143) 閑 話 休 題

川美(かわよし)のお煎餅を頂きました。程よい堅さと一口サイズで、一旦開封すると途中で止めるのが難しい。クセになるおいしさです。○えさんの実家では常備されているとか。納得のおいしさであります。
d0092767_23375898.jpg

調べたら神奈川区の老舗でありました。黒柳徹子さんもご愛用のお煎餅とか。
黒柳さんは総入れ歯だ。
黒柳徹子さん煎餅の二つを見た瞬間に浮かんだ。
それは、脳のひだの奥に埋もれていた記憶がはがれて浮かんできたかのようであった。
だから間違いない。という思い出し方であった。でも真偽のほどは自信はありません。

おいしい煎餅をまた一つ教えていただきました。
お煎餅好きの私としては歯をいたわり、末永く愛好していきたいものであります。
お礼がおくれました。おいしいお煎餅ありがとう。

【閑話休題】
[PR]
# by ikuohasegawa | 2007-05-16 05:02 | 食べ物 | Comments(6)

142) つけば 料理

松は、唐揚げ・てんぷら・魚田・塩焼き・あらい  (4200円)
竹は、唐揚げ・てんぷら・魚田・塩焼き  (3675円)
梅は、てんぷら・魚田・塩焼  (3150円)

苦心の【松&梅】オーダーは聞き違いやら勘違いやらで【竹&梅】とランクダウンして供された。が、結果的にはラッキーだった。は鯉のあらいがそばにメニュー変更されていたのです。そばが来てもそんなには食べられない。ありがたい聞き違いでした。
左側の4品が【竹】。右上はてんぷらのウグイを拡大。
d0092767_19181615.jpg

【竹】は赤く婚姻色に染まり脂がのったウグイが七尾半。【梅】は五尾。夫婦で十二尾半。
清流千曲川の瀬音を聞きながらでも、清流が見える特等席でも、缶入りの太田胃散を思い浮かべてもそんなには食べられない。『持ち帰りのパックを下さい』
塩焼き二尾×2はお持ち帰りとなりました。お家で食べようね。

お品書きをよく見ると、6月下旬からの鮎料理も全く同じ構成で同一価格なのです。違うのは鮎は全て一尾。【竹】のウグイ七尾半に対して鮎は四尾という構成。
やはり香魚・鮎には婚姻色のウグイも勝てない。が、半分近い価値しかないか。
そんなことはない。十分おいしく頂きました。
ただ、鮎に対し『二尾一組で戦え、君らは一尾では鮎にはカナワナイ』と言われるウグイがかわいそう。

※右下のモザイク写真は、お持ち帰りの塩焼きが変身。  <つづく>

念のため
[PR]
# by ikuohasegawa | 2007-05-15 20:45 | 食べ物 | Comments(2)

141)  つけば漁

11日につけば漁を目指して戸倉へ行った。
川底をならし小石・砂利で産卵場(つけば)に仕立て、魚が集まったところを投網でまさに一網打尽。ヤナとは違うがこの季節の千曲川の風物詩であるという。6月下旬からは鮎漁だが今はウグイ。ハヤとも言われるこの魚はパサパサしてあまりおいしくないがこの時期だけは別。腹を赤く婚姻色に染めアブラがのってうまくなる。
この時期から川原に小屋を建て、川魚料理を食べさせるのが つけば料理

小屋のすぐ向こう側に千曲川が流れ、そこが漁場。振り返ると戸倉上山田の温泉街。
d0092767_15303998.jpg

瀬音を聞きながらの、川萬壽(センマス)小屋の特等席。
d0092767_15132361.jpg

料理は松・竹・梅。
夫婦二人で松×2は食べきれないことが多い。
梅×2ではさみしい。
竹×2では芸がなさ過ぎる。最近覚えた発注法で、「松と梅」をお願いする。

今シーズンの開始直後でおまけに本日口開けの客ということで、料理が出てくるのが遅い。
でも怒ることなく待った。スケジュールに追われる旅ではない。
小屋の中の文字という文字は全て読んだ。お品書き。パンフレット。観光ポスターから注意書き。芸能人のサイン。お手洗い→。・・・・・ついには二人とも文庫本を出して読書タイムの40分を経過して出てきた料理は果たして・・・・・・。<つづく>
[PR]
# by ikuohasegawa | 2007-05-13 21:13 | 食べ物 | Comments(2)

140) 江沢 タミ さん

小学生の読み書き力調査の報告が公表された。
ひとり(一人)が書けない 人り と書く子がいる。八つ は はちつ と読む子がいるとか。
一年生だとほとんど親の責任。家庭の文字環境が見えてくる。

なんて偉そうな方面に論は進まない。話題は女子アナウンサー。
ネタが少し古いので、今は研鑽努力され改善されていると思うが、1998年。
江沢民氏が来日。逆なでするような過激な発言で物議をかもしていた。そうでなくとも氏は中華人民共和国・国家主席であった。
名前も顔も忘れたが某局女子アナウンサーが、『えざわ たみ』 と読んだ。(写真はイメージで、本人ではありません)
d0092767_623312.jpg

瞬間、馬鹿じゃないの馬鹿だ。と口走ったが字面を見ていたら私もそう思えてきたから不思議だ。  そうだね、江沢民・エザワタミさんは確かにいそうだ。
ニセプロフィール  
江沢民(エザワタミ)1915年岩手県に生まれる。尋常小学校卒。長じて農山村生活改善運動家となる。岩手を中心に東北各地をめぐり農山村の生活改善に尽力。1988年紫綬褒章を受ける。2001年没。

もちろん私の創作ですが、こんな方がいるような気がしてきませんか。
なぜ岩手県生まれかというと、岩手はオザワ一郎の産地だから、エザワも採れる。
○ザワつながりと言うこと。

 
[PR]
# by ikuohasegawa | 2007-05-09 05:13 | Comments(1)

138) わだば シ ェ フ になる

もともと家事は嫌いではない。
掃除をすればきれいになるし、食料品に関連していた時代があるから料理に違和感は全く無い。第一料理をすればおいしいものが食べられる。レシピは今も集めている。創作意欲がわいてくる。ただ後片付けはちょっと・・・・。

コック帽が欲しいと言ったら。Chiが買ってくれるという。
高さ23cmで1600円。28cmなら1800円。安すぎる。こんな価格ではシェフの権威が傷つきそうだから赤いネックチーフ1200円も追加。コック服は、すぐ客にもどって食べる時めんどくさそうだから、とりあえず要らないが迷うところである。
定年まで勤めたごほうびだって。それはもっと高いモノを買って欲しい。しまった。
d0092767_18451728.jpg

コック帽をどうする?ってか、かぶってシェフになるのです。
棟方志功さんだって『わだば、ゴッホになる』って言って棟方志功になったのだから。
「ボクはシェフになる」
サッポロ一番・塩ラーメンからレシピ見ながらの一品まで、調理をする時はコック帽に赤いネックチーフが必須でしょう。前掛けは以前頂いた ○えさんの手作りがある。よそ行きで仕舞ってあったが出番だ。前掛けのよそ行き?

何だか楽しくなりそうだ。
コック帽と言えばカッパ橋。休みの日に行かなきゃ。
[PR]
# by ikuohasegawa | 2007-05-08 05:15 | Comments(0)

137) 勝 手 に 命 名

5月5日 Chiとウオーキングに出た。
本日のテーマは ①渋滞検分 ②潮干狩り視察 ③Kフライドチキン。で出発したが、文化的な事をというので ④路上開花矮小植物撮影を追加。
要するにGWで渋滞している脇を 「ご苦労さん」 と冷やかしながら金沢八景まで行き、Kフライドチキンを食べる。途中で草の花を撮影。Kフライドチキンは、たまには身体に悪い物も食べたい。と言うか馬人参。
撮影は路上で開花している小さな草と限定したため、ほとんど落し物を探して歩く熟年夫婦状態。こうしてみると、名は知らないけど花は咲いているモノですな。それにしてもカワイイ。
d0092767_456293.jpg

当然、話題は草の名になり、本日の勝手に命名大賞
ハイズリ草・ニセワラビ・おもらい草・二スズラン。

ハイズリ草:地表を這うようにして育つ草。ハイハイ草と言う案も出たが赤ん坊のように後の成長は期待できないのでハイズリに決定。
ニセワラビ:たまたま先がに丸まっていただけですが、知っている名を冠してニセワラビ。
おもらい草:食虫植物の様な色目だが積極的に捕虫できないだろうから、おもらい草。
ニスズラン:似ている・・・鈴蘭に。
[PR]
# by ikuohasegawa | 2007-05-06 17:20 | Comments(0)

136) す ぼ

『わっ、すぼだ。なつかし~』 頂いた松山の練り製品を開封したChiが言った。
d0092767_9111661.jpg

表示は すまき なのに Chiはすぼ と言う。福岡では すぼ とか すぼ巻き と言うそうだ。
さつまあげのことは てんぷら と言う。胡椒と唐辛子もおかしい。
胡椒はコショウだし唐辛子もコショウと言っていた。福岡ではそう言うとのこと。
そういえば最近人気が出てきた ゆずこしょう の原料は、ゆず と 青唐辛子。なるほど唐辛子もコショウと言いますな。

ゆずこしょう は、Chiによって導入され、けっこう前から我が家の定番香辛料となっている。私も気に入っている。最近はチューブ入りも売っているようですので一度ぜひ・・・・。

すぼ は、ワラすぼ巻きが すぼ巻き と略され すぼ となったようだ。

すぼ にローカル香辛料ゆずこしょう を付けて、キチキチをおいしく頂きました。ご馳走様でした。
[PR]
# by ikuohasegawa | 2007-05-06 11:29 | 食べ物 | Comments(0)

135) こどもの日

♪屋根より・・・♪ 
ココの屋根よりは低いですが・・・。
d0092767_19115931.jpg

なかなか気持ちの良いものです。
[PR]
# by ikuohasegawa | 2007-05-05 08:51 | Comments(0)

134) ヤ ル 気 を 出 す

大学受験を控えた3年の夏休み。ヤル気が起きなくて困った。
燃えろ!青春 とか 
俺は男だ!
 
とか標語を入れてポスターを作ろう。机の前に貼ってヤル気を起こそうと思った。

勉強よりもポスター作りにヤル気が出てしまった。
そしてポスター創りに明け暮れて夏休みが終わった。夏休みに図画なんか作っててどうするの。小学生じゃないのに。楽しかったなー。
ヤル気が違う方向へ行きやすい私 
シャッターを押しながらそんな事を思い出した。
d0092767_4545926.jpg

いっぱい作るとヤル気が起きる。どんどん作れば楽しい。
もう貼る場所が無い。入り口のドアにも貼っちゃえ。
なんか勘違いしてません。入りにくいのですが・・・・。でもヤル気はありそう。
ちなみに、お勧めはダブルステーキ1480円のところ1380円。
ダブルですから2枚です。ウーン、ヤル気はある。
焼けろ!ステーキ 
俺はコックだ!
 
っていうポスターはさすがに無かった。

11時開店、3時で閉店だそうです。○店は近いと読んだ。
[PR]
# by ikuohasegawa | 2007-05-04 05:06 | Comments(0)

133) 毎年のことよ  渋滞情報ー3

横浜横須賀道路からの幸浦出口。ココから潮干狩りか八景島へ向うのです。本線は地下にもぐって首都高湾岸方面。都心へ行く人は少ない。高速からの出口はココだけでない。もう一つ有る。
d0092767_1513021.jpg

首都高湾岸からの幸浦出口風景。
間違うといけませんので解説します。
d0092767_9461052.jpg

コノ道の5kmぐらい先に八景島がある。写真のズーッと奥、かすかにタワーが見えている。
左の二車列は一般道で八景島へ向う人たち。その左に歩道が見える。高速から出ようとしているのは右側の車列。右上で高速道路の本線が地下へ伸びていきます。この三列が約2km先で一車線になる。

人が歩いているのは歩道ではない。シビレを切らした家族。『お父さん運転してきて。歩いて先に行くから』という状況です。お解りですか。解説が必要でしょ。
忘れてました、上の写真の二列もこの先の一車線に合流してくるのでした。
たいへんなコッチャ。
[PR]
# by ikuohasegawa | 2007-05-03 14:02 | Comments(0)

132) 渋滞情報-2

赤色の道路は渋滞しています。我が家の回りも依然として渋滞中であります。
d0092767_16573754.jpg
いえ、もちろんコレが役立つとは思っていません。暇なもので。
コノ後、写真を撮って追加します。
d0092767_1658770.jpg
12時現在まだ渋滞してます。目的地は3kmほど先です。
いつもは うっとうしい だけの渋滞ですが、今年は写真を写したりして何だか楽しい。
[PR]
# by ikuohasegawa | 2007-05-03 11:37 | Comments(0)

131)  速報 8時15分

関越自動車道の渋滞が37kmになったとTVが言っている。自宅のある団地外周道路も渋滞。オマケにほとんど進まない。
d0092767_8401075.jpg

なんせ、GWの5月3日。八景島シーパラダイス・無料潮干狩りの市営海の公園が近い。
今弘明寺までChiを送って帰宅したらこの状態です。裏道をたどって自宅へ無事帰着。GW期間中は例年どおり車は使えない。外出は徒歩か自転車かモノレールで。並木町の現場よりお伝えしました。
d0092767_8403452.jpg

※念のため申し添えますが行楽地の駐車場は一旦一杯になると、下手すると夕方まで空きませんよ。皆すぐは帰りません。連休ですから。ご承知でしょうね。
[PR]
# by ikuohasegawa | 2007-05-03 08:40 | Comments(0)

130) 金 と 銀

その時代の名残だと思うがBANKは銀行であって金行ではない。銀座はあるが金座は名を残していない。賃金と書いてもチンギンと読む。かつて銀の価値が金より高い時代があったのです。

『沈黙は金 雄弁は銀』という格言がある。オシャベリな者より沈黙している人に価値がある。男は黙って・・・だと思っていたあなた、間違いです。これは金より銀が高価な時代の格言ですから、その意味は沈黙は金でしかないが、雄弁はもっと価値のある銀であるというのが正しい。
d0092767_15191147.jpg

と言うのはまったくの作り話です。

ともあれ私の家は結構オシャベリでして、街で面白いことを見て来ようもんなら大変。
『まってまって、話すのは順番にして』 と私のしゃべるのをChiがさえぎる。

「♪俺の話をきけ♪」・・・・・横山ケンじゃあるまいし。

『それは私が話すからしゃべらないで、今度は私の番』

「手上げてるのだから当てて、ハイッ」

『自分で当てるのは反則』

金でも銀でも良いけど、沈黙より話すほうが楽しいのは間違いない。
沈黙 VS 沈黙は どう考えても楽しくないと思う。
にらめっこやってるんじゃないですから。
[PR]
# by ikuohasegawa | 2007-05-02 18:56 | Comments(0)

129) 風 景 ・ 心 象

林の出口にある花木園がある。そこの蓄養林の変な木に目がとまった。
枯れてはいるが葉を落としていない。
常緑樹は冬でも葉をつけたままである。落葉樹は冬になると葉を落とすが故に落葉樹という。
これは枯れても葉を落としていないから落葉樹ではない。
枯葉樹?とでも言えばよいのか。
d0092767_626478.jpg

ユズリハは次の葉が育つと緑の葉のまま代を譲る。途絶えることなく代がわりするので縁起が良いと正月飾りに使われる。枯れても葉を落とさないコノ木はどう言えばいいのだ。

しぶといのか。

けなげに頑張っているのか。

未練たらしいのか。

周りの状況が読めないのか。

自分の立場が理解できないのか。

それとも立ち枯れているのか。ならば枯れ木も山の賑わい。

どう見立てるかは読み手の心象によりますな。
[PR]
# by ikuohasegawa | 2007-04-30 09:32 | Comments(0)

128) 最近見ないと思ったら・・・

私にくれる花束の相談をしていると言うではないか。やめて頂きたい。
仮定の話だが会場で頂くのは百歩も千歩も譲ってよしとしよう。だが、それを抱えて電車で帰宅する私のことを考えてくれませんか。
まさか駅前のゴミ箱に棄てるわけにはいかないから持って乗る。視線集中(のような気がする)。とりあえず網棚に上げる。忘れた振りして・・・・。どうぞご勘弁いただきたい。
どうしてもと言うなら、開店祝いの花輪にして頂きたい。
これなら持ち帰らなくてすむから、と申し出ましたところココロヨク中止していただきました。
やれやれ一安心です。
d0092767_16525696.jpg

『最近見ないと思ったら・・・・』 『いつの間にか・・・・』と言うのが退職のベストだと思っておりましたが、なにやら周りがあわただしくなって参りました。

『最近見ないと思ったら・・・・』 『いつの間にか・・・・』でも白黒の花輪だと・・・・。縁起でもない。
[PR]
# by ikuohasegawa | 2007-04-28 06:07 | Comments(0)

127) 煎  餅

大磯に船橋屋織江という名店ありと教えられ、機会を作って足を向けるようになった。大磯には杉本という鶏料理店もある。コレも教えられた。なんだか若い友人の子供時代の思い出めぐりをしているようなアンバイである。
d0092767_518416.jpg

名物は花吹雪。たしか落花生の入った煎餅だったように思う。予約客以外はほとんど買えません。かつて偶然買えた時に一度食べたきりですから良く覚えていません。私はそれよりも一度で気に入った別の煎餅を求める。カチッと仕上げた丸い醤油のおかきである。負け惜しみでなく私はこちらの堅さが好きです。

私は子供の頃から小魚系カルシウムを摂取してきたから歯が硬い。その硬さは、新米の歯科医師が『もう来ないでくれ、よそへ行って欲しい』と己の未熟さを自覚する・・・ぐらいである。そこまで言われたことはないが、『コノッ!いやー硬い 』と言われ、「硬くてどうもすいません。お手数かけます」と謝ったことはある。

したがって堅いものも、難なくかみ砕く。とにかく堅いものが好きなのであります。
干し空豆の素炒りの堅さは格別で、Chiの父が好きだったこともあり【好雄豆】と名づけて愛好している。煎餅なども堅焼きがお好みであります。と申しましてもやわらかい物も嫌いではありません。要するに何でもOKっていうことか。歯は硬いが最近は歯ぐきが老化。そのせいなのかパステルのやわらかプリンがいたくお気に入りなのであります。
d0092767_519032.jpg

店の奥で職人のおじさんが手焼き。おじさんは何時も身体を左右・前後にゆすって調子をとりながら焼きあげている。店員のおばさんは何時も無駄口はたたかない。「花吹雪」と口にするだけで、『予約して頂かないと・・・・』と無愛想。予約してあって取りに来た客には結構愛想いいのにね。

※堅い・硬い・固いの区別が付かない。どれを使えば・・・・・・。
  一応、歯は硬い煎餅は堅い にしてみました。
  土は固いっていうイメージかな?新明解さんに聞いてみなくちゃ。
[PR]
# by ikuohasegawa | 2007-04-28 05:45 | 食べ物 | Comments(0)

126) 図 書 館 +

大磯駅を出て左手の坂を下ると途中に図書館がある。正確ないきさつは知らないが消防車の車庫が館の一部にくい込んだ状態で存在する。おそらく前からあった車庫の行き場がなく館を新築する時に組み込んだのでありましょう。
この通りは数回歩いているのですが気が付きませんでした。それでもカラの状態の日にオヤッと感じたことはある。ガラス張りで中が見える半端な変なスペースだなー、イベントでも・・・と思った記憶はありますが案の定ヤッパリ変でした。とりあえずご報告まで。
d0092767_5115249.jpg

[PR]
# by ikuohasegawa | 2007-04-28 05:38 | Comments(0)

125) ア ニ マ ル ズ +

三沢厚彦さんの木彫作品は図書などで見て心地よい作品だと思っていた。
三沢さんの企画展・アニマルズ+ を見に平塚市美術館へChiと出かけた。
d0092767_5394771.jpg

せっかく湘南に出向くのだからその前に大磯で煎餅を買って大磯図書館前からバスで平塚へ戻る。名物煎餅・花吹雪は予約なしでは今日も買えない。バスに乗ったのは単なる気まぐれです。

どこの美術展でも会場内では撮影禁止。
このアニマルズ+ は会場の外にも作品を展示。そこの作品は撮影OKなのです。木彫作品だからできるのでしょうが、会場からアニマルが抜けでてきたようで嬉しくなってしまいます。監視の学芸員がいなくても、この大きさでは連れて帰るのは無理だ。
d0092767_5382635.jpg

実物大の小柄なゾウの像からでっかい白熊、子キリン、虎・・・・・犬・猫・15cmぐらいのアニマルヘッドまで木彫彩色の動物がいっぱい。床の上に作品ごろごろ、手で触れたくなってしまうアニマルズだから、子供がいっぱい来てウキウキしたら大変だよ。老婆心ながらGW期間の学芸員さんは大忙しになるね。
d0092767_5342983.jpg


小さくてもいいから何か彫りたい。そんな気持ちを一層強くさせるアニマルズ+ でありました。
コンナのを彫って生活できていく人は幸せだな。裏山椎茸。

More
[PR]
# by ikuohasegawa | 2007-04-25 05:43 | Comments(2)

124)  山   吹

三連休も最後の4月19日。目覚めたら雪が積もっていて、どんどん追加している。イルカもびっくりである。?何故イルカ = 伊勢正三の名曲・なごり雪はイルカちゃんが歌う。

8時を過ぎると外気温は5度に上昇。さすがに4月のなごり雪は溶け始めるのが早い。
よかった、前日購入した山吹を植えなきゃ。
玄関前のアプローチ脇をうがつ。真っ白な雪化粧を土で汚してゴメンなさい。でもね、この山吹は白い花が咲く白山吹。 白だから勘弁して。そんな気持ちにさせられる。

『白はとっても珍しいの。それに、この大きさで500円はお買い得だよ』って
農協のおばさんチェッカーが言ってたそうです。
エッ、白。本当は珍しくない黄色いのが欲しかったのです。黄色い山吹があちこちで満開なのですから。次は隣に普通の山吹を植えないと。
d0092767_3401238.jpg

[PR]
# by ikuohasegawa | 2007-04-23 16:00 | Comments(0)

123) ご 親 切

4月17日。妙義山腹 さくらの里へ電話をかけた。
『桜は満開ですが今日は来ないほうがいい。雨が降って寒いですから』と、
真にご親切なアドバイスを頂きました。それで、予定を変えてこの日は須坂・臥竜公園へ向かいました。

翌、4月18日。さくらの里へ。寒くても今日しかない。満開と聞いては往かねばならぬ。
古木の臥竜公園は艶やかな桜。桜花の束を幾つも幾つも重ね合わせた様な濃厚な満足感を与える。特濃・岩絵具の日本画である。
木の若いこちらの里は向うが透けて見えるほどのサラサラとした清楚な桜。
若樹はコレで満開なのです。豊潤な花を咲かせる古木には勝てぬというところでしょうか。
しかし、折からの霞に煙る遠くの山々を借景、水墨画に薄く彩色したような景色をみせる。ここはここで捨てがたい。
d0092767_1911125.jpg

すれ違う人々は桜を語るより寒さを口にする。
この後、坂本宿の温泉・峠の湯で♪あったかいね♪急げ!
ギョ。観光バス2台駐車。きっと、さくらの里→峠の湯ツアーだ。
温泉は空いていたが休憩所は満員。舞台の上の特設スペースで休憩。
舞台でゴロリと横たわると、斬られた武士を演じたくなりません?
Chiちゃん、斬って。お願いだから。    おさえて おさえて。

途中の農協直売所で山吹の苗を購入。お得な買い物でした。
[PR]
# by ikuohasegawa | 2007-04-22 04:19 | Comments(2)