カテゴリ:散歩・お出かけ( 764 )

4-743)11月のゴルフ

「終日曇り。念のため折りたたみ傘をお持ちください」と予報が出ていた昨5日、上総モナークカントリークラブにてゴルフ。

出発した6時過ぎには、5時ごろ降った小雨で路面が濡れていた。

このまま降らないで欲しいと念じながら君津のゴルフ場に着くと、雨では無いものの濃い霧。
これはこれで困るのです。
受付にて「霧のためスタート時間遅延」を告げられた。
d0092767_17114691.jpg
いつも、クラブハウス前でベンチに腰をおろし、プレーヤーを迎えてくれるジャック・ニクラウス像(コース設計者)すらもよく見えぬ。
d0092767_17115468.jpg
7分遅れでスタートします。と告げられ外に出ると、ニクラウス像が見えてきた。
やれやれ。
d0092767_17115728.jpg
OUT1番ホールをスタートするころから霧はどんどん消えていき、全く問題なし。
ところが、私のゴルフは問題有々。
それはともかく、途中から半袖になるほどの好天に。
d0092767_17120086.jpg
至誠通天。
昨日から時どき祈っていましたし、友人知人もChiも祈ってくれていましたから。
d0092767_17120288.jpg
スコアは100を切ることができませんでしたが、旧交を温めることができた一日でした。
旧交っていったって、いつものメンバーですけど。



by ikuohasegawa | 2018-11-06 04:15 | 散歩・お出かけ | Comments(3)

4-740) 相鉄星川付近 高架完成間近

30日に相鉄に乗って星川へ行ったものだから、こんな新聞記事が興味を引きました。
天王町駅―星川3丁目 渋滞解消、地域一体化期待
相模鉄道約1.8キロの高架化が終わり、11月24日から区間内にあった計7か所の踏切が廃止される。「開かずの踏切」によって深刻だった通勤時の交通渋滞が本格的に解消され、分断されていた地域の一体化も期待されている。
d0092767_05355063.jpg
高架化は、保土ヶ谷区西久保町の相鉄線天王町駅付近から同区星川3丁目までで、区間内にある星川駅も高架化された。昨年3月には下り線が高架化に移行し、11月24日からは上り線も高架に切り替わる。
市や相模鉄道は現在、同様に渋滞などが深刻な相鉄線西谷(保土ヶ谷区)―二俣川駅(旭区)間の約2・7キロの地下化を検討中で、早ければ33年度の完成を目指す。
ということで私が星川を訪れた10月30日、着いたのは完成している高架上の下りホーム。
帰りは高架下の上りホームから横浜へ。
d0092767_05353351.jpg
「11月24日からは上り線も高架に切り替わる」ということですから、次回星川へ行くと往復とも高架上ホームということになります。

地域住民でない私は特に嬉しいわけでも便利になる訳でもありませんが、かつてこの線を利用した広島の郁夫さんへのちょっとした「懐かし情報」というか「現状報告」サービスです。


by ikuohasegawa | 2018-11-03 04:15 | 散歩・お出かけ | Comments(4)

4-728) 宇都宮・大谷方面遠足の2

大谷石採掘場址の資料館を見学した後、近隣の大谷寺へ移動。

d0092767_06185981.jpg
日本最古の摩崖仏の千手観音様がおられる本堂。
d0092767_06190207.jpg
千手観音様は撮影禁止なのでHPのお写真を借ります。
d0092767_15251232.jpg
大谷寺HPより
大谷寺本尊千手観音(高さ4m)は、平安時代(810年)弘法大師の作と伝えられています。古くから大谷観音と称され、鎌倉時代に坂東19番の霊場となり、多くの人々から尊崇されてきました。最初は、岩の面に直接彫刻した表面に赤い朱を塗り、粘土で細かな化粧を施し、更に漆を塗り、一番表には金箔が押され金色に輝いていました。

全員手を合わせ石仏群の別室へ移動すると次のグループが観音様のお堂へ入ってきた。
すると一斉に般若心経の読経が始まった。
静かに流れてくる般若心経に心が引き締まり、おのずと般若心経が口をついて出る。
外に駐車している青森ナンバーの観光バスには、○○観音講とあった。遠路ご苦労様です。

隣地には昭和になって彫られた平和観音像。

d0092767_06185209.jpg
高さ27mの巨大観音様です。
d0092767_06185592.jpg

頭部は黒ずみがなく優しいお顔を拝見出来ます。


辺りには、塀は勿論、蔵にまで大谷石が使われていて、産地ならではの光景が散見できる。

その中で私の目をひいたのは民家越しに見えた廃墟?
大谷石をくり抜いたように見える。
d0092767_06190636.jpg
山本園大谷グランドセンター(址)というようです。
これにて遠足の報告は終了。



by ikuohasegawa | 2018-10-22 04:15 | 散歩・お出かけ | Comments(4)

4-727) 宇都宮・大谷方面遠足

KS会1泊2ラウンドゴルフの二日目(19日)を欠場した4名がドライブ遠足。

向かったのはさくら市の隣、宇都宮市大谷。
オオタニといえば翔平ですが、オオヤ石です。

地下坑道の入り口を被うようにして資料館が建設されている。
d0092767_05311343.jpg
入館料800円を払い、大谷石を刻んだ長い階段を下ると巨大な地下空間出現。
d0092767_05313961.jpg
TV番組で見たことはあるがこれほどのモノとは思わなかった。
d0092767_16034332.jpg
あちこちの壁にある【映画〇〇の撮影に使われた場所】【作品△△の舞台】・・・・という掲示が煩わしい。
そういうことに興味は無い。
d0092767_15555795.jpg
大型トラックが大谷石を積み地上へ運んだ幅広の傾斜路。
d0092767_16032053.jpg
その昔は、背負って一個一個運び出していたとか。
d0092767_05312569.jpg
地上に戻って展示場。

大谷石といえば、の、フランク・ロイド・ライトと旧帝国ホテル(明治村移築)のパネル。
d0092767_05312027.jpg
「フジテレビのニュースキャスターが来ている。プライベートみたいだよ」
情報を提供してくれたがあまり興味が湧かない。
「あ、そう」
「7時半だよ知らない?」
あいにくそっち方面は不調法で。
d0092767_05311768.jpg

by ikuohasegawa | 2018-10-21 04:16 | 散歩・お出かけ | Comments(4)

4₋726) ゴルフ欠場組の遠足

KS会二日目のプレーは8時スタート。
欠場する私もそれに合わせて朝食を済ませ、戻った部屋から見ると早くもスタート前の練習を開始している姿が見えた。
d0092767_16534976.jpg
当方の遠足スタートは9時の予定なので、ゴルフ組の見送り、激励に出た。
多少、欠場の後ろめたさもあったのでね。
d0092767_16542307.jpg
予報は曇りのこの日も、小寒い北風は吹いていたが晴て何よりでした。
d0092767_16540735.jpg
さくらコースINスタートの4組を見送りました。健闘を祈る.


9時、ゴルフを欠場した4名がドライブ遠足に出発。
最初は、宇都宮・大谷石採掘場跡に作られた大谷資料館に参りました。
d0092767_10092296.jpg

露天掘りの跡地が前庭になっています。
d0092767_16545186.jpg
石を切り出してここまで掘り下げてきたようです。

本日の報告はここまで。


by ikuohasegawa | 2018-10-20 04:15 | 散歩・お出かけ | Comments(4)

4-725) 10月のゴルフ ベルセルバカントリークラブ

今月のKS会会場はベルセルバカントリークラブ。
年次総会開催につき1泊2ラウンドで実施。

栃木県さくら市は終日曇りの予報が出ていたが晴れて、絶好のゴルフ日和となった。
d0092767_16083712.jpg
数ホールで我慢できず、半袖になる。
d0092767_16073600.jpg
18番ホールの住人アヒル君達ものんびりと日なたぼっこ。
d0092767_16072256.jpg
プレーを終え大温泉で疲れを癒やす。
源泉掛け流しの温泉にゆっくりつかって、肌はすべすべ、シワはピンピン。
d0092767_16070364.jpg
総会(宴会)までの時間をのんびりとすごしました。

総会後、再び入湯。心なしか男前になったように感じます。
あー、男前の件は・・・温泉入湯2回ですから横浜に帰りついたころには、もとどおりの爺様に戻っていることでしょう。

あけて本日は2ラウンド目のゴルフですが欠場しました。
本日もプレーする先輩方からすれば軟弱者でしょうが、連日のゴルフプレーに魅力を感じないという心境と、疲労を持ち越す体力に素直に従うことにしました。

このあと軟弱者4名で近場をドライブして帰ります。

by ikuohasegawa | 2018-10-19 04:15 | 散歩・お出かけ | Comments(6)

4-719) 軽井沢の秋はまだまだこれから

昨日、帰浜しました。

朝、あちらを立ってくる前のスナップです。

盛大に落ち葉を散らしているのは桂の木。
d0092767_08133642.jpg


裏にも植えましたので、ウッドデッキの上はこんな状態。
d0092767_08144938.jpg
d0092767_08140659.jpg
他の木は、まだまだ紅葉していません。

それにしても横浜は暖かです。


by ikuohasegawa | 2018-10-13 04:15 | 散歩・お出かけ | Comments(4)

4-717) 中途半端な紅葉の信州

この時期───10月中旬───信州は秋なのに中途半端です。
紅葉していません。
ならばと高地の紅葉を求めて白馬へ行ったら山には雲が出た。
思うようにはいきません。

別所温泉近くの常楽寺の巨木・愛染のカツラ。
一部は黄色くなっているが黄葉しているとは言えない。中途半端。
d0092767_13531899.jpg
前山寺へ回ってみました。

境内の巨大イチョウは青々しい。
一番紅葉していたのは参道付近。
d0092767_13542068.jpg
前庭の桜だけは紅葉していました。
d0092767_13544970.jpg
どこもここも中途半端なこの時期の信州です。

大豊作だという松茸。
陳列量は多いのだけれど小売価格は中途半端で安くない。
d0092767_06381942.jpg
このサイズの松茸が2万円というのは安いのでしょうが、こんなにでかいのは要らない。

手ごろなサイズの物は割高感を感じてしまう。なんだか中途半端だな。

中途半端なのは私の財布の中身のようです。



by ikuohasegawa | 2018-10-11 04:15 | 散歩・お出かけ | Comments(4)

4-715) 大絶景を見に白馬岩岳へ

先頭をきって桂が色づいてまいりました。
というよりどんどん散っています。
d0092767_12183351.jpg
好天に誘われるようにして白馬岩岳へ出かけました。

お目当ては山頂(標高1,289m)に、今秋誕生した山頂テラス「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR」
ゴンドラで行くことができますから登山ではありません。

結果を先に報告します。
山頂へは行きませんでした。

山麓から仰ぐと残念ながら手前の小山の先は雲に覆われ全く見えません。
d0092767_08352186.jpg
それでもゴンドラは人々を乗せて次々に出発していきます。
d0092767_08350812.jpg
ゴンドラを降りて来た人が口々に「下は雲無いのにねえ」「残念だったね」「下は暖かい」
Chiも「行くだけ行ってみよう」とは申しませんでした。

ということで、山頂へは行きせんでした。
大絶景を期待して行けば大残念になるのでね。二人で3600円ですからなおさら。


見られたはずの大絶景はこんな感じです。
d0092767_17085851.jpg
岩岳マウンテンリゾートHPより


HPによると、テラスからは白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)を正面に南北に広がる北アルプスを一望できる。毎年10月頃には、名物の北アルプス「三段紅葉」が楽しめます。
三段紅葉とは「山頂の冠雪」「山の中腹の紅葉」「麓の樹木の緑」が織りなす白馬三山の美しいグラデーション。

ちなみにカフェは1990年創業のニューヨーク生まれの老舗ベーカリーで人気の「THE CITY BAKERY」が信州に初出店。だと。
d0092767_17071179.jpg
カフェはともかく、これに近い絶景を見ようというドライブだったのですが山の天気はこういうこともあります。




by ikuohasegawa | 2018-10-09 04:15 | 散歩・お出かけ | Comments(4)

4-699)今月のゴルフ トムソンCC

大相撲秋場所 御嶽海勝ち星日記。

前日、5連敗から脱出し7勝目をあげた御嶽海。
14日目の対戦相手は大関高安。
d0092767_18110807.jpg
突き落として8勝目を上げ勝ち越しを決めた。やれやれ。
千秋楽の対戦相手は阿炎。
前頭四枚目、今場所6勝8敗の阿炎とはいえ気を抜かず9勝をあげて欲しい。


9月一回目のプライベートゴルフは雨で中止したが、KS会コンペは多少のことでは中止しない。

今日までの15年間(180数回)で中止したのは3回。
大雪によるゴルフ場閉鎖、大雨によるゴルフコース破壊、3.11直後の自粛の3回のみ。
ですから、雨の予報くらいでは中止するはずがありません。

ということで、21日、終日降り続けるトムソンCC(栃木)にてゴルフをしてきました。
d0092767_06135968.jpg
しとしと、しとしと、風まで出てレインウエアを着こんでのプレーですから鬱陶しいことこの上ないゴルフになりました。


KS会新年度ということで、ルール改定後、第一回目でした。
70歳以上はシルバーティーからプレーすることができる。
該当する7名とともに私は5~60ヤード、時には100ヤードも前から打つことができる。

見栄を張る必要は無い。
若手も含んだ議決で採用されたルールだから粛々と(喜んで)従う。
冷静に考えると、従来から取り入れているハンディキャップ制は、年齢も体力も技量も反映した前年度の成績に基づきハンディキャップを定めているのだから、その上さらに距離のアドバンテージを与えるのは過剰優遇だろうという気がする。
d0092767_06135655.jpg
しかし、どなたも、いずれもれなく70歳を迎えるのだから不公平ということではない。

また、終わってみれば前進ティーのアドバンテージを生かせた人もいるし生かせぬ人もいる。
恩恵に浴しても次回からのハンディは大幅に減少するから、一回限りの恩恵である。
そう思えば、それほど妙なルールではないように思い始めた。

私は多少恩恵を受けたようなスコア具合だったが、ハンディキャップを無駄───賞にも入らないのに───に減らすことになりそうだったので調整することにした。

残り2ホールで14打ならパープレー(ネットスコア)という局面の1ホール目は予定どおり7。最終ホールでも7のつもりだったが、気楽にプレーするものだからナイスショット連発。

こんなはずではないのに3打目のアプローチはピンそば60センチ。そこから4パットは嫌らしすぎる。
意図的に2パットして5がやっと。
結局、2アンダーで次回からのハンディキャップを2減らした。

まだまだ大量ハンディキャップがあるし、老人アドバンテージを活かして、次回は・・・。



by ikuohasegawa | 2018-09-23 04:48 | 散歩・お出かけ | Comments(5)