<   2016年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

3-795) 選挙ハガキが二通届いた

「選挙はがき」が二党から届いた。

そうか、参議院選挙か。
d0092767_18381651.jpg
70歳も間近の私に「ご両親に大変お世話になりました」と言われてもなあ。

生前の父母を思い浮かべると、お世話したこともあっただろうと思うが、今となっては確かめようもない。
「矢崎貴子」ってどなた?候補者のことより、こっちのほうが気になる。
せめてということで「矢崎貴子」をあたってみた。
「矢崎貴子」でピアニストとハンドボール選手がヒットしたけれど、この二人ではない。我が父母とは接点が無さすぎる。

うまい方法だ。偽名にしろ本名にしろ、当然のように「矢崎貴子です」と書けばリアリティが増す。


以前、選挙ハガキが届いたとき、どこから住所氏名を手に入れたのだろうと思った。
支持しない政党からだったので個人情報漏洩じゃないかと思った。
そのとき調べたら、政党は選管が管理している選挙人名簿を閲覧し書き写すことができるのだ。

総務省HPによると
選挙権を持っていても、実際に投票するためには、市区町村の選挙管理委員会が管理する名簿に登録されていなければなりません。この名簿のことを選挙人名簿といいます。

選挙人名簿は、常に選挙人の目に触れさせることで正確さを期せるよう、その抄本を閲覧できるように定められています。
具体的には、
次のような場合に閲覧できます
  1. (1)選挙人名簿の登録の有無を確認するために閲覧する場合
  2. (2)公職の候補者等、政党その他の政治団体が、政治活動(選挙運動を含む)を行うために閲覧する場合
  3. (3)統計調査、世論調査、学術研究その他の調査研究で公益性が高いと認められるもののうち政治・選挙に関するものを実施するために閲覧する場合
それにしても「矢崎貴子」ってどなた?
こちらは疑問のまま残っている。





[PR]
by ikuohasegawa | 2016-06-30 04:55 | 繰り言 (くりごと) | Comments(8)

3-794) 縛り力学?に関する独り言

手作り製本界の泰斗、栃折さんの著作は私にとってもバイブル的存在である。理解できないところもあるが、実に多くのことを学んだ。今でも時折開く・・・栃折を時折・・・(うふふ)

ほかの著者の修理関連本を読んで、栃折さんの意見と異なる場合には、一も二もなく栃折さんに軍配を上げる。
そういう私なのだが、どうしても納得できない箇所がある。

①のミゾを綺麗につけるという記述に続いての②
d0092767_17414873.jpg
前文から判断するとミゾに糸をかける目的は、成型したミゾを維持することなのだ。

写真も掲載されている。
d0092767_17414538.jpg
写真を二枚使うほどの解説だが、巻いた糸でミゾを押すことはできないと思う。
糸を引いたときにかかる力のベクトルの向きは横(糸の方向)だ。
円筒形の物を縛るときだけ力は全周均等にかかるが、直方体や三角柱の場合は全周均等ではなく、角に力がかかって辺(AB)には力がかからないような気がする。
d0092767_17420059.jpg
三角、四角、五角・・・三十二角(そこまで作図できないが)・・・角数が増えて円に近くなる=力のかかり具合も全周均等に近くなる。
つまり、本という直方体(のミゾ)に糸をかけても、辺ABに押す力はかからない。もしくは極弱い。

ミゾの接着剤が乾く前に次の工程に進みたい時以外は、ミゾ棒を入れて圧をかけながら乾燥させるのが良い。

以上、全くの独り言。

縛り力学?に詳しい方の考察を期待します。









[PR]
by ikuohasegawa | 2016-06-29 04:58 | 製本&修理:スキル | Comments(6)

3-793) 六月の鰻は洲崎の鰻松

d0092767_15323104.jpg
11時10分入店。すでに9名が席についていて、所在無げ。

備え付けの郷土誌を読んでいるとすぐ満卓になり、待ち客が10名くらいになる。日曜日の混雑を見越しての月曜日なのだけれど、昼食時は案の定の混みよう。
d0092767_14170482.jpg

30分ほどして鰻重の上。
伊藤博文公も金沢別邸に来た時には食した鰻重である。
d0092767_14190647.jpg
電球色の店内照明のせいで赤く写っているが、蒲焼はもう少し赤みが薄く、熱々ふわふわ。
良い焼き加減でご飯も熱々。申し分ない。
山椒も香りが立ち、心地よい刺激が口直しになり、つぎつぎ頬張っても新鮮。

静かな店内で仲居さん一人が元気良し。
この評価は分かれるが、好みからいえば「お静かに」

重箱のフタには浮世絵金沢八景の野島夕照と称名晩鐘。
d0092767_14170912.jpg
鰻松はこの辺りの名店である。

鰻重の上は3200円でした。










[PR]
by ikuohasegawa | 2016-06-28 04:50 | うなぎ | Comments(14)

3-792) クリップあれこれ

正確を期するためクリップの名前を確認した。

目玉クリップ。
d0092767_09325485.png

ゼムクリップ。
d0092767_16530154.jpg
由来は、開発したゼム・マニュファクチュアリング・カンパニーのゼムによる。


山型クリップ。
d0092767_09325043.jpg
横から見るとに見えるダブルクリップ。
d0092767_09080560.jpg

これは内側にスポンジシートを貼ってあるが、糸を挟んだときの抜け止めだ。

折丁を綴じるとき、針の付いていない糸端は50~60mmくらいを残しておく。その糸端を引き込まぬよう、ダブルクリップで仮留めをする。ところがダブルクリップは紙用だから、細い糸は抜けてくることがある。その滑り止めである。


もう一つ、
15㎜のクリップに20㎜の柄を付け替えてあるから、驚くほど軽くひらくことができる。
d0092767_08274688.jpg

テコの原理。テコの長さが二倍なので力は二分の一になる。

一方、15㎜の柄を付けた20㎜のクリップは固い。まるで親指と人差し指用の筋力強化器具状態。
いまさら、そんなところを鍛える必要もないし、左手で使うと病んでいる筋に悪い。危ないので処分する。

右の、トリプルダブルクリップは「三すくみ」というだけで特に意味はない。
wikipediaによると
三すくみさんすくみ、三竦とも書く)とは、3つの物が、互いに得意な相手と苦手な相手を1つずつ持ち、それで三者とも身動きが取れなくなるような状態のこと。つまり、AはBに勝ち、BはCに勝ち、CはAに勝つという関係。











[PR]
by ikuohasegawa | 2016-06-27 04:59 | 製本&修理:関連 | Comments(6)

3-791) 防災拠点運営委員会

金曜日は磯子図書館利用者懇談会。
その夜はN団地防災委員会。
土曜日は、並木第四小学校防災拠点運営委員会役員会。
このところ会議が多いなあ。

この日の防災拠点運営役員会は「学校に泊まろう(7月22日)」に向けての打ち合わせ。

手順、役割を確認した後、メイン事業の炊飯機稼働実験。
d0092767_13531429.jpg
無事点火。
d0092767_13531756.jpg
この時点では炎が赤く不完全燃焼ですが、釜をセットすると完全燃焼し炎はブルーになります。ご安心ください。








[PR]
by ikuohasegawa | 2016-06-26 05:32 | 地域・団地 | Comments(4)

3-790)本の両面を正確にコピーする

ページを切り盗られた本を修復するには、同じページの両面コピーが必要である。
d0092767_05020126.jpg
その両面コピー作りは、もっぱら一人の図書館職員の役割になっている。

聞くと、コピーした用紙の裏面に位置を合わせてコピーするのはかなり厄介。
二、三度やり直すこともあるということで、誰でもできるというわけにはいかない。異動転勤があると困ることになる。

そこでまず、【コピー機のおさらい】
表裏の印刷位置がどの程度整合するかは検証したことはないが、
片面原紙2枚を自動原稿送りにセットし「片面→両面」を選択すれば、両面コピーできる。
単票両面原紙を自動原稿送りにセットし「両面→両面」を選択すれば、両面コピーできる。
原紙が本の場合は自動原稿送りできないので、1ページづつ読み込ませる必要がある。そのとき、表裏同位置にコピーするために原紙(本)の位置をずらさないようにセットすることが求められる。
また、用紙についても、片面コピー後の用紙を用紙カセットに戻すとき、上下左右裏表を適正に戻さなくてはならない。

チャレンジするつもりでまず、自動原稿送り「両面→両面コピー」の仕上がり具合を確認した。

ズレ度合を明確に把握するため、原紙の表裏ともにラインを引いておいた。
両面コピー後、確認のため下から光を当てたので裏の文字が透けているが、現物は透けていない。
d0092767_15100762.jpg

は原紙の吸い込み方向の覚え。
ラインはわずかにズレている。しかし、誤差と言い切れる程度だから便利な機能を使わない手はない。。


しかし、原紙が本の場合は自動原稿送りできないので、1ページづつ読み込ませる必要がある。そのとき、表裏同位置にコピーするためには原紙(本)の位置をずらさないようにセットすることが求められる。また、用紙についても、片面コピー後の用紙を用紙カセットに戻すとき、上下左右裏表を適正に戻さなくてはならない。
よって限られた人しかできないということになってしまう。

自分でコピーするためにどうしたものかの~。
下手の考え休むに似たり・・・・似ないで、案が出ました。両面原稿にする。

やってみよう。まず、本のページの表、裏をコピーして別々の単票にする。
注意事項 ① コピー用紙は本1ページより大きいサイズにする。
     ② 本を原稿枠からはなしてセットする。ここが肝(キモ)
      枠いっぱいにセットすると、必要部分(天地小口の余白)が欠けることがある。
     ③ 本の天地左右のズレはさほど気にしなくてよい。
d0092767_18161505.jpg
※Bは本文のページ面です。

外オモテで、コピーした二枚の、 B を合わせて貼り両面原稿にする。ここがミソ
 ・コピー用紙の天地小口ではなく、コピーされた B(本のページ面)を合わせる。
 ・原稿の吸い込み方向が変わるので、糊付けは先頭だけでなく後部もしておく。スティク糊が良い。
 ・貼った両面原稿がコピー用紙より大きい場合(B合わせだから紙はズレる)はカットする。

自動原稿送りにセットし「両面→両面」を選択して両面コピー。
 ・コピー用紙に製本用紙を使う場合は紙の目に注意。

ページサイズでカットする。
いきなり寸法どおりにカットするより、少し大きめにカットして印刷面をほかの本文と合わせて接着。その後、現物合わせでカットする方が失敗が少ない。

注:機種により差があるので、ご利用の機種により異なる場合があります。
といっても、だれも必要としていないか。

単なる私の覚えですから、コメントの書きようがない場合は「ああ、そう」


More ここがミソ ここが肝
[PR]
by ikuohasegawa | 2016-06-25 04:47 | 製本&修理:スキル | Comments(3)

3-789) クイックバークランプに宗旨替え

製本、修理では圧着したり固定することが結構な頻度で求められる。

これまでは、C型クランプを推奨してきた。
推奨理由は100円ショップで手軽に買える。ということと、我々が他の道具を知らなかったことが大きい。
このところ、クイックバークランプに宗旨替えした。
修理に使う小型のものは300円ぐらいするので価格は3倍。しかし3倍以上の働きをする。

C型クランプはネジ式なので、行きも帰りもグルグル、グルグル・・・回さなくてはならない。両手を使う時間が長い。
d0092767_16102858.jpg
その点、クイックバークランプは片手で数回握るだけで、 きつく締めることができる。

使い方は
1)を押し挟むと固定がフリーになる。
2)A を押したまま、スライドして C を開く。
d0092767_17202850.jpg


3)開いた C の間に材料を入れ、を押し挟んでスライドして寄せる。この時点では材料を挟むだけ。
4)A を離して B を数回握ることで締めることができる。まさにクイック。

見直しを始めた修理テキストに最近の傾向を取り入れることにした。
まだ、【修理に使う道具・材料】だから先は長い。







[PR]
by ikuohasegawa | 2016-06-24 04:54 | 製本&修理:ツール | Comments(2)

3-788)珍しいアジロ綴じの絵本

絵本や図鑑の本文は、児童のハードな読書に耐えることができるように、折丁を糸で綴じる製本がほとんどである。
にもかかわらず、接着剤製本のアジロ綴じの絵本が修理に来た。

アジロ綴じは無線(糸や針金を使わない)綴じを改良したもので、業界では「無線綴じよりも丈夫で本のノドいっぱいまで開くことができます」という。
絵本、図鑑、画集、大型辞典以外の、流通している一般書は、ほとんどアジロ綴じなのだ。
d0092767_11525836.jpg
無線とじは印刷と折りの都合上、袋になっている部分をカットし、ペラ(単票)にして接着しているから強度は低いしノドまで開けない。

それと比較すれば、アジロ綴じは折り(袋)を残して切れ目を入れ、そこから接着剤を浸透させているので無線とじよりは強いというだけのこと。
折丁を糸で綴じた本とは比べ物にならない。


修理するアジロ綴じの絵本は表紙が外れ、本文がバラけている。固いボンドカスを剝していくと当然のことだが本文の背には切れ目が入っている。しかも、孔と孔の間が切れてつながっている箇所が幾つもある。
端から、アジロ綴じは修復できない。

糸綴じをすることにして、極薄のリボンテープを接着して孔をふさぐ。

リボンテープを貼ったときはボンドが白く残って、絵を邪魔している。
d0092767_18091900.jpg
乾燥するとボンドは透明になり絵は見える。
d0092767_18092644.jpg
今日はここまで。

この後、綴じ孔をあけ糸で綴じる。





[PR]
by ikuohasegawa | 2016-06-23 04:58 | 製本&修理:スキル | Comments(2)

3-787) ぬいぐるみ専門の旅行代理店がある

一、二年前に、メディアに取り上げられたこともあるから、ご存知の方もいるだろう。

人ではなくて、ぬいぐるみが旅行するのだ。
持ち主と言うと物扱いで申し訳ないから・・・・愛好家?保護者?の依頼により、ぬいぐるみを旅行に連れていってくれる。添乗員がぬいぐるみたちを楽しませてくれて、その様子をFacebookで実況したり、写真に写したりして保護者を楽しませるというのが仕事。
もちろん有料。HPによると東京ツアー3700円。(身長約20cmまでのお客様)という但し書きがほほえましい。

私が依頼することはないけれど否定するつもりはない。

子供の頃からずっと一緒に苦楽をともにしてきた大事なぬいぐるみだろう。
また、一人で生きてきた自分が唯一、心を許せる友なのだろう。
何を言っても口ごたえしないで受け入れてくれる存在なのだろう。

人によっては事情があって自身が旅に出られぬ身の方もあろう。
時には旅行をさせてやりたいと思ってもよい。
人それぞれだから、自分が納得できればそれでよいと思う。旅に出してやりなさい。

そういえば、図書館では「ぬいぐるみのおとまり会」というイベントをやっていた。
ホテルに見立てた図書館に、お気に入りのぬいぐるみが1泊。その夜、ぬいぐるみが仲間に読み聞かせをしたり、本の修理をしたり、受付業務をしたり、読書したりする姿を写し、翌日子どもが迎えに来たときに写真をプレゼントする。
「ぬいぐるみが大好きな本を自分も読みたい」という心理に働きかけ、子どもの読書への興味を育てる企画。


こちらは少し高齢だけど、最寄り駅のドトールでアイスコーヒーを飲んでいるNUIGURUMI君発見。
d0092767_05591511.jpg
カメラ(広角レンズ)を天井に向けて画面の端に写しました。
 
なんか、いい感じ。
d0092767_05585541.jpg
このNUIGURUMI君との対面は二度目。

この前は、同じ駅の天丼てんやで出会った。
カウンターで天丼を食べていたら隣に座ったご婦人が、やおらNUIG君を出した。バッグから。
カウンターの隣席なのでNUIG君は微妙にこっちを向いていた。
その時、私は海老天の尻尾をくわえたまま、思わずご婦人の顔を確認してしまったが今回は慣れていた。

天丼てんやのカウンターよりドトールの方が、NUIG君は馴染んでいるように思う。
隣席より遠目ということか。それとも私が馴染んだのかな。







[PR]
by ikuohasegawa | 2016-06-22 05:13 | 重箱の隅をつつく | Comments(7)

3-786) 網戸の掃除

網戸を掃除した。

これまではホースで水をかけてこすり雑巾で拭き取っていた。しかし、階下の洗濯物を考えると雨の日を選ばなくてはいけないし、水をかけると網の他にガラスも拭くことになり意外に面倒くさい。

網戸掃除専用ブラシも知ってはいるが、専用道具は使わないとき邪魔なことが多い。

網に新聞紙を貼って掃除機で吸引するという清掃方法をネットで見つけた。
網の裏に新聞紙をあてると、吸引力が発揮できるという説明を読んで妙に納得した。採用しようかと思ったが、掃除機を使う時のついでにというには仕事量が多すぎるし、あちこちの網戸のために掃除機というのもなあ。
「ガッテン」というわけにはいかない。

次に見つけた方法は、激落ち君とバケツ一杯の水。
機材や洗剤薬剤は全く使わぬ。これに「ガッテン」

【 掃除方法 】
  1. 激落ち君を水に浸し、かたく絞る。 これを機にガラスも掃除する人は構わないが、ガラスを濡らすとガラスも拭かねばならぬ。
  2. 網戸の内側から掃除開始。 激落ち君を網戸に軽く当て上から下、右から左など一定方向へ軽くこする。激落ち君だからと言って、激、激、ゴシゴシこすらない
  3. 激落ち君がある程度汚れたら綺麗な面でこする。真っ黒になったら水でもみ洗いする。
  4. 内側が終わったら外側も同様にこする。

端の部分(赤いライン)が埃を集中的に絡めとっている。「ためしてガッテン」
d0092767_09193187.jpg
誰か言いそう。「汚い。君んちはこんなに汚れているのか
そうです。新品交換から約半年で、これくらい汚れていた。
どこの家も、網戸は等しく汚れているのです。

特に、ガラス窓を開ける箇所の網戸は、吹き抜ける風が運ぶ埃が付くので、このくらいでしょう。
おかげでスッカリ綺麗になった。

本格的な梅雨を迎える前に?・・・網戸の掃除は梅雨と関係ないけれど、「激落ち君」を活用されるのが宜しい。









[PR]
by ikuohasegawa | 2016-06-21 05:00 | お気に入り | Comments(9)