<   2011年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2-465) 義援金

常用漢字に指定されていない漢字の使用を避けるために、新聞などが似たような音の漢字を当てて使うことを代用表記というそうだが、元々別の熟語である場合があり、誤用の因になっていると思う。

例えば「集」と「集」
が常用漢字外のため、を代用しているが、本来、蒐集とは趣味や研究などのために、ある種の物や資料をたくさん集めること。コレクション。「切手の―」
収集とは、寄せ集めること。「ごみの―」
本来は別の熟語であり、私が蒐集だと言ってもChiが収集だということもある。
同様に
「情」と「情
情誼とは、人とつきあう上での人情や誠意のこと。「―に厚い」
情義とは、人情と義理のこと。「―を欠く」

端」と「端」
尖端とは、尖った物の先の部分。また、時代や流行の先頭のこと。「錐(きり)の―」「岬の―」「時代の―」「流行の―」「―技術」
先端とは、長い物の一番端の部分。「棒の―」

育」と「育」
哺育とは、動物の親が、乳や食べ物を与えて子を育てること。
保育とは、乳幼児を保護し育てること。「―園」「―器」「―所」
 
 
日本赤十字社では、今回の震災の被害が甚大かつ広範囲に及んでいることから、被災県組織に代わり、皆さまからの義援金を受け付けております。
d0092767_66690.jpg

■ 取扱期間   平成23年3月14日(月)~平成23年9月30日(金)

義援金とは災害救助や慈善の目的で金銭を寄付することだが、もともとは「義捐」と書いた。この「捐」も常用漢字にないために「義援」と代用表記されることが多い。

しかし国語辞典・新明解は「義捐」で見出し語をたて、意味の部分に補足的に「義援」とも書くと表記している。
さらに「捐」を調べると元々「捨てる」「取り除く」という意味。いらないもの、余ったものを「ほどこす」というニュアンスだったようだ。
困っている人に送るという趣旨からすれば「助けの手を差し伸べる」意味の「援」の方がふさわしいような気がして、これは上手く代用させたものだと感心してしまう。

More
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-03-31 06:09 | 言葉 | Comments(0)

2-464) 獺祭の1%

酒を飲むなら、獺祭を。
d0092767_8114097.gif

美味いだけでない。
旭酒造
・・・・略
酒蔵としては頭の痛い事が続きます。それだけではなしに、停電などによる東京の飲食市場や酒小売店頭への影響、国内全体に漂う沈滞ムードによる需要減も大きなものがあります。しかも、このダメージは長期化しそうです。

しかし、冒頭に記した今回の震災で亡くなった方々・被災された方々に比べたら何ほどのものでしょう。

実は、地震の報道を受けたあと、私たちが今回被害にあわれた方に何ができるか・させてもらえるか、自問自答する毎日が続きました。こちらからテントや寝袋など物資を支援すると言っても、きちんと届くかどうかわかりませんし、こちらが買い占めの片棒を担ぐ恐れもあります。結局お金を寄付させてもらうのが一番という結論に至りました。

しかし、こういう事は自分に痛い位の寄付額でないといけないと思っています。計算方法として、これから一年、売り上げの1%を毎月、前月売上金額に対しての相当金額を関係機関(基本的に国が窓口と思っています)に寄付させていただこうと思います。


夜の繁華街に人がいないそうだが、獺祭ならば深酒も許される。1%に協力するためなのだから。
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-03-30 05:51 | お気に入り | Comments(1)

2-463) 運は良くない

年度替りの時期になった。
我が団地でも管理組合理事の選出やら駐車場の抽選会やらと何かと慌ただしい日々である。

駐車場の抽選は193番。この番号では近場の駐車場の残りの数区画から選ぶよりしょうがない。
残っていたのは延々とバックする区画か、入れにくい壁際。結局、壁一つ手前のとめにくい区画を選んだが、それは今と同じ場所。
知り合いの方々と久しぶりに言葉を交わしたのが唯一良かったことで、今年に続いて来年も運が悪い私のようである。
d0092767_558313.jpg

輪番制の管理組合理事も来期が番で、番はよいのだけど・・・・。
チョイと面倒な気もするが、ボケ防止のつもりで務めさせてもらうことにした。来年は本当に運が悪い年になりそうだ。 

隣の区画に駐車するのは三菱の軽自動車 i だった。少しありがたい。
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-03-29 05:26 | 繰り言 (くりごと) | Comments(0)

2-462)三月の鰻はそごう横浜店・竹葉亭

私が頂いたのは、うなぎ中入丼。
d0092767_1242996.jpg

d0092767_1252243.jpg

Chiは、うなぎ重を頂いた。
d0092767_7391655.jpg

「久しぶりに温かいものを頂いた・・・」と、トン汁に絶句する人が映る。
長い列に並んでのラーメンに、炊き出しの有難さを語る人もいる。

そんな3月なのに、申し訳ないが3月の鰻は『竹葉亭・そごう横浜店』
美味しく頂いた。という報告に留める。
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-03-28 04:54 | うなぎ | Comments(0)

2-461) 椅子の修理

27年愛用した椅子の背もたれと座面の板が割れた。
ムクでも一枚板というわけにはいかないので板を接いであるのだが、その接ぎ目が緩んだ。リフォームを機に二脚修理した。
d0092767_6261314.jpg

当時、渋谷パルコにも店舗があったあの家具屋の、結構な値段の品なのにボンドだけの『イモ接ぎ』だった。ナゼ『イモ接ぎ』なのだ!という思いはあるが『イモ接ぎ』だったから接ぎ直すのも比較的簡単。木ねじを数本外し差込みを抜いて分解。さて、
d0092767_6264743.jpg

小口のボンドカスをきれいにしてボンドを塗り、工作台と新規購入のF型クランプ(880円)で圧着固定し乾燥を待つ。
d0092767_627981.jpg

翌日組み立て、完成。
d0092767_1953352.jpg

「直した椅子がまた割れたよ」
「しょーがないなー、座ったろ」 では小噺になってしまう。

ボンドの力は信じているが、念のため比較的座らない位置へ復帰させた。
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-03-27 06:04 | Comments(0)

2-460)私の部屋

d0092767_17453435.jpg

玄関採光用のドアの奥は、一応 私の部屋。
私の希望で、棚を設え製本用の道具類や材料を集めた。
B:断裁機  D:プレス用手機械ミニ&小学生時代の鉛筆削り
d0092767_64513100.jpg

Chiに言わせると、「大きなオモチャ箱ができて良かったねー」ということになる。本当にヨカッタ。良かった。将来的には本を含め〝私のモノ〟はこの部屋を限度として所有することに決めた。


Chi「北の部屋は結露するから、
   乾燥機を入れて乾燥させたほうが良いと思うよ」
 そのとおりだと思い強力除湿乾燥機購入。 写真のC=除湿機

「乾燥ついでに、雨天の日や半乾きの洗濯物を干す場所にしたい」
 風呂にバーが付いているじゃないかと反論すると

「入浴するとき出さなくてはならないし、乾燥機が付いていないのでどうしても乾きが良くない」
「この部屋の広さが丁度良い。丁度良い機会だから」

何が丁度良いのか解らないが〝丁度良い〟の二連発で、天井に室内物干し金具を付けることになり伸縮竿が配備されてしまった。 
「空中は空いているでしょ」

年中ではないから良いようなものの・・・・。
写真のAが物干し竿。
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-03-26 05:48 | Comments(1)

2-459) 玄 関

被災後やっと電気が通った地があることを思うと、こんな程度で暗いと言っては叱られてしまうがリフォーム前、我家の玄関は暗かった。
d0092767_10154490.jpg

多くのマンションの玄関は採光できない空間であることが多い。加えて我家は土間が黒い色だったので日中でも、帰宅して最初にすることは点灯だった。
d0092767_6205513.jpg

窓のある部屋のドアをガラス入りのものと換えた。
この大きなガラスが透明では私の部屋が丸見えになってしまう。かといって模様入りガラスだと鬱陶しいと思いスリガラスにしたのは正解だった。明るい光が柔らかい。
d0092767_855555.jpg

拡げた土間のタイルを明るい色目のモノに換え、土間置きだった下駄箱もセットバックして作り付けた。
今まで部屋の隅に立っていたゴルフバックは、この下駄箱右扉の中の棚板を外して収納している。スッキリ。

元請の社長のコダワリでプレゼントされた大理石の上がり框も、目立つことなく存在している。豪華な玄関にはなっていないので合格。
d0092767_1057788.jpg

[PR]
by ikuohasegawa | 2011-03-25 05:55 | Comments(2)

2-458) 廊下の収納

福島第1原発3号機への政府の認識
「これについては、何がどう深刻化かを一義的に申し上げられる状況ではない。3号機については中央制御室の照明などが復旧し前に進んでいる。本日の3号機については、使用済み核燃料プールの冷却浄化系統から使用済み核燃料プールへの海水の注入、つまり外からの消防車などの給水でなくて、原子炉内の系統からプールに水を入れることの実施ができている。その意味では、冷却を安定的に行うためのプロセスは、3号機についてはほかの機より進んでいる」

さて
d0092767_10191551.jpg

手前のドアはキッチンへ。
d0092767_10121252.jpg

リフォーム前、折れ戸の箇所は奥行き800mmの押入れだった。それを200mm縮めて奥行き600mm最大10段の収納にした。拡げたキッチン側には奥行き600mmのカウンターを作った。
d0092767_109282.jpg

廊下側折れ戸の中の一部の棚板を外して収納場所としたので、掃除機が収納できるようになった。スッキリ。
それ以外の棚の、下部にはタオル類や日用品、上部には未開封の食品を収納。今般、我家では備蓄品を若干消費したので、騒動が落ち着き次第備蓄を回復することにする。

このところの欠品騒動に主体的に関わった家庭には、今、十二分に、収納することもできない位に備蓄が増えたことだろうが、それは変なことだと思わなくてはいけない。備蓄はイザという時のためにしておくものであって、こういう時になって買い漁り、物が増えた家庭は異常であることを認識すべきだ。

たまたま当事者でなかったものの、当事者だったらOUT!これを教訓に常備しておくこと。
偉そうでスイマセン。
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-03-24 06:16 | Comments(0)

2-457)何を企んでいたのでしょうか?

少し光明が・・・。
福島第1原発で22日午後10時43分、3号機の中央制御室の照明が点灯し、被害が大きかった1~4号機で初めて中央制御室に外部電源が供給された。

それでは
d0092767_10314269.jpg

ダイニングとの境にあった南の和室の押入れ撤去時「何を企んでいるのでしょうか?」と推理をなげかけた箇所は、前はこんなだった。
d0092767_6324435.jpg

カメラが補正してしまうので、それほど暗くは写っていないが暗いダイニングだった。

採光のため開口を大きくとり腰高900mm までの物入れを設えた。微妙に出っ張っていた元押入れ分の奥行きを減らし、ダイニングを方形にした。
本当に明るくなり、気持ちの良い空間になった。
d0092767_10253168.jpg

南の和室はリビングからひと続きのフローリングにしてバリアフリーの寝室にした。そういえば、私の企みを当てた方がいらした。そうです。正解は寝室です。

今は小さなスピーカーを置いているが「カウンターの上にはこれ以上、モノを置かないで」とChiに厳命されている。
そのカウンター上の間仕切りはロールスクリーン。
カウンターの奥、明るい寝室の掃きだし窓も同じ柄のロールスクリーンを採用。

元からある家具類に合わせてフローリングの色や作りつけ家具・建具類の色を決めたので、落ち着いていると言えば落ち着いているが、面白みの無い出来上がりとなった。
キッチンとはえらい違いだ。
キッチンは囲われた空間だから素人でも思い切って出来たが、全室ああいう訳にはいかない。まあ、年相応の落ち着いた感じという事で、ご理解ください。
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-03-23 05:49 | Comments(1)

2-456) リビング

時に良かったねと涙することもあるが、祈ること悲しむことぐらいしかできない自分がはがゆい。

防災服の襟を立てた節電大臣のモノ無しコンビニ視察場面は、アチラでも放映されたようで、関西と中部の姉達は不足しているものが有れば送ると電話をくれた。
「被災地では無いから気持ちだけで十分。お店の商品が移動して家庭で山になっているだけだから、1週間もすれば治まるから心配はいらないよ」

さて、そろりと再開
d0092767_10354389.jpg

ダイニングからリビングを見る。

入居時ここは2部屋だった。窓の端が部屋の境目だった。早々にその壁を取り払ってワンルームにして暮らしていたが、今般、照明の位置を修正しLEDのダウンライトを追加した。
d0092767_6565085.jpg

LEDは明るくないという評判を聞いていたが、それまで60Wの照明だけ、しかも白色ガラスのシェードで下方への光が少ないドマーニの明かりで生活していた我家では「LEDも結構明るいねー」「明るい!」と評判は上々。

おまけに天井は白、壁は薄いベージュの入った白だから格段に明るくなった。夜でもドマーニとダウンライトの両方点ければ電気スタンドなしで読書できる。
ゲーテにも「Mehr Licht !」とは言わせない。

目下非常時なのでLEDだけを点けて節電している。
一灯5,8W 、 四灯でも23,2w。

実は我家のエリアは、何か重要な施設と同系統のようで、第一グループなのに全く停電しないが、申し訳ないので節電はしている。
冬場は腰痛予防でホッカイロ・ミニを常用している私だが、今般はChiもホッカイロ・ミニを使い暖房は使かっていない。が、襟を立てて寒さを防ぐほどではない。

トイレ関連は座も水も「冷たいけど素ではない」ところまで絞っている。
他の待機はカットしている。何せ非常時だから。

More LEDの明るさ
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-03-22 06:40 | Comments(1)