<< 2-323) 資産公開 2-322)  一件落着 >>

2-322) 被害者名簿

多発している振り込め詐欺は、一度だまされた人は二度と騙されないと思っていたがそうではないらしい。被害者を狙った詐欺が横行しているという。被害者名簿も出回っている。
振り込め詐欺事件を捜査していた合同捜査本部は、被害者の名前や住所が載った名簿を詐欺グループに提供したとして容疑者を逮捕した。逮捕容疑は被害者の名前や住所が印刷された1万5000人分の宛名シールを、詐欺グループに売った疑い。

被害金を取り戻せるとでも言われて二度目の被害に遭うのだろうが、悪人からすれば被害者名簿は『騙し易い人名簿』でもあるわけで、「こいつはいける」と狙われる。

日本国の名が記載された『領土意識希薄国名簿』も出回っているようだ。
その名簿を入手した韓国は竹島を、台湾と中国は尖閣列島を、ロシアは北方四島を自国の領土だと主張している。
中国とロシアは「僕もやるから君もやれ」「君がやるなら僕もやる」とばかりに談合しているかもしれない。
なんとしても名簿から削除しないと、そのうち対馬も沖縄も北海道もと狙われるのではないかと心配になる。

前言を撤回し議員を続けると言い出した鳩山元総理は「尖閣問題は中国と話し合って」だし、相手が北朝鮮であろうがとにかく外交問題は「よく話し合って」以外に手がない福島瑞穂某党党首を含め、全ての政治家に櫻井よしこさんの爪の垢の煎じ薬に代わり、著作『異形の大国 中国』を読ませたいものだ。
d0092767_6522416.jpg

「隣に中国という国が存在することは、天が日本に与え給うた永遠の艱難である」。平気で歴史を捏造し、領土拡大の野望を抱き、軍事力の強化に狂奔し、環境汚染を撒き散らすそして毒入り餃子事件ではなりふり構わぬ責任転嫁と開き直り。その狡猾な仮面の陰に隠された恐るべき戦略とは?人口13億の「虚構の大国」の真実を暴き、わが国の弱腰外交を問い質す。著者渾身の中国論。

本当に、『領土問題被害国名簿』に載っちゃうぞ。






あの転倒車椅子議員が4階から落ちたと報道している。
「また後ろから押されて落ちた」と言うかと思ったら、酔っ払いの転落事故だった。
またの車椅子登院を期待する。
[PR]
by ikuohasegawa | 2010-11-02 17:26 | 繰り言 (くりごと) | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 2-323) 資産公開 2-322)  一件落着 >>