<< 4-544) 4月2回目のゴルフ 4-542) 散り急ぐ龍岡城跡の桜 >>

4-543) ある程度神聖な土俵

これが「神聖な土俵」です。
d0092767_09411296.jpg
相撲協会HPより

土俵神聖、伝統墨守、女人禁制 VS 女性蔑視。という対立のようだ。
私は「オカマ」はどうすると茶化すくらいの関心しかない。

否、もう一つある。
女性の池坊評議委員会議長が、いつもの協会寄りの意見をどう開陳するかにも関心がある。
豊田真由子議員は退場したが至学館大学谷岡学長という新たな強烈キャラが出てきたのでウカウカしておれませんぞ、議長。

私は、八角理事長が「人命にかかわる状況には不適切な対応でした。深くお詫び申し上げます」と表明した時点で底が見えている、根は浅いと思った。
今風に言えばハードルは低い。

相撲協会が今回、人命にかかわる場合を除外したということは「たとえ人命にかかわっても守る神聖と伝統」というほど原理主義的ではない。
場合によっては縛りを緩める程度の神聖、伝統なのだ。したがって単なる線引きの問題である。

線引きは緩める方へ変更するだけでなく、厳しい側へずらすことも考えたら良い。

私は厳しくして、力士、行司、呼出し、協会役員以外は「神聖な土俵」に上げないというのも手だと思う。穢れ者の範囲を広げれば、女性蔑視問題には蓋ができる。

本場所優勝の表彰式の天皇賜杯、優勝旗は土俵上で授与。
汚れた内閣総理大臣杯以下各賞授与は神聖な土俵の外。地方巡業の首長挨拶も土俵の下で。

それは大事なスポンサーに対しマズいと言うのなら、一人ずつ力士のように塩で浄めて全員・・・男女オカマを問わず、土俵に上げればよい。
伝統的に塩にはそれくらいの浄め祓う力があるでしょう。

「人命にかかわっても守る神聖と伝統」以外は五十歩百歩なのだから、六十歩か七十歩のところで線を引き直したらどうでしょう。

ちびっ子相撲の件は、
伝統の塩の浄め祓う力を信じて男児女児混合で実施するか、それが嫌なら中止。

全国大会は、
成人の競技を男女別に実施している種目・・・混合もあるけれど全て男女別競技・・・は、児童少年少女も別大会を開催することが望ましいと思う。練習はともかく。

ちなみに、柔道の全国小学生学年別柔道選手権大会は男児女児を別部門にしている。レスリングの全国少年少女選手権大会は男児女児の区分けなし。

「オカマ」はどうすると茶化すくらいの関心しかない。と言った割には長々と書いてしまった。


[PR]
by ikuohasegawa | 2018-04-21 04:33 | 繰り言 (くりごと) | Comments(6)
Commented by ikemoto04lp at 2018-04-21 08:07
数千年前の古代オリンピックじゃあるまいし、時代錯誤も甚だしく、角界の頑迷固陋さを自ら表明しているようなもんです。
 国技としての伝統と神聖さを堅持するというなら、周辺事情のことではなく力士そのもののあり様をもっと考えろということですよ。
 その神聖な土俵にしたって、言葉は悪いけど、今やモンゴル力士に蹂躙されているし、彼らの前で日本の神聖さがどれだけの意味を持っているのか疑問に思いますね。
 いけね、また長くなりそうなので、ここらで止めとこう。
Commented by saheizi-inokori at 2018-04-21 09:58
男の理事長以下が「俺は清浄だ」と自信を持って言えないのだろうから、、。
Commented by 広島の郁夫です at 2018-04-21 10:49 x
宮島にある厳島神社が昔は靴を脱いで参拝していたのに土足でお参りするようになっています。靴を脱ぐ方が気分も改まってと懐かしく思うのですが、観光客の数を見るとやむを得ないです。
Commented by ikuohasegawa at 2018-04-22 05:28
サマースノーさん
同感です。
Commented by ikuohasegawa at 2018-04-22 07:50
saheiziさん
役員、力士がそうでもないのに「神聖」を口にするのは納得いきません。
Commented by ikuohasegawa at 2018-04-22 08:09
広島の郁夫さん
伝統といっても、明治期に付加したり変更していることがあるようですから・・・。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 4-544) 4月2回目のゴルフ 4-542) 散り急ぐ龍岡城跡の桜 >>