) 物 差 し

東急ハンズのチラシ広告を久しぶりに手にした。
いつも結構な時間をかけて隅から隅まで熟読してしまうので、これまで見落としていたということは無いと思うが、今回のチラシの端には物差しが印刷されていることに気がついた。

まあ、東急ハンズらしいといえば言えなくも無い程度のことかもしれないけれど、ちょっとしたサービスだが嬉しいと感じる。実用性は無いのかもしれないが、使わなくとも親切そうで便利そうだという気にさせることは間違いない。
d0092767_313462.jpg

どんなとき便利?と聞かれても即答しかねるが、物差しというのは不意に必要になることがある。出先の不意に備えて私は手帳に貼っている。
それは昔、カーテン売場のサービスでもらった紙テープに目盛が印刷してあるものだ。精度は『目安としてお使いください』というという程度のものであるが重宝している。
d0092767_4244984.jpg

ホームセンターで、売り物の物差しを一時的に占有して持ち歩き寸法を測るのも気がひけるし面倒なので、そんな時手帳を出してサイズを確認している。

『大きければいよいよ豊かなる気分東急ハンズの買物袋』
店名が出てくるがセールスコピーではない。俵万智さんの短歌。

東急ハンズで買物をしたことのある人ならどなたをも納得させる短歌だと思う。目的のものが見つからないと「チェッ」て思っちゃうけど、手に入れた帰りはスキップものだ。今日も良いもの買えたねー、満足。

この日はメジャー付のチラシを見ただけで、東急ハンズに満足してしまった。
[PR]
by ikuohasegawa | 2010-03-29 05:15 | Comments(0)

2-160) うどん同時

家人に問われた死期の近い老人が「中村屋の・・・肉かけが・・・食いてえ」と答えたという話が信州上田にはあるそうだ。月一うなぎの実践者H谷川としては、同じ状況で問われたら期待に応えて『川端の・・・うな・・じゅ・・・重』と答え、蒲焼に義理立てせねばならぬのだろうが、あれこれ様々の料理を思い起こして定まらない。まぐろの中トロにぎり・骨付きカルビ、そうだカレーライスもあるなー・・・・・食意地が張っている。

過日その『中村屋の肉かけ』を食べに行った。いわゆる『肉うどん』。昨秋、上田を訪れた時、駅前近くのうどん屋が20台の駐車場を持ち、それが満杯だったことで興味を引かれての今回である。

Chiは肉の正体が『馬』であることを知って行き渋っていたが、「この時期の信州に花は無い。上田城の桜もまだまだ、だから、みすず飴本舗のジャム、ついでに・・・」と口説き落とし上田へ同行。
(写真をクリックして大きくするほうが、はるかにおいしく見えます)
d0092767_410611.jpg

馬肉を長時間かけて煮込みダシをとった少し甘めの汁がうまい。トッピングはネギとダシをとった馬肉だけといたってシンプルな手打ちうどん。550円。
肉は柔らかく煮込んだという感じで美味い。決して出汁ガラというのではない。現に『肉かけ』を頼み、この肉を肴に猪口をかたむける常連が少なくないとのこと。

『蕎麦前』というのを最近アルチュ氏から聞いた。そばが出てくるのを待つ間に呑む酒のことを言うそうな。その伝で言うと、肉を肴にする中村屋での一献はさしずめ『うどん同時』 

「銘柄は何にいたしましょう」と問われたら今の季節なら 売り切れ間近の『真澄のあらばしり』だな。

More  冷 奴
[PR]
by ikuohasegawa | 2010-03-28 04:31 | 食べ物 | Comments(3)

2-159) 初 物

26日は前日の真冬のような寒さから一転、好天に恵まれて君津でゴルフ。

帰りにはいつものようにいつものJA直売所で野菜のお買い物。

連日あんなに寒い日が続いていたのに、千葉の大地はすっかり春になっているようで立派な筍がでていた。
d0092767_17443100.jpg

好物の初物だから大き目のものを二本購入。1500円也。

帰宅後すぐに茹でた。明日が楽しみだ。

ゴルフの方は、このところの寒さが腰に影響しているという報告にとどめる。
[PR]
by ikuohasegawa | 2010-03-27 05:02 | 散歩・お出かけ | Comments(0)

2-158) クレナイ頭巾

民主党に小沢一郎がいるのはモーニング娘に天童よしみが混じっているようなものだ、という例えを聞いて『上手いこと言うものだ』と感心していたが、最近、「♪ なめたらアカン ♪ なめたらアカン ♪」」と民主党モーニング娘が唄い、天童よしみ化しているようにみえる。
d0092767_15524475.gif

モーニング娘の天童よしみ化ということは、民主党の小沢化。

今日のネタは、もう古い話になってしまっているがお付き合い願いたい。
なんせ北教祖小林、生方処分撤回と次から次から出て来るので追いつかない。そうこうしている間に中井週一お掃除女性などと言うのも出てきてしまった。

民主党は公共事業の陳情を幹事長室以外では受け付けさせない。先般、そのルートを逆にたどって公共事業の実施場所いわゆる「個所付け」の情報が事前に流れた。何のことはない、これまで自民党の族議員が官僚と組んで握っていた「利益誘導権」を奪っただけのことだ。

民主党は自民党になりたかっただけかい。
それも、より組織的大々的に党を挙げてであるから民主党は自民党を越えた。

新聞によると2月に行われた長崎県知事選挙前に民主党の石井一選対委員長は述べた。
「時代に逆行するような選択を長崎県民の方がされれば、民主党政権は長崎に対しそれなりの姿勢を示す」 
小沢一郎幹事長も長崎で「(民主党推薦候補を)選んでいただければ交付金も皆さんの希望通りできます。高速道路をほしいなら造ることもできます」と語った。

CMの天童よしみは 紅〔クレナイ〕頭巾。
d0092767_7571415.gif

民主 票クレナイ(と)頭巾 の 飴 と 鞭。(この写真を使いたいだけのページなのだ)

にもかかわらず、民主党推薦の候補は自民系に負けた。飴が効かなかったら次は鞭の出番だが、『民主党政権は長崎県に対しそれなりの姿勢を示す』のだろうか。『長崎県には交付金は出ないし、高速道路はできない』ことにするのだろうか。あの二人は容赦なく鞭で打ちそうだ。結構な悪人顔だからそれが似合うと思う。

自民党を見限って民主党に投票したけど、次の投票は、自民党になった民主党ではなく 「みんなの党」というのがもっぱらのうわさですけど。
みんなの党

鳩山首相の『最低でも沖縄県外』というのは、どうやら『最低部分だけでも沖縄県外』という落としどころが見えてきた。
そして、鳩山さんの会見はこんな感じだろうな。

『誠心誠意努力いたしました。しかし、私の志とは異なりアメリカが言うことを聞いてくれないので、万全とは言えない結果ではありますが大きく前進したと自負していることをご承知下さい。 沖縄の皆様の長年の思いを念頭に交渉に交渉を重ねてまいりましたことをご理解くださることをお願いいたすことを申しあげていることを併せてご理解ください。
最後がグジャグジャしてすっきりしないのよ。
[PR]
by ikuohasegawa | 2010-03-26 04:26 | 重箱の隅をつつく | Comments(0)

2-157) 古雛まつり

坂城町は北国街道坂木宿であり、以前『鉄(日本刀)の展示館』を見学したことがある。今般は坂城古雛まつりに行った。街道筋の旧家から江戸時代の古雛を集め展示した企画展。

集められた雛は江戸時代の物であることを実感させる。
Chiは歌舞伎名場面人形がお気に入り、ゆっくりと鑑賞。
当時はお内裏様が左にいらしたようだ。見る側からすると右側。
d0092767_537186.jpg

去年見た須坂人形博物館の三十段雛祭りには量では負ける。見物人もほとんどいなかったのでじっくり見ているうちに逸品ぞろいのような気がしてきて坂城古雛を応援したくなった。
須坂は家庭で不要になった『久月・秀月・吉徳』を集めただけだろう。なんてね。
坂木宿ふるさと歴史館は武田信玄を2度も打ち破った村上義清と、北国街道の宿場町として栄えた「坂木宿」の歴史・文化史料を展示している。また、建物自体が、昭和4年に建築された木造建築を、当時の面影を遺し修復した建物でもある。

旧本陣 春日家で木造三階建て一部に木造モルタル造りを併設?併築?改築?
d0092767_544346.jpg

土塀と門も保存修復してなかなか感じがよい。
d0092767_5375874.jpg

[PR]
by ikuohasegawa | 2010-03-25 05:00 | 散歩・お出かけ | Comments(0)

2-156) 元 悪魔

行楽に花紀行を付け加えるようにしている。むろん奥さん孝行の一環である。
出かける方面と開花の時期が合わないときはチョッと南へ、少し北へ更に山へと足を延ばして花を楽しんで頂けるようにする。そうそう、いつも我がまま勝手な私だから花紀行のポイント稼ぎ。今回はどちらへ。

木彫で強張った筋肉をほぐすため坂本宿の峠の湯へ出かけた。入湯休息後、まだ早い時刻だからと寄り道した秋間梅林が満開。毎度の言い草だが三月の信州に花は無いから、思わぬところで花紀行ポイントをゲット。

ところで、木彫で強張った筋肉・・・・・・というのはヤッパリ聞こえが良い。木工というと言うより数段高級な物を彫ったように聞こえるなー。
それはさて置き、秋間梅林一枚目(大きくなります)
d0092767_651447.jpg

秋間梅林二枚目(  〃  )
d0092767_610743.jpg

群馬に2年ほど転居していたころにも秋間の梅林へ出かけた。上信越自動車道を下っていくと下仁田・富岡辺りでスギ花粉が山から襲来してくるのを目にして、慌ててUターンしたことがあった。花粉症のChiが黄色く流れ来る大群の花粉を見たのだから引き返すのは当然のこと。クワバラ クワバラ。
念のため申し添えるが、Uターンしたと言っても次の出口を出てのUターン。老人性の高速道逆走ではない。

以来、我家では秋間梅林のことを『悪魔の梅林』と呼んで近づかないでいた。しかしその2年ほどの間に、新鮮な杉花粉を大量に浴びたのが功を奏したのか、その後Chiの花粉症は治ってしまったのでマスクもしていない。したがって『悪魔の梅林』は普通に秋間梅林に戻っている。元悪魔の梅林とは言っていない。

私ですか?私は端から花粉なんぞフリカケにしてもOKだし、花粉シャンプーでも花粉リンスでも、何でも来い。花粉如きに負けるほどヤワではないというか敏感ではない。

三枚目、梅園の午睡(  〃  )
d0092767_611351.jpg

ドライブ先で別れ話を持ち出され泣く男に見えなくもないけど、この日は暖かな本当に良い日だったから、そんな事はないと思う。昼寝だ。
[PR]
by ikuohasegawa | 2010-03-24 05:23 | 散歩・お出かけ | Comments(0)

2-155) マッチで放火

マッチポンプとは自分がマッチで火をつけておきながら、それを自らポンプで消すという意で、自ら問題を提起し自分で解決することをいう。

3月中に結論を出さねばならぬそうだが、沖縄の基地問題に対する鳩山さんの言は、将にマッチポンプであると書こうとしたが違った。

『基地県外移設への期待』に火をつけてみたら当然沖縄県民のハートは燃えたわけだ。
d0092767_17335576.jpg

聞かれれば「嫌だ」「NO」と答えるに決まっている感情に火をつけておきながら、消しそこなって火事になってしまったと言う状況だ。政権奪取という高揚感が『前政権の決定をそのまま実施してなるものか』と思わせたのだろう。

今のところ消せないのだからマッチポンプではない。マッチで放火しただけじゃないの。そうなったら、火付盗賊改方の出番。長官ですから。

私がお気楽に書き散らしても害を与えるほどの影響力など無いけど、仮にも日本国の総理大臣なのだから期待するなと言うのが無理。市井の親爺がブログで呟いているのとは訳が違う。

私はあの方の持って回った言い回しをつつくのが好きだから、今般の基地問題の決着会見を期待している。
「私の発言が沖縄の方々に過大な期待を与えたなら誠に遺憾でありますが、私はその言葉をそういう意味合いを込めて使ったという自覚はまったくないことを申し上げておきます」
などという会見がもうじきあると思う。

その言葉をそういう意味合いを込めて使ったという自覚はまったくないことを申し上げておきますというのは、ハッキリ言うと 『そう思ったのはお前の勝手な誤解だ』ということ?

More 新聞記事
[PR]
by ikuohasegawa | 2010-03-23 12:40 | 重箱の隅をつつく | Comments(0)

2-154) 小さい蝶ナットを楽に締める

軽井沢に滞在した七日間、合間を見ては木彫に没頭していた。

などというと我ながら格好良いシチュエーションだが、格好良いのは軽井沢という地名だけ。彫刻刀は学童用だし、材はカインズホーム調達。そこらじゅう木屑だらけだし。それで出来上がったのは蝶ナット用のツマミだから、それほど格好良くはない。

でも、そんな私を見て、Chiは「楽しそう。幸せそうだねー」と幾度も言った。
本当に楽しい幸せな時を過ごしていたのだ。やっぱり、木を彫るというのは性分に合っているようだ。 
自分の分+図書館の分 2個作ろうから始まって、あの人この人・・・今回20名が製本機『製本屋さん』を買っているから指が痛い人が20名いる・・・前から使っている人もいる・・・要望が出たら・・・えーい面倒くさい。30個作ってしまえ。と決断。
中途半端な数を作って終了すると、再度作り始めるためにはまず気力を充実させ、材料を揃え・・・・数倍のパワーが要る。それなら、思い立っている今、作ってしまう方がはるかに楽だ。やるぞ!

ということで、34個が完成。
BOOK型蝶ナット締め具、34個完成記念写真。(写真クリックで大きくなります)

整列!右へ倣え。
d0092767_1425873.jpg

写真を写す私を見て、Chiは「崩したり積んだりして楽しそう。幸せそうだねー」と言った。楽しいよ。

解散!楽にしてよし。(写真クリックで大きくなります)
d0092767_203861.jpg


最初に作った試作品から手慣れて上手にできたもの、さらに慣れすぎて失敗したものまで出来上がりに差がある。さらには色の好みまでいれると、公平にお分けするのが難しい。袋へ入れて見えなくしておいて選んでもらうことにしよう。

「ここでも使えるんじゃない」と、キッチンでChiが言っている。 
我が家の換気扇には蝶ナットが使われていた。一つ手渡すと「便利、楽。スゴイ」と大絶賛。そうよ、可愛いだけではない。やっと、蝶ナット締め具の有用性を納得できたようだ。
d0092767_15532225.jpg

Chiは「特許を取って売れないかしら」と、のたまう。それほどの物ではないけど誉められると嬉しい、もっと褒めてー。
[PR]
by ikuohasegawa | 2010-03-23 04:26 | 製本&修理:ツール | Comments(4)