<   2014年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

3-504)4月の鰻は足利 かわばた

 桜が満開の軽井沢を後にして予定通り帰浜した。 途中、群馬県藤岡の道の駅による。
 ここまで下って来ると、藤が満開。筍が満載。
d0092767_1832197.jpg

 
d0092767_184237.jpg

 新鮮野菜をしこたま仕入れてChiは大満足。その内、筍は私の担当。

 続いて〝今月の鰻〟を達成せねばならぬ。
 たらふく信州牛の帰路ではあるが4月には限りがあるので、この日を外せない。

 昨年6月以来の“かわばた ” となる。
 去年の11月、信州の帰りに訪れたときは定休日でもないのに休みだった。 廃業したのではないかと気を揉んでいたが、恐る恐る電話を掛け営業を確認して出向いた。なによりである。

 連休とあって我等の前に7人のファミリーが開店を待っていた。この後になってはかなわない。ヤキモキ。
 連中が「何にする。上?並?どうする、どうする」と協議継続、「決まったらお呼びください」チャンス到来。
 サッと、うな重の上(2700円)二つと「あれば」と条件を付け、きも焼きを二本注文。

 きも焼きは一本しか無かったが30分ほどで、うな重が来た。勿論一番。
 素早い行動の勝利。

d0092767_6232897.jpg

 安心の〝かわばた〟
 いつもの様にふっくら柔らかで熱々。
 贔屓しているから焼き加減も、これで良い。ご飯も熱々。山椒も香り高い。本当に、〝かわばた〟が廃業していなくて嬉しい。今日も満足。

 この後、横浜では当分の間〝草を食む日々〟を過ごすことになる。

追加報告
 佐野付近で給油。ガソリンが安い。
d0092767_1826446.jpg

 長野! ガソリンが高いぞ。





  
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-04-30 04:43 | うなぎ | Comments(7)

3-503) 信州牛の次は鳥だ

 木に鳥がとまった。
d0092767_10154752.jpg

 別の木にも尻尾の赤い鳥がとまった。
d0092767_10163372.jpg

 朝は鳥たちがさえずり、忙しく飛び回る。
 昼間どこへ行っているの? って聞かれても「今度、聞いておく」

 そう言えば、最近焼き鳥を食べていないなー。

 信州に来て牛肉は食べたけどね。

 蓼科牛のカルビランチ。肉大盛り1580円。
 焼肉の家 マルコポーロ。本社が丸子だからね。
d0092767_1018122.jpg

 お安い。最近、焼肉はここしか行かない。したがって横浜で焼肉ということは無い。

 続いて、信州牛A5ステーキ定食。2980円。
 軽井沢町追分の盛盛(モリモリ)亭。
 ここはステーキをカットして供してくれるので、箸で頂きます。
d0092767_10183182.jpg

  黙っていればレア寄りのミディアム。柔らかく旨いとしか言い様がない。リーズナブル。客筋も地元と都会人が半々とみた。
 地元の人は観光地軽井沢では飲食しないよ。ここは追分だから。

 我が家の“檀家”に登録しているし、Chiも滞在中の楽しみにしている。

 というわけで、牛肉はしばらく食べなくてよい。次は焼き鳥だな。
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-04-29 05:00 | 食べ物 | Comments(3)

3-502) 軽井沢の桜も満開

この春の花見土産の桜漬けを 軽井沢へ持ってきていたChiは 「桜ごはんをつくる」とタイミングを図っていた。聞けば 平安神宮で頂いた桜茶の香りがよかったので土産にしたとのこと。

標高1000メートルの地も、桜が満開になった。
こぶしも満開だし若葉も開きはじめている。
d0092767_7492171.jpg

地元が満開になったのでタイミングはよし。

家中に桜の香りが漂い、桜ごはん完成。
d0092767_5385232.jpg

これは和菓子だ。
甘くは無いが香りが良くて、繊細な和菓子。

香りをいかすために他の出汁は使わず、塩分が強そうだったので加えたのは酒だけだとのこと。

軽井沢の満開を、平安神宮の桜ご飯はんで愛でるというのも良いじゃないか。
Chi、でかした。

余は満足じゃ。
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-04-28 09:16 | お気に入り | Comments(6)

3-501) 名付け親の顔が見たい

私のワンダーランド農家の店 大地へ再度出かけた。
今回は名称編。

左から OH びっくりバード、ピカピカイエロー、ニューニゲロン、目玉ギラギラテープ。全て害鳥対策用具。
d0092767_7321669.jpg

解り易い命名だと思う。
しかし『ニゲロン』というのはなんだか鳥立場というか鳥目線のような気がするのだけど、鳥は読めないよなー。

続いて、10倍手袋 つよし。
d0092767_7334217.jpg

丈夫なことは伝わってきた。

普通はゴム手袋って言っているけど、ニトリル手袋 ? 家具の ニトリ は関係無いよなー。
ニトリル - Wikipedia
ニトリル (nitrile) は R−C≡N で表される構造を持つ有機化合物の総称である。カルボン酸やその誘導体と、炭素の酸化数において同等とされる。なお、手袋などの家庭用品によく使われるニトリルは、ニトリルゴム(ブタジエンアクリロニトリル共重合体)のことである。

ニトリルゴムならゴム手袋でも良いような気がするけど、私が知らないだけだったのかなー。
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-04-28 05:09 | お気に入り | Comments(6)

3-500) ウッドデッキにも筋交いは必要だ

福田刃物工業の福田さんからコメントを頂きました。3-483

さて、定住の家の奥さんと半年ぶりのご挨拶。
「ウッドデッキは大丈夫でしたか」と聞かれても何のことだか解らない。「えーまー、ウッドの・?・・デッキは・・・」と曖昧な言葉を交わしていてやっと解った事情は以下の通り。

二月の大雪が積もったウッドデッキに、屋根から落下した雪の重量が加わり、それに耐えられずウッドデッキが壊れる事故が数件発生している。事故は除雪しない季節利用の家に限られているけれど、大丈夫だったか。
という、優しいお尋ねだったのだ。

そう言えば、こちらへ来て場内を移動中に、ウッドデッキを工事をしている家があるとは思ったけれども あの大雪の影響だったとは。

ここの家も工事中。
d0092767_10442598.jpg

あのー、我が家のウッドデッキは束柱の間に筋交いが入っているのですが、お宅のウッドデッキは作り直しても筋交いは無しでしょうか。私は建築の基礎を学んでいるので、すぐ気が付いた。TV『劇的 ビフォーアフター』を欠かさず見ているからね。

それとも筋交いは耐震補強にはなっても、荷重対策にはならないのだろうか。
だとすると、我がウッドデッッキは過剰な耐震補強をしていることになるなー。

我が家はウッドデッキの工事はしないけど、ガーデン工事?をした。
d0092767_104724100.jpg

駐車スペースの端に、ふきのとうを避けながら溝を一本掘ってコスモスの種を蒔いた。

乾燥注意報が出ていたけれど、もともとコスモスの種は乾燥しきっているのだし、折よく久し振りの雨が降る予報が出たので実行に移した。念のために記しますが、苗を作って移植するようなことはしない。種をばら蒔くだけの自然園芸です。

秋にはコスモスラインが誕生する予定。これでうまくいったら、来年はもう少し拡大するつもりだ。
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-04-27 05:07 | 繰り言 (くりごと) | Comments(3)

3-499) 雪の回廊から草津温泉に入ってカイロウ

信州にはゴールデンウイーク前に開通するルートが幾つもある。毎年大きく報じられるのが立山ルートと乗鞍ルート。そこの雪壁の高さは圧巻だがマイカーは入れない。行こうと思えばバスの予約など、前もっての計画準備が必要になる。

突然その気になってマイカーで走れるコースは茅野へ抜けるビーナスラインや、群馬へ抜ける志賀草津ルート。

報道によると24日に開通したビーナスの麦草峠は『雪がある』程度。25日に開通する志賀草津ルートには『雪の回廊』があるという。

25日、中野から志賀高原へ入っていった。

渋峠の先に開通式典会場のアーチが残っている。10畤40分なのに誰も居ないけど気分は盛り上る。今日の10畤開通だー。
d0092767_16132280.jpg

来たばかりなのに「カエロウ、カイロウ」?
d0092767_1614986.jpg

帰ろうではなくて、回廊、雪の回廊ね。

壁は高いところで10mぐらいか。
d0092767_16143472.jpg

横手山の展望台は満車。少し先のビューポイント。
d0092767_16152815.jpg

こういうところで停車して、自分の車を入れて写真を撮っているアホがいて当然渋滞。
追い抜き様に『プッ』って抗議のクラクションをならしたら、同じA-1の誼みだと勘違いして笑って手を振っている。
オジサンは怒っているのだよ。「テェィッ ! 君は本物のアホだな」
d0092767_16182278.jpg

草津へ抜けて、久しぶりに大滝の湯へ。
d0092767_16195455.jpg

肌がツルツルする。実に良い湯だ。
39度42度43度44度45度の湯船がある 合わせの湯も制覇。
45度の後に39度に入るとぬるい。当たり前か。

普通の湯船でも草津の湯は間違いなく日本一だ。つるつる。
d0092767_1620363.jpg

待てよ、日本一っていっているけど、日本中の温泉に入っている訳ではないし隣の万座温泉でもそう言った覚えがある。

まあ、良い温泉から出たあとの礼儀だな。
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-04-26 05:08 | 散歩・お出かけ | Comments(9)

臥竜公園の桜ー2

ろくでもない写真しか無いが要望があったので、追加で公開します。

d0092767_15491131.jpg


d0092767_15495573.jpg


d0092767_15495195.jpg


d0092767_15511654.jpg

[PR]
by ikuohasegawa | 2014-04-25 15:56 | Comments(3)

3-498) 臥竜公園の桜は満開だった

臥竜公園は須坂市臥竜にある公園。日本さくら名所100選、日本の名松100選、長野の自然100選に選定されているが、我が家では『春の檀家』(=期間中に定期的に訪れねばならぬ所)に分類している。従って上田城址公園や妙義山さくらの里と共に、この時期は檀家回りに忙しい。

地元局の報道どおり満開。
(他に急ぎのネタができたので後回しになったが、訪れたのは22日)
d0092767_6122776.jpg


屋台店は池の端から離れた一段下に並んでいるから、桜を見上げてのそぞろ歩きは心地よい。
d0092767_7184624.jpg

土日のライトアップ時にはさぞかし混雑したことだろう。
d0092767_7191879.jpg

一部散り始めているが、名物の一面花筏はもう少し先になる。
d0092767_720399.jpg

平日に花見をしているのは殆ど高齢者。
ボートに乗っているのも、勿論、高齢者。
d0092767_9574926.jpg

小寒いですからご用心下さい。
d0092767_72626.jpg

このあと、小布施まで足を伸ばした。
いえ、小布施に春の檀家はありません。単なるドライブです。

何処がと言うことではなく、このあたりはこの時期どこを走っても花、花、花。
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-04-25 04:57 | Comments(1)

3-497) 信州の春を加工する

横峯さくらが結婚を発表。
おめでとう。これを機に一層張り切って欲しい。

さて、信州滞在の楽しみの一つにジャム作りがある。私は本を修理する小学校で『本のドクター』と呼ばれているが『ジャムオジサン』でもあるのだ。
しかし、この時期に信州で手に入る果実は、イチゴの他には市場を経由した四国九州方面の夏みかんなどに限られてしまう。

信州に来てイチゴジャムや四国九州産のジャムを作ってもなー。という気持ちになるので今の時期は信州でジャム作りができない。実ではなく花の盛りなのだ。

山葵も花を咲かせ『花わさび』として売られている。
d0092767_14355072.jpg

ジャムの代用にはならないが、『わさび漬け』に挑む。

教科書はクックパッド。
材料は花わさび(刻んで叩き、袋に入れて辛味を出している)と酒粕。
d0092767_14423918.jpg

その他には、みりん、酒、砂糖、塩。

タブレットの都合で追加写真をupできないが、取り敢えず『わさび漬け』第一作目が完成。改良の余地がある。小分けして冷凍保存しておけば1ヶ月は大丈夫だと思うが、ジャムのように加熱殺菌が出来ないから、どうなるのだろうか。

花わさびと一緒に買ったワラビのアク抜きをした。
d0092767_1443758.jpg

どう見ても失敗にしか見えない写真で、それこそ『ワラビの悪煮』
でも、こちらは上手くいった。
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-04-24 05:01 | 食べ物 | Comments(3)

3-496) 佐久ではトンネルパッカーをツャクトリムツと言う

まず、4月22日現在の信州のガソリンの価格をお知らせします。
ハイオク183円。レギュラー172円。
d0092767_19382997.jpg

長野は前からいつもガソリンが高い。用を作って群馬で給油したくなる。

それでは、
【シャクトリムシ】
ビニールトンネル用のジグであるトンネルパッカーのこと。普段は支柱にビニールシートを固定するが、温度管理や施肥消毒のためにビニールを捲りあげるときに、支柱に一時留めすることができる優れもののジグ。

d0092767_19365894.jpg

その一部の種類は真ん中で折れ曲がるために、その様から連想して『尺取り虫』と愛称で呼ばれている。ところが、佐久地方の店舗で『ツャクトリムツ』と表記していることを遠来の非就農見学者が発見して一部で話題なっている。



注 : 『家の光』というのは宗教修養関連の機関誌のように思えるが、農業および農家の文化向上を目指す総合家庭誌である。家の光協会が1925年(大正14年)5月に創刊。私は小学生の時から祖父の家で愛読していた。特に工夫した農業器具を投稿するページが好きだった。
月刊誌で 書店では販売せずJAが直接家に届け、 月刊誌では日本最大の実売部数69万部を誇っている。雑誌の廃刊ニュースが多いのになー。
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-04-23 04:51 | お気に入り | Comments(5)