<   2011年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2-411)アナログなインテリジェンス

インテリジェンス【intelligence】には ①知性。知能。理解力。の他に、 ②情報。諜報という意味があることを佐藤優氏の著作で学んだ。何しろ彼の人は②を多用するから。

我家のインテリジェンスボック(意味の②)をご披露する。
箱からコードを出して電源と電話回線に接続してある。
リフォーム工事の邪魔になればコードを抜かないでこの箱ごと隣の部屋へ移す。上に乗っているのは電話の子機。とりあえず出してあるが部屋を移動して身近に置く必要は無いという判断で、ここに置いている。
d0092767_9513233.jpg

箱の中にはその親機であるFAX電話と光モデム。先の団地大改修のとき無線LANを導入したのでそのルーターの親機が加わっている。(モデムとルーターの区別がよく解っていないことに気づいた。そういえば電動彫刻機もルーターというなー。

このインテリジェンスボックのおかげで、リフォーム中でも珈琲豆の取り寄せとその支払いも、工事代金の振り込みも、メールの確認もブログの更新も全て普段どおりできる。どの部屋に移動しようと外界とコンタクトできている。

インテリジェンスボックとか外界とコンタクトなどといっても、根がアナログな人間だからTVとレコーダーの裏には、超アナログな処置を施した。
d0092767_1351950.jpg

いえ、記号を付けなくても取説があるので配線できるが、時間がかかるし面倒だ。だからこうして記号を振っておけば何度移動しても直ぐ復元できる。

もっとアナログな方式もあみだした。
プラスチックダンボールの箱は強度があって折りたためて使い回しが利くから、軽井沢と横浜を行き来するときに組み立てて活用しているが、これにベルトをつけ引き手とした。通称・曳きまわし君。
d0092767_1352457.jpg

シリコン樹脂の家具移動用滑り板もあるが高額だから、二、三度のために購入するわけにはいかない。そこで滑りがよさそうなプラダンで、代用品を作って活用した。重い物の移動に実に重宝した

活用した。重宝した。と過去形の理由は、リフォーム前の移動だから畳だろうが絨毯だろうが突っかかろうが気にしなくて良いから曳きまわしたのであって、リフォーム完成後のフローリング床の荷物移動では絶対に使わないからである。

とてもインテリジェンス(意味①)的とは言えない工夫のご披露でした。

追加:私は職人仕事を見るのが好きだから現場をウロウロしていることが多い。
現場立ち入り時は自前のヘルメット着用。
d0092767_9533083.jpg

[PR]
by ikuohasegawa | 2011-01-31 05:15 | Comments(0)

2-410) 押入れ解体

画面右手のリビングは、掃きだしの大きなガラス戸があるので明るい。
しかし、ダイニングの一角は薄暗いような気がしていた。
南側の和室の押入れが無ければ明るいのになー。リフォームする日が来たらこれを取ろう。
入居した二十数年前から抱いていた夢だ。
d0092767_9394454.jpg

リフォーム初日、あっという間に叶った。

押入れ解体。
d0092767_1322220.jpg

さてこの後は・・・・・・

リフォーム番組 before after 風に言えば
『匠は何をたくらんでいるのでしょうか』

匠は斯く申す私めであるが、たくらむなどと言う悪いことは考えていない。計画し施工を依頼しているだけ。

『さあ、皆さんで推理してみてください』
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-01-30 05:27 | Comments(4)

2-409) 打ちたての蕎麦

夕方5時から7時の間、私は関心の向いたニュースを求めてアチコチ局を替えることが多いが、芸能界の話題になるとに即座にリモコンを操る。離婚しようが分かれようが知ったことではない。あんなモノはニュースと言えない。

TV各局で競ってニュース番組を放映しているなかでは、安藤優子さんがキャスターをつとめるフジTVのニュース番組を好ましく思う。日テレはピンクのメインカラーがひと際目立つ news every。あの色の画面は芸能ニュースには良く合う。
d0092767_17135583.jpg

その中の【news 届けたて】が気になってしょうがない。
「CMの後は news 届けたて」を聞くたび見る度になんとなく妙な感じがするので、違和感の素を整理してみたが果たして・・・。

先ず「たて」というのは、打ちたての蕎麦・獲りたての魚・焼きたてのパン、などというときの「たて」で、動詞の連用形に付いて、動作が終わったばかりの意を表す。
だから 、まだ届けていないニュースを「届けたて」というのは誤りだ。
あのー、【news 届けたて】というのが、気にならない人はこの先読んでも面白くないとおもいます。念のため。

気をとり直して先を続ける。
したがって【news 届けたて】の動詞「届け」というのは連用形でなくてはならないから、「届け」は他動詞「届ける」の連用形ということになる。
d0092767_9324236.jpg

【news 届きたて】とすれば、自動詞になり主語はnews である。しかし、【news 届けたて】のnews (・・・を)は目的語で、別に主語があることになる。

「たて」は動作が終わったばかりの意を表すのだから【news 届けたて】の主語はニュースを届けた記者であって、まだニュースを届けていないキャスターではない。しかし、そのキャスターが「CMの後は news 届けたて」と言うから、「まだ届けていないのに」という違和感が生まれる。

「記者が届けたて」と言うnewsをキャスターが後から伝えるのは
『打ち立てだった蕎麦をしばらく置いてから届ける』ようなものだ。
「打った時は打ち立てだった」「届けた時は届けたてだった」と過去のことを自慢されてもねー。

記者が登場し原稿を手渡し 「CMの後は news 届けたて」と言うのなら、今終わったばかりのことだから違和感はない。

画面に登場するキャスターの台詞であるから、主語をnews にして【news 届きたて】のほうが『打ち立ての蕎麦がすぐ出てくる』感じがするでは無いか。
私だけだかもしれぬが、自動詞の連用形【news 届きたて】としてもらうとスッキリする。
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-01-29 06:17 | 重箱の隅をつつく | Comments(0)

2-408) 日記のレイアウト案

日記の頁をレイアウトしている。中高年の、日記初心者向け。
リホームでゴチャゴチャしそうなので、昨日メールに添付して送り出した。宜しく検討くださいというところだ。

あれもこれもとアイデアは色々あるが、印刷・製本の都合上、大幅なコストアップになるので全ページ同一とする。

「血圧・脈拍は2度測る」という申出を受け、ひと枠追加。中高年向けですから。
他にも「測定時刻を」「体重・体脂肪も」という意見を容れてこんな風になった。
この欄のマス形は角を丸めて印象を優しくしたいのだが出来なかった。お願いします。

絵でも書道でも日記でも、初めての人に「思ったとおり自由に書けばよいのですよ」と言っても手は出ない。何を書いてよいのやら、どう書き始めれば良いのやら解らないという方のために、手がかりを用意した。日記初心者向けですから。

日記帳を作るだけでなく、書くことに挑戦しよう。
d0092767_5235031.jpg


「手がかり選定の思い」
【会った人 出かけたところ】・・・引きこもらないで外に出ましょう。

【昨日の夕食を覚えていますか】・・・ボケ防止。

【喜怒哀楽】・・・喜び楽しさは書けば倍増、怒り哀しみは書き捨てましょう。

【気になるニュース】・・・社会に関心を持ちましょう。

【観たり聴いたり読んだり】・・・感動して生きていますか。

【お買い物】・・・あまりステキなので、つい買ってしまった。

【身辺雑記】・・・色々あります。人間だもの。

薄いインクで印刷しますから、もっといっぱい書きたい人は、印刷を無視して思いのたけを綴ってください。

お節介が過ぎるかもしれないが今のところ反論は無い。





[PR]
by ikuohasegawa | 2011-01-28 06:28 | 製本&修理:スキル | Comments(0)

2-407)思い出の品

燃やすゴミ、処分、処理、捨てる、廃棄、粗大ゴミ、譲る、宅急便、もちろん断捨離も。
全てを総動員してモノを減らした(つもりである)。

未練が残り、保管したモノも多少あるが、before ではこんなもの。
次のチャンスは、リフォーム after
真新しくなった部屋にモノを出した時に再びチャンスが来るはずだ。

合言葉は「思い出の品は、自分が持って逝ける分だけにしようね」
自分が入れないほど、思い出の品があったら困るからねー。
d0092767_138472.jpg

これを機に整理が出来たことは本当に良かった。
身体が弱ってしまったら何も出来なくなるのだから。

弱る予定はないが、そういうことを少し意識して暮らす頃合にさしかかっている。
それは、気弱だとか縁起が悪いとか老いたとかいうのではなく、前向きに生きるとはそういうことだと思う。
古い思い出がいっぱいだと、新しい思い出は生まれる余地がない。

だって、綺麗にリフォームして活きなおし、新たな思い出をつくるのだから。

More 解ったこと
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-01-27 06:00 | Comments(2)

2-406) 絨毯を切る

年明け、我が棟の各戸は堰を切ったようにリフォーム工事を開始している。
時々粗大ゴミで出ている絨毯は、どこの家庭からも長尺の巻き物で出してあった。確かに絨毯は折りたたんでもかさ張るから巻いて出すよりしようがない様だ。

我家も、最初に着工するリビングダイニング&寝室から全てのものを運び出し、最後は絨毯。
市の粗大ゴミに出す予定なので巻いてみたが置き場所に困る。何とか扱いやすくならぬものかとあれこれやってみたが、6畳の絨毯は小さくたためない。

思いついて、カッターナイフで二分割。驚くほど簡単に切れた。
絨毯を床に置いて上から刃先で切ろうとしても切れなかったが、絨毯を浮かして、カッターの刃を斜めにあてがって前方へ押していくだけで切れた。刃さえ新しければ誰でも出来る。
絨毯を処分するときにはお試しあれ。と言っても、そんな機会はそうそうある訳ないか。
d0092767_185411.jpg

1本1.5m位になったので扱いやすい。

こんなことをやりながら、リフォームまであと3日、いよいよ29日開始となる。

リフォーム直前。
d0092767_17453833.jpg

この先約一ヶ月、更新が遅れることはあっても継続していく意思はあるので、続けて見に来てください。
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-01-26 05:34 | Comments(0)

2-405) 確定申告

ずーっと待っていた国民健康保険納付金額のハガキが21日にやっと来た。
国税庁のサイトから用紙に入力し確定申告書が完成。

土日は税務署が休みのため、月曜日の24日、10時を待って横浜南税務署へ申告に行く。まだこの時期だから、受付は3名というこじんまりした体制で、列は1~2名待ちくらい。
d0092767_20162490.jpg

すぐ前の人は、漏れ聞こえた受付とのやり取りによると、手書き申告書の計算間違いがあり訂正印を押しに自宅へ戻っての再提出のようで、再度チェックを受け手間取っていた。

その点、PC入力者の申告は自動計算だからミスが無いので、チェックする方も楽。指さしチェックする振りをしただけで「はい、受け付けました。ご苦労様でした」
で、我家の確定申告は二人とも無事終了。

この時期受け付けるということは還付申告である。
確定申告の時期は2月16日から3月15日までの1か月間である。ただし、源泉徴収額が所得税額より多く、還付を受ける場合(=還付申告)は申告期限前にあたる翌年1月から2月15日までの間でも申告書を提出することができる。

ということは戻ってくる訳だが二人分で10万円近くになる。何だかスゴク得したような気がした。
国が税金を集めておいて、色々手当を配りたがるのも似たような効果を狙ってのことだろうか。
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-01-25 06:48 | 散歩・お出かけ | Comments(5)

2-404) 冬のゴルフコンペ

冬ばれの一日、ゴルフコンペ参加。
会場はPGMのプレステージカントリークラブ。
d0092767_16304690.jpg

PGMは外資系のゴルフ場運営会社で、2002年倒産した地産のゴルフ場を皮切りに、現在ではアメリカ流の合理的経営で運営するゴルフ場は国内130。お蔭さまで、元 高額コースでもプレーできる。

その日、他パーティのゴルファーが池に落ちたが無事助けられ事なきを得たという事件が伝わってきた。
我らの仲間の一人 S水さんが池に落ちたのも冬。もう7年も前のことで、最近は話題にすら上らなかったのに全員が思い出し、7年前の話題で大笑い大盛り上がりとなった。

冬場のオープンコンペのため参加者は13名。
横浜組は5名。常連のS西さんはぎっくり腰で欠場。
腰痛禁止標識を作ったのでハガキにプリントし、見舞いとして送っておいた。
d0092767_7432316.jpg

私ですか?
私は、冬は毎日とにかくホッカイロを入れ温かくし、注意して生活しているので
おかげさまで「小」はあっても「大」は無い。※ 用たし ではなく腰痛のことだよ。
 
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-01-23 06:43 | 散歩・お出かけ | Comments(0)

2-403) 書籍をなぜ本というか

書籍のことをどうして「本」というのかという疑問が湧いた。

本の歴史を語る頁でも『粘土板、木簡、竹簡が本の始まりで・・・・』と、当たり前のように「本の始まり」と話が進んでしまい、何故、何時からそれを「本」というのかは解らない。

「本」を新明解で引く。BOOKという意味は少ない。
d0092767_914223.jpg d0092767_8553793.jpg

『もとになる、大事な、もとから』というような意味である。熟語もそればかりである。
『もとになる、大事な』ことを記してあるから本というのだろうか?

次いで漢和辞典を引くべきなのだが、ダンボール箱に入れ積んでしまっているからチョッと無理。しばらくweb頼り。

歴史的にはどうなのだろうと思ったら、 枕草子が浮かんだ。
そうし[さう―]【草紙・草子・双紙・▽冊子】
〔補説〕 「さくし(冊子)」の転
[1] 綴(と)じてある 。字などを書いたものも書いてないものもいう。
[2] 仮名書きの物語・日記・歌などの総称。
[3] 書き散らした原稿。したがき。
[4] 「絵草紙」「草双紙」などの略。
[5] 字の練習用に紙を綴じたもの。
「本」は出てくるが・・・。

次に「本」が付く「仮名手忠臣蔵」が浮かんだので、とりあえず調べた。
d0092767_840945.jpg

「本」には行きあたらなかったが、「仮名手本忠臣蔵」の意味が解ったので報告。
まず、前提として赤穂浪士は47人。
次に、昔の人は、寺子屋での最初の勉強は仮名文字。これを「手習い」という。
その仮名文字の「いろは」は47文字で四十七士と符号する。
もちろん、手本には武士の鑑=手本という意も込められている。
つまりこれが「仮名手本」

「忠臣蔵」も、忠臣 大石内  助を暗示している。(芝居では本名ではなく「大星由良之助」という名前にしている)

通して『仮名手本忠臣蔵』で、「忠臣として武士の手本となる大石内蔵助を主人公とする赤穂浪士四十七士の物語を、かな文字で書いたようにわかりやすいお芝居にしてご覧に入れます」という、内容紹介と登場人物の解説と宣伝文句とを兼ねた題名。

ということは解ったがで「なぜ?本」は宿題のままである。

※これは、私の宿題ですので、ご存知の方は「知っている」とだけご連絡ください。
しばらく探し続けますから。






[PR]
by ikuohasegawa | 2011-01-21 05:00 | 製本&修理:スキル | Comments(2)

2-402) 確定申告

近所の南税務署の駐車場にプレハブが建ち、確定申告の人が出入りし始めている。
確定申告は年が明ければ受け付けることを、昨年?、I 島さんから教えられたので手ぐすね引いて待っている。
確定申告の時期は2月16日から3月15日までの1か月間である。ただし、源泉徴収額が所得税額より多く、還付を受ける場合(=還付申告)は申告期限前にあたる翌年1月から2月15日までの間でも申告書を提出することができる。

ずーっと待っているのに国民健康保険納付金額のハガキがこない。年金も保険も揃っている。昨年届いたハガキの日付を見ると1月13日作成とある。どうしたのだ、もう18日だぞ。待ちきれず区役所へ電話。
d0092767_9343835.jpg

「昨年のハガキは13日作成となっているので、本年、拙宅に届いたハガキを家人の不始末で紛失しておりはせぬかと心配になり電話したのだが、そちらから送り出しているかどうかを確認したい」
「大変申し訳ありません。明19日打ち出す予定ですので4・5日お待ちいただけませんでしょうか」
そんなわけで、国民健康保険からのハガキを待っている。 
「はよ、せいや」
早くしていただけませんかという意味だが、電話を切ってからの全くの独り言で区役所には言っていない。

さて、これまでPC入力で窓口提出をしていたが、今年は電子申告「e-Tax」にチャレンジしようかと思い調べた。
それには、まず住基ネットカードと電子証明書がいる。それを読み込むICカードリーダライターが必要になる。費用は、住基カードと認証で1,000円(我家は夫婦別申請なので×2)ICカードリーダライターは2,000円くらい。

続いてe-Taxを開始するまでの手続き。オンライン申請をするのだが、まずe-Tax開始届を出して利用者識別番号とパスワードを発行してもらわないといけない。それから、国税庁の3個のソフトをインストールすることになる。
国税庁のe-Taxソフトは何だか変だから、嫌な予感がする。入力だけでもソフトの具合がスマートではないと感じることがある。

現在、確定申告のPC作成の途中で保存している状況なのだが、保存するとデスクトップにアイコンが出来る。当然、続きを入力するときはこのアイコンから始めると思いきや違う。
d0092767_13105631.jpg

保存データを呼び込むときに、このアイコンをWクリックするとデータが破損するという注意書きが出る。変! ほらスマートじゃ無い。
d0092767_16565323.jpg

反応も遅いし、国税庁のe-Taxソフトは何だかチョッと変な感じがすることが時々ある。

e-Tax納税すると1度だけ納税額が5,000円(我家は夫婦別申請なので×2)割引されるからお得なのだが、ここまでやる手間や、パソコンに余計な変なものを3本インストールして、なおかつ理解に苦しむことを考えると、我家の場合は歩いて5分くらいだから、例年通りPCで作成、アナログで提出とするほうがよさそうだ。



 
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-01-20 05:49 | 繰り言 (くりごと) | Comments(2)