カテゴリ:製本&修理:スキル( 186 )

4-891) 広開製本の絵本を修理をする-2

4-884)の後編です。

背割れを修理するために自らカットした1-2ページの見返しをつなぎます。
ここも、表からのテープの補修だけでは強度不足になりいずれ裂ける。背側からの補強が必要。
再びオーガンジーリボンの出番です。


まず表紙裏と貼り合わせてある1ページ目の厚紙の縁をはがし、
d0092767_11054723.jpg
その隙間にリボンの一部を貼り、残りを本文の背に貼ります。、

仕上がりの概念図。
赤いリボンの半分は厚紙の中、半分は本文の背に貼るが空間は断固維持。
d0092767_11375099.jpg

広開本の要・背の空間を接着しないように敷き紙(テープの剥離紙)で保護。
d0092767_11055005.jpg
剥がした厚紙の隙間にボンドを塗りオーガンジーリボンを接着。
d0092767_05315868.jpg

リボンにボンドを塗り
d0092767_11055488.jpg
本文を立てて押さえ背に圧着。
センターのカットラインは密着します。
d0092767_11055780.jpg
ボンドの乾きを待って敷き紙を抜き、余分のリボンをカット。

さらに表面から補修クリアーテープで補強しました。
d0092767_11055911.jpg
後知恵ですが、この方法で修理するなら、ここをカットしないで裂けた見開きを直接修理することもできた。
まあ、初めての広開製本の修理でしたから。

by ikuohasegawa | 2019-04-03 04:00 | 製本&修理:スキル | Comments(3)

4-884) 広開本仕立ての絵本を修理

本の開き方の種類は
タイトバック=本文と背が密着している。開きづらい。文庫本など。
ホローバック=本文と背が密着していない。開きやすい。ハードカバーの単行本など。

さらに開き易くした広開本というのもある。
d0092767_07582519.png
製本の引き出しより


本文の背のみで無く、表紙のノド際も接着しないで広く本を開けるようにしている。
片側だけに処置した公開本もある。
d0092767_20524135.jpg
背に大きくゆとりを作ってあるから全開する。

その片側広開本仕立ての絵本が修理にまわってきた。
本文は貼り合わせ製本で、見開き2ページをセンターで谷折りして隣り合う裏面を貼り合わせている。
d0092767_07395030.png
図のように2枚貼り合わせ(赤線は接着剤)なので本文用紙は丈夫なのだが、折り目の部分は一重。
そこが裂けて背割れしている。
d0092767_04322763.jpg
表面からクリアテープでつないでも文字通り糊塗するだけに終わる。ここは本文の背側からも補強する必要がある。
クータを入れて本文背に貼ることも考えたが、本文側まで広がっている広開本処置の部分が処理しきれない。

下図で背が露出しているのはオレンジ色の見開きが裂けているからで、ここを復旧するためには別の個所、例えば見返しの遊び紙を剥がすとかで背を出したい。
d0092767_17272297.jpg
とは言え、表紙の裏は直接本文が貼ってあり見返し用紙は無い。
d0092767_17271937.jpg
製本の手順をさかのぼるなら貼り合わせてある表紙と本文を剥がさなくてはならないが、できるはずがない。

しばしにらんで、出した修理法は1ページと2ページの見開きのセンターをカットし背を出すというもの。この絵本はこうしないと背割れを直せない。
d0092767_17273064.jpg

背割れをボンドで固めオーガンジーリボンで補強。
d0092767_17272641.jpg

その上で、割れていたノドにクリアテープを貼る。
d0092767_17272806.jpg
裂け目の傷を彩色すれば良かったが後の祭り。

この後は、背を出すために私がカットした見開きのセンターを修復する。
これは次回。


by ikuohasegawa | 2019-03-26 04:00 | 製本&修理:スキル | Comments(0)

4-873) 正確な長方形を作図する

経済効率を考えて大判の紙を買い、そこから必要寸法の長方形を切り出して使います。
幾つかを切り出した紙を使用するときは「そこにある直角」を信用せず、新たに直角を作図します。

その場合、曲尺の直角を利用することが多いのだが、コンパスを使って長方形の直角を描いてみました。

垂線を引くには直線上に点Pを定め
⓵点Pを中心に直線と交差する円を描く
②円と直線の交わる点を中心にして大き目の円弧を描く
③反対側の交点を中心に②と同じ大きさの円弧を描く
④円弧の交点と点Pを結ぶ直線を引く
d0092767_09555777.jpg
曲尺をなぞるよりもコンパスを使う方が正確に直角が出せました。

中学生のころの図形の授業が実生活で役にたった。
我が人生で初めてのことです。




by ikuohasegawa | 2019-03-15 04:00 | 製本&修理:スキル | Comments(2)

4-857) 一本どりの糸留め

学生時代にボタン付けをした以外は針仕事などしたことが無い私ですが、還暦を迎えたころに本の修理・手作り製本と出会って、針と糸を使うようになりました。

普通に縫う時は針に通した糸の長さを均等にして二本どりで使う。ボタンもそれで付けていました。
d0092767_06173391.png
しかし、本を綴じる場合は一本どりで綴じることがほとんどです。見開きぺージごとに出る糸を目立ちにくくするためですね。

一本どりで折丁を綴じるときは、針に通した糸の短い端が針から抜けないように糸留めしておくと便利です。
糸を留めておかないと、針を強く引いて糸の弛みをなくすとき針から糸端が抜けてしまいます。

そこで、修理テキストを作るとき描いた糸留めの方法。
d0092767_09351992.jpg
糸留めをできる人はこれを見て「そうだね」と思いますが、初めての人は解りづらい。ということは、うすうす感じているものだから実演でカバーしようとするが、なんせ現物が小さいのでバタバタする。

このたび、飛ばしているコマを描き足してみました。
d0092767_16374670.jpg
【 説 明 】
針糸を旋回させ短い糸の上交差する。
(交差点を左親指で押さえ固定する)
できた輪の下から針糸を通し引くと輪が小さくなる。
糸2本をつかみ針を引くと、輪が締まりコブになる。
長い糸をつかみ針を引きコブを針穴際まで移動する。

これで・・・も、学ぶ当事者になり針を持たないと理解できないと思うが幾分親切になっただろう。


さらに、不親切。
テキストの糸綴じ説明は平置きした折丁で図解している。
d0092767_06030668.jpg
それなのに補足説明で板書するとき、縦置きの折丁を描いていた。
d0092767_06011518.png
これも、不親切極まりない。と、反省。

地図を進行方向に回転させないと読み取れない人もいるし、カーナビには自動的に進行方向に回転する親切な機能がある。
二種類の図を書かない方が親切━━講座もわかりやすい━━というもの。


by ikuohasegawa | 2019-02-27 04:15 | 製本&修理:スキル | Comments(4)

4-855)平綴じは強固をもって第一とする

点字紹介本が再び修理に戻ってきました。並四小図書修理です。
2年ほど前にパックリと背割れしていたのを修理した覚えがあります。

平綴じの綴じ代が裂けてしまいました。
d0092767_19380491.jpg
綴じ代(背との余地)が少なすぎたようです。

平綴じは強固な修理方法ですが、本のノド元が開けないという欠点を持っている。それを意識して綴じ穴を少しでも背側に寄せようとしていた修理の結果です。
今はもう少し内側に穴をあけるようにしています。

平綴じに関しては同じような、かつての失敗がもう一つあります。

綴じた糸は見返し(ノド際)を貼り戻して隠すのですが、太い糸だと見返しの凸が大きいと感じてしまう。
凸が大きいと言っても1㎜くらいのことなのですけれど、凸は小さい方が良いということで細目の糸を選択していました。
その結果、糸が切れて再修理に回ってきて、太目の糸で綴じなおしております。

平綴じの場合は良かれと思って工夫しても通用しませんね。
ひたすら強固であるべきなのでしょう。
今のところ多少のこと━━多少でなくても━━には目をつむることが必要のようです。


位置を少し内側にずらして穴をあけて、少し太めの糸で綴じなおして修理完了。
d0092767_19380604.jpg

by ikuohasegawa | 2019-02-25 04:20 | 製本&修理:スキル | Comments(0)

4-851)中綴じの本文はサイズが小さくなっている

無印良品の「4コマノート・ミニ」をばらして折丁に組みなおします。

その時の注意事項。
綴じ針はニッパーを使って抜くが用紙が再生紙なので破れやすい。丁寧に扱わなくてはなりません。

注意事項2。
ばらした本文用紙はサイズが異なっています。
理由は、中綴じ本はセンターで綴じ折り曲げた状態で小口を断裁しているから。
d0092767_07135929.jpg

ネット印刷プリンパより

それを開くと内側の紙の幅が小さくなっています。
d0092767_07215992.jpg

「4コマノート・ミニ」も、内側の用紙と外側の用紙では小口側の余白に差が出ています。
d0092767_08094588.jpg

4枚折丁に組み背を突き揃えると小口はこんなに斜めになります。
d0092767_15113117.jpg
それには構わず、目引きをして綴じ上げます。
そのあと、三方断ちして均一定寸にしますから大丈夫です。

また、三方断ちしないで現物合わせで表紙を付けても面白い。



by ikuohasegawa | 2019-02-21 04:15 | 製本&修理:スキル | Comments(2)

4-846)繪本徒然草をPDFから印刷する

M山さんに作成して頂いた「繪本徒然草」のコンテンツ。
PDFを開くと中央に挿絵があり両サイドに本文と訳が配置されている。
これが見開き2ぺージです。
d0092767_15423889.jpg
挿絵は東北大学のHPに「ご自由にお使い下さい」と公開されている由。

原稿に仕上げて頂いたM山さんと東北大学に御礼申し上げる。
我らはPDFコンテンツを印刷して本に仕立てることができます。ありがとうございます。

ここからは手作り製本の会会員向けのちょっと長い「お節介手引き」です。会員でない方はパスしていただいて結構です。
その場合、コメントは「パス」が宜しいかと。


では、B5横の紙面に見開き2ぺージというのがM山さんの規格ですが、我らはA4用紙基準ですからA4で印刷をします。

今般の印刷では、O沢さんから教えて頂いた方法を使ってみます。
これまでA5を印刷をするときは、A4用紙をA5にカットし、印刷サイズをA5に指定して印刷していましたが、O沢さんからA4用紙にA5を2面ずつ印刷することこを教わった。これをやってみました。

注:被害を最小限にするため、誤りに気付いたら素早く連絡下さい。

まず、PDF徒然草B5を開いてプリンターマークをクリック。
d0092767_15480664.jpg
印刷ボックスが開きます。
このときの印刷ボックスに表示されるのは、前回使用した設定なのでプリンターによってまちまちです。

私のプリンターは、 1枚あたりのページ数・1×1、 (用紙の)向き・縦 にて表示しました。
印刷プレビューには縦用紙に1面が配置されています。
d0092767_15061744.jpg
この1枚あたりのページ数(用紙の)向きを変えることにより、印刷サイズを変えることができます。

まず、用紙の向きを 横 に変えるとこうなります。
d0092767_15533708.jpg
このサイズの絵本も捨てがたいなあ。
もう少し大きいサイズの用紙ににて印刷できると【大人の塗り繪・徒然草】になる。
塗るの大変だからこのままで良いか。

再び、用紙の向きを縦にして
1枚あたりのページ数を1×2にすると、原稿の2面を印刷することができます。
1×2の1は横に並ぶ原稿数、1×2の2は縦に並ぶ原稿の数。
d0092767_05323774.jpg
印刷するページ の、全て を指定して 印刷。



1枚あたりのページ数を 1×3 にすれば、1は横の数、3は縦の数です。
原稿を3面単位で印刷するということです。
d0092767_15060979.jpg
洋紙の向きで 1枚あたりのページ数 2×2を指定すればこうなります。
d0092767_16015324.jpg
お好みのサイズで印刷してください。

また、PDF表中書は6枚構成です。
1枚目は説明文
2枚目 繪本徒然草 (漢字1行)
3枚目 繪本徒然草(絵入り・1冊仕上げ) 
4枚目 繪本徒然草 上(絵入り)
5枚目 繪本徒然草 下(絵入り)
6枚目 奥付 となっています。

(以下は、本文=1枚あたりのページ数 1×2 縦 にて説明します)

表中書も 1×2 縦 を指定します。

1冊仕上げに必要な3枚目と6枚目を印刷するときは、
印刷ボックスの ページ指定に  3 ,(カンマ)6 と入力します。
d0092767_16124486.jpg


上巻下巻の2冊にするときは 
ページ指定に 4-(ハイフン)6 ,(カンマ)6 と入力すると4から6までと6ページを印刷します。
4 ,(カンマ)5 ,(カンマ)6 ,(カンマ)6 でもOKです。
当然ですが用紙は2枚になります。

老婆心ながら
カンマは [ね] と同じキーです。
ハイフンはテンキー(数字キー)のこれです。
d0092767_15415280.png
M山さんほんとに素敵な繪本をありがとう。
また、別の物をよろしくお願いします。

神奈川県立博物館グッズの絵ハガキ も縦横混在していますが使えそうですよ。



by ikuohasegawa | 2019-02-16 04:18 | 製本&修理:スキル | Comments(4)

4-844) 豆本の背をホチキスで固める

量産豆本の綴じ強化(作業効率アップ=手抜きにもなります)にホチキスを使いましたこと。
どうしても承服できない方は糸綴じにてどうぞ。
その時、思い付いてストラップヒモも同時に留めることにました。

ワークショップで作ってもらう豆本は、背固めもストラップヒモもボンドで接着しているので、強度不足を懸念していました。この方法なら背とストラップの強度不足が解消できそうです。

とはいえ強固な実用的豆本にするか、多少壊れやすくても正統的な無線綴じ豆本を提供するか悩むところでありますな。
私は割り切れました。
d0092767_10353896.jpg
ホチキス針の凸を表に出さないために半折りの1枚をめくりホチキスで留め、貼り戻します。
針先の盛り上がりも平らにつぶしました。

切手シールを貼って、表紙で包みブッカーを掛けました。
d0092767_16190468.jpg
後知恵ですが、このストラップヒモの付け方は不便。
ヒモ先が金具だけでは取り付け場所が限定されます。糸で作った輪を豆本に留めるべきでした。
そうすれば、ストラップヒモの輪を携帯に付けて留め金具に豆本を付けることができました。

付けてしまった30個は小学生向けだから、と自分に言い聞かせております。

豆本を糸で綴じる場合はこんな感じになります。
d0092767_05210482.jpg


by ikuohasegawa | 2019-02-14 04:15 | 製本&修理:スキル | Comments(2)

4-842)並四小 こども大図鑑を修理

報道によると、昨11日は関東各地で積雪があったようです。
我が横浜南部でも確かに雪は舞いました。しかし「舞い地表で消える」程度の積もらない・つまらない雪でした。
ただし、最高気温は6度と非常に寒い一日でした。

さて、以前に修理した学級文庫の大地図は、本文はほとんど無傷なのに背表紙と見返しが大破しているという異常な壊れ方をしていた。
この地図は用途外使用をしたに違いない。たとえば、武器、ボール遊びのラケット代わりとかね。
と、推測したラケットのもう一方が出てきました。

此度の「こども大図鑑」も本文はほとんど健常なのに背表紙欠損。見返し断裂。
症状は大地図と同じ。
d0092767_19542607.jpg
大地図 対 こども大図鑑 でボールを打ち合ったな。


開くとこんな按配
d0092767_19562125.jpg
まずは、背表紙の再生。
薄手のボール紙を寸法に切り出し補います。(見返しはカットして外してあります)
d0092767_19542836.jpg

折れている断裂面を伸ばしますて貼り合わせ、欠けた部分は補う。
断裂した見返しを貼り合わせ、本文に戻し接合。
背部分を中心にブッカーを貼って補強。
d0092767_19543351.jpg
背タイトルはなんでも!いっぱい! 図鑑 なのですが・・・ごめんなさい。



by ikuohasegawa | 2019-02-12 04:15 | 製本&修理:スキル | Comments(8)

4-822)ひたすら綴じる 豆本量産-2

豆本作り9冊のその後。

突き揃えた本文を仮綴じします。

1.5㎜のドリルで穴をあけ、貫通させたこよりの両端を5㎜くらい残して切り、よりを戻して平らに貼ります。
d0092767_08502881.jpg
仮と言っても綴じたままですから、中綴じという方が正しいかもしれません。
中綴じは、製本途中のズレ防止と、仕上げた後、綴じ糸が切れても本がバラバラにならないという伝統的な製本法です。

中綴じ2か所の位置は本綴じの穴ラインの内(背)側にして、綴じ代の中に隠します。
此度は制作数が多いのでゲージを作りました。 
d0092767_08503007.jpg
ライン上の4か所が表紙を付けた上から綴じる本綴じの穴位置です。


背の角をボンドで固めて「角布」を貼りました。
中綴じをしたのでズレ止めの帯は外しております。
本来は角の保護という役割ですが、豆本では装飾程度と解して色和紙で代用。
d0092767_05525002.jpg
表紙をつけて穴をあけ、糸で綴じ9冊完成しました。
d0092767_16022026.jpg


by ikuohasegawa | 2019-01-23 05:49 | 製本&修理:スキル | Comments(4)