<   2013年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

3-197) 六月の鰻は足利・川端

 6月のうなぎは信州からの帰途寄った川端。前回川端のうな重を食べたのは昨年8月だから10ヶ月ぶりである。川端の定休日・月曜を避けるためスケジュールを一日早めて日曜日に帰浜した。 

 川端はお気に入りだといっても足利市だから、横浜から出かけるには遠い。信州からの帰途、立ち寄ることことにしている。しかし立ち寄るといってもかなり大回りになるのだが、それでも立ち寄るのである。

 11時15分入店したが、この日は日曜日とあって口開け客の我等に続いて11人が入店。目論見どおりの展開で一安心。なにせ、鰻屋の待ち時間は結構長いからね。

 ほどなく上鰻重。
 
d0092767_564169.jpg

 
 肝焼きも頂いた。
d0092767_8221558.jpg

 「美味い」ぐらいしか書けない筆力が嘆かわしい。
 機会を作ってまた行きたいということで、その美味さをご理解頂きたい。
[PR]
by ikuohasegawa | 2013-06-30 04:52 | うなぎ | Comments(2)

3-196) どいつもこいつも 

 どいつもこいつも。
 
 この方は、〝またか〟ということにすぎない。
 鳩山由紀夫元首相が香港のフェニックステレビの取材に対し、沖縄県・尖閣諸島の領有権を主張する中国政府に理解を示す発言をしていたことが25日、分かった。尖閣をめぐる歴史的経緯に言及し、「中国側から『日本が盗んだ』と思われても仕方がない」と述べた。発言は同日午前、中国内外に向けて報道された。

 はい次。
 こちらの方は何かと噂されていたが、ついに出たということか。
 日本維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事は27日、沖縄の米軍基地の負担軽減に関連し「日本国民から『負担は沖縄だけがすればいい』と疎外されれば、沖縄の皆さんも、『琉球』で独立したほうがいい、まだ中国のほうが沖縄のこと思ってくれている、という気持ちになる」と述べた。加えて「これで日本の安全保障が守れるのか、僕が一番懸念するところだ」と述べた。府庁で記者団の質問に答えた。

 苦し紛れの〝橋下:八尾空港オスプレイ受け入れ提案〟が下敷きにあるのだろうが、下線部が余計だ。沖縄の人の意見を聞いてみたい。米軍に変わって中国軍が駐留し、チベットやウイグルのようになりたくはないだろう。元々、八尾空港提案は実現の可能性が全く無いのだから、大阪だけが沖縄の負担軽減を考えているような言い方はやめてもらいたい。消滅する前にいろいろ言っているということだな。

 更に恥の上塗り。
 鳩山由紀夫元首相は27日、北京市内で開かれた清華大学主催のフォーラムに出席し、沖縄県・尖閣諸島について「ポツダム宣言の中で日本が守ることを約束したカイロ宣言は『盗んだものは返さなければならない』としており、中国側が(返還すべき領土の中に尖閣諸島が)入ると考えるのも当然だ」と述べた。鳩山氏は訪中前、香港のフェニックステレビのインタビューで同様の発言をし、菅義偉官房長官が25日に「絶句した。開いた口がふさがらない」と批判していた。

 階下の緑地公園では、今日も朝から「ホーホー、ホーホー」と鳩が鳴いている。「ウルサイ」
 と言っても鳴き止まないだろうなー。
 鳩はまだ鳴く。
[PR]
by ikuohasegawa | 2013-06-29 04:56 | 繰り言 (くりごと) | Comments(1)

3-195) 6月のつくしんぼ

 ウォーキングで通るデイサービスの窓飾りが、月毎に替わる。

 今月は照る照る坊主に雨蛙。あじさいも咲いている。
d0092767_1849145.jpg

[PR]
by ikuohasegawa | 2013-06-28 04:31 | 今月のつくしんぼ | Comments(0)

3-194) サバサラダ

 昨日のソバに次いで本日はサバである。
 背の青い魚はEPAやDHAが摂取できるという。代表格はサバ。しかも、加熱しても効果は変わらないというのだから、EPAやDHAは手軽なサバ缶に限る。

このところ気に入っているのは『サバサラダ』
 流行りの缶詰バーの人気メニューとかで、いたって簡単である。
汁を捨て、サバを皿に出す。マヨネーズをかけ、スライスオニオンを盛る。結構いける。
d0092767_9242272.jpg

いつもの様にオニオンを盛ると、単なるオニオンスライスにしか見えないので、写真は説明用にオニオンを少な目にしてあるが、スライスオニオンは多いほうが断然美味い。
新玉ねぎは出盛りだし山山盛りに。 ※消し忘れでは無い。出は山山だから(念の為)

ただしサバ、マヨネーズ、オニオンという順は厳守すべし。不思議なことにサバ、オニオン、マヨネーズだと美味さは半減する。要するに、サバにマヨネーズを絡ませるのがポイントである。
[PR]
by ikuohasegawa | 2013-06-27 04:35 | 食べ物 | Comments(1)

3-193) そば

 蕎麦どころ信州での17日間の滞在中、昼食の5回はそばを食した。一番コストパフォーマンスが高かったのは、汁も薬味もセルフサービスの〝小諸 なごみや 〟大盛650円。
d0092767_8195923.jpg

 手打ちで食感と蕎麦の風味が感じられる蕎麦に、小鉢のキンピラが付いてくる。

 この店の表示は『そば』なのだが『蕎麦』と表示する店もある。
『蕎麦』は辞書を引いても字源ははっきりしない。、
そば【蕎=麦】 タデ科の一年草。高さ40~70センチ。茎は赤みを帯び、葉は心臓形で先がとがる。夏または秋、白色や淡紅色の花びら状の萼(がく)をもつ小花を総状につける。実は三角卵形で緑白色、乾くと黒褐色になり、ひいてそば粉を作る。中央アジアの原産で、古く渡来し栽培される。そばむぎ。くろむぎ。


 もう一つ〝そば〟の店頭表示が存在する。その字はPCで変換しようにも変換できない。入力できないので看板の写真を写した。
d0092767_802158.jpg

 アチコチで目にするが、いつも「そば」と読んでいるのが我ながら不思議である。世間的にも間違いなく、皆さん「そば」と読んでおられる。

 とりわけ〝ば〟の位置にある文字はどう見ても、〝む〟に (濁点)としか見えない。

 これを『きそば』と読んでいる理由は、そば屋に書いてあるからとしか言いようが無い。 
 『蕎麦』を崩すとこうなるのか?

 あっけなく分かった。 〝いにしえのもんじをよんでみよう〟← 
 この そば は、変体仮名の例として出ている。他に〝やぶ〟〝おてもと〟等も出てくる。どうも蕎麦業界は変体仮名が多い。

 要約すると、かつて日本には文字がなく音があるだけだった。それを中国から伝来した漢字を使ってあらわそうとした。万葉仮名と呼ばれるものがそれである。それを崩していって現在の平仮名が成立した。

 「あ」は安、「い」は以、「う」は宇を崩して…というような現在の平仮名に統一されるまでは、幾種類もの崩し文字(仮名)があった。「a」の音を持つ漢字なら別に「阿」でも「悪」でよかった。
 時を経て、現在使われている崩し文字(仮名)に統一して、それを平仮名と言うようになった。したがってそれ以外を変体仮名というのだとのこと。

 変体仮名の、き(幾)そ(楚)は(者)がアノ看板であった。 「者」は「は」 だから(濁点)をつけて「ば」でした。

 
[PR]
by ikuohasegawa | 2013-06-26 04:55 | 言葉 | Comments(1)

3-192) 自慢話

 〝完本 文語文〟の一節。
言葉の誤りを咎めだてするのは実は自慢だから私はしたくない・・(中略)・・オレはこんな間違いはしないぞ、オレでさえ間違えないのにというのはまあ自慢である。

 耳が痛い。読んだのだから目が痛いと言うべきか。
d0092767_1450877.jpg

 著者山本夏彦氏は尊敬しているが、一言申し上げる。「お言葉ですが」 これは高島俊男先生だけど。

 揚げ足をとり重箱の隅をつつくのは、そう、〝私は気が付いた〟という自慢なのだけど止めるわけにはいかない。ネタ不足になる。
痛いところを突かれたから、つつき返すのだけれど、自慢したくないのなら触れず、書かなければよいと思うのですが、如何なものでしょうか、山本さん。

 『言葉の誤りを咎めだてするのは実は自慢だから私はしたくない』というのは、それだけで既に自慢になっていません?誤りに気づくって言っちゃってるでしょう。
 うがった見方をすれば『誤りに気がつく知性自慢』+『それを自慢しない理性自慢』のW自慢ではないのか。

 『軽井沢に別荘があるなんていうのは自慢になるから、私は言いたくない』などと言ったら、ホントに嫌味な奴ですぜ。

 そう、「軽井沢に家がある。住所だけは自慢できるので自慢させて欲しい」 って、言っちゃったほうが嫌味が無いと思うが、如何なものでしょうか。

 いづれにしても、それとなく自慢するというのは難しい。
 
[PR]
by ikuohasegawa | 2013-06-25 04:57 | 重箱の隅をつつく | Comments(1)

3-191) 死者の有無

 サッサと撤回してしまうから後追いネタになってしまった。
 古屋国家公安委員長に次いで政権与党自民党二人目の失言者、高市政調会長は失言の翌日、以下のように釈明した。
【十八日】趣旨を取り違え報道されている。安全基準は最高レベルを保たなければいけないと伝えたかった。誤解されたのであればしゃべり方が下手だったのかもしれない。被ばくが直接の原因でなくても、体調を崩し亡くなられ、なりわいを失い自ら命を絶たれた方がいる。(死亡者がいないから)再稼働するなんて考 え方は、そもそも持っていない。

 高市氏によると、マスコミの報道は取り違えだということになる。取り違えた報道に対しては、普通は怒って当然である。それなのに「誤解されたのであればしゃべり方が下手だったのかもしれない」と。
 往生際の悪さをつつこうと予定したら、
【十九日】高市氏は17日、神戸市で講演を行った際に原発事故に関して「死亡者が出ている状況ではない」として安全性を確保して原発を活用すべきだと発言。当初は「誤解されたのであれば、しゃべり方が下手だったかもしれない」などと撤回はしない意向だったが、自民党福島県連が19日に抗議文を党本部に提出したため、撤回に追い込まれた。

 撤回した元の発言は
【十七日】日本に立地したい企業が増えているが、電力の安定供給が不安要因だ。原発は廃炉まで考えると莫大なお金がかかるが、稼働中のコストは比較的安い。東日本大震災で悲惨な爆発事故を起こした福島原発も含めて 死亡者が出ている状況にない。そうすると、最大限の安全性を確保しながら原発を活用するしかないのが現状だ。火力発電も老朽化し、コストがかかる。安いエネルギーを安定的に供給できる絵を描けない限り、原発を利用しないというのは無責任な気がする。
 
 箇条書きすると
•電力の安定供給が不安要因だ。
•原発は廃炉まで考えると莫大なカネがかかる。
•稼働中のコストは比較的安い。
•東日本大震災で悲惨な爆発事故を起こした福島原発も含めて死亡者が出ている状況にない。
 そうすると
•最大限の安全性を確保しながら(原発を)活用しないのは無責任である。

<そうすると>という接続詞は、前に述べた事柄を契機として、後の事柄が起こるという関係で接続する。したがって、高市氏は原発再稼働という結論を述べるために、根拠の一つとして「死亡者が出ていない」ことを上げたのである。これは言ってはいけないでしょう。

 死者が出ていないので原発利用?
 これは通学路の交差点に信号機を設置して欲しいと陳情を受けた役所が「死亡者が出ていないから、信号機は設置できない」と答えるのと同じである。

 死者の有無は基準では無い。政治家や行政は、死亡事故を防止するのが務めであろう。
 死者が出たら動く、お前は葬儀社か。

 撤回した失言を責めるのは〝死者に鞭打つ〟所業かもしれないが、「死亡者が出ていない」そうなので、高市早苗を鞭打つことにした。
[PR]
by ikuohasegawa | 2013-06-24 05:00 | 重箱の隅をつつく | Comments(0)

3-190) 歌舞伎舞台

 風景印を求めて郵便局を探すと、旅行では行かない街中へ行くことになる。ウロウロしていると、時にはメジャーではないが見るべきモノに遭遇するという余禄?余慶がある。
 『積善の家に余慶あり』
 風景印収集は積善行為ということになるが依存はないだろう。
 
 さて、この度の余慶は『歌舞伎舞台』
 街中で案内標識を見たら、歌舞伎ファンのChiをお連れしない訳にはいかない。

 東御市弥津には、それほど離れていない東町と西宮の二ヶ所に歌舞伎舞台が残っている。どうして同じ町内の二ヶ所に、歌舞伎舞台が作られることになったのか。それが気になる。

 東町歌舞伎舞台。
d0092767_16481845.jpg

 三段の草地を観客席に設えてある。

 次いで、西宮歌舞伎舞台。
d0092767_16483424.jpg

 共に、周り舞台やセリも設備した本格的な舞台だという。それぞれ神社の境内なのだけど、対抗意識か見栄の張り合いなのだろうか。

 そんなことを言ってはいけない。
 崇敬の念か、農村歌舞伎愛の個別発露なのだろう。
[PR]
by ikuohasegawa | 2013-06-23 04:50 | 散歩・お出かけ | Comments(1)

3-189)ラッキョウを漬ける

 あじさい屋敷のついでにJAの直売店へ寄った。そこで鮮度が良い土ラッキョウを見た。

 地元産で鮮度抜群の上、400円/1kgと格安の品が視界に入っても手が出ない。
 我が家ではJA関連というかNHK関連というか、ためしてガッテン系&糸井重里系は私が主体的に活動することになっている。つまり、竹の子ワラビのアク抜き。各種ジャム。各種乾し物。漬け込み物等は私の担当だから、求めると加工に勤しまねばならぬのである。

 このところ全般的に小休止気分で生きているから、視界に入っても手が出ないのである。特に土ラッキョウは処理が厄介だから。 しかし、「一緒にやろう。1キロずつ」とChiが背中を押すし、ラッキョウは2年くらい漬けていないから在庫僅少。で、2Kgを購入。

 何年か前の句 【土らっきょう剥く手四本は無口なり】
 という展開。そうなのよ。

 甘酢漬完了。
d0092767_621144.jpg

 別のコーナーでエシャレットを買った。120円は安い。酒の肴よ。
d0092767_9214958.jpg

 考えてみたら、エシャレットといっても柄付きのラッキョウじゃないか。120円は高い。
[PR]
by ikuohasegawa | 2013-06-22 04:52 | 食べ物 | Comments(0)

3-188)あじさい屋敷

 TV報道によると、鎌倉の長谷寺では2千500株のあじさいが満開。連日だか休日だかは聞き漏らしたが1万人が押しかけているそうだ。

 18日、茂原のあじさい屋敷へ行った。ほぼ満開。
長谷寺もそうだが、ここは斜面に植えられているから、見易い。
d0092767_9453827.jpg

 見応えがある。
d0092767_615638.jpg

 長谷寺はあじさい2千500株で1万人。
 こちらは1万株だけど2千500人?は、いない。

 少し遠いが圏央道が延びたので2010年に行ったときより近くなった。
 茂原長南IC下車。
d0092767_8571796.jpg

 火曜日の昼前だったが車は20~30台。観光バスが4台来ていた。

 帰宅後調べたら都内発の日帰りバスツアーが組まれていた。笠森観音参拝に勝浦での寿司食べ放題の昼食付きで8,980円だった。
[PR]
by ikuohasegawa | 2013-06-21 04:12 | 散歩・お出かけ | Comments(0)