<< 2-957) 10月の鰻は横浜... 2-955)川島小鳥写真集 未... >>

2-956) 尼崎鬼女に金棒

 週刊新潮 VS 週刊文春は、 女モンスター VS 鬼女 である。
d0092767_8104175.jpg

 広告は週刊誌の購入を促すのが目的なのだが、私はこの広告だけで十分である。2社の広告を読んでおけば、大抵の世間話には付いていける。
 話題をリードすることも出来るような気がする。
 「横浜にも居たらしいよ」

 したがって、銀行か床屋の待合室で読むのならともかく、買ってまでこれ以上詳しく知らなくてもよい。そう言っても、私は銀行へも床屋へも行かいないけど。

 我が家では、銀行と私の散髪はここ30年以上Chiが担当している。せっかちなので1時間もかかる床屋はゴメンだ。自宅で10分と言うのが応えられない。
 結構、上手にしてもらっているが、下手でも困らない。髪が少ないので多少歪んでも揃っていなくても、目立ちはしない。切り損ねても、今のところまだ伸びているから、1週間もすれば元どおりだし、私の髪型を気にする他人などいるわけがない。

 話を戻す。
 角田美代子は、強い対人影響力を身に付けている。人を手足のように使い、あれだけの事件を実行させ続けたのだから。天性にせよ学習したにせよ、その対人影響力はたいしたものである。
 そういえば麻原 彰晃も強い対人影響力を身に付けていた。どうも対人影響力は善人のそれよりも、悪人の方がはるかに強い。

 なぜなら、悪人は対人影響力に加えて恐怖心や暴力を利用することができるが、善人は善人であるがゆえにそれらを用いることができないからであろう。
 悪人の対人影響力は恐怖心とか暴力の有効利用によって、倍増するのである。
 文字どおり〝鬼女に金棒〟

 ついでだが、広告勝負の 週刊新潮 VS 週刊文春 は、詳しい分だけ文春・鬼女の勝ちだな。
by ikuohasegawa | 2012-10-27 05:37 | 繰り言 (くりごと) | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 2-957) 10月の鰻は横浜... 2-955)川島小鳥写真集 未... >>