<   2014年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

3-414) 最近の新聞から 『奇妙』つながり

 理化学研究所の若い女性チームが「STP細胞」の作製に成功した。快挙を誇らしく思う。

 ネイチャー誌は当初論文の掲載を却下。「長い細胞生物額の歴史を愚弄している」と評したという。 欧米のメディアは近時の科学者の反応を報じているが、「ショッキング」「びっくりした」「革命的」はともかく、「奇妙」というコメントがあるとしている。それほど衝撃的な成果なのだ。
d0092767_1712159.jpg

 
 奇妙といえばマラチオン混入事件の容疑者の弁護人も奇妙である。
 容疑者が弁護人に話すことなく供述を始め、その事実を接見で知った弁護人は「冤罪の危険性が捨きれない事案だ」としているという。
d0092767_1832310.jpg

 これは弁護人としては普通の反応なのだろうか。私には「奇妙」に思える。

 奇妙といえば奇妙奇天烈。藤子・F・不二雄原作のアニメ『キテレツ大百科』を思い出す。
 
 マラチオン容疑者の日常生活を週刊誌が報じ始めた。
 見出しに曰く、『異常な日常』、『奇天烈な日常』
d0092767_17124225.jpg

 新明解の【きてれつ】は
 「奇妙 ー  〔ただ『奇妙』と言うだけでは収まらないほど、ひどく変わっている様子〕」表記:奇天烈は借字。
 とある。

 異常と奇天烈の程度関係は判然としないが、インパクトは断然『奇天烈』の方が上。銀行のロビーでじっくり読みたくなってしまうではないか。

 そのほか『きてれっつのぱっ』というフレーズも浮かんだ。しかし、どう検索しても出てこない。アニメのキテレツのパパが出てきてしまう。

 まてよ、『てけれっつのぱっ』   落語・死神の呪文だった。




 
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-01-31 05:27 | 繰り言 (くりごと) | Comments(4)

3-413) 並四小・本の修理(絵本の表紙をつける)

 昨日は、お母さん方全員がマスク姿。
 学校にインフルエンザを持ち込まないための予防処置だそうです。
 

 さて、昨日は、綴じなおした絵本の本文を表紙に戻す実習。
 普通は背幅より広い寒冷紗を背の左右に張り出すように貼って、表紙と結合します。ただし、狭い背幅(本の厚み)の絵本などは強度が不足するので補強をします。この日の絵本は背幅5mm。

 テキストのBです。
d0092767_5202361.jpg

 通常の黄色い線の寒冷紗+赤い線の寒冷紗
d0092767_50718.jpg

 当然ですが、裏側も同様に補強してあります。 

 マスクの件は冷静に考えると、本人が感染者の場合しか効力を発揮しないような気がするけど・・・・。
 そういう場合は、学校に行ってはいけない。

 そうなんだよねー、私も感染したら修理を欠席しなくてはいけない。マスクをして出かけてはいけない。
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-01-30 05:32 | 製本&修理:スキル | Comments(0)

3-412)タコ糸のよりを戻す

 単票を製本する時、背にノコギリでスジをいれタコ糸で補強して、ボンドで固めている。
 タコ糸は1mm以下の細い凧糸(0.7mm程度)や、坪糸(墨壷に使う糸、0.65mm程度)がよい。
d0092767_1075011.jpg

 そのタコ糸の端を本文に平に接着するために、タコ糸の端をほぐす?よりを戻す。この作業は、数が多いのでかなり煩わしい。
d0092767_1053770.jpg

 
 こんなものを、作った。
d0092767_10152292.jpg

 例のカッティング定規が好評だったので気を良くしており、製本道具手作りの会?の活動が活発なのだ。

 それでは【作り方】
 ●縫い針10本の針先を揃え、セロテープで仮固定。
 ●万能ボンドで接着固定する。
 
d0092767_1062128.jpg

 ●木片2枚(針の分を凹にして)の間に挟みこみ接着。

 タコ糸用のクシだと思ってもらえば良い。 

More ほぐす?よりを戻す?
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-01-29 05:04 | 製本&修理:ツール | Comments(2)

3-411) 野次馬席からの都知事選

 都知事選が始まった。
d0092767_1158771.jpg

 細川候補をかつぎだした小泉さんが即原発中止と思うようになったのは、昨夏、「オンカロ」を見学したことによる。「オンカロ」の所在地はフィンランドのヘルシンキから約250km北西に位置するオルキルオト島。
 「オンカロ」は核廃棄物の最終処理場。言うまでもなく原子力発電所から出る使用済み核燃料、その他核のゴミを地中深く封印するための施設だ。

 人類は現在、核を使って発電をしたり兵器を作ったりする方法はあみ出したが、その結果生ずる核のゴミを安全に処理する方法を持っていない。その放射性廃棄物を無害になるまで10万年にわたって地下深く封じ込めるための施設が「オンカロ」なのだ。ちなみに「オンカロ」とはフィンランド語で「洞窟」「隠し場所」などの意味だそうだ。

 その核廃棄物の最終処分場を見学して、急に不安になった小泉さんの気持ちは解る。私も同じ事を感じている。
坪庭にゴミを埋める←

 さて、巧みな演説で有権者を自身の主張に巻き込んでいく「劇場型選挙」は、小泉氏の十八番。 特徴は争点をワンフレーズに絞り込み是非を問うこと。
 03年衆院選では「改革路線は是か否か」。
 05年の衆院選は「郵政民営化は是か否」で、大勝利。

 これは素晴らしいコピーライター感覚だと思う。
 
 このたびの都知事選でも、「他はたいして変わりは無い」と切り捨て
 「この戦いは、原発ゼロでも日本が発展できるというグループと、原発なくしては発展できないというグループとの争いだ 」と、争点をワンフレーズに絞り込んだ。
 
 舛添陣営もワンフレーズで対抗したらどうだろう。
 それではやってみよう。

 「この戦いは、即原発ゼロというグループと、脱原発というグループとの争いだ 」
 小泉さんがこれを聞いて、「即ゼロなんて言っていない」と反撃したら、「なにも変わりは無い」ことになってしまうのだけど。

 

 野次馬が、雇われコピーライターになったつもりの〝言葉遊び〟です。
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-01-28 05:12 | 言葉 | Comments(2)

3-410) おやじバンドフェスタと新年会

 隣の団地の知人が、金沢区おやじバンドフェスタの招待券を持って訪ねてきた。

 「あした土曜日の13時45分開演。自分たちが演奏するのは15時ころ」
 「二枚のうち一枚は自治会役員を誘って来て欲しい」と言う。
 我が団地自治会の主催する夏祭りでの演奏を目論んでのことだ。
 
d0092767_12513855.jpg

鷹揚というのか頓着しないというか、自己中心的なオヤジであることよ。

 明日の今日で、しかも、もう19時だから自治会役員の参加は保証できない。女房と二人になっても良ければと条件を付けてチケットを受けたが、端から自治会役員には声を掛ける気はなかった。翌日になって「今日の15時おやじバンド・・・」などと間抜けなことを言って歩くほど暇では無い。

 で、開演時間前に行ったがほぼ満席。Chiを座らせて、18時に新年会がある私は立ち見とした。
 
 大音量を迫力と言うこともあるが、下手な演奏は大騒音でしかないことを再確認した。幸い私は立ち見だから演奏者が交代するまでロビーへ非難することができてよかった。
 
 玉石混交というけれど、達者なアマチュアもいる。

 チケットをくれた知人のバンドは上手な方に分類できる。
 普段は自己中心的なハッキリしないオヤジも、ギターをアンプにつなぐとシャキッとするではないか。まるで自分の電源もONになったかのようだ。

 それを聴いて私は移動。18時開始の並四小関係者の新年会へ向かった。
 こちらは、終始充実。二次会15名のカラオケルームも大盛り上がり。ここでも、大音量を迫力と言うこともあるが、下手なカラオケは大騒音でしかないことを再確認した。
 私?私は無理やり連れ出され〝ブランディーグラス〟を、ぼそぼとデュエットしたのみ。

 解散はモノレール終電の23時48分ぎりぎりだった。翌朝は7時まで熟睡。



 この日、久しぶりに聴いた〝横浜市歌・ブルースバージョン〟

 (動画は、今回の催しとは無関係のプロの歌手です)


 やはり、プロの歌はいいナー。
  
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-01-27 05:54 | 散歩・お出かけ | Comments(2)

3-409)長崎名産・茹で干し大根になる予定

 私は乾し野菜が好きだ。?乾し野菜を作るのが好きなのかもしれない。

 いずれにしても、乾すと水分が蒸発してうまみが凝縮されているように感ずる。大根は生を煮ても美味いが切り干し大根にすると別の美味さが生まれている。

 マクドナルドのポテトくらいにのサイズにカットして乾しあげると、切り干し大根ができるが、最近は輪切りを四等分にして乾しあげている。これは水で戻して煮物や酢の物にしている。
 写真の奥側がそれで完成まじか。
d0092767_7402576.jpg

 手前は茹でた大根を乾している。今回、初挑戦。

 完成すると、長崎名産・茹で干し大根になる予定である。
d0092767_1019396.jpg

[PR]
by ikuohasegawa | 2014-01-26 05:00 | 食べ物 | Comments(0)

3-408) 麻生、安倍の例え話は誤っている(は誤解があった)

 本稿に対してMINIさんからコメントをもらった。
Commented by MINI at 2014-01-25 07:55 x
お早うございます。
私も安倍総理のたとえは適切ではないとは思うのですが、お説に異論があります。
第一次大戦前(1914年以前)はプロイセン国王を戴くドイツ帝国(所謂帝政ドイツ)で、ナチス・ドイツは国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)が政権を掌握していた1933年から1945年までのドイツ国を指す呼称ですから、安倍総理はナチスドイツを例えて言ったのではないと思います。 もしそうであるならばヨーロッパ各国が黙っている筈はないと思うのです。 ヒットラーは第一次大戦中はまだ陸軍伍長でしたから…。


Commented by ikuohasegawa at 2014-01-25 08:00 x
そうか、第一次大戦と第二次大戦を混同したようです。削除するのもなんなので、MINIさんのコメントを本文にコピペさせてもらいます。
有難うございました。
 

 いやー、持つべきものは良き隣人だなー。穏やかに諭していただき有難うございました。

 よって以下の稿には誤りがありますが、記念のため削除も訂正もいたしません。
日中関係「第1次大戦前の英独」 首相発言がダボスで波紋
 安倍晋三首相は22日の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で、外国メディア関係者と懇談した際、日中関係を第1次世界大戦で戦う前の英独関係に例えて説明した。経済的に深く結び付く日中両国の衝突があってはならないとの真意は伝わらず、英紙など外国メディアは「1914年の英独に似ていると発言した」と報じた。<日本経済新聞>
   
 ナチスドイツに対する国際認識を全く理解していない。
 世界の大方の政治家はナチスドイツを語ることはない。反面教師だろうと、例えだろうと、比喩だろうと、自らが積極的に口にすることは無いと言っても良い。

 麻生太郎が、憲法の改正に関連して、戦前ドイツのナチス政権時代のワイマール憲法制定に学ぶべきだと解釈されるような発言をしたとして世界から批判を浴びた。と、いう事実から安倍晋三は何も学んでいなかった。同じ、過ちを繰り返した。
 新しいことわざが出来た。
 『他山の石となる』
 
 更に悪いのは、第1次世界大戦前の英独関係を現在の日中関係に例えたということ。と言うことは日本と中国のどちらかが英国で、もう一方がヒットラードイツに当たるということではないか。
 まさか、日本がヒットラードイツだと言うのではないだろうから、そうするとヒットラードイツはどこということになるのだろう?そんな、例えをする政治家は世界中で安倍晋三だけである。あっ、もう一人、麻生太郎もやりそうだけど。

 私は会見の原文を読んでいないし文脈をたどってもいないから、発言の意図、本旨、主旨は解らないがそんなことはどうでもよい。〝例えの選択〟が誤っているのだ。
 日本国首相が公の場で、ナチスドイツを比喩として軽々に使ったことが問題なのだ。
d0092767_545118.jpg

 安倍さんは「ナチスドイツ」が国際社会においてどのような認識をされているかをご存じないとみえる。単なる戦争の敵国ではない。
 それこそ歴史認識が誤っているのか無いのか、無頓着なのか鈍感なのか、口が軽いのか、それとも無知なのか。首相として許すことができない。

 過去の政治家の失言は全ていい気になったときに起きている。
 「国内で何でも思い通りになっているので、思い上がったか安倍晋三」というところだな。

 過去の関連稿





   
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-01-25 05:01 | 繰り言 (くりごと) | Comments(4)

3-407) スイカ用リール付きのパスケースを買う

 改札口に近づいてスイカを探すことがある。
 スイカを札入れに収納すると出し入れが不便なので、ポケットやバッグに入れているが、探さなくてはみつからない。さすがに改札の流れを止めるような場所に留まって探すことはないが、結構焦ることがある。

 この度、リール付きのパスケースを買った。
d0092767_17301198.jpg

 出かけるときはショルダーバックかパンツのベルトループに付けておく。円形の中にリールがあって改札口などではスーッと引き出して使う。スーッと定位置に戻るところが良い。
 スイカはこれで定位置を確保した。

 その他にも、出かける段になって幾つかの小物が見つからなかったことがある。自分で管理しているにもかかわらず「〇〇が無い」つい「何処へやった」と一騒動起こしてしまうことがあった。

 手を焼いたChiは対策だと言って小さい鈴を付け(てくれ?)たことがあった。オバサンの持ち物のようで気にいらなかったが、携帯が見当たらないときは家の電話から掛けて有り場所を探せるので、一理あるような気がしてされるままにしていた。

 しかし、鈴が鳴るのは使っているときだけじゃないか。置いてしまったら鈴は音をたてないことに気がついて数日で外した。

 現在は定位置を決めたので、出かける前の騒動は大体おさまっているから良いようなものの、そうでないと鍵も、小銭入れも、携帯も、全ての小物をリール付きにしなければならぬところだった。

 それと、Chiは〝置き場所を探すのに鈴は役に立たない〟ということを、どうも今でも心底からは納得していないように思われる。
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-01-24 05:06 | Comments(4)

3-406) 並四小・本の修理 背のボンドをはがす

 昨22日、並四小・本の修理。

 先週、絵本の綴じなおしを覚えたお母さんが、今週は一人で糸綴じを実施。
 一回体験すると、それまで理解できなかったテキストが理解できるようになるから、テキストを見ながら一人で出来るのです。

 さて、ほとんどの本は、本文の背をボンドで固めて製本している。その本を修理する時には、まず背に強固に残っているボンドカス、否ボンド片を除かねばならない。
d0092767_17475329.jpg


 本文を固定して荒ヤスリをかける。
 荒ヤスリはボンド片の取れ具合も背の荒れ具合(後でボンドが浸みて固まりやすくなる)も最適だが、粉末やカケラが飛散する。掃除も大変だしノドにもよくない。コホン、コホン。

 水で湿らせばホコリは立たないが、本文への影響が心配だし乾燥させるのが大変なので、やはり荒ヤスリのお世話になっている。
 
その時、粉末、カケラを飛散させないために、ゴミ箱の縁に締め具を渡して作業している。こうすればほとんどのゴミを直接ゴミ箱に落としてしまい周りを汚さない。
 
d0092767_17162762.jpg
ずぼらな方法だが今のところこれに勝る方法は無い。
 
 ちなみに、この荒ヤスリは100円の品。相手は木や金属ではなくボンドなので十分役立っている。






 
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-01-23 05:07 | 製本&修理:ツール | Comments(0)

3-405) 今月の水信 “フルーツバレンタイン”

 1月20日現在のテーマは“フルーツバレンタイン”
 
d0092767_9531066.jpg

 直にフルーツではなく、フルーツデザインのマグカップなどを持ってきたところに多少の進歩あり。この調子で頑張って、かつてのようなヒラメキを見せて欲しいものだ。
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-01-22 05:32 | Comments(1)