<< 4-642) 磯子図書館本の修理 4-640) キリで平綴じの穴... >>

4-641) 手作り製本の会 & シリコーンスプレー

26日は手作り製本の会でした。

今月の課題は「豆絵本・しば君のぼうけん」
休暇月となる8月前の最後の課題です。

原作を中央に記念写真。
d0092767_17312830.jpg
折本に仕立ててもらったしば君、上製本函入りのしば君など9作品。
※折本:本の古い形は巻物(巻子本)から始まったが、これでは閲覧や保存などに不便なことから、長く継ぎ合わせた紙葉を、一定の幅で交互に折りたたんで考案されたのが折り本である。経本や朱印帖などにみられる。

この日は参加者が少のうございました。
暑さのせいで、体調を崩しておられぬかと心配なところです。8月を乗り切ると、9月には文庫サイズに仕上げる方丈記です。お元気で。

そうそう、新規入会の方が一人いらっしゃいました。



午後は磯子図書館本の修理。
早めに行って、動きがスムーズでなくなってきたクイックバークランプにシリコーンをスプレー噴射した。

滑りを良くするスプレーといえばCR556が有名だが、私の用途ではシリコーンスプレーが良い。
CR556と違い噴射後、油が残らないから本を汚すことが無いから。
d0092767_17312339.jpg
使用時の注意事項は、噴射したときの拡散。
板張りの床が滑るようになり危険です。

クイックバークランプのときは、古いポスターを敷いて小さく噴射しました。


元々、雨戸シャッターの上げ下ろしが重くなったのでCR556を買いに行き、そこでシリコーンスプレー缶を見つけたのです。気に入ったのは油でべとべとしないことの他、価格。
根が貧乏性ですから。
写真のシリコーンスプレー缶は198円と格安でした。

左右のガイドレールにスプレイすると、雨戸シャッターが指一本で上げ下ろしできるようになりました。
音も小さくなり「閉店スルスル」


箪笥の引き出しも滑りがよくなります。





by ikuohasegawa | 2018-07-28 04:15 | 製本&修理:関連 | Comments(2)
Commented by 広島の郁夫です at 2018-07-28 10:17 x
板戸の滑りなど気になる個所もあり、油が気にならないのはうれしいのでシリコンスプレーをDIYで探してみます。
ありがとうございました。
Commented by ikuohasegawa at 2018-07-29 09:56
広島の郁夫さん
屋内の敷居に噴射すると人間まで滑り易くなりますので、ご注意下さい。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 4-642) 磯子図書館本の修理 4-640) キリで平綴じの穴... >>