2010年 11月 22日 ( 1 )

2-342) 骨伝導イヤホン

改修工事の騒音に関連し、MINIさんから教授された。
BOSEのQuietComfort® 15 は気持ち悪くなるほど静かだそうです。
d0092767_5421223.jpg

BOSEのHPを見ると
イヤーカップ内外に設置された2種類のマイクで周囲の音を確実に感知し、改良された独自回路が、より精密に再生音と比較して騒音を識別。その騒音と逆位相の音波を送り出すことで電気的に騒音を打ち消します。

d0092767_5465713.jpg

(+)・(-)=0にする装置で39,900円もする代物。興味津々であるが1週間の防音対策用としては買えない。

私が新たに追加で購入したのはハンズで一番高い耳栓で、低反発スポンジのような物で穴を塞ぎ音を減量するタイプ。キチット着想すると30dbを低減する。しかし、ハンズで一番高いと言っても予備を含めて2セットで580円。
加えて騒音の中での映画鑑賞用にヘッドホンを購入した。

これらは、Chiを粉塵騒音の家に残してゴルフに出かけてしまう私の『罪滅ぼし』というか『自責の念』というか『懐柔策』で買い求めた。

「どこの家もご主人は務めで日中は家にいない訳で奥さんが対応している。私がいないのは極めて普通のことである。そういう訳だが、我家では新たな耳栓と映画鑑賞用にヘッドホンを求めてきた。これでよろしく頼む」と二品を差し出したら、納得してくれたので安心して出かけることが出来た。

ゴルフを終えその日の工事が終了したところへ帰宅したら、妙にTVの音量が大きい。
どうしたのかと聞くと、「お帰りなさい」「どうも聞こえにくいと思った」と耳栓をはずしながら言うではないか。
「ひょっとして、工事中、耳栓をしたままヘッドホンを使ってなかった?」
「そうしてたみたい」
?それは骨伝導ヘッドホンじゃないのだけど・・・。

そうか。耳栓とヘッドホーンを同時に使う人のために骨伝導ヘッドホーンが開発されたのだ。
そんな訳ないか。
by ikuohasegawa | 2010-11-22 05:37 | Comments(0)