2009年 03月 08日 ( 1 )

727) 臨時増刊 ・ 今月の鰻

四万十川。その人気はとどまるところを知らない。旧中村市は旧西土佐村との合併を機に四万十市に名を変えた。
北海道旅行の旭山動物園ほどではないが、四国のツアー旅行に「四万十川」がないと売れ行きが悪いそうだ。今回のツアー旅行パンフレットにも「四万十川」の文字はあった。遊覧船川下りもオプションで用意されている。

でもねー、案内されたのはもうすぐ土佐湾という河口付近。オマケに雨上がりで水は・・・・・だし、ココも四万十川だけどもう少し上流の清流四万十を見たかったなー。
その代わり、河口ならではのものを見せてもらった。四万十青海苔と四万十鰻のシラス。
写真は少し拡大しすぎた。現物は爪楊枝より細いぐらいだった。
d0092767_4195589.jpg

高値の時には1kg(約5,000匹)50万円。これ1匹が100円。そう言えば、その前に通過した浜にもシラス小屋(道具置場)が沢山あった。狙うは一攫千金。
一晩で2~3kg獲る漁師もいるという。ということは、一晩で100万から150万円。
遊覧船の船長が解説で笑わせる。
「各地に〇〇御殿というのがあるが、ココにシラス御殿はない。
その代わり近所のパチンコ屋が大きくなっている」
d0092767_4191469.jpg

獲れたシラスの全量は、はっきり分からない。
誰がどのくらい獲ったのかも、よく分からない。
その後どこで養殖されるのかも、よく分からないそうだ。
誕生地も分からない、生態もよく分からない。
中国産を四万十産蒲焼と偽って通販していた業者が捕まったニュースは見たが、本当にその社だけなのかもよく分からない。
鰻は本当に分からないことばかりのようだ。

鰻つながりでオマケのもう一枚。
d0092767_4591254.jpg

帆の清流四万十川よりも、私よりも、うな丼の旗が目立つ と、 モデルに叱られた一枚。

Moreuうなぎ
by ikuohasegawa | 2009-03-08 05:01 | 今月のうなぎ | Comments(0)