<< 4-134) 信州中野 一本木... 4-132) 望月高原飲むヨー... >>

4-133) 雄しべが降る

樹種は特定できないがブナ科コナラ属の大きな木がある。

秋になってあちこちに実ったドングリがころがっていると、食べられる実ではないけれど嬉しい。

部屋から見えるこの二本もその木。
d0092767_08430917.jpg
秋にたくさんのドングリがなるということは、今の時期、花がいっぱい咲いているということ。

林の木は伸び競い、光の当たらない途中に枝葉は無く先端にのみ葉を繁らせる。
その姿は試験管ブラシのような案配。
d0092767_05403041.jpeg
なんとなく実験していますより


木の上の方はこうなっていて、
d0092767_08432565.jpg
白いところが花。
d0092767_08460325.jpg
多くの花は雌しべと雄しべを持つが、ブナ科の木の花は雌花と雄花が別で、同じ株に雌花と雄花をもつ。

雌雄同株なので、枝先の新緑の葉のわきに雌花を取り囲むように穂状の雄花がたくさん付いている。

そこから雄しべが降る。
d0092767_08434491.jpg
d0092767_08435630.jpg
「ドングリ、嬉しい」 とばかり言っていられない。
幸い粘着性ではないから、掃けば綺麗になることが救いである。

車の屋根も一面の雄しべになるけれど、昨夜の雨で流れ落ちました。
d0092767_16264678.jpg





by ikuohasegawa | 2017-06-05 04:15 | 繰り言 (くりごと) | Comments(6)
Commented by ikemoto04lp at 2017-06-05 07:40
「ブナ科の木の花は雌花と雄花が別で・・・」

いろいろと調べ上げて、は氏もずいぶんと植物の知識が増えたことでしょうね。
 脳内に留まっているかどうかは別ですが・・・。
Commented by saheizi-inokori at 2017-06-05 09:30
やっぱりうれしい景色です。
Commented by 広島の郁夫です at 2017-06-05 11:12 x
近くの丘のウグイス、貯水池のカエルの声を楽しんでいます。田舎の家の雑草取りが植物に触れるありがたすぎる機会です。夏に楽しむ茗荷の周りも雑草だらけと恐れています。
Commented by ikuohasegawa at 2017-06-05 18:28
アルチュさん
端から覚えるつもりはありません。その日暮らしのネタですから。
今、地下茎を検索しております。
Commented by ikuohasegawa at 2017-06-05 18:31
saheiziさん
秋にはドングリ、栗、クルミがいっぱいなります。
小動物のエサになっているはずです。
Commented by ikuohasegawa at 2017-06-05 18:33
広島の郁夫さん
ミョウガは植え替えていますか。
ずーっとそのままですか。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 4-134) 信州中野 一本木... 4-132) 望月高原飲むヨー... >>