<< 3-161) 圏央道伸延 3-159) ご無礼 >>

3-160)津波避難訓練

 4月5日の入学式から一月半が経過し新緑がまぶしい季節になった。

 子供の話し声が聞こえてきたので窓からのぞくと、一年生諸君の隊列。
d0092767_10444091.jpg

 真直ぐ行って小高い岡まで避難訓練。 

 「横浜市津波ハザードマップによると、この付近は学校もふくめて浸水しない地域だ」等と言ってはいけない。
 校区内には浸水する地区もあるのだから、地震→津波→避難という意識を持ってもらうことは重要である。
by ikuohasegawa | 2013-05-22 04:07 | 地域・団地 | Comments(1)
Commented by 古武士ヒロ君 at 2013-05-22 08:33 x
そうか、横浜は「浜」なんだ。新明解によると「湖・海に沿った、平らな砂地」ということで、地震⇒津波⇒避難というのがセットになっていると理解できた。
方や埼玉の内奥部では、地震⇒崖崩れ⇒脚折(足の骨折)ということを意識しないといけない。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 3-161) 圏央道伸延 3-159) ご無礼 >>