<   2015年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

題箋の位置とサイズ

一部の方への連絡です。
寸法はA5版での寸法です。


題箋の位置とサイズ
d0092767_06132063.jpg

[PR]
by ikuohasegawa | 2015-02-28 06:16 | Comments(0)

3-806)セレクトショップのボンド

文具のセレクトショップ DELFONICS・Smithにふらりと立ち寄った。

セレクトショップといえばオーナーやバイヤーが、自らのセンスで厳選した商品を販売している。そのセレクトショップでコニシのボンドを買った。

d0092767_10482931.jpg
いつもお世話になっている木工ボンド。
ホームセンターでも買えるボンドをショップがセレクトした理由は?

目敏い人は気が付いたか。Gマークが付いている。グッドデザイン商品なのだ。
黄色いボンドが グッドデザインロングライフデザイン賞 を受賞したのは2010年。

でも、それは理由の一部。

セレクトショップが扱う理由は、容器サイズにある。と思う。
 
d0092767_13470423.jpg
写真写りが悪い。実物がそこいらに立っていると実に可愛いのだ。

豆本用というフレーズが浮かび、購入した。20g入りで価格は90円。
えーえー。中身のボンドは同じで容量が少ない分、割高。それは承知しているが、豆本用ボンドと言うべきサイズだもの。

検索してみたらアマゾンでも売っていた。
d0092767_12015493.jpg
20g×20個で1729円。
即決注文。

「バカだねえ」って、褒められそう。

普通の人にバカだねえって思われるとき、私は得意になっていることがほとんどなのだ。

豆本作りといえどボンドが小さい必要はない。
中身は一緒。
割高じゃん。
詰め替えるのが大変。
何のために20個? という人には無縁の品。

使いません。お遊び用だもの。
Chiはそれほど反応しないと思う。いつもの延長だから。


セレクトショップは商品をセレクトした時点で、客もセレクトしているのだ。


ご安心ください。安いボンドも知っています。この 3Kg入り× 6 =18Kgで3240円(送料別)安い!
d0092767_14024939.jpg
3Kg1袋=540円。・・・ということは、90円を6本(120g分)で買える。安い!

でも、これは多すぎるし可愛くない。面白くないから買わない。








[PR]
by ikuohasegawa | 2015-02-28 05:35 | お気に入り | Comments(5)

3-805) 2月のうなぎは川崎・大沼

川崎市役所近くの割烹蒲焼・大沼
現在はビルになっているが創業は昭和20年代とかで、私とほぼ同年代。
d0092767_17333537.jpg

d0092767_17362966.jpg
うな重(上)3550円

国産鰻(当日は静岡産)備長炭使用というだけあって、無駄な焼き焦げは無く見事な焼き上がりだ。
しっかり蒸してあり、ふわりとした食感が嬉しい。

米は魚沼産こしひかり。
タレをかけてしまうのだから魚沼産でなくともよいようなものだが、味わうとご飯の旨味がプラスされてひときわ美味しく感じられる。
とは言うものの〝魚沼産こしひかり〟の表示が無くても感じることができたか・・・・自信は無い。

Chiは、うな重(中) 2950円。
d0092767_17433755.jpg
「いただきまーす」と箸をいれたが、思いなおして写真をうつした。
こちらも美しい焼き上がりに満足。

どうでもよいことだが、Chiは右手前に箸を入れている。
私は左手前から食べ始めることを常としている。
理由は、右手の箸を使い左手前の角を使うと楽に食べられるから。















[PR]
by ikuohasegawa | 2015-02-27 04:26 | うなぎ | Comments(7)

3-804) 並木第四小学校・学援隊感謝の会

本来なら水曜日は並木第四小学校図書室本の修理日だが、昨25日は年度末の行事・学援隊感謝の会だった。
d0092767_10132641.jpg
毎登下校時に交差点に立つ見守隊や、花壇を管理する方、『おもちバイキング』等に比べると、私などは学校の図書室で遊ばせてもらっているようなものだ。
それなのに、ご一緒に壇上で感謝の言葉を頂いてしまった。有難いやら申し訳ないやら。

感謝のコーラスを聴き、感謝のたより集を頂きました。
d0092767_10133888.jpg
そうなのです。爺様ですけれど〝パタぱたママ〟の一員なのです。

というわけで、来年度も頑張ります。










[PR]
by ikuohasegawa | 2015-02-26 04:30 | 地域・団地 | Comments(6)

3-803)『サカナ』と『肴』と『魚』の関係

酒を飲む時につまむものを関西の義兄は『酒のあて』という。私らが『つまみ』とか『酒のサカナ』と言うもののことだ。

『あて』というのは、酒にあてがう ということかな。
『つまみ』というのは、飲酒時につまむように簡単に食べられる物だな。

『酒のサカナ』というのは、『肴』と書き『魚』ではない。
『サカナ』と『肴』と『魚』の関係が気になる。

まず『魚』。
『魚』は訓読みで「うお」。「さかな」とも読む。
d0092767_08151586.jpg
「うお」と「さかな」とでは、今でこそ「さかな」を使うことの方が多いが、魚類をいうときは「うお」の方が古い読みのようだ。

音読みでは『ギョ』
d0092767_07453324.jpg
さかな(中央)は 酒菜、つまり酒を飲む時の食べ物の意〕とある。
酒菜(さかな)の「さか」は酒、「な(=菜)」は、惣菜、一汁一菜、〇〇菜館などでも使う。菜は料理の総称で野菜限定ではない。 酒菜は、酒を飲むときに食べる料理を言うのだ。

そして、字解(左側)に〔ごちそうの意味〕とある肴の漢字をあてるようになった。
多分、そうだと思う。

と、思ったところで、今晩の酒のサカナは何だろう。魚系を欲する。


蛇足だが、「水を得た魚のよう」は、水を得たサカナではなく、水を得たウオと読むほうが幼稚っぽくない。










[PR]
by ikuohasegawa | 2015-02-25 04:41 | 言葉 | Comments(6)

3-802) 滑らない定規

昨日は日中20度を越し歩き回るのがるのが辛かった。脱いだ上着を抱えて歩いた。

あまりに暖かいので?注文の出ている厚ボール紙カット定規を5本と、小サイズ1本を作った。
気温と関係が有るのです。
北の間の工作部屋は寒いのですよ。


普通サイズは材の都合で、300mm定規が飛出す出来上がりになったが実用には差し障りはない。
と、思う。
d0092767_09371370.jpg
それに、これを渡す方は〝これ〟を見るだけなので、こういうものだと思ってくれるさ。

小サイズは過日、100円ショップでひらめいた『豆本用』の試作品である。
150mmだから、豆本を作るときに取り廻しが良い。
と、思う。

シールを貼って納品準備完了。
d0092767_16450909.jpg








[PR]
by ikuohasegawa | 2015-02-24 04:30 | 製本&修理:ツール | Comments(2)

3-801)手作り製本・奥の細道

Internet Explorer が接続できない状況が続き、思いつくことを色々試したが回復せず諦めた。
電源を落として、翌日起動したら接続できた。
理由は解らないが接続できたから、良し。


手作り製本の会の、取り組み課題に関する統一見解を大まかに言うと
『丸背・角背の上製本、和装本は定期的に取り組む。
 合間に、製本技術を応用して小物類を作る』

とはいうものの、製本をしても本文が白紙では〝メモ帳〟。
しかも、立派過ぎて〝書くことがはばかられるメモ帳〟になってしまう。

技術の確認とは言えど、メモ帳ばかりを幾冊も作りたくはない。
メモ帳を本にするためには、本文コンテンツを準備しなくてはならぬ。

『版権切れ』の著作物からコンテンツを探す。

此度は〝奥の細道〟。
底本は、〝芭蕉おくのほそ道〟1979年1月16日第一版 岩波文庫。

並木書房(私)が入力、編集、校正を終えページ立てを決めた。このあとジャパンプリンティング(S口さん)に組版、面付けしてもらいます。
d0092767_05190528.jpg

そうすると、A4用紙4枚を一折にして11折。それを家庭用プリンターで印刷できるようになります。









[PR]
by ikuohasegawa | 2015-02-23 04:45 | 製本&修理:関連 | Comments(11)

3-800)インターネットがつながらない

PCのインターネットがつながらない。
タブレットは有るけれど、とりあえず22日はお休みします。

シベリウス、カレリア序曲


[PR]
by ikuohasegawa | 2015-02-22 20:37 | 繰り言 (くりごと) | Comments(2)

3-799) ジェイムズ・トンプソンの『凍氷』

ジェイムズ・トンプソンの『凍氷』を読んだ。
d0092767_11312978.jpg
ソ連とドイツの間で翻弄された歴史を持つフィンランド。
時には対ナチス、時には赤軍との壮絶な戦いを経て独立を守った。

その過程で隠蔽された愛国者マンネルハイム元大統領の過去。ユダヤ人虐殺の疑惑。それには自らの祖父も係わっていた。その過去をサイドストーリーとして、ちょっと猟奇的殺人事件を解決する警察小説。
文句無く楽しめた。そして、納得しかねるが意外な結末を迎える。

フィンランド国籍のアメリカ人妻がいる主人公は、妻の弟妹(アメリカ人)に対して語ったくだりが印象に残った。

「この件について、アメリカとヨーロッパのあいだには文化的に大きな溝が存在する。アメリカはたえず変動しつづけてきた。そして建国以来ほぼずっと戦争状態にある。俺たちヨーロッパの人間は何世紀もかけて、変化と転換は戦争や貧困や混乱をもたらすと学んだ。そしてそれをおそれる。だから俺たちは、億万長者になる可能性より、中流の暮らしを選ぶーー誰でも病気になれば医者にかかることができて、飢えやホームレスになる心配も無く教育を受けられる。そもそもそんなに金は必要ない。だから答えはノーだ。俺はきみたちの〝チャンスの国〟に住みたいとは思わない」


フィンランド人はアメリカをこう見ているのだ。
『アメリカは建国以来ほぼずっと戦争状態にある』
『俺はきみたちの〝チャンスの国〟に住みたいとは思わない』

前作『極寒』も読みたい。次作も待ちたい。







[PR]
by ikuohasegawa | 2015-02-21 04:33 | 読書 | Comments(6)

3-798) Poi缶 Poki と名付けたけれど

『カッターナイフは刃を更新して使えば、常によく切れる』
知ってはいても皆さん意外にしていないことの一つ。

実行しない理由は、大部分の人がそれほどの切れ味を必要としないからだろう。

薄い和紙を切る時ほど刃を更新しておく必要がある。厚いボール紙は切りづらいで済むが、薄い和紙は鈍った刃先にひかかって紙が撚れたり、裂けたりする。マメに更新しておくに越したことは無い。


そのために、Pokiを使っている。価格は150円凸凹。
d0092767_07413460.jpg
Pokiを使うまで折った刃はガムテープに貼って安全にして捨てていた。燃やせるゴミ。

Pokiは便利。隙間にカッターの刃を挿し込んで折ると刃は中に溜まる。
格段に安全で簡単になった。が、問題だと思うのは、Pokiが容器がいっぱいになった時点でそのまま捨てる使い捨てであること。フタは開かない。

折った刃は小さな金属類。つまり金属資源なのだけれど、不透明でフタの開かない容器入りというのが気になる。
処理場の分別は巨大な破砕機と磁力で厳密にすることは解っている。しかし源回収といいながら、金属を樹脂の使い捨て容器に入れて棄てるというのがねえ。

ならばというので、フタを外しスチール缶につけることにした。
メーカーが安全のため取れないように工夫したフタを外すのは大変だった。

そして、念の為、二種類缶コーヒーを買った。二十年ぶりくらいの缶コーヒーだ。一本がスチール缶。当たり。アルミ缶ではダメです。

見込んだとおり径は約50mm。
d0092767_07425292.jpg
スチール缶だからこれが満杯になったら丸ごと金属。よって金属類としてPoiすることができる。
缶コーヒーを購入すればフタは再利用できる。
名付けて、Poi缶Poki。

素晴らしい取り組みである。と、満足感に浸る間も無く、フタの開くPoki発見。
d0092767_06202983.jpg
価格は400円凸凹。

デモね、これは捨てるときに厄介だぞ。










[PR]
by ikuohasegawa | 2015-02-20 04:54 | 繰り言 (くりごと) | Comments(4)