<< 4-700) 御嶽海勝ち星日記... 4-698) 魔女のみみずスー... >>

4-699)今月のゴルフ トムソンCC

大相撲秋場所 御嶽海勝ち星日記。

前日、5連敗から脱出し7勝目をあげた御嶽海。
14日目の対戦相手は大関高安。
d0092767_18110807.jpg
突き落として8勝目を上げ勝ち越しを決めた。やれやれ。
千秋楽の対戦相手は阿炎。
前頭四枚目、今場所6勝8敗の阿炎とはいえ気を抜かず9勝をあげて欲しい。


9月一回目のプライベートゴルフは雨で中止したが、KS会コンペは多少のことでは中止しない。

今日までの15年間(180数回)で中止したのは3回。
大雪によるゴルフ場閉鎖、大雨によるゴルフコース破壊、3.11直後の自粛の3回のみ。
ですから、雨の予報くらいでは中止するはずがありません。

ということで、21日、終日降り続けるトムソンCC(栃木)にてゴルフをしてきました。
d0092767_06135968.jpg
しとしと、しとしと、風まで出てレインウエアを着こんでのプレーですから鬱陶しいことこの上ないゴルフになりました。


KS会新年度ということで、ルール改定後、第一回目でした。
70歳以上はシルバーティーからプレーすることができる。
該当する7名とともに私は5~60ヤード、時には100ヤードも前から打つことができる。

見栄を張る必要は無い。
若手も含んだ議決で採用されたルールだから粛々と(喜んで)従う。
冷静に考えると、従来から取り入れているハンディキャップ制は、年齢も体力も技量も反映した前年度の成績に基づきハンディキャップを定めているのだから、その上さらに距離のアドバンテージを与えるのは過剰優遇だろうという気がする。
d0092767_06135655.jpg
しかし、どなたも、いずれもれなく70歳を迎えるのだから不公平ということではない。

また、終わってみれば前進ティーのアドバンテージを生かせた人もいるし生かせぬ人もいる。
恩恵に浴しても次回からのハンディは大幅に減少するから、一回限りの恩恵である。
そう思えば、それほど妙なルールではないように思い始めた。

私は多少恩恵を受けたようなスコア具合だったが、ハンディキャップを無駄───賞にも入らないのに───に減らすことになりそうだったので調整することにした。

残り2ホールで14打ならパープレー(ネットスコア)という局面の1ホール目は予定どおり7。最終ホールでも7のつもりだったが、気楽にプレーするものだからナイスショット連発。

こんなはずではないのに3打目のアプローチはピンそば60センチ。そこから4パットは嫌らしすぎる。
意図的に2パットして5がやっと。
結局、2アンダーで次回からのハンディキャップを2減らした。

まだまだ大量ハンディキャップがあるし、老人アドバンテージを活かして、次回は・・・。



by ikuohasegawa | 2018-09-23 04:48 | 散歩・お出かけ | Comments(5)
Commented by ikemoto04lp at 2018-09-23 06:58
久々の雨中ゴルフ、おつかれさまでした。

そもそもハンデは、ティーグラウンドを分けてプレーした結果でつけるのが前提なので、別に過剰優遇ではありません。
 は氏は、今回その点に遠慮したんですね。

コースは「トムソンCC」ですよ。
Commented by ikuohasegawa at 2018-09-23 08:43
サマースノーさん
サンキュー。トムソンに修正しました。
Commented by saheizi-inokori at 2018-09-23 10:40
そうか、次回以降にそなえてハンデイの調整、そんな手があったのですね。
Commented by ikuohasegawa at 2018-09-24 05:27
saheiziさん
年度初めは大幅アンダーでないと優勝できません。
中途半端なアンダープレーはハンディを減らされるだけになりますから、調整しました。
Commented by ikemoto04lp at 2018-09-24 07:46
タイトルも直してください。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 4-700) 御嶽海勝ち星日記... 4-698) 魔女のみみずスー... >>