<< 4-169) 並四小図書室のイ... 4-167) 食糧班は炊飯訓練... >>

4₋168) 嬉しさも中くらいなり 白星発進の御嶽海

大相撲夏場所初日。

二横綱三大関が敗れるという波乱の幕開けとなった。


新大関高安は北勝富士に、大関豪栄道は復調栃ノ心に、大関照ノ富士は若武者貴景勝に敗れ、大関総崩れ。

続いて登場の横綱鶴竜は正代に勝ったものの、横綱稀勢の里は御嶽海に敗れ横綱日馬富士は嘉風に敗れた。

d0092767_19352208.jpg
 

横綱白鵬は危なげなく、小手投げで小結琴奨菊を撃破。

d0092767_19352734.jpg

それでは注目の新関脇御嶽海の一番。
d0092767_19353579.jpg
横綱稀勢の里に対し関脇御嶽海は立ち合い良く、もろ差し。そのまま寄り切った。
d0092767_19240435.jpg
御嶽海ファンとしては横綱からの白星は嬉しいが、本復前に出場している稀勢の里を思うと手放しで喜ぶわけにはいかない。
嬉しさも中くらいなりというところ。

御嶽海のインタビュー
d0092767_19353171.jpg
「素直にうれしいです。差されたら自分の相撲を取れないので、差されないようにというイメージどおりの相撲でした。最高のスタートをきれたので乗っていきたいです」

御嶽海はこの調子で頑張ってくれればよいが、稀勢の里は途中休場にならなければよいがと心配である。










by ikuohasegawa | 2017-07-10 04:19 | 繰り言 (くりごと) | Comments(4)
Commented by saheizi-inokori at 2017-07-10 09:34
大谷もそうですが、ちゃんと休めない事情ってのがあるのでしょうか。
Commented by ikemoto04lp at 2017-07-10 10:18
稀勢の里は確かに心配ですよね。
Commented by ikuohasegawa at 2017-07-11 06:00
saheiziさん
横綱になって初めての名古屋場所ですから、ファンや贔屓筋への過大な配慮が、どこかで働いているかもしれませんね。


Commented by ikuohasegawa at 2017-07-11 06:02
アルチュさん
御嶽海を喜ぶより稀勢の里を心配する方が大きいくらいです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 4-169) 並四小図書室のイ... 4-167) 食糧班は炊飯訓練... >>