4-910) 小諸懐古園の桜は満開

満開と報じられた翌日、小諸城址公園・懐古園へ。

これまで幾たびかの春に懐古園で見てきた桜の中で最高の、真正満開の花見になりました。
桜は蕾一つ残さず開き、花びら一枚も散らさずという絶妙のタイミング。
加えて快晴の青空。

多くの説明は無用です。
d0092767_10143723.jpg
d0092767_10142196.jpg
d0092767_10141298.jpg
d0092767_10135242.jpg
d0092767_05532161.jpg
d0092767_05091649.jpg

小諸八重紅枝垂桜も満開でした。
d0092767_10145911.jpg

# by ikuohasegawa | 2019-04-22 04:00 | 散歩・お出かけ | Comments(0)

4-909) 4月のゴルフ

19日はオリンピックスタッフ都賀(栃木)にて開催のKS会ゴルフコンペに参加。
軽井沢に来ていながら栃木へゴルフに行くという酔狂。だけど行くんです。

出発した5時の外気温は6度。
こちらに1週間いると体が馴染んで、6度の朝は暖かい朝なのです。
群馬に下ると13度。
群馬を横断して都賀に着いた7時頃には16度。
予報どおり暑くなりそうなので、いつでも半袖になれる服装にチェンジしてスタート。

ゴルフの報告なのに天気と気温のことばかりで気がひけるが、この日はしょうがない。真夏日に近い夏日だったから。
日中は26-7度はありました。
d0092767_02241070.jpg
当然、半袖になってプレーしました。

すっかり日焼けして帰宅した私にChiが言いました。
「そんなに焼けちゃって、真っ黒になるよ。あなたは上品さだけが取り柄なんだから」
上品さだけ?
だけというのが気に入らない。他にも有るだろう。

確かに私は、取り柄を表に出ないタイプだから━━自分でも即答できないけれど━━よく考えれば他にも有ると気づくはずだ。


そうそう、桜はほぼ散って場内では、おくての数本が咲いているだけでした。
そんな都賀でしたが、クラブハウス横の八重桜は満開でした。
d0092767_02182909.jpg
帰路で見た群馬の富岡・下仁田あたりの高速沿いの桜は、ほぼ満開でした。

ゴルフの話をしますと、グリーンの傾斜とうねりに手こずりスコアは100を切っただけに終わりました。

# by ikuohasegawa | 2019-04-21 04:32 | 散歩・お出かけ | Comments(3)

4-908) 津金寺のカタクリも見に行きました

信州に来ていますが、花見に出ない日もあります。
そんな日は持ち込んだ本を読んだり、豆本を量産したりしております。

1冊分ずつの用紙の1辺をスティック糊で固定し
d0092767_14051462.jpg
10冊分をカットしました。
d0092767_14120478.jpg
この日はここまで。

カタクリが咲きそろってきたというので、立科町の津金寺へ行きました。
観音様に手を合わせ、裏山の自然探勝園へ向かいます。

ちょうど良い時期だったようで、カタクリのほか、白いアズマイチゲ、空色のヤマエンゴサクが咲きそろっています。
d0092767_12285144.jpg
ほかにも、イチリンソウ、ニリンソウなども開花しているとのことでしたが、見つけられませんでした。
# by ikuohasegawa | 2019-04-20 04:00 | 散歩・お出かけ | Comments(4)

4-907) 水仙咲く信州国際音楽村

このあと栃木へゴルフに出かけます。
ほとんど高速道路を走り2時間弱なので、横浜から行くのとほとんど変わりません。
変わるのは同乗する友人がいないこと。独行ですから一層安全運転で参ります。

さて、信州国際音楽村の水仙祭りに行きました。
今の季節はキズイセンの水仙祭り+サクラ。
ここは園地の面積は小さいが、全体を一望できる丘陵地なので満足度が高い。
d0092767_12280799.jpg
一望と言いながら、空がとっても青いので下から見上げる写真ばかりです。
d0092767_12281649.jpg
祭り最終日とあって水仙の花束(5本)を100円で販売していました。
d0092767_12275375.jpg
ここへはまた来ることになります。

だってChiは、この続きの丘陵にはラベンダー畑、裏側斜面にはバラ園があることを知っていますから。

# by ikuohasegawa | 2019-04-19 04:00 | 散歩・お出かけ | Comments(4)

4-906) アンズの里 

あんずの里(千曲市森・倉科地区)の満開は4月5日でした。

満開から10日経っているから花見には厳しいけれど、4月14日までアンズまつりを開催していたくらいだから16日でもそれなりに見られるだろう。
ということで、出かけようと誘われました。

Chiは、自分の花巡りというより、私のネタ(このブログの)作りに貢献しようと本気で考えているのです。

地区の入口付近の桜は満開。
d0092767_17141709.jpg
園地に進んでいくと満開のアンズの花が出迎えてくれました。
遠くに見えるのは白馬岳でしょうか。
d0092767_17110086.jpg
青空に映えてアンズの花は見事です。
d0092767_17102888.jpg
さらにアップ。
d0092767_17101037.jpg
アンズの花は実にきれいでした。

そうそう、「報道にはご用心」
この日満開だったのはこの畑のみです。

桜が満開ということは、早咲きのアンズの花見には遅いということ。
アンズの花は散ってはいませんでしたが、満開時の淡いピンク色が抜け白っぽい。
遠景は青空の下でもくすんで見え、写真を写す気にもなりませんでした。

花のアップが多くて全景を映さない花報道に騙されて出かけてはいけません。
Chiのおかげでこの稿を書くことができました。


# by ikuohasegawa | 2019-04-18 04:00 | 散歩・お出かけ | Comments(2)

4-905) 満開 上田城址公園千本桜

阿蘇山が噴火しているようです。
Chiが大ごとにならなければよいけれどと心配しています。

信州の桜は昨年より10日程度遅れているようです。

昨年とほぼ同じ日程で信州に来ていますが、上田城址公園の千本桜は今まさに満開です。15日に行きました。
d0092767_03560814.jpg
昨年は散り終わっていましたから、Chiも大喜びです。
d0092767_03562593.jpg
近所の幼稚園も花見に来ていました。
d0092767_04391676.jpg
堀の向こうの桜並木を進んでいます。
d0092767_04390403.jpg
d0092767_03563839.jpg
前日の日曜日はもっと大勢の花見客がいたことでしょう。
d0092767_03571522.jpg
今、満開ですから堀の水面に花筏は見られません。
d0092767_03573142.jpg
Chi孝行ができました。

# by ikuohasegawa | 2019-04-17 04:37 | 散歩・お出かけ | Comments(6)

4-904) 英語の筆記体

このところの好天で積もっていた雪がとけ、フキノトウが顔を出しました。
d0092767_17351611.jpg


さて、話は小学校の英語教育事情。
昨年度までは小学5-6年生が年間35時間の「外国語活動」として英語を学んでいた。活動だから通知表に記載なし。
今年からは小学3-4年生が年間35時間の「外国語活動」、5-6年生は教科として英語を学ぶそうです。

そんな話題が出た━━横浜でのこと━━とき、何となく思い出して「今、学校で筆記体を教えていない。外国人も筆記体で書く人は少なくなっているようだ」と言ったところ、皆さん驚きの表情を浮かべていました。
我らの年代はアルファベットの大文字小文字、そしてその筆記体を学んでいたから。

そういえばと、H内氏「香港在住の中学生の孫娘、英語ペラペラ。英語の手紙も筆記体ではない」

ネットで調べた程度ですが、アメリカの標準的なカリキュラムに筆記体を指導することは含まれていない。州によっては教えてもかまわないといった教師の裁量任せのようです。香港のカリキュラムも似たようなものでしょう。

こういうブロック体が一般的な手書き文のようです。
d0092767_06401229.jpg
サンドイッチ英会話教材より

それは日本でも一緒で、日本語の筆記体≒行書草書を学校で教えることはありません。

筆記体で書かれた文章は読み難いですからねえ。
書家だった義兄の達筆なくずし文字の便りは読むのに苦労しました。

H坂さん短歌にも「くずし文字」が出てきます。

母よりの文はやさしきくずし文字末尾はいつも風邪ひかぬよう

風邪ひかぬようという思いとともに「やさしきくずし文字」が、母の柔らかい優しさを思いださせてくれる私の好きな歌です。
やさしくくずしてくれれば優しさが伝わります。

トランプ大統領のサインからは優しさが伝わってきません。
d0092767_05431252.png
実に攻撃的な字面です。

破壊を伴う大きな地震の記録に似ています。
d0092767_17504840.jpg
念のため
一つ目のギザギザは Donald Trumpと書いてあるはずです。
二つ目のギザギザは2004年の浅間山地震記録の一部です。


# by ikuohasegawa | 2019-04-16 04:00 | 言葉 | Comments(6)

4-903) 御代田へ行って中華そば

食品の仕入れにツルヤ御代田店へ。

直近のツルヤ軽井沢店は全ツルヤNo.1の繁盛店とかで、店内も駐車場も周辺も年中混雑している。
同店は販売価格が高いのではないかという疑惑を抱いている我が家は、御代田店へ出張るのを厭わない。

加えて、今春の信州初の外食は御代田の中華そば・大石家と決めたので、いそいそと出かけた。

買い物はともかく、私の頼んだチャーシュー麺。
d0092767_12585508.jpg
スープは溢れんばかりの目一杯。
薬味のネギと蒲鉾3枚はスープの上に顔を出しているが、チャーシューとメンマはスープに潜っている。

まずは、色は黒いが澄んでいるスープを一口。
色目ほど塩濃くなく━━かねて承知━━美味い。
脂の浮いていない真っ当な醤油スープが好みに合います。

スープに浸っていた厚切りの柔らかいチャーシューは7枚。チャーシュー麺ですから。

太いメンマは柔らかく煮込んであるが心地よい歯ごたえを残している。臭いからとメンマを嫌う私もここのメンマは食べます。


Chiは何か言いたげでしたが、気付かない振りをして完全制覇。
d0092767_16311489.jpg
半年ぶりの中華そば、大変美味しくいただきました。

# by ikuohasegawa | 2019-04-15 04:00 | 散歩・お出かけ | Comments(6)

4-902) 6時には完全に夜が明けます

二日目の朝、5時過ぎに外へ出て叱られました。
「こんなに寒いこんな時間に、外でなにしてるの」

だって、ホッカイロも貼ったし、朝日を写したいもの。

ほら、朝日が上がってきた。
d0092767_05375116.jpg
浅間山の冠雪が輝いている。
d0092767_05380691.jpg
日陰の道路は溶けた雪が凍ってアイスバーン状態。テラテラ光っている。
d0092767_03461606.jpg
しばらくは幹線道路以外の裏道に行かないようにしよう。


6時になると裏の林はこんなに明るくなりました。
d0092767_06255747.jpg
積もった雪に反射するから一層明るいようです。


# by ikuohasegawa | 2019-04-14 04:00 | 散歩・お出かけ | Comments(4)

4-901) 4月の軽井沢初日は雪かき

昨日の軽井沢の最高気温は3,5度、最低気温は-3度だったようです。
15時頃に着いて、まず最初にしたのは雪かき。

除雪車は道路中央を除雪し道路端に寄せているから、私有地と道路の境は雪が帯状に盛り上がっている。その雪を除けねば我が駐車スペースに車は入れられない。
例年、この時期ならその雪は溶けているのですが、今年は9日に降りましたからねえ。

スコップを使って、降った雪以上に盛り上がっている雪を道路に撒き戻し、駐車出来るようにするのに約30分を費やした。

次いで玄関までのアプローチを除雪。
d0092767_16545230.jpg
アプローチの積雪は深くはないが、そのまま凍ると厄介なことになるので除雪しました。
ここの除雪時間も約30分。

ウッドデッキにも積もっています。
d0092767_17010099.jpg
出入りしなければ邪魔にならないので放置しました。
d0092767_17004426.jpg
軽井沢初日は寒く、疲れた一日になりました。

今朝、確認すると筋肉痛にはなっていません。やれやれ。


# by ikuohasegawa | 2019-04-13 04:00 | 繰り言 (くりごと) | Comments(2)

4-900) 紙芝居舞台のコケラ落としは来週です

4月10日、紙芝居舞台の納品。
一日も早く届けたいという、はやる気持ちを押さえていましたがやっと新学期が始まりました。

Chiが作った布製専用バッグと手持ちの青いトートバッグ(縦にしか入りません)に入れて、いそいそと登校。
d0092767_16290040.jpg
さっそく、紙芝居をセットしてみました。
d0092767_10235850.jpg
採寸したから当然ですがピッタリ収まりました。


図書ボランティア・ぱたぱたママの皆さんが喜んでいます。
d0092767_14362602.jpg
さっそく、「来週の読み聞かせは紙芝居にする」という声が出ました。
嬉しいコケラ落としは来週です。

以上。
喜んで頂いた当事者なのでサラット報告しました。

技工絶賛、スマホ連写、奉仕感謝、熱意感激、欣喜雀躍を「されました」と書いて、自慢になったり恩着せがましくなってはいけません。


# by ikuohasegawa | 2019-04-12 04:00 | 製本&修理:関連 | Comments(6)

4-899)雪のため予定変更

今日、信州へ立つ予定でしたが時ならぬ積雪のため数日延期することにした。 

延期の根拠はまず天気予報。
軽井沢の10日は終日雪。
d0092767_16400333.jpg
軽井沢町HPのライブカメラ映像もチェックする。
昨10日の15時の軽井沢駅前。
d0092767_16401990.jpg
webニュース朝日デジタル。
東日本の上空に寒気が入り込み、関東を中心に10日、真冬並みの寒さとなった。
気象庁によると、日本列島の南を進む低気圧の影響で、広い範囲で天気が崩れ、甲信や関東北部の山沿いでは雪も降った。10日午後1時までの12時間降雪量は、栃木県日光市(奥日光)で16センチ、長野県木曽町と軽井沢町で14センチ、上田市で13センチ、群馬県草津町で11センチ。同庁は、甲信と関東北部の山沿いで11日明け方にかけて大雪となるところがあり、路面の凍結などに注意を呼びかけている。

10日午後1時までで軽井沢町14センチ、上田市13センチ雪が積もって、11日明け方にかけて大雪と言われれば出発を見合わせるよりしょうがない。

念のため上田城ライブカメラも見てみよう。
d0092767_17201340.jpg
10日17時のUCVライブ映像より

枝垂れ桜が満開で、ソメイヨシノは五分咲きだそうです。
そんなことより傘をさしているけれど雪なんか積もっていないじゃないか。


総合的に判断して、まだ横浜に居ります。

おまけ・TV報道より。
秩父も平成最後の大雪だったそうです。
d0092767_18405847.jpg
昨日の羊山公園
d0092767_18405576.jpg
例年の4月なら満開の芝桜も雪の下。
d0092767_18405273.jpg


# by ikuohasegawa | 2019-04-11 04:00 | 繰り言 (くりごと) | Comments(6)

4-898) 新刊 夫のトリセツ

「そばに来ないで」って強い口調でChiに言われた。
急にどうしたの? 
僕が何かしたの? 

新聞の人生案内の、ある日の投稿記事を思い出す。
d0092767_08231653.jpg
夫婦の会話はあるけれどChiはモヤモヤを抱えているのだろうか。
結婚生活はこんなはずではなかったのに、と今頃になって嘆いているのだろうか。
訳が分からないけれど、とりあえず謝った方がいいのかなあ。

不要だと思っていた最近のベストセラー本【妻のトリセツ】を買わなくてはいけない。
【妻のトリセツ】
本書は、脳科学の立場から女性脳の仕組みを前提に妻の不機嫌や怒りの理由を解説し、夫側からの対策をまとめた、妻の取扱説明書である。
「妻が怖い」「妻の顔色ばかりうかがってしまう」「妻から逃げたい」という世の夫たちが、家庭に平穏を取り戻すために必読の一冊でもある。
脳科学の見地から夫に対して妻への向き合い方を指南する一冊である。(講談社HPの紹介)
d0092767_17401225.jpg
理不尽な妻との上手な付き合い方を習得して、家庭におだやかな愛を取り戻さねばならぬ。
僕の方がモヤモヤしてしまう。

「そこを離れて。どこへでもさっさと行って」Chiの放った二の矢で思い出した。
さっさと行って がキーワードでした。

理不尽ではなくChiの自己防衛。ベランダに閉め出されてはかなわないと思ったのだ。
かつてChiをベランダに閉め出した前科があります。

あれは2014年の1月。
その寒い日、ベランダに出たChiは室温維持のためサッシを閉め洗濯物を干していた。
そのサッシを開けて「ちょっと出かける」と声を掛けた私はサッシを閉め、習慣的に━━ここが肝心なところ。閉めたらロック。と自然に自動的に手が動くのよ━━ロックをして出かけた。
その結果、8階のベランダから手を振るChiということになった。

それを思い出した私はニヤリとしてしまう。
「笑いごとじゃないわよ。シッシッ」

その場を険悪にしてはいけない。
拳銃を向けられたかのように両手を挙げて後ずさりしながら「行ってきまーす」


どうもエアコンを動かしている冬が閉め出される季節のようです。
これからも用心しなさいよ。

【夫のトリセツ】が刊行されたら書かれそうです。
男は習慣的に行動する。
ベランダで洗濯物を干しているときに近づく夫には用心が必要




# by ikuohasegawa | 2019-04-10 04:00 | お気に入り | Comments(11)

4-897) 柳家権太楼 天狗裁き IN にぎわい座

昨4月8日のプライベートゴルフは雨天のため、3月に続いて連続の中止。

6日土曜日、にぎわい座名作落語の夕べの報告。
d0092767_09134682.png
前座君の狸賽に続いて、
金原亭馬玉の大山詣り
歯切れよくキチンとした話っぷりに好感を抱く。

五街道雲助の九州吹き戻し
「私以外やらなくなったネタ」と言ったけれど、皆がやらない理由がわかりました。
滑稽噺でも人情噺でもなくあまり面白くない。
便乗させてもらった江戸行き千五百石積の船が、嵐に見舞われ鹿児島へ吹き流されるという一番盛り上がらなくてはいけない場面の淡白なこと。
・・・玄界灘にさしかかるころ、西の空から赤い縞のような雲が出たと思うと、雷鳴とともにたちまち大嵐となった。帆柱は折れ、荷打ちといって米俵以外の荷は全て海に投げ込み、一同、水天宮さまに祈ったが、嵐は二日二晩荒れ狂う。三日目の夜明けに打ち上げられたのが、薩摩(さつま)の桜島。江戸までは四百里、熊本からは二百八里。帰りを急ぎ過ぎたため百二十里も吹き戻されたという噺でございます。
ほぼ落語あらすじ辞典(千文字落語)と同じだもの。

桂文治のお血脈
柳昇、桃太郎、先代正蔵、円丈の真似まで演じて場内大爆笑。
くすぐられれて場内は沸いていたけれど、のべつ幕なしのくすぐりは苦痛。30分の半分は脱線ネタだ。
この人の芸風は合わない。

お待ちかねの権太楼登場。
文治のかき回した直後はやり難かろうと思ったが「お若い人は元気なもので」「こんなに長くやるお血脈は初めて聞いた」と軽くいなして自らの世界を作り始めた。
「ちょいとおまいさん。夢見てたろ。どんな夢見たんだい」「夢なんか見ちゃいねえ」と始まる天狗裁き。
昨年10月にも聴いたネタだが筋やオチを知っていても楽しめた。
落語とはそういうもののようです。


振り返ってみたら2017年の正月公演でも、文治の、お血脈を聞いていた。
そして、同じ感想を書いていました。

日を置かずして二度聴いても楽しめた権太楼(猫の災難)がいれば、一方に桂文治もいる。
あの「お血脈」を二度も三度も聞く・・・私らはもう結構です。

もう結構を二度聞くという不幸に見舞われた私でした。


# by ikuohasegawa | 2019-04-09 04:00 | 待ってました!権太楼師匠 | Comments(4)

4₋896) 統一地方選挙投票日

昨7日は、2019年統一地方選挙の投票に行きました。
私どもの投票所は並木第四小学校体育館です。
d0092767_10584649.jpg
投票を済ませ出口で振り返るとこんな感じです。
d0092767_10582683.jpg
横浜市では神奈川県知事、県議会議員、横浜市議会議員の選挙が実施されましたが、私の選挙区では県会議員選挙は定数2に対し立候補者2名ということで、無投票で当選が決まっています。

県議選が無投票当選では盛り上がりません。
はずみでこう書きましたが、県議選があっても地方選挙は関心薄ですけれど。

NHKによると、
29日に告示された41の道府県議会議員選挙では、合わせて945の選挙区のうち、全体の39%にあたる371の選挙区で定員を超える立候補者がなく、合わせて612人が無投票で当選を決めました。これは、前回・4年前よりも111人増え、総務省に記録が残っている昭和26年以降、最も多くなりました。
道府県議会議員選挙の政令指定都市の選挙区で無投票が相次ぐことについて慶応義塾大学の小林良彰教授は、
「政令指定都市は、都道府県を飛び越えて国と直接いろいろな交渉ができるので、いちばんやりがいを持ちやすい。しかし、道府県議会議員は、まず当選が見込めないうえ、当選したとしても知事の権限が強いため追認するしかなく、自分の仕事を見いだしにくい。これが無投票当選が増えてきている原因だと思う」と話しています。

どうやら、横浜市では県会議員になろうという関心も薄いようです。

余談ですが、投票立会人を含め事務方の昼食は崎陽軒の弁当です。
ちょうど配達の車が来ていました。


# by ikuohasegawa | 2019-04-08 04:00 | 地域・団地 | Comments(6)

4-895) 日本初なら れいわ元年

つい先日まで「平成 最後の〇〇」なんて言っていたが、ここにきて、これから先の事態を「令和 初の〇〇」と形容し始めた。Wで煩わしいことこの上ない。
最後でも初でも事実に変わりはない。単に空騒ぎをあおっているだけだろう。

「令和」の出典は万葉集。初めて日本の文章から取ったと安倍君は胸を張るが、その万葉集の文章も元をたどれば中国にあるというではないか。それほど「日本の」とか「初の」と言いたいのなら、いっそのこと「れいわ」と平仮名書きにしたらどうよ。この辺は梟通信の影響を受けている。
「れいわ」なら初の仮名書きであることは間違いない。

ただし、その平仮名だって漢の字を草書化したものだ。
こと文字に関しては全くのニッポンオリジナルなどというものは無い。それでいいじゃないか。何の差し障りもない。

それもこれもさておき、この先、令和と付き合っていかなくてはならぬのだが、令はどう書くのが正しいのだ。
d0092767_09342935.png

見た感じでは左側は書く時バランスがとりにくい。左右対称に近い右側の方が書きやすそうだ。


常用漢字表に「筆写の楷書では、いろいろな書き方がある」の一例として「令」が挙げられていた。
余談だがこの通達文書は「(句読点の読点)」ではなく、半角でしか打てない「 , 」を使っているのも不思議だ。
d0092767_10052536.png
字体についての解説:常用漢字表₋文化庁より


つまり、意外にも様々な字体を認めているようだ。
しかし、小学校の漢字の書き取りテストではどう判断しているのだろうか。

令の他、糸偏など特に気になる。
d0092767_10391446.png

と書いていたら、小学校の友だちに川口令子って子がいたことを思い出した。玲子ちゃんだったかもしれない。
# by ikuohasegawa | 2019-04-07 04:00 | 言葉 | Comments(2)

4-894) 入学式 並木第四小学校

昨5日は並木第四小学校の入学式でした。
d0092767_10561151.jpg
校門前に列ができている。
新入生は47名と聞いているのにどうして混雑しているのだろう。
d0092767_10560661.jpg
入学式の看板の前で記念写真を写す列でした。
桜も満開で新一年生を歓迎しています。ここ数日の寒さのお蔭です。
d0092767_10560983.jpg
一年生(1組と2組を合わせて47名)は新六年生と手をつないで入場しました。
d0092767_05445515.jpg
校長先生のお話は「大きな声で挨拶と返事をしましょう。もう一つは、早寝早起き朝ごはん」

私は「入学おめでとう。図書室にはいっぱい本があります。たくさん読んでください」と。
一応、来賓ですから、一言。

昼食はChiの炊いた赤飯でお祝いしました。
d0092767_08552669.jpg
おめでとうございます。

私は小学校の入学式が好きです。
参列していると自分が清らかな爺様になったように感じます。


# by ikuohasegawa | 2019-04-06 04:00 | 地域・団地 | Comments(6)

4-893) ブログのコメント

ブログに対する私の立ち位置です。
このブログは、その日その日の私記録であり友人への報告のつもりで記している。
湧き出る雑念を整理し、あるいは蓄積するガスを時折放出しているだけのこと。
世に論を立てるつもりも議論をする気持ちも全くない。
したがって違和感をお感じのおりも笑って看過していただきたい。

さらに要約すると反論しないで欲しい。
コメント欄を設けているのは共感・賛同を得たいがためです。

コメントをもらうと嬉しいです。しかしコメントが全く無い━━本の修理関連稿━━日も、がっかりはしません。
このブログを参考にしていただいている無言の知人、未知人の方がいますから。

「私とは意見が違う」
「ちょっと、なに言っているか分からない」
というコメントが届いたことがありますが、承認制の拒否権を発動して来なかったことにしています。
あんたはサンドイッチマンの富沢かよと言いながら削除しました。
なにせブログのコメント欄で議論をするつもりは一切ありませんので。

さらに詳しく知りたいというコメントには、喜んでお答えしております。

外国語のコメントが来ました。Ц、Π、Д、Ш、Й、фなどが混じっていますからロシア語ですね。
d0092767_18004794.png
かなり前の稿・磯子図書館本の修理への投稿ですから、返答は「はい、もちろんロシア語の本も修理できますよ」
なんてことはありません。
遠いロシアに読者がいると思うほど自惚れてはいません。

「ちょっと、なに言っているか分からない」のですが、Google翻訳で訳しもせず、読まずに━━読めずに━━そのまま拒否・削除しました。

日本語のできないロシアの方でもコメントを投稿できたのですから、どなたでもできます。
日本語のできる九州の方は間違いなくできます。

コメントの仕方を説明します。
文章下部の Comments をクリックすると、コメント欄が開きます。
d0092767_17402240.png
名前はニックネームが良いでしょう。

URLは所有していて公開するつもりなら記入。そうでないならパス。

(コメントを記入します)

非公開 をクリックするとコメント記入者とブログ主(このブログの場合は私とChi)以外は読めません。
※Chiへの個人的連絡につかえます。ただしこちらからの返答は公開か別便になります。

削除用パスワード 後日消す必要があれば設定します。設定しなくても可だと思います。
パスワードが必須条件なら 12345 でも 987654 でも良いはずです。




# by ikuohasegawa | 2019-04-05 04:00 | 繰り言 (くりごと) | Comments(6)

4-892) 4月のつくしんぼ

ウオーキングで通るデイサービスの窓飾りが月ごとに変わります。

3月のテーマは入学式です。
d0092767_06010836.jpg
[つくしんぼ 入学式]といっても、こんな若い子がつくしんぼ に入学する訳ではありません。
ここはデイサービスですから。

我が並木第四小学校の入学式は明日4月5日です。
私が入学するわけではありませんが楽しみに待っています。

5日は並木中学校も入学式ですが、小学校と重ならないように午後に行うそうです。



# by ikuohasegawa | 2019-04-04 04:01 | 今月のつくしんぼ | Comments(6)

4-891) 広開製本の絵本を修理をする-2

4-884)の後編です。

背割れを修理するために自らカットした1-2ページの見返しをつなぎます。
ここも、表からのテープの補修だけでは強度不足になりいずれ裂ける。背側からの補強が必要。
再びオーガンジーリボンの出番です。


まず表紙裏と貼り合わせてある1ページ目の厚紙の縁をはがし、
d0092767_11054723.jpg
その隙間にリボンの一部を貼り、残りを本文の背に貼ります。、

仕上がりの概念図。
赤いリボンの半分は厚紙の中、半分は本文の背に貼るが空間は断固維持。
d0092767_11375099.jpg

広開本の要・背の空間を接着しないように敷き紙(テープの剥離紙)で保護。
d0092767_11055005.jpg
剥がした厚紙の隙間にボンドを塗りオーガンジーリボンを接着。
d0092767_05315868.jpg

リボンにボンドを塗り
d0092767_11055488.jpg
本文を立てて押さえ背に圧着。
センターのカットラインは密着します。
d0092767_11055780.jpg
ボンドの乾きを待って敷き紙を抜き、余分のリボンをカット。

さらに表面から補修クリアーテープで補強しました。
d0092767_11055911.jpg
後知恵ですが、この方法で修理するなら、ここをカットしないで裂けた見開きを直接修理することもできた。
まあ、初めての広開製本の修理でしたから。

# by ikuohasegawa | 2019-04-03 04:00 | 製本&修理:スキル | Comments(3)