<   2012年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2-899) ルンバ

割と身近なところでルンバの話題を見聞きする。
d0092767_425036.jpg

セールスコピーは
オススメ家電〜! お掃除ロボット ルンバです!
1時間 なんと電気料金は1円で楽々自動お掃除です 重い掃除機を使って肉体労働からもう解放〜!
普通の掃除機は電気料金は6円ですので ランニングコストも光熱費もすごくお得です。
充電が少なくなると充電器にかわいくもどります。
共稼ぎのご夫婦、お子様が育ち盛りのご家族のお客様から〜もう大好評です!

 我が家では掃除も暇つぶしの一つみたいなものだから、それをルンバ君やラドバーン君に任せてしまおうとは思っていないし、外野からの印象でしかないのだが、あの丸い形を見ていると〝四角な座敷を丸く掃く〟ということわざを思い出してしまう。
 意味は、座敷は四角いのに、真ん中だけを丸く掃いて済ませてしまう。物事をいい加減にすることを喩えているのだけど、はたして・・・・。

 一応、Chiに確認したら、「ルンバ君は要らない」
で、紹介する程のこともない国産のサイクロン掃除機を買った。
ホースが裂けていた からね。あれから2年も頑張っていたのだ。
[PR]
by ikuohasegawa | 2012-08-31 04:44 | 繰り言 (くりごと) | Comments(1)

2-898)民主党最後のギャグ

 世も末 という言い方がある。元は仏教用語で、「この世も終わりであること。救いがたい世であること」という意味 だ。

 世を民主党と言い換えると、民主党も末=「民主党も終わりである。救いがたい民主党である」ということになる。民主党が末でも構わないが、世が末では困る。

 何がそう言わせるのかというと、田中真紀子女史を民主党党首候補にするという記事である。こんな、案が出るようでは、民主党は本当に終わりだ。ヤケクソだとしか思えない。
d0092767_18262499.jpg

 民主党の筒井信隆前農林水産副大臣や川上義博参院議員らが28日夜、都内のホテルで、野田佳彦首相(党代表)の任期満了に伴う9月の代表選の対応を協議し、田中真紀子元外相に立候補を要請することで一致した。
 首相は27日のテレビ番組で再選に向けて出馬することを示唆。党内には、他にも対抗馬を模索する動きがあるが、筒井氏らには、知名度の高い田中氏であれば、こうした動きを一本化できるとの期待もあるとみられる。 

 女史が 政治漫談家 でしかないことは周知の事実だが、その女史を党首にしようという筒井信隆前農林水産副大臣や川上義博参院議員らはアホだ。旦那の尻拭いで大変だったのに、更に大型の尻拭いをせねばならぬことは明らかだろうに、それを理解していない。

 次ぎの選挙後、民主党党首が日本国首相になることは無いから良いようなものだが、田中真紀子総理などというのは、ギャグ以外のなにものでもない。どうせ茶番劇続きの国政だから田中ギャグ内閣がお似合いなのかもしれないが、それだけは勘弁願いたい。

 筒井信隆や川上義博などのギャグ作家としての才能は認めるが、政治家としては不適格だと言わざるをえない。どんな顔しているのか見てみた。
d0092767_18453063.jpg

どっちがどっちでも良いが、筒井何某は新潟選出だし中国への米輸出にからんだ狩野派の副大臣だった。
中国大使館1等書記官(45)による外国人登録法違反事件で、 農産物の対中輸出促進事業に関する農林水産省の機密文書が 筒井信隆前農林水産副大臣から漏れ、書記官も内容を把握していた疑いがあることが分かった。

 そうだ、田中ギャグ内閣閣僚には、パパ田中、一村、鉢呂の防衛、前田、馬渕国交、柳田法務、松本復興 等の問責オールスターズ。加えて最低最悪の鳩山・菅も入れればよい。ギャグなら仕分けの蓮舫も許す。 結構人材豊富じゃないか。
 谷亮子らOZガールズが離脱していなければ、ギャグも完璧だったのに、惜しい。
[PR]
by ikuohasegawa | 2012-08-30 05:00 | 重箱の隅をつつく | Comments(0)

2-897)四国八十八ヶ所代参

この秋、Chiが四国八十八ヶ所お遍路に行く。
 
 弘法大師である空海の故郷四国において、空海が山岳修行時代に遍歴した霊跡は、四国八十八箇所に代表されるような霊場として残り、それ以降霊場巡りは幅広く信仰を集めている。

 徳島発の企画だから、姉と大阪で落ち合い徳島まで高速バス。徳島で前泊して9月15日スタート。10泊11日。
 主催の徳バス観光サービスから、白衣・納め札と手引きが送られてきて、いよいよ盛り上がってきた。
d0092767_1145238.jpg

 私ですか? 行ってみたい気もするが、姉と行くという計画に割り込んでは申し訳ないので留守番。それほど〝濡れ落ち葉〟では無いし、11日間も持続させるほどの信仰心も無いので、一寺100円のお賽銭を用意し、それを代理で納めてもらうことにした。

 石松代参は金比羅さんだけど、Chiが八十八ヶ所代参をしてくれる私は、さしずめ清水の次郎長である。
[PR]
by ikuohasegawa | 2012-08-29 05:00 | お気に入り | Comments(0)

2-896)蜂の巣駆除

 1号棟3階の窓から見える梢で蜂が巣を作り、日増しに大きくなっていくと通報があった。本年2件目である。
 丁度、作業に来ていた植木屋に「取れぬか」と聞いてみたら
 「勘弁して下さい」
 しょうがないので、専門業者に依頼し27日に駆除。今回のは高さが3mを越すから割り増し料金になる。伸長する梯子を使うか使わないかの差なのだけど、5割増しの1万8千円也。
d0092767_189120.jpg

 業者のおじさんによると、今年は依頼が多い。1日4~5件こなしているそうだ。

 材料は最初に数回噴射した、HCで買えそうなスプレーだけなので原価率は低い。思わず税務署のような暗算をしてしまった。 
 1万8千円×5件×20日=180万円 

d0092767_1833665.jpg

 足長蜂は人を刺す。約40匹。1ヶ月経過しているが放置しておけば、あと10cmは大きくなると。

 一件落着。 しかし、なんだか毎日、団地内をウロウロする日が続くなー。
[PR]
by ikuohasegawa | 2012-08-28 05:00 | 地域・団地 | Comments(0)

2-895) クラブハリエ効果

 25日、横浜なみきリハビリテーション病院の内覧会に行った。
d0092767_17261469.jpg

新築だから当然だが、病室もリハビリ施設も新しくて気持ちが良い。
d0092767_17262716.jpg

 廃校になった旧並木第三小学校跡地だから、コミニティーセンターも併設している。防災備品の倉庫は裏手に設置してあった。
d0092767_17221421.jpg

これらの部分は売却した市が借り上げているのだが、さすがに避難先は並木中学校となるようだ。

 記念品を頂いて帰ったが、引き出物がクラブハリエのバームクーヘンだったのには驚いた。クラブハリエって〝たねや〟なんだよねー。
 美味しく頂いて一言。「入院することがあったらここにするか」
 ・・・・クラブハリエ効果?
[PR]
by ikuohasegawa | 2012-08-27 05:01 | 地域・団地 | Comments(0)

2-894) ラッキーな日

 8時出発で、MINIさんに同行して会社へ行った。こんな時間に会社へ向かうのは久しぶりである。出勤ではなく、よその会社である。
 門の前で待っていて会社が処分するチェンソーを頂いた。ラッキー。感謝。
d0092767_1026234.jpg

 9時過ぎには団地へ帰着。
 すぐさま植木屋さんと散水の打ち合わせをして帰宅すると、S田医院から電話があったという。
 「夫婦で大腸ポリープの病理検査の結果を聞きに来るように」と。
 夫婦で?嫌な予感。伝えるChiも緊張気味。

 「切除したポリープから癌細胞が見つかった」
ガアーン。やばい。
 「極初期の発見だから98~99%大丈夫だが、念の為、3、6、12ヶ月で定期的な検査をお勧めする。1年を経たら念の為、年一回。ご主人だけだと来なくなる方がいるので、奥さんをお呼びした」
 ホッ。ヤレヤレ。
 安心した途端に浮かんだフレーズが三者面談。当人と先生とChiが保護者。どちらのお宅も御同様のようである。ハイハイ、お願いしますよ。

 2日間の検体の一方が陽性であった由。たまたま出血していたから早期に確認でき。極めてラッキーだとのこと。よかったよかった。

 その足で、当初の予定通り、近所に完成した横浜なみきリハビリテーション病院の内覧会に行く。
d0092767_8423715.jpg

 13時、駐輪場の実態調査開始、15時30分終了。理事の皆さん、暑い中お疲れ様でした。

 19時、管理組合定例理事会。金沢区花火大会だというのにお疲れ様でした。

 結構スケジュールいっぱいの一日だったが、大きなラッキーがあったので疲れは無い。
[PR]
by ikuohasegawa | 2012-08-26 05:00 | 繰り言 (くりごと) | Comments(2)

2-893)日照り

 猛暑の日が続き暑い。おまけに雨が降らない。
 横浜の7月からを振り返ってみると
d0092767_4312926.jpg
 二ヶ月で雨が降ったのは5日間のみ。8月5日以降、降水が無い。

 団地の植栽にも、枯れるものが目に付くようになってきた。
d0092767_1265053.jpg

 こうなっては水を撒いても生き返りはしないが、他の場所も懸念される。

 団地の何箇所かに水道設備はある。ホースもある。しかし、ボランティアが団地の12棟全体に散水することは・・・、ボランティアつまり私なのだが無理だと思う。
 で、27日が定期草刈作業日なので、業者に散水を追加依頼できぬかと思いついた。

 話してみるもので、本25日に来てくれることになった。6月に補植した箇所を中心に散水するという。勿論、27日(月)は定期草刈作業にプラスして、脱水症状の見える箇所への散水は発注することにしたい。
 この件は緊急を要するので、緑化担当理事へは事後報告となるが悪しからず。昨年度の緑化担当理事K島さんの手を煩わせてしまった。

 水といえば、昨日実施した修繕委員会の調査では、全ての電線マンホールに水が溜まっていた。
d0092767_54673.jpg

普通ではないレベルだとのこと。地表は乾いて困っているのになー。
[PR]
by ikuohasegawa | 2012-08-25 04:56 | 地域・団地 | Comments(0)

2-892) 8月の鰻は山前・川端

 8月の鰻は、軽井沢からの帰路、川端へ寄った。
 いつもと同様、極上の鰻重を美味しく頂いた。
d0092767_1033374.jpg

 肝焼きにも満足。
d0092767_1034132.jpg

 お新香の盛り合わせは、漬けていた人が亡くなって、目下、出せないでいるとのこと。美味しい浅漬けが食べられなくなったのは残念であるが、鰻重には大満足。コレで2,500円。あまりの美味しさに値上げのことは忘れてしまう。 
山椒を振って、残暑を乗り切る。
[PR]
by ikuohasegawa | 2012-08-24 04:34 | うなぎ | Comments(0)

2-891) 忍び寄る秋

 近所の団地にブドウを栽培する家がある。毎年ネタにしているので、記憶しておられる方もあろうが、品種名は〝マド稔〟〝ベランダビアンコ〟である。
 しばらく見上げぬうちに、いつの間にか袋が掛けられ、実りの秋を待っている。秋が待ち遠しいことだろう。
d0092767_14384620.jpg

 日中はともかく、今日の朝方などは結構涼しい。忍び寄る秋というところだろうか。忍ぶ必要は無い。グングン秋になって欲しいものである。
そういえば、本日は処暑。涼しくなるのはショショ(ウ)お待ち下さい。
[PR]
by ikuohasegawa | 2012-08-23 05:05 | Comments(0)

2-890)芥川賞・直木賞・松本賞

 芥川賞は鹿島田真希さんの「冥土めぐり」、直木賞は辻村深月さんの「鍵のない夢を見る」に決定した。下世話な話だが芥川龍之介賞の正賞は懐中時計、副賞は100万円。直木三十五賞の正賞も懐中時計、副賞も100万円である。

 手にした文春文庫の栞に松本清張賞が告知されていた。
 芥川賞、直木賞と略しても違和感は無いが、松本賞と略すと松本市民栄誉賞のようで、松本清張賞と記さねば伝わらない。
 それで松本清張賞は副賞が500万円だと知った。昨年度のものだけど、要綱は毎年同様のようである。
d0092767_2159314.jpg

 500万円は副賞で、正賞は時計なのだ。ほほー。
 正賞にするくらいの時計というは、一体どういう時計なのだろうと調べたがよく分からない。
 唯一、第16回 受賞者 牧村一人氏がブログで書いていた 。
式が始まり、まずは賞品贈呈。正賞は時計と聞いていたから、オールのときのような懐中時計を想像していたら、やたらにでかいでやんの。抱えるほどの箱。肝心の時計はその十分の一くらいの大きさだとか。エコなんざ知ったことかと言わんばかりの過剰包装にいっそ潔さすら覚える。

 そうか、オール讀物推理小説新人賞は懐中時計か。
 やたらでかい?抱えるほどの箱?ひょっとして置時計?。文字盤に金文字で〝受賞記念・松本清張賞〟って書いてあったりして。

 文芸春秋社のHPによると
芥川龍之介賞  :正賞は懐中時計、副賞は100万円。
直木三十五賞  :正賞は懐中時計、副賞は100万円。
菊 池 寛 賞  :正賞は置時計、 副賞は100万円。
大宅壮一 賞   :正賞は100万円、副賞は日本航空による国際線往復航空券。 ※大宅壮一ノンフィクション賞であるが、大きく、ずれるので略した。 

 松本清張賞の副賞500万円は図抜けて高額であった。

 顕彰している公益財団法人 日本文学振興会の決算報告。
d0092767_1118930.jpg

 正賞500万円の松本清張賞の事業費は1700万円で済んでいる。一方、正賞100万円の賞なのに3500万円も費やす賞が有る。正賞副賞金額はどういう基準で決め、経費は何に使っているのだろう。

 私は、理事でも監事でもないが、経費の内訳を監査しててみたい気がする。
[PR]
by ikuohasegawa | 2012-08-22 04:54 | 読書 | Comments(0)