<   2014年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

3-535)〝農薬よく洗い甘夏〟 のマーマレード

 甘夏のマーマレードを試作したのだけれど、柑橘類のジャムをどうしてマーマレードというのだろう。
(気になる方はWikipedia マーマレード・由来に記載されているのでご覧ください)

 教科書にそって皮をむき、袋を除く。このとき種は別にして残す。
 
d0092767_832712.jpg

 皮を細かく刻んで水にさらす。水を替えて2・3回繰り返す。その後、皮を煮て、水を替え再び煮るを2・3回繰り返す。最後の水を入れたところで、半量の砂糖を加え煮込む。
d0092767_8322587.jpg

 皮が好みの柔らかさになったら実を加え、残り半量の砂糖を加え煮詰める。
 このとき袋に入れた種を入れて煮ると、ペクチンが出て固まりやすくなる。
d0092767_8324281.jpg


 教科書の記述は執筆者によって様々。

 種とペクチンに関しても
 種はペクチンがでるから使う vs. 種はすごく苦くなるので使わない
 他には
 皮の裏の白いのは苦いのでスプーンでこそげとる vs. そのまま使う
 水は2回替える vs. 4から5回
 皮と実を同時に煮る vs. 皮だけ先に煮る
 皮と実の60%の砂糖を入れて煮詰めると固くなる vs. 甘すぎるのでサラサラのマーマレードにする

 今回は皮裏の白いのは取らず、水は3回取替え、皮だけ先に煮て、種を入れ、砂糖は40%とした結果、苦味のあるサラサラ系のマーマレードができた。美味いと思う。

 マーマレードなので皮も使うが、無農薬栽培品が手に入らぬので、〝農薬よく洗い甘夏〟を使用。
 よって試作とし、広域頒布はしない。製品写真もカットした。

 思い出してみれば、他のジャムでも無農薬栽培果実で作っていたわけではなく、みんな〝農薬よく洗い果実〟だったのだけど・・・。

 次回は、後から解った『種とペクチン』を採用する。

More 後から解った種とペクチン
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-05-31 04:45 | 食べ物 | Comments(2)

3-534) 赤点をまぬがれても

 日本語俗語辞典によると
赤点とは落第点のことで、進級するために必要な点数に満たない点数を意味する。これは赤点を取った際、点数や成績表・通知表が赤字で書かれたことからきている。具体的に何点以下が赤点になるかは、それぞれの学校・試験によって異なる。

 学生時代の赤点ボーダーラインは60点だったと、記憶している。苦手な科目で赤点を取り追試になりはせぬかと心配をしたこともある。

 それも昔日のこと。
 今は諸々の健康数値のボーダーラインが気になる。数値の変化で一喜一憂ということはないが、それを目安に生活態度を多少改めたりしている。それでも、日によって血圧が140-85位のことがあるので高血圧症。健康数値の赤点である。

 過日、日本人間ドック学会と健康保険組合連合会は、血圧や血糖値、コレステロール値、肥満度などについて、「異常なし」と判定する血液検査の新たな基準範囲を策定すると発表した。
d0092767_616317.jpg

 それによると血圧140-85の私は健康人だという。高血圧症が治癒したと喜んでよいのだろうか。

 新数値基準(保健指導リソースガイドによる)
d0092767_9374851.jpg

 随分、楽になったというか甘やかされたものだ。

 その数値変更の根拠は
人間ドック受診者約150万人から約34万人の「健康人」を選び出した。そのなかから1~1万5,000人の「超健康人」(スーパーノーマルの人)を選んだ。
 条件は
 (1)がんなどの重大な病気の既往歴がない、
 (2)高血圧や糖尿病などで薬を服用していない、
 (3)喫煙習慣がない、
 (4)飲酒は1日1合未満など。
 その「超健康人」の測定数値から「健康」と判断できる数値の範囲を決めた。

 つまり、簡単に言うと「超健康人」の中に血圧147-94の人がいるから、そこまでを健康の範囲とする。ということなのかなー。

 国際的にも同様の値らしいが、策定に健康保険組合連合会が絡んでいると勘ぐってしまう。
 数年前、社保庁は年金納付率アップのごまかしを行った。あの時は割り算の分子(徴収金)を増やさないで、分母を小さくして年金納付率アップさせていた。
 この健康数値の変更も、健康人を増やすのではなく、基準を緩和して健康の範囲を拡大し給付金を節減。ということではないだろうな。

 学生ならボーダーラインが60点から50点に下がれば喜ぶだろう。しかし50点でOKと言われても学力が付いたわけではない。
 私の血圧にしても140-85であることにかわりは無いのだから、単純に喜こんではいけないような気がする。

More  年金納付率アップのカラクリ
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-05-30 04:53 | 繰り言 (くりごと) | Comments(4)

3-534) 朝顔のつるを真っ直ぐ伸ばしてはだめだよ

 二週間前、双葉が少し開いていた。
d0092767_12424956.jpg

 昨日は支柱がセットされて、丸みを帯びていた葉も朝顔らしい形になっている。
d0092767_1237495.jpg


 さて、並四小本の図書室で面白いものを見た。 書架の一角、栞紐が全て外に出ている。
 (このサイズでは見難いので、写真をクリックして大きくしてください)
d0092767_12361316.jpg

 ここだけではなく、あちらもそちらも栞紐がだらりと下がっているではないか。
 イヤー、子供は面白い。

 君はヒモに気が付いた。面白いところに目を付けたものだ。
 「本にヒモがついているけれどこれはなんだ。これも、それもついている、しまっておいては見えない。せっかくついているのだから見えるようにしよう」
 それとも
 「引っぱって本を出すヒモが出ていないと不便だ。出してあげよう」かな。

 それは、ここまで読んだという目印に使うのだよ。引っぱってはいけない。そんなことは誰も教えてくれなかったのだね。
 おかげで、途中で切れている栞紐を幾つか発見できた。 ありがとう。付け替えて、悪いが全部本にはさんでおいたからね。本を読むときに目印にしてね。

 本を返すときには、ヒモを外に出しっぱなしにせず、どこでもよいので、全部を本の間にはさんで返してください。出しっぱなしにしたり、はじっこを出したままにしておくと擦り切れるし、引っぱって本を出す人が出てきてヒモが切れたり本がいたんでしまいます。みんなで読む本なので、ていねいに扱ってね。

 それから、朝顔はもうすこし育つと支柱に巻き付いてのびていくけれど、それに気が付いても巻き付いたツルを真っ直ぐ伸ばしてはダメだよ。巻きついていく朝顔を観察しようね。


 

Moreおまけ 栞
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-05-29 04:28 | 繰り言 (くりごと) | Comments(5)

3-533) モヤモヤを三つ吐き出す

 見聞きしてモヤモヤするけれど思いを述べるほど知識が無い。
 そういうネタが三つ溜まったので、スリーモヤモヤを吐き出すことにした。

 尚、この稿には、いつもにも増して誤解、誤謬、論理の破綻が多いと思うが、怒りの方向だけを読み取っていただきたい。

 政府の社会保障制度改革国民会議のメンバーで安倍首相のブレーンでもある、東大大学院伊藤元重教授が、増大する社会保障費の財源として、「死亡消費税」創設を提案した。死者全員の遺産から消費税を徴収するという。
 死ぬと消費税を取るようにすれば、生きているうちに一杯お金を使うだろう。使い残したら、遺産に「死亡消費税」をかけるというのだ。

 国民は一生涯のうちに色々な税金を払う。生きているだけで住民税、働いて所得税、買い物をして消費税、死んだら相続税である。それなのにさらに「死亡消費税」を徴収しようというのだ。アコギというか意地汚い、節操の無い税制だ。
 高齢者に狙いを定め金を巻き上げようというのは、オレオレ詐欺と変わらぬ所業だ。
 死者が何を消費するとというのだ。地獄の閻魔め。

 これとは別に、年金の繰下げ受給を拡大しようという案もある。現在、老齢基礎年金は、65歳で請求せずに66歳以降70歳の間へ老齢年金を繰下げて請求できる。
 繰下げた場合は、繰下げに応じて年金額が増額される。それを75歳まで拡大するという。
 田村厚生大臣は笑顔で言った。「この制度を利用して、より豊かな老後を送っていただける」だと。

 75歳まで繰下げできるのは富裕層だ。
 これらは、生活費に困らぬ富裕層の発想である。一日も早く年金を欲しい多数の国民の実態と会わぬ。と、思うが論破するだけの知識がない。残念。

 もうひとつ。
 最近、女性の働く機会拡大とかで103万円の壁、130万円の壁を改革することを検討しているとも聞いた。

 これを報道したNHK。
d0092767_1154346.jpg

 富裕目線だ。600万円はほぼ平均年収なのだけれど、600万円を基準に報道してはイカンだろう。

 この表の下には400万円台300万円台で生計を維持し、子供を育てている世帯があることに思いを馳せねばならない。
d0092767_14534177.jpg

 この壁の位置変更は400万円台300万円台の家計に、より大きく影響をあたえる。社会保険料を納付すれば将来給付が増えるという恩恵はあっても、今の生活の厳しさが増す世帯があるのだ。
 
 平均以下の世帯に手を差し伸べるのが政治ではないのか。現存する様々な『子育ての壁』を抜きにした改革は止めてほしい。

 あっ、これはNHKのことだったけど、そういうことだ。
 
 子育てもせず共働きで今日を迎えた我が家であるが、心配でならない。この国は、この国の国民は一体どうなってしまうのだろうか。

 ※追記
繰下げ受給待機中に亡くなった場合には、繰下げを選択しなければ65歳から支給されるべき老齢基礎年金または老齢厚生年金が、未支給年金として遺族に支給される。


More 死後消費税
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-05-28 04:24 | 繰り言 (くりごと) | Comments(4)

3-532) 五月の鰻は佐倉 川よし

 佐倉へ行ったのだから、第二のお目当ては合わせて調べておいた 玉家。 創業120年の川魚割烹である。

 ここは通用口で、入口は階段を下った途中。なかなかのものだ。
d0092767_112834.jpg

 休業日だと。 
d0092767_113084.jpg

 調べによると定休日は無いはずだった。
 そうか、『不定休』というのは、定めないで店の都合で休むということか。わたしの勘違い。怒るわけにはいかない。
 メモしておいた候補二番目の店へ向かった。印旛沼に近い喜楽へ行ったがここも休業日。

 三番目の鰻屋、臼井駅前の川よしは営業中。やれやれ。
d0092767_16301942.jpg

 メニューは蒲焼、白焼きに鰻重の上(2900円)と、川よし重(5150円)のみ。
 川よし重は、白焼きと蒲焼のW鰻だとか。
 初めての店で気張って注文すると後悔することがあるから、ここはごく普通に注文。

 20分ほど待って鰻重の上、登場。 
d0092767_16332341.jpg

 上手に焼いてあるように思う。しかし、皮?皮と身の間?皮の裏が気になる。
 箸で挟んでも皮が切れないから、身とは別に口に運ぶことになる。すると皮裏の〝ヌル感〟を感じてしまう。よく蒸してあればそんなことは無いだろう。蒸しが足りない。

 タレが甘すぎる。と言うか、かけ過ぎ。白いご飯がところどころにあるという按梅がタレの好みなのに、ここのタレは・・・。汁ダクで等と頼んではいない。

 山椒は残り僅かになったGABANの大缶。香りも刺激も臼井駅前。

 W鰻の川よし重を頼んでいたら、W後悔するところだった。

 帰宅後食べログを開いたら『ここは蒸さない関西風』との記述あり。
 佐倉で、どうして、まさかの関西風。
 そうすると、わたしの「蒸しが足りない」というコメントは、全くの的外れではないが誠に微妙。

 一口食べて
 「これは蒸してない。ご主人、あんた、関西人だね」と、看破したかったなー。

 創業120年玉家の思いもよらぬ休業日の余波で厳しいコメントになったが、関西風ということであれば、あれは蒲焼とは別ものだからまあ良いかとも思う。
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-05-27 04:18 | うなぎ | Comments(5)

3-531) 防災拠点運営委員会

 本年度最初の並木第四小学校防災拠点運営委員会。
 
 本年度もボランティアとして参加することにした。

 年度初めなので活動報告、会計承認、役員決定。

 その後、校内の備蓄庫など防災関連設備等を見学してもらった。
 
d0092767_1229035.jpg


 気に掛かるのは、〝学校に泊まろう〟へのサポーター応募が少ないこと。
 
 災害時の避難生活体験という意味合いから防災備品の展示説明と、稼働実習を兼ね大型炊飯機でのご飯炊きがメイン業務。

 その日私は参加できないが、来月の委員会で再募集の呼びかけを行わねばならぬ。ちと厄介ではある。
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-05-26 04:29 | 地域・団地 | Comments(3)

3-530) スカイツリーは地理的移動が無い

 東京スカイツリーは5月22日で開業2周年を迎えた。ゴールデンウイークも商業施設「ソラマチ」を含めて約150万人で賑わったそうだ。この二年間では1250万人。

 しかし、2013年度のスカイツリーの来場者数は計画より25万人少ない619万人。展望台やソラマチを入れた「東京スカイツリータウン」全体の来場者は3927万人。しかし前年比は88%だったそうだ。

 来場者数の伸びが徐々に鈍化している理由は、高いこと(高度ではなく価格)。つまりコストパフォーマンスが悪いことがリピート率に影響を与えている。と、いう分析がある。
 当事者は強風で休業日が増加したからだといっているが、立場上しょうがない。高いからリピーターが少ないとはいえないから。

 最も高額なのは入場券とエレベーター代。
 インターネットでの事前予約日時指定券(350mまで)だと2,570円+天望回廊(450m)1030円=3600円。夫婦二人だと7200円。結構、掛かるねー。

 誰が見たのだか解らないが、天望回廊からは緑の円まで見えるそうだ。
d0092767_10494372.jpg

 但し天気の良い日限定。

 7000円出せば雨の日でも軽井沢 に行ける。軽井沢までの高速代+GS代=約7000円だからね。
 天望回廊から見える距離より遠いところまで行けるのだ。

 スカイツリーが致命的なのは、地理的移動が無いこと。
 天望回廊から降りてきて、「あれ、7200円も払ったのに押上だよ」

 450mまで登ったって言うなら、軽井沢は標高1000mだぜ。
 やっぱりコストパフォーマンスは悪いなー。

 客足が減ってすいてきたというから、ぼちぼちスカイツリーへ行こうかと思ったが止めた。

 軽井沢へ行こう。

 雑多な用が終わったら出かけるぞ。
 
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-05-25 04:36 | 繰り言 (くりごと) | Comments(2)

3-529) 林の木が増えると森になるか

  「木を四つ書くとなんだ」というトンチ問題がある。答えはジャングル。
 その心は、木の数が増えて林になる。もっと増えると森になる。木が三つの森より木が多いのはジャングル。と、いうことか。

 木の数が増えた状態を表す林は、木と木を並列に配置してある。その流れでいくならもっと木が増えた森という漢字は、言・身・寸を並べて書く〝謝〟のように、木と木と木を並列にすれば良い。
 しかし、森という漢字はそうではない。
d0092767_7312995.jpg

 林の上に木がある。

 大修館漢語新辞典によると。
d0092767_9154941.jpg

 林は『木や竹が群がりはえているところ』なのだけど『仲間が多く集まっている所』とある。そういえば、書林ともいうが・・・本題にもどす。梅林、竹林、松林がある。そして梅の森、竹の森、松の森はない。

 森は『樹木が多いさま』なのだけど『おごそかなさま』で『そびえたつ』という意味もある。
 思い浮かぶのは大きな御神木のある鎮守の森。鎮守の林とは言わぬ。

 漢字の〝森〟の、林の上にある木は、『おごそかなさま』で『そびえたつ』木を意味し、森という漢字は、木々の中に一本の大木が有ることを表していることになりはせぬか。

 他で調べると、農林水産省は人工的なもの(人工林)を林、自然にできたもの(自然林)を森と定めている。

 植林する時は同じ木を植えるから、人工林は単一の樹林になる。したがって林は品種名を冠して落葉松林とか松林、杉林、竹林 という。そうだ、単一でない樹林は雑木林という名称もある。が、雑木森という熟語はない。森は端から樹種が混じっているのだ。

 トンチのジャングルはともかく、林の木が増えて森になるのではない。

 お名前の松森さん、杉森さん、というのは、森にひときわ大きな松や杉があったのだろう。
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-05-24 04:32 | 言葉 | Comments(0)

3-528) 横浜屋本舗食堂

 知人のS 口さんは市場が大好きだ。その影響を受けてちょくちょく市場へ出かけるようになった。附属している食品関連卸売センターで食料品を仕入れている。

 零細な小売商や料理人に混じって仕入値で買うのだから安いうえ、街での買物とは違う品揃えや雰囲気も楽しめる。そして、もう一つのお目当てが昼食。

 この日は横浜屋本舗食堂。(銀行や郵便局のビルの一番奥)
d0092767_1804686.jpg

 ここの売りはなんと言っても地の利を生かした鮮度。
 夜間営業をする金曜日は17時に行列ができて賑わうそうだ。いわゆる市場食堂とは異なる客筋・一般人をターゲットにしている。
 そのため価格帯は市場飯よりやや上。

 特選 海鮮丼1,500円
d0092767_1747943.jpg

 刺身定食 松 2,000円
d0092767_17462554.jpg

 久しぶりに食べた赤貝がうまかった。他の刺身も劣らず美味。
 余は満足である。

 横浜市中央卸売市場南部市場は私の住む横浜市金沢区にある。平成26年といえば今年なのだけど、卸売市場としての機能を神奈川区の市場に統合することが決まっている。
 その後は『加工・配送、流通の場とする』ということだ。そうなると仕入れに来る人はいなくなるから食品関連卸売センターも食堂も・・・。

 ちなみに、この日の主な仕入れ品は
 QPマヨネーズ1Kg 330円 創味のつゆ1000ml 698円と、明治 銀座キーマカリー5P 675円など。
 
d0092767_6251298.png

 銀座キーマカリーは好きなのに街ではなかなか売っていない。それが安く手に入り嬉しい。参考小売価格250円が135円だよ。


 市場が消滅する前に、次回は天丼系と焼き魚系をいただくことにしよう。 
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-05-23 04:46 | 散歩・お出かけ | Comments(7)

3-527) 製本機から私という連想が嬉しい

 六年前に知り合った団地の方から声を掛けられた。
 「製本機械を手に入れたので差し上げる。不用なら廃棄されたい」
 「有難うございます」と対応した。

 要らないと言うと好意を拒否することになる。と、いうのは付け足しの理由だ。
 その時、わたしが思い起こしていたのは、過日、市立磯子図書館が『不要になったから』と持ち込まれた本格的製本用プレス機の寄付を受け入れたこと。ひょっとしたら今回も素晴らしい物かもしれないという気がしたのだ。
 欲深いねー。

 瞬時にこれだけのことを検討して「有難うございます」答えたのだから、物欲煩悩の故とは言えど我が脳はよく働ことく。

 届いたのはバインドマチックという製品。専用カバーで本文を挟み、器具に差しいれ加熱して接着製本する、現在の〝とじ太くん〟である。
 カバーの背部分に白く写っているホットメルト(接着材)が融けて本文を接着する。
d0092767_859611.jpg


 スエーデン製で英文の説明書も同梱されている。昭和の末期から平成の初期頃の製品のようだ。

 スエーデンから岩国へ、そして横浜へ。いったいどういう経路をたどってきたのだろうか。そうなのです、細かい部品を入れた封筒は某地方銀行の岩国支店の名入りだった。

 製本機といっても私は総務課では無いから、こういう製本はしない。よって大喜びというわけにはいかない。

 それより、製本機から私という連想が嬉しい。「 製本といえば H S 川 」

 六年前に自治会役員としてご一緒しただけの縁なのに、機会があれば思い起こしていただけることがとっても嬉しいではないか。

 こうしてネタとして役立ったことだし製品は・・・・。
[PR]
by ikuohasegawa | 2014-05-22 05:05 | 製本&修理:関連 | Comments(2)