<   2017年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

4-309)並四小 本の修理 薄い本文と表紙の結合

普通、並製本の本を分解して背を修理した場合、背に寒冷紗を貼り見返しで表紙と結合する。※厚板紙の表紙が無い製本を並製本という。
d0092767_05315938.jpg
修理した「点字であそぼう」はノド割れしていたので平綴じをしたのだが、表紙との結合を背に塗ったボンドに任せても強度不足だと思った。
なんせ本文の背幅は6㎜しか無いのだ。


この日・・・前から何とかしたいと思っていたのです・・・ひらめいた。
d0092767_17080989.jpg
背のボンドの他、本文の一部を寒冷紗で抱え込む。

方法は、本文の背に貼った寒冷紗の羽(背幅から張りだした部分)に切れ目を入れて、表紙裏と本文に交互に貼る。
d0092767_15370965.jpg
こうすれば、幅6㎜だけで結合していた背は(半)寒冷紗の補強を得て強固に結合できる。
d0092767_15365828.jpg
本文貼り付け側の寒冷紗は、見返しのノド部を本文に貼り戻した時、隠れるくらいにカットしておきます。
d0092767_15411080.jpg
ということで「点字であそぼう」の修理完了。

自分で言うのも何ですが、これは中々の修理法です。


一折中綴じの絵本(別見返しの場合)などは中綴じをする前に、寸法を合わせてカットした寒冷紗をセンター合わせで折丁の背に接着(センターラインのみ)し、寒冷紗ごと綴じることもあります。
d0092767_06030677.png
こうすれば、薄い一折中綴じの絵本本文も表紙に結合できます。

これも中々の修理法です。







[PR]
by ikuohasegawa | 2017-11-30 04:15 | 製本&修理:スキル | Comments(2)

4-308) 11月26日の2

11月26日は、Chiの誕生日の祝いをしました。
前期高齢者二人でも、こういう節目は欠かさず祝います。

姉や姪、友人から届いたバースディカードを披露。
翌日には友人からの11月26日の風景印(消印)バースディカードも届きました。毎年ありがとうございます。

私からのプレゼントはChiが好きなものを自分で選んで買える券。日本銀行の保証付きです。

私の吟味したかなり高額のプレゼントがChiの好みからずれていると厄介なので、Chiが自分の好きなようにコーディネートするというシステムを採用しております。

祝いの膳のほかバースディケーキも用意。
d0092767_16313541.jpg
「お名前はどうしましょうか」と聞かれて「Chiでおねがいします」
「ChiさんとChiちゃんは、どちらにしましょうか」と聞かれて「Chiさんでお願いします」(Chi、Chiって伏せていたのにケーキに名前が)

さすがに、自分のことを「ちゃん」というのは照れたので「さん」にしてもらったと申しておりました。
お店の人は自分のバースデイケーキだと思わないから、Chiちゃんでも平気だよ。

そうです。Chiが自分の好きなようにコーディネートするというシステムですから。


誕生日祝いの言葉を述べ、今後も元気で仲良くしていこうと挨拶?したところまでは良かったのですが
「ところで、70歳からの敬老パスの通知は来たの」「いやーねえ、それはまだ先です」
あちゃ~。

「・・・Chiはなんでも素早いから、つい・・・・」
フォローにはなりませんでした。








[PR]
by ikuohasegawa | 2017-11-29 04:47 | 繰り言 (くりごと) | Comments(6)

4-307)11月26日

土俵外のことはともかく、26日は大相撲九州場所の千秋楽でした。

東関脇 御嶽海は西関脇の嘉風を破り、9勝6敗で九州場所を終えた。
d0092767_04344766.jpg
御嶽海は今年の6場所全てで勝ち越していて、それはそれでめでたいが私の要求レベルはもう一段上。

大関昇進の目安といわれる「3場所連続で三役にあって、その通算勝ち星が33勝以上」を達成していない。

七月場所9勝6敗、
九月場所8勝7敗、
十一月場所9勝6敗。
26勝ではねえ。

今場所などは対戦するはずの上位陣の休場が多かったのだから、11-12勝くらいはしないとダメじゃないか。
今一層の精進を期待する。








[PR]
by ikuohasegawa | 2017-11-28 04:15 | 繰り言 (くりごと) | Comments(6)

4-306) 臨時修理日 IN 磯子図書館

先週の本の修理を終えた時点で、約100冊の修理待ち本があった。

次回の修理日は12月12日になるから、修理本は上積みされる可能性大。
加えて、定例修理日の第四火曜日は年末(28日)ということで休会を決めているから、年を越す修理本が多くなってしまう。

せっぱつまってからの追い立てられるような『ひとり修理』は御免なので、スケジュール帳をにらんだあげく昨26日を臨時修理日にした。

相変わらず多いのはページ外れ。
d0092767_17414035.jpg
外れたページを貼り、再修理に来たもの重症のものは平綴じをしていく。
d0092767_17420352.jpg
脇目をふる必要がないので作業ははかどったが、途中で出てきたコイツにてこずった。
d0092767_17414896.jpg
家庭修理の透明荷作りテープ。

ワンダリック推奨派としては何としてでも剥がさなくてはならぬ。
結構時間をかけてやっと・・・・比較的最近の貼り付けで助かりました。
d0092767_17415449.jpg

ワンダリックは凄いが、透明荷作りテープ修理は悪意があるのではないかと思ってしまう。
セロテープ類での修理を、私は修理講座で『善意のテープ修理』といっているのですがねえ。


20冊を修理した段階で終了とした。
d0092767_17420700.jpg
思えば10年前に修理講座を受講することを決めたのは『一人で黙々とできる』のが好ましいという思いであったが、10年を経過する間に世話人をつとめることになった。

人と関わるのは嫌だというのではないが『一人で黙々と修理』する時間はもっと好きだ。

久しぶりに初心を味わうことができて満足。








[PR]
by ikuohasegawa | 2017-11-27 04:15 | 製本&修理:関連 | Comments(8)

4-305)並木第四小学校防災拠点運営委員会

昨土曜日、並木第四小学校防災拠点運営委員会に出席。

人に説明して思いました。
並木第四小学校防災拠点運営委員会というと小学校の委員会のようだから『横浜市防災拠点 並木第四小学校拠点運営委員会』という方が理解しやすいようだ。

12月9日の総合防災訓練を控えたこの日は、最終打ち合わせと班別模擬行動の予定。

3階の備蓄庫から用品を運び出し
d0092767_15112154.jpg

各班、設営行動の確認をする。
d0092767_15111348.jpg
この日出席した庶務班員は我がなぎさ団地3名、さくら団地1名の4名。
2名がリヤカーを引き、さくら団地がガス発電機を引く。
d0092767_15553153.jpg
このとき、あと1名の私は写真を写していましたね。下りのスロープですから。

その代わり、あと片付けの時は先棒を引き受けリヤカーを引き上げましたが・・・結構大変でした。

避難場所の体育館に全面展開してしまうと、4名でのあと片付けが大変なので図上演習とし、本年秋購入したPC立ち上げ訓練?を実施。

ガス発電機を始動。
エコモードに切り替えPCの電源とする。
d0092767_15111789.jpg
出力安定のガス発電機はPC、スマホ、携帯などの充電にも使える。従来のガソリン発電機は不適だった。

運営委員会終了後、備蓄庫にて食品飲料水の賞味期限確認。
d0092767_15112664.jpg
※手前の青テープ箱が来年前半に期限切れになります

以前は市(委託した業者)が賞味期限を管理し拠点は手を触れることはできなかった。しかし数年前から賞味期限は市が管理し入れ替えるが、賞味期限のせまったものは有効利用して良いことになった。
防災訓練にてサンプル配布します。

それにしても、庶務班は4自治会2団体、登録人員22名なのです。
12月9日は総合防災訓練ですよ。








[PR]
by ikuohasegawa | 2017-11-26 04:36 | 地域・団地 | Comments(6)

4-304)その手に引っ掛かってなるものか

このところ、PCに怪しいメールが頻繁に来る。

三井住友銀行、みずほ銀行、アップルなど見慣れた会社の騙りから全く聞いたことの無い輩まで、口座開設のお礼だとかアカウントを更新しろだとか、何やらが無効になるだとか、IDがロックされたかとか言ってくる。煩い。
d0092767_07500039.jpg
V J Aギフトカード注文確認メール。

V J AはVISAの騙りだろうと思ったが、調べてみたら ビザ日本協会で実在する。しかし、私たち消費者が普段目にすることは無い。

そんなものを騙るより、ここは素直にVISAギフトカードとするのが宜しい。と、悪人どもを指導しておきます。
d0092767_07563930.jpg

なにを!
ギフト券1000円を300枚!
30万540円! 
請求書!
俺は買ってない !
と、ここで慌ててはいけない。

『身に覚えが無い方はご連絡ください』へと誘導しようとするが、無視して削除すれば宜しい。


この手のメールが急増したのは、英文絵本が欲しくてYオークションを使ってからのように思う。
個人の感想であり、個人差があります

と打ち消し表示を書くのは確信が持てないからです。

TV通販の健康食品やサプリメントも確信が持てないのだろうな。









[PR]
by ikuohasegawa | 2017-11-25 04:15 | 繰り言 (くりごと) | Comments(6)

4-303) 製本の会例会 & 本の修理

手作り製本の会例会。
昨23日は寒い雨の日だったにもかかわらず15名の参加を得た。

特筆すべきは区役所主催『退職後の仲間集まれ』受講者の見学があったこと。
d0092767_18125883.jpg
見学者は製本に興味を抱いた人たちなので、我が会としては新規入会者を獲得するチャンスである。
これまでの作品を持ち寄って見学者に見てもらいました。
d0092767_18141586.jpg
このところ会員は減少気味なのです。

減少理由は明確。
一つは高齢化による自然退会。もう一つはマンネリ。

製本はいくつかの作品を仕上げると製本工程自体は繰り返しになる。極力、目新しいコンテンツを用意して新鮮味が味わえるように工夫はしているものの、しょせん目先を変えているだけということなのだ。

それはともかく、手作り製本の楽しさは伝わったと思う。
入会に結び付くかどうかは先方次第ですが、入会者があれば嬉しい。ただし、あまりめんどくさい人は勘弁してほしいな。


雨も上がり気温が上昇し始めた午後は磯子図書館にて本の修理。
このところ修理本が増えていたが、この日は 約150冊と飛びぬけて多い。
d0092767_18125236.jpg
気合いを入れて修理開始したが、途中、前述の『退職後の仲間集まれ』の本の修理に興味を抱いたグループが見学に来て、概要をレクチャーをしながらの修理になった。

5名の見学者のうち2名は参加したいような雰囲気だった。一人でも加わって下さると嬉しい。ただし、あまりめんどくさい人は勘弁してほしいなあ。
例えば、仮定の関連質問を連続して繰り出すとか、知っていることを喋らないと気が済まないとか、ブレーキ機能が麻痺している人ですね。

修理本が多いので冊数をこなすために、いつもの大修理は置いて小修理本を中心に取組むことにした。
ページ外れの児童書の平綴じをH坂さんと分業して実施。
私の担当は外れページを貼り戻し、見返しをめくりおこして綴じ孔あけ。平綴じはH坂さんの担当。

オリジナルジグが威力を発揮する。
d0092767_18124943.jpg
こうしてジグで固定すれば歪んだ本にも垂直に孔をあけられる。
こうして13冊連続で孔をあけ平綴じを終えました。

総勢15名で56冊の修理完了。皆さん、ありがとうございました。

修理本は、まだ100冊が残っている。
なんとかしなくちゃ。








[PR]
by ikuohasegawa | 2017-11-24 04:15 | 製本&修理:関連 | Comments(10)

4-302) 鉄工用ドリルと木工用ドリルの刃

鉄工用と木工用の違いを素人なりにまとめました。

鉄工用は硬い鉄を削るので刃に力が加わっても欠けたり折れたりしないよう、より硬い金属で作られ、さらに中心軸(刃でない中心部分)は太く作られています。
一方、木工用ドリルは木を削るのですからそれほど硬い金属製でなくとも削ることができます。また木工用は木屑を排出しやすいよう溝(刃と刃の間)が深い作りになっています。
刃の形状が大きく異なっているのです。
d0092767_06410738.png
優柔不断の道具道より


上の図はドリルの全長を合わせているが、径を合わせると木工用の中心軸はもっと細くなります。
d0092767_06483226.png
木工用ドリル1mm刃に屑排出用の隙間を大きく作ると、中心軸は一体何mmになるのでしょう。

また、鉄工用が削る金属材料は均質ですが木材には木の目があり、それを断ち切らないとささくれができてしまいます。そのため、まず先端で径の中心に食い込み外周に切れ目を入れながら削るように刃先が作ってあります。

以上を踏まえて今回の試みを反省すると以下のようになります。

金属材ではなく繊維の流れがある紙束に孔をあけたい私は木工用を使うのが正しいのですが、求めやすい市販のドリル刃(1mm2mm という細い刃)は金属用がほとんどです。
木工用で金属に孔をあけることは無理ですが鉄工用で孔をあけることはできます。しかし前述した木工用にある外周断ち切り刃がなく、木屑を排出する隙間が充分ではありません。

薄い材ならともかく5.5mmの紙束だったので、屑が詰まって切れが悪くなり、あけた孔の外周にささくれができてしまったようです。

さっきも踏まえたので、以上を踏まえての(二)、東急ハンズに寄ったがやはり木工用の1mmは無い。
鉄工用なのだけれど『木工用』と記載のあるシリーズを見つけた。その中から、溝を少しでも大きくしつつ我慢できる径の太さを勘案し1.5mmを購入。
d0092767_16250149.jpg
【用途:鉄・軽金属・合成樹脂・木工用】ここにすがっての決断なのだけど、果たしてどんな結末になることやら。









[PR]
by ikuohasegawa | 2017-11-23 04:25 | 製本&修理:関連 | Comments(5)

4‐301) 大冊の本文小口が下がる件

並製本の本を除いて本は本文より表紙を大きく作り本文をダメージから護っている。
その出っ張り部分を『チリ』という。
普通に立てて本をおくと表紙のチリに支えられて、本文は接地せず浮いている。

普通サイズの本のチリは3㎜くらいだが大判大冊はチリ幅も大きくなる。
そのため経年のうちに重い本文の小口側が下がる。
d0092767_05370720.jpg
本文を支えている部分が耐えきれなくなるのだ。

この辺の力の掛かり具合は、吊り輪の上水平を維持するのと同じだ。
d0092767_05280461.jpg
JIJI.COMより

凄い内村君でも若い時しか耐えられない。

大冊の本文も老いには勝てません。ついにはこうなります。
d0092767_05243145.jpg
丸背だったのに。
この辺の具合は、人間の腹が出るのと同じだ。

じつは、この大冊を修理したときにbefore写真を撮り忘れていた。
d0092767_04511047.jpg

吊り輪の上水平という比喩を思いついて、どうしても公表したくて手描きしました。





[PR]
by ikuohasegawa | 2017-11-22 04:15 | 製本&修理:関連 | Comments(4)

4-300) 豆本には不向きかもしれないタミヤ電動ハンディドリル

タミヤ電動ハンディドリルを試運転した。
結果から書くと、タミヤ電動ハンディドリルは豆本本文には不向きかもしれない。

浦霞大吟醸の木箱のフタの角を利用して豆本の本文を固定し、1㎜の孔をあけた。
d0092767_09155681.jpg
固定機能はこれで良いがドリルは今一良くない。

かなりの力で押さないと前進しない。
抜くときにも正回転(逆回転が無いので)のまま抜こうとするとチャックから刃が抜けてしまう。ということは、押して前進しているときも刃は削孔しないで空転しているのかもしれない。

ということは、ほんの少し刻みのある細鉄棒を押し込んでいるにすぎないのか。

こうなると、タミヤ電動ハンディドリルは豆本本文には不向きかもしれない。
考えてみるとWEB上にある好評価はプラスチックやアルミの薄板に使った場合だ。私が孔をあけようとする厚さ5.5㎜の紙の束は、それら薄板に比べ大きな抵抗があるようだ。木の板には穴があくのですがねえ。

対策としては、回転を確実に刃に伝えるため ①細い1㎜刃を固定できるドリルチャックを使う。②六角軸ドリルの1㎜を使う。
となるとタミヤ電動ハンディドリルではできないから購入は失敗ということになる。

2000円出費するつもりで探せば電気の電動ミニドリルが買える。
タミヤ電動ハンディドリルは「そこそこの孔があくプラモデル」と考えるのが宜しい。

こういうことはよくあることだから、それほど気落ちしていないのでご安心ください。









[PR]
by ikuohasegawa | 2017-11-21 04:15 | 製本&修理:関連 | Comments(6)