<   2015年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

3-553) 修理講座 準備完了

数年前に挫いた左足首が、このところ痛んでいる。ちょっと冷えてきたから。

11月の本の修理講座中級A の準備に、足を引きずり・・・はしないが、磯子図書館へ出向いた。
中級Aでは本の分解再組み立てを実施する。重度の破損修理実習とともに本の構造を理解してもらう。
このたびも修理教材を廃棄本から選び出し適切に壊した。

実は昨年の中級講座で大いに慌てた。
初級で軽度の修理を終えた本を中級で分解してもらう計画だった。しかし、当日開始前に試したら分解できない。
初級で実習した修理の結果宜しく、ボンドが効いた「強固な廃棄本」になっていて分解できなかったのだ。

良く修理できているなどと感心する暇もなく、書庫に飛び込み廃棄本の棚をかき回す羽目に陥った。
同じミスを繰り返してはならない。ということでの準備である。

1980年刊の「長島茂雄・夢をかなえたホームラン」も含めて15冊の準備完了。
d0092767_13401980.jpg

加えて、新任担当職員のために、サンプルと指示書を作り修理材料の準備を依頼した。
これで当日まではフリーの時間がとれる。









[PR]
by ikuohasegawa | 2015-10-31 04:30 | 製本&修理:関連 | Comments(0)

3-552)修理講座で質問されたことの覚え(ボンド)

過日の学校図書館本の修理講座。
質問されたことへの回答を覚えで記す。

少し慣れて何気なくやっていることも、初心の方からすれば聞きたいことなのだ。

【ボンド関連の注意事項】
・木工ボンドでOK。
 製本用ボンドを使うにこしたことはないが、木工ボンドで代用できる。二つの差は接着後の柔軟度。製本用ボンドの方が柔軟性がある。

・大容量のボンドは注ぎ口のあるものを選べ。
 工作用の小さいボンドより容量の多いものが安い。500g、1㎏、3㎏、5㎏などあるが、小分けするときの便利性を考えると 注ぎ口 があるものが良い。
d0092767_06075671.png
注ぎ口が無いと、お玉ですくったりジョウゴを使うことになるが、それに付着するボンドは量が多く不経済で手間がかかる。
d0092767_10114813.jpg

・速乾性のボンドもあるが、通常は普通のボンドを使う。
 ちなみに、手持ちのボンドの成分表示は酢酸ビニール41:水59%。速乾ボンドは酢酸ビニール55:水45%。
乾燥速度はビニールと水の比率で変わる。更に速乾のものは揮発の早いアルコールを使っている。小さい部分の接着には速乾性ボンドも使える。ただし、乾きが早いと広い面積に速乾ボンドを塗るのは忙しい。

・市販のデンプン糊を加えると乾燥速度を落とせる。
 乾燥を遅くしたいからとボンドに水を加えて薄めてはいけない。確かに乾燥速度を遅くすることはできる。しかし、水を加えたボンドを塗ると紙が伸びて扱いづらくなる。
そういうときは、デンプン糊を加えてよく練る。水を増やさず酢酸ビニールの比率を下げられる。
d0092767_07554941.gif

「ボンドは酢酸ビニール41%。速乾ボンドは酢酸ビニール55」と14%差なので、私は普通ボンドに更にデンプン糊10%~20%くらいを加えて「遅乾ボンド」にしている。各自試して好み?適量を探ってください。

・ボンドの当用分取り分けは「やれ紙」が良い。
 細口の小型容器から直接使うとき以外は小皿、ジャムビン、プラ容器など別容器に取り分けて使うことが多いが、個人的には容器より「やれ紙」が良いと思う。
d0092767_08510215.jpg
 理由は、繰り返し使う容器は洗う必要がある。手間であるうえ水道水を多く使し、残存ボンドの流し周りへの付着や下水管への流入が発生する。「やれ紙」は洗う必要がなく、終了時に折って燃えるゴミで廃棄できる。
 
・洗筆後、筆をリンスする。
 使用済みの筆はボンドを洗い落とす(熱湯を使うと一層キレイに落とせる)。
 洗筆後、筆に市販のヘアリンスを含ませると残存ボンドによる筆先の固化は予防できる。
 
我らのテキストは実用的であると好評なのだが、これらの「小わざ・コツ」を加えると一層親切なテキストになる。
テキスト改訂の資料にする。







[PR]
by ikuohasegawa | 2015-10-30 05:02 | 製本&修理:マテリアル | Comments(4)

3-551) 並四小の読書週間初日(薄い絵本の補強)

読書週間初日の28日は、朝会で1、2、3年生対象のペープサート上演。
連絡メールを見損ねて開始時間に遅れたので、見学できず。

公演を終えた “ぱたぱたママ”のメンバーが戻ってきて、紅茶・コーヒーで乾杯。
好評だった由。

d0092767_16250164.jpg
衣服が黒い方は黒子(演者)。普通服の人はサポーター。


この日の修理は綴じ糸の切れた薄い絵本を綴じなおした。

本体の背に寒冷紗で羽を付けて表紙に固定するが、薄い絵本で背の接着面が少ないのでL形の補強材(寒冷紗)を貼って補強する。
d0092767_17394932.jpg

中休みにはクイズラリーの答え合わせに児童が次々やって来た。

図書委員が答えを確認してスタンプを押す。
d0092767_16244671.jpg

並四小の読書週間は10月28日~11月5日です。









[PR]
by ikuohasegawa | 2015-10-29 04:47 | 製本&修理:スキル | Comments(6)

3-550) 学校図書館本の修理講座 - 2

平成27年度 学校図書館ボランティアサポート講座(本の修理)。
主催・市立磯子図書館  担当・〝本の修理・いそご〟

昨27日は全6回の一回目・初級②。
先回にひき続き、司書さん学校図書館ボランティアの皆さん18名が受講。
d0092767_17371001.jpg
※写真機が不調で色が悪い

次回は11月10日実施の中級のA-①。

ずーっとしゃべるのはともかく、ずーっと立っているというのは歩いた時より疲れますなあ。








[PR]
by ikuohasegawa | 2015-10-28 04:46 | 製本&修理:関連 | Comments(4)

3-549) 函館の風景印

風景印を四枚ゲット。
函館駅前局・函館中央局(はこだてサンタ定期出張所)・函館宝来局+横浜港局の風景印をゲット。
d0092767_05580606.jpg
函館には行っていない。
私が友人の風景印収集代理を勤めていることを知る知人が、旅行先でわざわざ立ち寄ってくれたものだ。
普通なら、できることではない。カードも切手も自前で準備してくださった。深謝。


別の友人はフクロウを集めている。収集の協力をほのめかしたら、私の収集力を恐れた彼は「気持ちだけで・・・・」
あちこちでフクロウを見るたびに残念である。
私に頼めば本人フクロウ氏以上に数を集める自信はある。残念。

風景印君は後輩なので私の代理収集を受け入れている。とは言うものの人の行動範囲は限定的で、行くところには何度も行くが行かないところには行かない。一当たり集めてしまうと収集のペースは落ちる。
そんな時に代理代行して頂けるのは有難い。しかも函館とくれば一層ありがたい。

風景印君もさぞかし喜んでいてくれることだろう。
ちなみに函館印さんが収集しているのは社会貢献の「使用済み切手」
私も協力しているが一応記しておく。

念のため記すが、切手の周囲1cmくらい封筒を残して切り取る。







[PR]
by ikuohasegawa | 2015-10-27 05:47 | お気に入り | Comments(4)

3-548)ヒマなオジサンの考えること

街路のイチョウもすっかり色づいて来た。
d0092767_16343495.jpg
銀杏取りの梯子オジサンはまだ見ない。

その代わり、今年は植木鋏オジサンが出没。
d0092767_09120955.jpg
驚くほど広範囲の歩道に刈った草が残されている。
d0092767_16353116.jpg
大型の植木鋏を持って、伸びて植裁から飛び出した雑草を刈って周るオジサンがいる。

ヒマなオジサンたちは色々考える。
散歩のついでに公園のゴミを回収して美化に協力するオジサンもいるし、公園の植木一本一本に名札を付けているオジサンもいた。
かく申す私は名札付けに触発されて、塀に「フェンス : 和名 塀」と名札をぶら下げたことがある。
そんな私のおふざけに比べれば、雑草切りは極めて真っ当なヒマ潰しだ。ただし、切った雑草を放置することは・・・。

協力して回収と思わなくも無いが、もうじき業者の手入れが有りそうな気もするし、中途半端なヒマ潰しだと批判するようなことになってもいけないので手を付けない。

ヒマなオジサンたちは色々考える。


並四小、“ぱたぱたママ” のペープサート練習が続いている。
d0092767_09123079.jpg
練習を見ているとステージが低いので演者は中腰。
お若い皆さんは苦にならないかも知れないが、腰に難を抱える私からすると辛い体勢だ。紙芝居サイズのステージならともかく、これだけ大きなステージで演ずるなら、立って歩けるくらいステージを上げれば楽にスムーズにできるのに。と思う。

提案して、改善することになれば、ヒマなオジサンは主導的に協力しようと思っております。









[PR]
by ikuohasegawa | 2015-10-27 04:40 | 地域・団地 | Comments(6)

3-547)フェスティバル と まつり

10月25日、横浜市磯子センター “ふれあいフェスティバル” 開催。
同日、子地域ケアプラザでは “いそプラまつり” 開催。

同一敷地内の2施設の合同イベントでも、多少のライバル意識はあるように思う。
両方から例会会場を借りている我が会としては、どちらか一方にだけ参加するという訳にはいかない。

活動の成果展示会に参加した、ふれあいフェスティバル。
d0092767_17493885.jpg
これまでに作り上げた手作りの本や技術応用の小物類を展示し、作品の管理と説明にあたる。


もう一方の、いそプラまつりでは「豆本ストラップ」のワークショップを開催。
d0092767_17490985.jpg
両施設の顔を立てるために、あっちとこっちを行ったり来たりで忙しい。
「盆と正月」ならぬ「フェスティバル と 祭り」を一緒にやっているのだから、忙しくて当たり前。

中央の広場は野菜の即売会や餅つき、屋台が出て大賑わい。
d0092767_17491955.jpg
福祉関連のイベントを幾つも開催し、いずれも盛況。
車椅子の体験コーナー。
d0092767_17485343.jpg
屋内では手話体験も。
d0092767_17484546.jpg
私どもの「豆本ストラップ」のワークショップには49名の参加があり大盛況。万全の材料準備をしていただいたS口さんのお陰でした。

作品示会場では、お二人の入会希望があった。
もう一人、関心を抱き熱心に質問するオジサンがいた。ただし、妙に細い部分にこだわる質(タチ)の方のようで、だんだんと相手をするのが嫌になった。
とどめは豆本を指さしての一言「こんなもの作ってどうする」
「どうもしませんよ 」で、サヨウナラ。

自分の作りたいものを作り、作りたくない課題の回は黙って見ているか欠席する。そしてまた作りたいものを作る。という大人の入会希望は受ける。
ああでもないこうでもない。ああである。こうである。と言いたいオヤジはお断りだ。

会是は「来るものは拒まず。去るものは追わず」なのに私は違反しました。
「去るものは追わず。来るものは選別」
あと後、厄介だもの。

サポート頂いた会員の皆さん、有難うございました。







[PR]
by ikuohasegawa | 2015-10-26 04:51 | 製本&修理:関連 | Comments(3)

3-546)並木第四小学校防災拠点運営委員会

昨24日、並木第四小学校防災拠点運営委員会開催。
この日は、12月初旬実施の防災避難訓練に備えて、機器の操作訓練。

三階備蓄庫から校舎内スロープを使い、リヤカーで備品を移動。
d0092767_16393570.jpg
一階倉庫から発電機、炊飯器を出して稼働実習。
d0092767_16394839.jpg
炊飯器の着火を確認。
写真の赤い燃料タンクは石油用だから引火の恐れはないが、もう少し離して置くべきだった。
d0092767_16395914.jpg
使用する場合はここに外釜をはめるので、直に炎を見ることはない。

この日は廃油を容器に導く排出ドレンホースが切れて石油の廃油が漏れた。
臨場していた区役所の担当に修理依頼。

また、ガソリン発電機の故障は度々起きている。
今年度区役所に修理を依頼したらカセットガス発電機が新規導入された。
今後は徐々にカセットガス発電機にきりかえていくそうだ。
そうそう、炊飯器は摩耗し圧力漏れが発生していたパッキンを今年の夏に交換している。

各機器も配備以来10年以上経過しているから、色々と不具合も出る。
普段の試運転は欠かせない。









[PR]
by ikuohasegawa | 2015-10-25 04:41 | 地域・団地 | Comments(2)

3-545) メガネが気にならないのだろうか

Chiのメガネのヒンジが緩んでしまい、ネジを締めても締めても締まらない。
かけた時に緩みが気になるので買い替えることにしたそうだ。

メガネは似合うかどうかというデザイン問題もあるが、気にしないでかけることができるということも重要だ。
ゴルフの時などに雨が降るとレンズに水滴が付くから、気になってしょうがない。普段でもレンズがチョット曇ると汚れが気になる。
また、何年か前にフレームの下のラインが気になってしょうがない時期があった。それを機に下縁の無いフレームに変えている。
とにかく、意識しないで、気にしないでかけることができるということがメガネの要件だと思う。

この子は気にならないのだろうか。
d0092767_11244462.jpg
写真の写りが良くないが、メガネをかけている。

近視、乱視、遠視なのか、オシャレ・・・飼い主のオシャレなのか分からないが、Tシャツ、ズボンのこの子はメガネが気にならないのだろうか。
今はメガネより、自分を繋いで用足しに行ったご主人の行方が気になっているようだ。


目の悪い犬がいても当然といえば当然だが・・・。

獣医「順に読んでください」

1 2  3  4

「ワン」「ワン」「ワン」

獣医「 1 しか見えていないようです。メガネを作りましょう」








[PR]
by ikuohasegawa | 2015-10-24 04:53 | 繰り言 (くりごと) | Comments(8)

3-544)危ないメール

「久しぶり~」 ってメールが来ると誰だろうと思う。
d0092767_06303424.jpg

騙されてはいけない。
「曲者め。名を名乗れ」

余計なお世話だが「久しぶり~」だけより、「佐藤です。お久しぶり~」とすれば、最近連絡をとっていない佐藤を思い浮かべる人が出ると思うよ。鈴木でも良いけど。
とにかく人数の多い名字が良い。うちの棟54戸にはスズキさんが4戸いる。

それでは多い名字ランキングのベストテン❓・・・ベストでは無いなあ。数の多いランク10番目までを。
1番佐藤 2番鈴木 3番高橋 4番田中 5番渡辺 
6番伊藤 7番山本 8番中村 9番小林 10番加藤

あっ、敵に、悪人に、知恵を付けてしまった。

件のメールは迷惑メールに登録し削除。
こんなメールアドレスをクリックすると雑多なメール着信が増える。
場合によっては厄介なことに巻き込まれることもある。

ちなみに私の苗字は33番目だ。






[PR]
by ikuohasegawa | 2015-10-23 04:42 | 繰り言 (くりごと) | Comments(8)