<   2016年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

3-949) 読書貯金通帳 並四小バージョン

市立磯子図書館からのデータ「読書貯金通帳」をアレンジした並四小バージョン。


T橋さんの工夫点は日本十進分類法(NDC)の0~9までを数冊ずつ読んでもらうこと。
d0092767_16570659.jpg
読破ページ数を貯めていく。ここは踏襲した。
d0092767_16570993.jpg

二年生2クラス(65名)が使い始めた。

概ね好評のようで、今まで聞かれなったNDCの質問も出るという。
「4番の本ってどこにありますか」
0 総記 (図書館、図書、百科事典、一般論文集、団体、ジャーナリズム、叢書)
1 哲学 (哲学、心理学、倫理学、宗教)
2 歴史 (歴史、伝記、地理)
3 社会科学 (政治、法律、経済、統計、社会、教育、風俗習慣、国防)
4 自然科学 (数学、理学、医学)
5 技術 (工学、工業、家政学)
6 産業 (農林水産業、商業、運輸、通信)
7 芸術 (美術、音楽、演劇、スポーツ、諸芸、娯楽)
8 言語
9 文学
図書館の本は分類されているから探しやすいよね。
読み終わったら分類に合わせて返してね。


一つ、困った問題が発生。
荻原浩風に書くと
「先生、足せない「これ足すといくつ「これで合ってる「M先生「どうやって足すの」

そうか、3桁の足し算を習うのは三年生になってからかあ。

思わぬ事態も発生しているが「読書貯金通帳」をきっかけに、読書好きになってくれると嬉しい。







[PR]
by ikuohasegawa | 2016-11-30 04:15 | 製本&修理:関連 | Comments(6)

3-948) HHってヘリーハンセンなのだけど

お供して行くアウトレットは、万歩計の増える歩数だけが楽しみだ。
それでもハイゲージニットのセーターを買った。
ブランドマークは付いていない。と言っても UNIQLOではない。
軽井沢町にUNIQLOは無い。勿論、アウトレットにも無い。

ブランド衣料に興味が湧かなくなっているので、ワニなんかどっち向きでもおんなじだろう。

goldenbear って全身脱色の熊。

polo ralphlauren は昔の小さいマークの方が素敵だった。

adidasに続いてNIKEもゴルフから撤退した。だからどうした。

Columbiaは実家にあったステレオを思い出す。
待てよ、犬のニッパーがあったからビクターだ。ソノシートも懐かしいなあ。

HH helly hansen
d0092767_09504658.jpeg
長谷川平蔵だ。
d0092767_10450323.jpg
HEIZOU HASEGAWA。ねっ。


本稿これにて終了。

軽井沢のアウトレットで HH =長谷川平蔵 を思いついて、ずーっと温めていた。
しかし、それ以上、ネタとして広げることが出来ないのでボツにしかけたが、やっぱり、披露したいので本日更新。









[PR]
by ikuohasegawa | 2016-11-29 04:15 | 繰り言 (くりごと) | Comments(5)

3-947) 文庫本しおりヒモホルダー 追加製作

細リボンを求めて、ユザワヤへ行った。

文庫本しおりヒモホルダー用(幅3~4㎜)のリボンを手頃な価格で欲しい。

店内をうろうろして見切り品のリボンを見つけた。
4㎜幅×2mで98円。しかもレジにて30%引。
d0092767_15480663.jpg
この日も10個仕上げたので、前に作ったのと合わせて20個になった。
d0092767_07512341.jpg

文庫本しおりヒモホルダーは売る訳ではないが、市販品のように台紙を入れて包装した。
d0092767_07512662.jpg
「ゴムの輪をウラ表紙のノド元にはめる」という使い方は記入していないが文字のレイアウトを見たら、それくらいは伝わるだろう。


さて・・・。

「本は読まんけど、くれるもんならもらっとこか」って言う人の分まではありません。
「来春幼稚園に入園する孫が、そのうち文庫本を読むから」という方の要望は微妙。





[PR]
by ikuohasegawa | 2016-11-28 04:15 | 製本&修理:関連 | Comments(2)

3-946) 並木第四小学校防災拠点 防災訓練予行演習

一昨日は団地の防災委員会。
本年の住民調査で、高齢者、要支援者、支援者を把握できたと報告有り。
要支援者27名に対し、支援者は270名の申し出があったとか。
この後、支援者を要支援者別に割り振り、災害時避難支援担当を明確化することになった。

他に、近隣のイオンに100万円を預託?して、自治会は賞味期限を心配することなく、被災時に優先的に水、食糧を買うことができる。とかいう報告があった。

自治会が3日分(100万円)の水、食料を備蓄するのは行き過ぎたサービスだ。「各家庭が家族3日分の備蓄を」と啓蒙することが、正しい自治会活動である。
また、イオンが、いつ発生するとも分からぬ商品の前受?をするとは思えぬ。
「怪しいうわさ」だ。
100万円が消えないことを祈るばかりである。


昨26日は、並四小地域防災拠点防災訓練に備えて予行演習を実施。

運営委員は各班に分かれ避難所開設準備にあたる。
庶務はまず避難者の受付と体育館の自治会別区画の設定。
d0092767_16303614.jpg
受付集合後は体育館を1m×2mにて区画設定。それが一人の居住スペースとなる。


手前は発電機の始動に手間取る情報班。
奥は炊飯準備をする食料班。
d0092767_16302116.jpg
各班、手順を確認して終了。

並四小は階段とは別にスロープがあるので3階の備蓄庫までリヤカーで行けるのが有難い。
d0092767_16301368.jpg
並四小地域防災拠点防災訓練は12月17日に実施します。










[PR]
by ikuohasegawa | 2016-11-27 04:15 | 地域・団地 | Comments(0)

3-945) しおりヒモホルダーはスコブル良い

「本屋でくれる紙のしおりが一番便利だと思っている」方もいるが「ヤッパリしおりヒモ派」の私としては、しおりヒモホルダーを作る。
多少、世に広めたいという気持ちもあるので量産する。といっても、とりあえず10本だけど。

まず採寸。

ご覧のように天地サイズは各社様々。
d0092767_06214904.jpg
手前の新潮文庫は、しおりヒモ付きなので除外。
奥のノッポはハヤカワ文庫。
講談社文庫は小さく角川文庫はさらに小さい。
付け替え汎用タイプに仕上げるには小に合わせておくべきだ。

平ゴムと、しおりヒモを寸法でカット。今回しおりヒモは、手持ちの幅広のしおりヒモ(5㎜)と細リボン(4㎜)を使った。

滑り止めをかましてボール紙で挟み固定。ここのところが量産体制。

コニシボンドの「裁縫上手」で接着。
d0092767_16485885.jpg

この後、平ゴムを折って(赤線のように)接着面に貼った。
出来上がると数字の6のような形状になる。の部分が平ゴムの輪。


「しおりヒモホルダー」完成。
d0092767_16373331.jpg
この後、更に作るなら細リボン(4㎜)だな。扱いやすいし、丈夫そうだし見栄えも良い。


着装モデルは再読中の「学術小説外骨という人がいた!」赤瀬川原平(ちくま文庫)
d0092767_16371665.jpg
「しおりヒモホルダー」の按配はスコブル良い。
d0092767_17320966.jpg
本のノド割れを警戒してフタを下ろさず手で押さえてスキャンしたら、手が写った。
なんだか、嬉しい。


Moreスコブル
[PR]
by ikuohasegawa | 2016-11-26 04:15 | 製本&修理:関連 | Comments(2)

3-944) 雪の日の 製本の会&本の修理(ノド割れ)

「11月としては1962年以来、54年ぶりの降雪となった」とはいうものの、横浜南部は、雪に近いミゾレで終わった。
一面の雪景色を期待したのに、積もったのは屋根の上と植込みの中だけ。
d0092767_17590570.jpg
期待外れ。鬱陶しいだけの一日だった。
そんな悪天候にも関わらず製本の会例会は12名、午後からの本の修理には17名の参加を得た。有り難い限りである。

製本の会例会は、課題の「ジャバラケース」披露。
d0092767_17590185.jpg
出来の良さに満足してサインは、V V。


午後は磯子図書館の本の修理。
担当した一冊は池波正太郎大成22巻の見事なノド割れ。

表紙と本文を外す。
d0092767_17591033.jpg
ノド割れ以外はしっかりしているので、のこぎりタコ糸綴じの切れ目は背幅いっぱいに入れる必要は無い。
割れ目を中心に約20㎜の切れ込みを入れ、タコ糸を埋め込む。


花切れを付け替え、寒冷紗で補強。さらにクータをつける。
d0092767_17591451.jpg
本文を背に接着し、めくり起こした見返しで寒冷紗を押さえる。
d0092767_17592317.jpg
修理は終わったが、ブッカーに皺が寄っていて見苦しい。
d0092767_17594109.jpg
指示はないがブッカーを掛けなおした。
d0092767_17592801.jpg
念のため書架を見に行くと、池波正太郎大成三十一巻すべてのブッカ―に皺が寄っている。

順に掛けなおすことにします。











[PR]
by ikuohasegawa | 2016-11-25 04:15 | 製本&修理:スキル | Comments(4)

3-943) 俳聖カルタのサンプル:トンボを切切りないおとさない

五時半まで待ったが雪降らず。
「なんだ、雨かよ」チョッと残念。
今日は出かける用があるし小学生じゃないのだから、雪を待っててどうするの。


昨日、俳聖カルタ上巻、下巻のサンプルを仕上げた。
d0092767_14463954.jpg
適材が無かったので角布無し。


印刷したものをカットするときの注意事項。

◎ 1枚ずつカットするのが無難です。
◎ カッターナイフの刃を更新し、ナイフをねせ(紙と刃の角度を小さくして)て引く。
1234 に切れ目を入れる。切り離さない。
d0092767_17514309.jpg
カッターナイフは横ではなく縦(奥から手前)に引くのが良い。

◎ カッターマットごと向きを変える。
-(緑の線)で切り離す。

d0092767_15062260.jpg

句の順は春(新年含む)夏秋冬の順ですが、乱れた場合のための「俳句の配列表」
d0092767_15475364.jpg






[PR]
by ikuohasegawa | 2016-11-24 04:15 | 製本&修理:スキル | Comments(6)

3-942) 賀状印刷の前にインクを買わなくっちゃ

昨朝は、3.11の再来かと思うような強く長い揺れでした。
肝を冷やしただけで、東北も大ごとにならずやれやれ。

それでは、
お喜びください、酉年の年賀状アイデアが浮かびました。
今、公表したいけれど、ぐっと我慢。

二つ浮かんだが一つは次の酉年にとっておく。
えーっと82歳ね。
82であの賀状は「ウケル」ぞ。頑張らなくっちゃ。

年賀状に名を連ねるChiの了承を得たので、これでいく。
今、公表したいけれどぐっと我慢。
好き勝手に、思い付きを賀状にする私に付き合ってくれるChiに感謝しなくてはならない。

でもね、普通に市販のデザインから選んでいたころの年賀状をChiはファイルしていない。私の年賀状が始まった年から保存している。ということは、一定の評価を得ていることになる。
私の奇人発症記録ではないだろう。

奇人と言えば宮武外骨。
さらに年賀状と言っても宮武外骨。
今、再読している赤瀬川原平の「学術小説外骨という人がいた!」(ちくま文庫)より、スコブル誌掲載の主幹宮武外骨の新年挨拶。
こんな馬鹿気た事はない、人間の感情は、或事物に接触して起るのであるに、其感情を十日も二十日も前に表示するのは、全く虚偽の表情である、・・・昔の人は堅かつた、年始には裃で廻禮し、賀状は新年になつてから、筆硯を清め若水を汲んで書いたものだ、「一年の計は元旦にあり」と云ふのに、新年早々ウソツキの挨拶をするやうに成つたので、世間は滔滔と虚偽に流れるのである
d0092767_17543457.jpg
これを読んで「同時代に生きたら友達になれそうな気がする」と思いながら、年賀状作りをするのは気がひける。

けれど、まあ、新年になってから「筆硯を清め若水を汲んで書」くほどの決意はしないから、「虚偽の表情」と言われてもいいさ。
印刷を始める前にインクを買い足しておかなくっちゃ。



More宮武 外骨
[PR]
by ikuohasegawa | 2016-11-23 04:15 | 繰り言 (くりごと) | Comments(12)

3-941)「先生「荒木先生「ねえ聞いて「園長先生、怖「若菜ちゃんには無理「・・・ 」

合間の軽い読書。
荻原浩著 ひまわり事件。

例によって文中の一節に目がとまった。
d0092767_10260160.jpg
会話の中に他の人の会話を入れる時には、カギカッコの中に二重カギカッコを入れて「 『 』 」という使い方をする。

萩原浩は園児が一斉に喋る場面で「 「 「 「 」という使い方をしている。
カギカッコの中にカギカッコを入れているが、閉じる は最後のみ。
「先生「荒木先生「ねえ聞いて「園長先生、怖「若菜ちゃんには無理。綾ちゃんが「・・・ 」

口々に言い立てる感じが視覚的にもよく伝わってくる。

編集者は著者萩原浩に確認をしただろうな。
「念のためにお伺いしますが・・・」


そうそう、本の方は
d0092767_18323484.jpg
文春HPの紹介文。
老人ホーム「ひまわり苑」と「ひまわり幼稚園」はお隣同士。妻を亡くし「苑」に入居した益子誠次は子供嫌いだったが、物の道理を教えるためあえて幼稚園児と一緒にひまわりの種を植えた。
経営が同じ「苑」と「園」には実はさまざまな不正の疑いがあるが、老人と子供たちは非力ゆえになかなか糾(ただ)すことができない。
しかしある日、訳ありの「苑」の入居者・片岡さんがとうとう決起、誠次と子供たちと一緒にバリケード封鎖を敢行する。老人と子供が手を組んだとき、奇跡は起こるのか? すべての世代に送る「熱血幼老小説」です!
合間に読むには手ごろな、面白い一冊でした。









[PR]
by ikuohasegawa | 2016-11-22 04:15 | 読書 | Comments(4)

3-940) 十一月の鰻は足利鹿島町 かわばた

お品書きの「肝焼き」を貼り紙で隠してある。
口開けの客なのに、どうしたことだ。

でも、色々事情もあるだろうから「どうして?」などと言わず、素直にうな重の上を二つ注文した。
すかさず「肝焼き、ありますよ」
年数回訪れ肝焼き&うな重を注文し、肝焼きは有ったり無かったりの十五年。覚えていてくれたようだ。

「それじゃあ、いただきます」「二本ですね」
d0092767_06005648.jpg
カリッと焼け、香ばしさに包まれた濃厚な肝が美味い。
久しぶりにいただきました。

続いて、うな重の上。 
d0092767_06005977.jpg
頬ばると熱いうな重を食べたことありますか。

私は、かば焼きどころか、ご飯も熱々を求めるのだが、ここ「かわばた」はそれを叶えてくれる。ただし、ここへは常に口開けの客として行く私だから、ご飯はいつも炊きたてということはある。

蒲焼はよく蒸しあがって、ふわふわ。
たれは甘すぎず、ほどよい焦げ目が香ばしい。
加えて山椒は香り高い。
これに肝吸いが付いて2700円なのです.

帰路、遠くへ寄り道した甲斐がありました。







[PR]
by ikuohasegawa | 2016-11-21 04:15 | うなぎ | Comments(6)