<   2013年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

3-226)七月の鰻は桐生・泉新

今年は二十輪の開花とタイミングが合った。
d0092767_18265091.jpg

 まもなく咲きそうな蕾を六つ残して帰浜した。

 「横浜は暑いぞ」と警告を頂いたが、群馬まで下ったら午前中なのに暑くてたまらない。横浜へ帰着する前に、鈍っている耐暑性能を回復しておかねばならない。となると、鰻でしょう。

 かねてより名店と聞き及んでいた〝桐生・泉新〟へ寄り道することにした。こっち方面は、かつて1年半くらい住んだので、それほど遠回りには感じない。

 8月初旬の祇園祭の準備が進む本町通りの中ほどに、 
d0092767_1911355.jpg

 ひと際目立つ店構え。天保元年創業。六代目。さもありなん。
d0092767_17505589.jpg

 11時半到着。
 「ご予約ですか?」と問われたが、かろうじて二階の広間に通される。
 
 お茶を給されると同時に「ご注文は?」
 お昼のメニューは〝鰻重〟と〝鰻重の大盛〟の二品のみとか。
 で、価格表も無いけど「じゃー、鰻重と鰻重の大盛」
 こういう、流儀なのだろうな。

 待つこと30分で私の鰻重の大盛が登場。この時点でも価格は知らない。
d0092767_17534434.jpg

 もう少し蒸したのが好みだが、甘さを控えたタレが皮目で香ばしく美味い。
 ご飯は熱々で山椒も香り高い。
 Chiの鰻重が3千円、大盛が3千2百円。満足できた。店構えからすれば価格はこんなものでしょう。

 鈍っていた耐暑性能回復。暑い横浜へ帰るぞ。

 ちなみに、50席くらいあるのに待っている客が12人いた。間違いなく繁盛店なのだけど、皆で絶滅危惧種候補をこんなに食べちゃって良いのかなー。
[PR]
by ikuohasegawa | 2013-07-31 04:31 | うなぎ | Comments(1)

3-225) 信濃追分

本日、この後、一旦帰浜する。

ジブリの最新作『風立ちぬ』は、実在の人物である堀越二郎の半生を描いた作品で、堀辰雄の小説『風立ちぬ』からの着想も盛り込まれているという。その堀辰雄の記念館が軽井沢町の信濃追分にある。

28日は、信濃追分馬子唄道中の開催日。Chiから希望が出たので出かけた。
d0092767_20364337.jpg

元々、追分は「牛馬を追い、分ける場所」を意味した。そこから街道の分岐点も意味するようになったという。中山道と北国街道の分岐は信濃追分、甲州街道と青梅街道の分岐は新宿追分など各地に地名として残っている。

 新宿追分には『追分団子』があることは知っていた。しかし、信濃追分の『馬のくそまんじゅう』は知らなかった。話の種にとChiが購入してくれた。
d0092767_20282426.jpg

 話の種に出来たし食べて旨かったが悪ふざけが過ぎる。追分に和菓子屋は無いので祭りイベント用の饅頭なのだろうが、命名した御仁の、したり顔が浮かんでしまう。
 そういえば『ゴリラのはなくそ』という菓子を見たことがあるが、その二番煎じにしても出来が悪い。『二番KUSO』だ。
 馬だけにヒーンが悪い展開になってしまった。

 軽井沢町の環境規制は厳しいが、こういうことは野放しなの?
[PR]
by ikuohasegawa | 2013-07-30 05:04 | 散歩・お出かけ | Comments(2)

2-224) 又もジャム作り

立科の産直センターでもルバーブを発見。2束あった500gの束を迷わず購入。一束150円という値段に釣られたようなものか。

ルバーブは春と秋の二回収穫するのだが、換金作物として栽培し収益を確保出来る農家は少くない。ここらの産直センターに出回るものは、畑の隅に植えた二、三株でしかない。

その二、三株から時期外れの “孫生え” が出て「幾らかにでもなれば」と価格をつけるので、とにかく安い。その代わり品質は良くない。ジャムにしたとき溶けない繊維が残り滑らかでない上、人気の無い緑色っぽいジャムになる。入れて

それを赤くする秘技を思いついたので試したくてたまらない。一束150円という値段に釣られたのではなく、秘技の効果を試したいのだ。

写真が無いと説得力が無いのは分かるが、どうしても書きたい。
生プルーンの皮の発色を利用する。煮る時に三個分の皮を入れた。赤ルバーブのジャムと同等とはいかないが、赤いジャムが出来た。
(後日、写真挿入。右が黒姫の赤ルバーブジャム。左の大瓶がプルーン着色のルバーブジャム。その前の小瓶はブルーベリーのジャム)
d0092767_21184915.jpg

 残った生プルーンを冷凍保存した。まだ何かで利用出来るかも知れない。

 もう一つ、写真が無いと説得力が無い話を。
 七株の山百合が自然発生した。そのうちの大きな二株が13ずつツボミをつけて楽しみにしていた。
 本日7輪が開花した。
(後日、写真挿入)
d0092767_21414386.jpg

 見事な山百合である。自然の恵みに感謝する。
[PR]
by ikuohasegawa | 2013-07-29 05:22 | 繰り言 (くりごと) | Comments(2)

3-223) 絵本の修理をまとめねば

昨27日は雷雨のため、東京の隅田川花火大会が開始早々に中止に追い込まれたとか、また各地で浸水や停電の被害があったと報じられている。この地でも遠くのゴロゴロがいきなり近づいて、予報どうりの雷雨となった。

ところで、ブログのコメントで絵本の修理方法を確認したいという申し出があっ た。

Commented at 2013-07-25 10:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


即刻回答。『快刀乱麻を断つ』というわけにはいかない。こちらも難問として悩んでいる部分だから、まだ『麻糸をほぐしている』段階。

気合いを入れて絵本の修理方法をまとめることにした。この秋、市立磯子図書館が開催する【学校図書館の本の修理講座・上級編】のテキストをどうにかせねばならぬ時期なので、タイミングとしては丁度良い。流行り言葉でいえば「いつやるか、今でしょう」

「それは明日でしょう」と先送りしてきたテキスト作成を開始する。
しばらくお待ち頂きたい。
[PR]
by ikuohasegawa | 2013-07-28 05:04 | 製本&修理:関連 | Comments(0)

3-222) マイクルコナリーとビルゲイツ

日帰り温泉に出掛けるついでに覗いた平安堂書店で、探していたマイクル・コナリーを発見。あったのは【真鍮の評決・弁護士リンカーン】 (上下)

最近気が付いたのだが、こちらの書店は海外小説の在庫が極端に少ない。文庫本は出版社別にコーナー化しているのに対して、海外小説は『海外小説』と括って各社を一まとめ。それも多くて一棚全段。棚二段という店まである。とはいっても駅前の個人経営の本屋ではない。地方の書店は淘汰が進み、現在あるのはソコソコの大型書店だけである。そこの棚二段に圧縮されているのだから売れないのだろうなー。

そういう状況下だから期待もせず立ち寄ったのだが、各社取り混ぜての貧弱な海外小説コーナーで見つけた。即、購入。
何せ、書店、古書店合わせて五店目での邂逅だから、推薦されただけの作者なのに期待は高まっている。その前に入手で達成感を味わったので二度楽しめることになる。

日帰り温泉の露天風呂でオジサンの話題になっていたのは、千ヶ滝に建設中の巨大別荘。
現在、小山を削り取り四階建てのビルを建てている。
d0092767_2123023.jpg

 完成後、延床面積6238㎡の内、三階までを埋め戻して地上一階地下三階という申請どおりにするという途方もない建築物。

そんな資金力があるのは噂がでているビルゲイツか、新興宗教団体以外にないというのが、露天風呂のどこかのオジサンの結論だった。
[PR]
by ikuohasegawa | 2013-07-26 05:35 | 散歩・お出かけ | Comments(3)

3-221) 終日雨

終日雨。
堂場瞬一の二冊目を読んでいる。Chiは三浦しをん。

この夏、軽井沢で活動した後輩が気付いた。普段見るチェーン店と店舗のカラーが違うことに。

軽井沢町は町内を幾つかのエリアに分け、厳しい規制を設けている。その条令の名は『軽井沢町の自然保護のための土地利用行為の手続等に関する条例及び軽井沢町自然保護対策要綱』という。

とりわけ屋外広告物については、屋外広告物条例により町内全域がい特別規制地域に指定され規制が行われている。屋外広告物とは
屋外において常時または一定の期間継続して公衆に掲げられるのもので、看板や広告塔、ポスターなどをいいます。表示内容が営利の有無に関係なく、文字、商標、写真や企業等のコーポレートカラーなども屋外広告物に該当します。

ということで、軽井沢町には普段見るコーポレートカラーとは異なる店舗が存在するのである。

幾つかの写真を写しているがUP出来ないので、写真は後日公開することにする。

ちなみに、規制されている訳ではないと思うが、軽井沢町に100円ショップは無い。観光客は軽井沢へ来てまで100円ショップに用は無いと思うが、町民にしてみれは有れば便利だろうに存在しない。

困りはしないが牛丼屋、ファミレス居酒屋(チェーン店の)、パチンコ屋もない。困るのは書店だが、県内企業の平安堂一店(レンタルビデオ併設)。私は本を求めるときは佐久平方面へ行く。

町民人口二万人弱という町であることを考えると、企業が採算的理由から出店しなくても当然かも知れない。しかし、ひょっとすると規制が・・・。
[PR]
by ikuohasegawa | 2013-07-25 05:55 | 繰り言 (くりごと) | Comments(2)

3-220) 赤いルバーブジャム

家人の希望で百合とラベンダーを見に斑尾高原へ出かけた。

せっかく県境まで来たのだからと、赤いルバーブを求めて旧知の黒姫高原『道の駅・しなの』まで足を伸ばした。ついでに越境して妙高高原の風景印を何局か収集できた。黒姫高原の向こうは新潟県なのよ。

その黒姫高原は我が国に於けるルバーブ発祥の地である。その昔、西欧人宣教師が持ち込み気象状況が合うというので根付いたという。
軽井沢周辺でも栽培する人はいるから何度か入手しジャムを作ったが、赤いジャムが出来ないでいた。
念願の赤いルバーブを1kg購入できた。
d0092767_2172550.jpg

赤いルバーブジャムが出来て満足している。
d0092767_2113583.jpg

 本当に赤く発色した。 これは何もしなくても普通に赤くなったが、煮詰めているときにちょっとした秘技?を思いついたのよ。
 そうなのです。私はジャム作りが好きです。ライバル? 師? は糸井重里なのよ。
[PR]
by ikuohasegawa | 2013-07-24 04:16 | 散歩・お出かけ | Comments(1)

3-219) 近況

街へ出た。
 マイクル・コナリーを探すが新本古書とも見付からず。

docomoショップへ行って写真の取り込みができない件を相談するが、進展せず。
 (後日、写真挿入)
d0092767_5142538.jpg

 タブレットで画像アップロード画面を開くと、いきなり『ファイルが選択されていません』なのよ。突いても押しても変化なし。

 帰宅後、求めた堂場瞬一の警察小説を読む。全般的に面白い。
 緊張が弛む場面で眠くなればそのまま昼寝に移行。
 唯一心配事は窓。閉めておかないと寒い昼寝になる。

 参院選は想定内の結果。大騒ぎするようなことは何も無い。
 OZ一派の当選者がゼロだったのは希望どうり?予想どうりで嬉しい。

 今週は梅雨時並の気象状況らしい。
申し訳ないが関東にとっては恵みの雨。 あまりの事態に、後刻削除。
[PR]
by ikuohasegawa | 2013-07-23 04:45 | 繰り言 (くりごと) | Comments(2)

3-218) 一文

『早起きは三文の得』という話題から、一文、一両を現在の貨幣価値に換算すると幾らかと、家人に尋ねられた。
「一文は少々」「一両は其れなり」等という落語鑑賞の認識でお茶をにごす訳にはいかないので調べてみた。

 色々調べたが明解な答がみつからない。
 その訳は、①江戸時代は300年間あるので、時代を特定しないと比較できない。②当時は金本位、銀本位、銅本位が混在していた時代であり比較は困難である。ということのようである。

 こっちは 夏休みの宿題や論文の資料集めではないから、それほどの正確さを求めている訳ではない。子供の駄賃にくれてやったり「今、なん時だい」に登場する一文や、落とした五十両がどれくらいの価値なのか知りたいだけ。
d0092767_21322780.jpg

 適当に見繕ってくれればいいのに、正確な答が出せないという。
 しょうがないので、諸説を混合し見繕うことにした。江戸時代は食料が割高で土地や労働賃金は割安だったそうだから、それを考慮すると次のようになる。
・食べ物を基準にすると、一文=5~30円、一両=4~20万円
・労賃を基準にすると、一文=30~50円、一両=20~35万円
くらいといったところだろう。

 随分、幅がある額になるが仕方がない。なんせ300年間だから。もっとアバウトに言うと、一文=約30円、一両=約20万円ぐらいだ。
 ちょっと安いなー。五十両(1000万円)落とした位では死のうとしないだろう。

 どうせアバウトなのだから落語を聞くときは、これまでどおり一文は少々、一両は其れなり、五十両は大金でよいだろう。

 結局スタートに戻ってしまい、何のために調べたのか解らないことになってしまったが、こんなことで宜しいでしょうか。家人の方。

 それから『早起きは三文の得』というのは中途半端な得だこと。早起きを推進するなら自信をもって千両の得といって欲しかった。それほどではない『身近なお得』だが一文ポッキリではないと言うことだろうけど、三文ねー。
[PR]
by ikuohasegawa | 2013-07-21 05:11 | 繰り言 (くりごと) | Comments(3)

3-217) ゴルフコンペ

昨19日はゴルフコンペ。150回も続いているコンペだから、年に一回位は無理をして参加せねばならぬ回があることは承知している。しかし、涼しい信州に来ていながら、ゴルフをするため暑い栃木へ出掛けるというのは我ながら可笑しいと思う。
それでも参加するのは、ゴルフがしたいと言うより友誼の故だ。参加しないと淋しがる友がいるということにしておこう。

碓氷軽井沢ICから藤岡JCT経由で北関東自動車道に入り、岩舟JCTから栃木IC下車。1時間30分だから横浜から参加するより近い。
d0092767_2147575.jpg

天気が良い日を好天というが、あの暑さの狂暴さを考えると荒天というべきかもしれない。夏期は半ズボン長靴下というのがお決まりのスタイルなのだが、それでも暑い。帽子を射通して脳天が暑い。水分、冷却スプレーなど万全の備えをしているとはいえ正気の沙汰ではないと思う。

本年より8月は身の安全のため全員一致で休会にしてあるが賢明な判断であった。ゴルフより生き永らえることが優先する。せっかく66才になったのだから。
[PR]
by ikuohasegawa | 2013-07-20 04:59 | 散歩・お出かけ | Comments(3)