<   2011年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2-605)予約投稿

このeXciteブログには無料でお世話になっている。
思いついて、8月初旬にeXcite社へコメントを入れた。
『時間設定をして、順に予約更新できると有り難い』と。

信州へ出かけると、私は10日あまりブログを更新できない。携帯からでも更新できるのだが通話以外は不慣れなので、いまさら自分で努力するより、eXciteに努力してもらう方を選んだ。
先に予約しておけば、留守にしても、毎日更新できるじゃないか。

言ってみるもので、機能が追加された。
d0092767_4372741.jpg

時間指定をすれば、2月3日4時5分公開ということも出来る。
d0092767_4202889.jpg

便利になったじゃん。有り難い機能である。

ありがたいけど、予約公開をするためには、予約稿を作っておかなければならない。後から気が付いてもしょうがないが、それは大変なことだ。

その日暮らしが、定期預金は出来ないのかと問うて金が無いようなものだ。

言いだしっぺなのだから、何度かは使わないと申し訳が無いのだが・・・。
(記:9月26日)
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-09-29 05:00 | 繰り言 (くりごと) | Comments(0)

2-604) 九月の鰻は大船・山水

今日から留守にします。また来てください。
次回からしばらくの間、時々の予約投稿になります。


九月の鰻は大船の山水。大船駅から徒歩10分の商店街から外れた街中にあった。少々不安を感じてしまう店構えである。余りに小さい。
月末も近いし来てしまったから、ままよとばかり店に入ったが、10席の狭い店内は目配りが行き届いていて感じが良いので一安心。

ランチの850円のうな丼は外して、うな丼 1,575円 うな重 1,995円を注文すると、ランチでないことを確認して
「30分ぐらいかかりますが、お時間はよろしいでしょうか」
「ああ、いいよ」

待っている間に、蒲焼一串1,575円を3串。買い物の帰りに寄るからと、いつもの鈴木さんが注文に顔を出した。地域に根付いた鰻屋のようで、一安心。

うな重 1,995円
d0092767_772571.jpg

うな丼 1,575円
d0092767_774199.jpg

ふわふわ柔らかく、丁寧に焼き上げてあり美味い。ご飯も熱々。山椒も新鮮。駅から近ければまた行ってもよい。

これまで、大船市だとは思っていなかったが、大船は横浜の近所くらいの感じで特に意識したことが無いから、大船でしかなかった。が、この日始めて鎌倉市大船を認識した。

山水は鎌倉の鰻屋なのだ。途端に高級そうに見える。
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-09-27 04:30 | うなぎ | Comments(0)

2-603)優雅な命名

彼岸の時期はきぬかつぎが美味しい。
蒸した小里芋の皮を少しむき、生姜醤油を付けて口の中に押し出すように滑り込ますと、秋の味覚という感じがする。
d0092767_13575078.jpg

里芋の皮をつけたまま食膳に供するのを、平安時代の女性の衣装・衣被ぎ(きぬかづき)になぞらえて「きぬかつぎ」と名付けたものだとか。優雅な命名である。
室町時代、高貴な身分の女性が外出する際、顔を隠すために特別に衿を低くした被衣(ベ-ル)を被った。被衣のうえにさらに市女笠(いちめがさ)をかぶったり、旅行には笠のまわりに虫垂衣(むしのたれぎぬ)という薄い布を垂らすこともあった。

d0092767_17191981.jpg

イスラム教徒の女性のブルカを連想した。
d0092767_17232951.jpg


欧州では脱宗教性、政教分離、イスラム系移民との軋轢、女性抑圧、などの問題を象徴する物となっている。フランスでは、学校、一般道路など公共の場でのブルカ着用を全面的に禁止する法案が施行された。
ベルギーではブルカとニカブを禁止し、オランダでも禁止法案が閣議決定されておりスペインなども同様に検討している。

欧州におけるブルカ・ニカブ禁止に異を唱えている内藤正典教授(一橋大学)は、西欧社会において、足を露出させるか否かが個人の自由とされていることを挙げ、スカーフの着用(髪の毛を覆うか否か)だけを問題にするのは根拠に乏しいと主張している。

自分の意思で着用しているムスリムの女性たちは「では、ミニスカートにタンクトップにしたら、女性が開放されるとでもいうのか」と反論する。

しかし、本当の理由は無差別テロに対するヨーロッパの恐怖心だ。ブルカの中は分からない。爆弾、武器・・・。

きぬかつぎだって、皮を少しむき生姜醤油を付けて口の中に押し出すように滑り込ますと、外れ芋だったということはある。
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-09-26 05:51 | 言葉 | Comments(0)

2-602)砂場の草取り

昼間は暑かったこともあるが、人にみられると嫌なので朝だけにしていた。
何せ、ボランティア初心者だから気はずかしい。堂々とボランティアをするには少し年季が足りない。
ウオーキングを終えてから、ついでに15分から30分の草取り。台風の日を除いて夫婦で6日間かかったがきれいになった。
d0092767_8264133.jpg

公開しても、団地の人は3・4人しかこれを読んでいないから平気だ。
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-09-25 05:00 | 地域・団地 | Comments(0)

2-601)オタク

辞書的には、ある趣味・事物には深い関心をもつが、他分野の知識や社交性に欠けている人物と説明されるオタク君には、共通するファッションスタイルが有るという。
●メガネ装着率が高い
●チェックのシャツ(ウールシャツなど)
●ケミカルウォッシュのジーンズ
●アニメ柄や、狙った訳では無いEngrishなメッセージ入りのTシャツ
コーディネイトのセンスとは無縁の服装 +購入物を運搬するためのリュックサック。

こんなイメージを持たれているオタク君。
d0092767_873685.jpg

ファッションスタイルはさておき、
宅(家)に引きこもっているからオタクかと思ったら、違っていた。

「お宅の・・・」「お宅の・・・」という母親同士の会話を真似て、話相手に「お宅は」「お宅は」と呼びかける若者が発生し、世間からオタク族と括られるようになったらしい。

「お宅はオタクなの」
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-09-24 05:16 | 繰り言 (くりごと) | Comments(0)

2-600) 台風一過

台風一過。小柴の港も平穏。
d0092767_338150.jpg

台風が通過した翌朝に親が言う「台風いっ〇」が「台風行った」では無く、台風一過であることを知ったのはかなりたってからだった。子供だから不明を恥じるということは無かった。

ウオーキング前にひと回りした団地内の報告。
写真は撮らなかったが、小枝は多数。カラの植木鉢も多数。植込みに突き刺さった物干し竿が一本。取り込んで備えて頂きたい。

ゴミコンテナが吹き寄せられ、自転車バイクが横転。
d0092767_342424.jpg

近所の団地ではベットと箪笥が飛んできている。
と、思ったら、粗大ゴミのシールが貼ってあるので、これは台風とは無関係。

ロザリオベランダ&マドミノリは一房もない。来襲前に収穫したものと思われる。
d0092767_344915.jpg

銀杏はいっぱい。小学校のレモンは数個落下。児童の顔が浮かんで持ち帰らず。

1時間のウオーキングで銀杏係は11名いた。
「いっぱい採れましたねー」と声をかけると、「エー、いっぱい採れました」とオウム返しの返答。銀杏係はおしなべて恥ずかしそう。
秋の味覚だ。自然の恵みだ。胸を張れ。
道路管理上も好ましく、持ち帰っても良いと言っている。

More 街路樹の銀杏
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-09-23 04:59 | 地域・団地 | Comments(0)

2-599)覚悟はよいか

国際原子力機関(IAEA)は20日、世界の総発電量に占める原発の割合が、2050年には現在の半分に減る可能性があるとの見通しを明らかにした。福島第1原発の事故でエネルギー政策を見直す動きが加速したため、昨年の予測を下方修正した。
国内では

9月19日、作家の大江健三郎さんらの呼びかけで、脱原発を訴えた「さようなら」原発集会とデモが東京・明治公園で開催され、約6万人(主催者発表)が参加、脱原発を訴えるアクションでは過去最大規模のものとなった。

d0092767_18205324.jpg

被災された福島の方たちは本当にお気の毒だと思う。二度とあってはならないことだとも思う。

しかし、私は脱原発の覚悟ができない。

マンション住まいだから、パネルを設置する屋根も少ないし風車も置けない。
現在、私たちが使う電気の約30%は原子力発電によるものであるというから、脱原発と言う以上、現在使用している電力の30%を削減した生活の覚悟がなくてはいけないと思う。

インフラ・産業を優先すると、日常生活では50%削減かもしれない。
情けないがその覚悟が出来ないから、脱原発と主張できない。

その覚悟が出来た方が、6万人いるということか。
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-09-22 04:55 | 重箱の隅をつつく | Comments(0)

2-598)夫婦で軍手

銀杏といって思い浮かぶのは、三遊亭小遊三。
そもそもは、笑点での たい平との舌戦で「段ボール箱で作った家に住んでいる」「拾った銀杏を売って生活している」などとネタにされていたのが始まり。今では小遊三自身が銀杏拾いを話題にして、自動販売機の下に落ちている硬貨を探すというネタと共に定番になっている。

団地の街路樹にも銀杏が実った。
d0092767_931580.jpg

小遊三さん、歩道にいっぱい落ちてるよ。

台風が接近する前にと思い立ち、昨20日の朝、大きなポリ袋と軍手を持ってウオーキングに出た。
朝なら人に見られないし帰りにチョコチョコっと・・・。




夫婦で銀杏拾いではなく、砂場の草抜き。
涼しくなったら取り掛かろうと思っていたが、中々実行できないでいた。

砂場だから当然砂地なので、草は実に抜きやすい。
d0092767_9532348.jpg

2人で15分くらいやって、今日はここまで。
二三回やれば全てきれいになる。

More 実は
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-09-21 05:31 | 地域・団地 | Comments(0)

2-597)はしのくい違い

<イスカの嘴(はし)の食い違い>というのは、物事が食い違うことを表す慣用的言い回しだが、語源はイスカという鳥の嘴(くちばし)が交差しているからだという。
検索したら、本当に食い違っていた。
d0092767_9193746.jpg

近所の国道357号は、このところ四車線化工事が進んでいて、現在は赤線部分の二車線追加工事が終わり、残すところは用水路をまたぐ橋だけになっている。
d0092767_17303174.jpg

この橋(緑色)は食い違ってしまうと心配をしている。

道路と用水路は直角ではなく、斜めに交差しているのに、橋桁は用水路に対して直角に架かっている。
d0092767_1735176.jpg

こちら側と向こう側の道路の中心を結ぶと黄線になる。橋桁は写している方に来なくてはならぬのに、赤線方向に屈折して架かっている。このまま完成すると<ナミキの橋の食い違い>
このところ、工事は進んでいないような気配だが、どう決着が着くのか見ものだ。

さて、嘴の次に橋ときたので最後は箸の番だ。
私の父は物をつまむときに、箸を交差させて戻すほうがつまみ易いという人だった。
d0092767_1803236.gif

本人もNGだと言っていたが、今思うと、あの箸づかいは最近愛用し始めた逆作動ピンセットか、イスカの嘴のようである。
[PR]
by ikuohasegawa | 2011-09-20 05:00 | 散歩・お出かけ | Comments(2)

2-596)豆本以下の粒本を作る

若い頃は中距離走が得意であった。
素人の競争では度々トップになることがあったが、先頭を走っていると、追走してくる選手が気になり振り返ってしまうものだ。
追いつかれはせぬか、抜かれはせぬか。という心理状態なのだ。

豆本作りでも、追いつかれはせぬか、抜かれはせぬかという思いが浮かんで心配でならない。
〝近隣で最小の豆本作り〟のタイトルは、どうしても保持したい。

お仲間の顔が思い浮かぶ。
Aさん:冷静だから、こんなことを挑んではこない。
Bさん:目が悪いから端から作らない。
Cさん:我こそはと挑戦してきそうだ。
・・・・・・・・・。

一安心するために極小豆本を作った。
抜かれたらコレを出し「チョッと待った!」と言うつもりだったが、待ちきれないので作戦変更。
先手必勝というか出鼻をくじくというか、先制攻撃。
d0092767_103733100.jpg

しばらくは振り返らなくてもすむ。
〝近隣で最小の豆本〟のタイトルを、維持出来るだろう。

しつこいが、フリスクの粒に載せて記念撮影。
d0092767_8523161.jpg


MINIさん命名の〝粒本〟である。どや!



[PR]
by ikuohasegawa | 2011-09-19 04:50 | 製本&修理:スキル | Comments(0)