<< 4-180) 夏休みの前に横浜... 4-178)御嶽海、全勝の白鵬... >>

4-179) 学級文庫の壊れた本が自発的に来た

学級文庫の本を修理しますとは広報していないのに、二年二組の学級文庫から「かいけつゾロリ」と「しゅくだい」の2冊が来た。
一年一組のうわさを聞き付けたかな。
d0092767_12254246.jpg
絵本「しゅくだい」は一丁中綴じの糸切れなので、たいした修理ではない。

「かいけつゾロリ」は、背表紙が無くなっている。
開くと本文が割れて外れ、見返しが切れている。
d0092767_12255019.jpg
欠落したページがあるので、図書室の「かいけつゾロリ たべられる!!」を開いて確認する。
d0092767_12254586.jpg
欠落していたペ6ージ分のコピーは、ゾロリシリーズの厚い本文用紙に近づけるため厚手のコピー紙に片面コピーして背中合わせで張り合わせる。
補うページをボンドで貼り、本文を一冊にまとめて天地方向にズレ止めの帯を掛ける。ノド際に穴をあけタコ糸で平綴じする。

背表紙はカラーコピーで複製をつくる。
d0092767_12255326.jpg
背の部分を切り抜き薄手のボール紙に貼り表紙と連結した。
完了。おっといけない。
d0092767_12255732.jpg
この写真を見て気がついた。
学級文庫の本なのに図書室の管理ラベルもコピーしてしまっている。
夏休みになってしまうから、上から学級文庫のラベルを貼ってもらうよう司書さんに頼まなくちゃ。
メールしました。

そう言えば、夏休みが終わって新学期になったら、各クラスの学級文庫の修理を本格的にしようと言ったら、夏休みあけは新学期ではないと言われた。
二学期制になったとかで9月まで前期だそうです。








by ikuohasegawa | 2017-07-21 04:15 | 製本&修理:関連 | Comments(6)
Commented by saheizi-inokori at 2017-07-21 09:48
カラーコピーという手があったかあ、性能もよくなってるんですね。
そういえばニセ札騒ぎもありましたね。
Commented by 広島の郁夫です at 2017-07-21 11:05 x
見事な修復に夏休み明け9月はお願いが増えそうです。2学期ならぬ2地域性の先輩はそろそろ高原へ移動されるのでしょうか。標高30メートル程度でも風邪は涼しいと一人ごちています。
Commented by nicoru1nicoru2 at 2017-07-21 18:38
学級文庫と図書室の本の管理はどう違うのですか。
先般の「ゾロリシリーズ」寄贈の図書が破損したわけではないのですね。
Commented by ikuohasegawa at 2017-07-22 05:08
saheiziさん
そうなのです。
コピーを使うことで修理の幅が拡大しました。
切り盗られの修理もできるのです。
Commented by ikuohasegawa at 2017-07-22 05:11
広島の郁夫さん
梅雨が明けてからと予定を組みましたが、空梅雨で夏日が続き臍を嚙む日々でした。
そろそろ行くつもりでおります。
Commented by ikuohasegawa at 2017-07-22 05:25
古武士ヒロくん
図書室と学級文庫の差はネタにします。ありがとう。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 4-180) 夏休みの前に横浜... 4-178)御嶽海、全勝の白鵬... >>