<< 4-140) 6月のつくしんぼ 4-138) Chiのミツバツツジ >>

4-139)乾燥ゼンマイはおいしい

乾燥ゼンマイを見かけると買いたいと思う・・・乾燥ゼンマイの煮たものが好きなので・・・が高いので躊躇する。
田舎の直売店でも一袋(50g)500~800円くらいする。

一袋350円の新物干しゼンマイを見つけたので、幾つか買ってきた。
今回は25gを茹でてアクぬきしております。

上側の袋が50gで、下の袋が残りの25g。
d0092767_09285521.jpg
新物のうえ丁寧な作りの良いゼンマイだった。
茹で戻したら450gくらいに増えています。


生のワラビは春の山菜としてこの時期大量に出回る。しかし、生のゼンマイは見たことがない。反対に乾燥ゼンマイは時々見るが乾燥ワラビは全く見ない。

ワラビは日当たりのよい平地に群生するが、ゼンマイは山林の湿気の多い痩せた崖地に生えるので収穫しにくい。というから、同じ手間隙をかけるなら大量に出回るワラビより、希少価値のあるゼンマイを乾燥する方が経済的価値が高いということだろう。

これがワラビ。
d0092767_09334979.jpg
大分の田舎人より


ほとんど見たことがない生のゼンマイ。
d0092767_17532144.jpg
DIYしてみようより

ゼンマイと言うだけあって先端は巻いている。まるで「ゼンマイ仕掛けのゼンマイ」のようだ。
というのは順序が逆。

語源的には植物名「ゼンマイ」というのが先で、その先端に似ているから「薄く細長い鋼を渦巻状に巻いた弾力性に富むバネ」のことをゼンマイというようになったのだそうだ。


しからば、植物名ゼンマイの由来は。
[ゼンマイ・薇]
芽が銭(ぜに)が回転しているように見えるので、「銭舞」から由来した説.、若芽が巻いた姿が古銭に似てことから「銭巻(ぜにまき)」が転訛した説、「千巻き(せんまき)」に由来するという説などがある。「巻子(まかご)」ともいう。(日本辞典)

おや、漢字のゼンマイ:薇は、薔薇の二文字目と同じだ。

蕨市があるから漢字のワラビはまだしも、薇はゼンマイと読めないなあ。







by ikuohasegawa | 2017-06-11 04:15 | 食べ物 | Comments(6)
Commented at 2017-06-11 06:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ikemoto04lp at 2017-06-11 07:37
私が田舎にいた子供の頃、ゼンマイもワラビもそこらじゅうに生えていて、母親はよく採りに行ってましたね。
Commented by saheizi-inokori at 2017-06-11 09:37
子供の頃はゼンマイを採っても食べるのに面倒だからと蕨を優先に採りました。
大人になってみると滋味あふれる食べ物ですね。
Commented by ikuohasegawa at 2017-06-12 08:28
鍵コメントさん
承りました。
まずはオメデトウございます。
Commented by ikuohasegawa at 2017-06-12 08:31
アルチュさん
私は田舎のシティボーイでしたから、お祖父ちゃんちへ行かないとゼンマイもワラビは生えていませんでしたね。
Commented by ikuohasegawa at 2017-06-12 08:35
saheiziさん
確かに、生蕨のアク抜きは割と簡単ですが、ゼンマイ(乾燥)はアクが強く大変な手間がかかりますね。
大人になって知ったのですが。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 4-140) 6月のつくしんぼ 4-138) Chiのミツバツツジ >>