<   2006年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

13) 秘密

我が家の家訓に
一、秘密は自慢する。がある。
他には 
一、なんびとも敷地内禁煙。
一、挨拶と感謝は言葉にする。
一、早寝早起き。        等があります。
夫婦二人で、仲良く気持ちよく暮らすための基本ルールを制定したものであります。
まあ、隠し事なく生活しようと言うだけのことですが、私流に秘密は自慢するという表現になったのであります。

当事者の方には多少申し訳ありませんが、話題は カツラ になります。
本当に申し訳ありません秘密にしておられたのでしょ。でもそれは皆・・・。暗黙の秘密ですから。失礼、コノ稿はやめたほうがいいかなー。
業界は大変隆盛でありまして、アデランス社の2005年度連結売り上げは706億。2006年度は目標800億ですぞ。 いらっしゃいますなー、ご愛用の方が。

現状、私は着用・素頭の境目あたり、やや、いや、かなりそっち寄りに分類されそうですが、購入欲はありません。もともと髪の毛が細くておまけに過疎状態でしたから、○ゲにはなじんでしまっていると言うか人生そのものがズーッと・・・。えーそうです高校生のときは五分刈りでも八厘ぐらいに見えましたから。そのくせ少し伸びるとねちゃって始末が悪い髪でした。


               現状の頭部写真を一旦
                   載せましたが,見て頂くに
                   値わず。と判断。 カット。
                   希望者は現物を・・・・・・。




『さくらの横峰パパもやってるし、人生変わるのかな』
「人によると思うよ。 I ちゃん(私です。)は無駄ね。あちこちで脱いだり被ったりして、自慢して歩きそう。ないしょだぞ。秘密だぞ。写真とってブログ・・・。どうだすごいだろう。」
自慢してネタにしちゃ・・・。きみまろじゃあるまいし。          

我等の世代で話が盛り上がる話題の一つ・年金がらみで、
定年後は、妻に内緒の秘密活動資金がいる。その額は・・・。と友人に教わった。
こっそり郵便局に口座を作った。それだけでなんだかウレシイ!
小銭がだんだん貯まる。コレはウレシイ!
10万円貯まった。超ウレシー!!

もう黙っていられない。自慢したい。
『チョット聞いてくれるChi(妻)。実はサー、Chiに内緒の秘密貯金が10万貯まったんだ。どうだ、すごいだろ。』 

と言うわけで、我が家では 一、秘密は自慢する。なのであります。
[PR]
by ikuohasegawa | 2006-09-30 05:28 | 繰り言 (くりごと) | Comments(0)

12) ○の○○を入手

昨日○の○○を入手致しました。
実は、使用するまでは内緒の話なのですが、どうしても黙っていられない。
年が明けると解りますよ、皆さーん。
こんな事をしていると書いちゃいそうですから、コノ稿は終了。
[PR]
by ikuohasegawa | 2006-09-29 20:15 | お気に入り | Comments(1)

11) 100ウォン札

日垣隆さんの公式サイトへ注文していた氏の著作が到着した。
記念にと金日成100ウォン札が同封されておりました。先回は板垣退助百円札でした。おっしゃる通り珍しいので、皆さんにも公開いたします。
余談ですが、100円オマケしてもらうより遥かにうれしいです。私は。(北のレ-トは不明ですが、韓国100ウオンだと12~13円です)
d0092767_56099.jpg

コピーも出来る複合機の、スキャナーのあまりの性能に、あらぬ方向に関心が向いてしまうのもむべなるかな。というところです。
チョットどきどきしてしまいます。つまり、お札の複写・・・・。
お札と言えば、避けて通れないのが師・赤瀬川源平。師も 模型札で法に触れたとされています。芸術か犯罪か。この件は長くなるので今回は割愛。
お札の複写・・・。この・・・の先に進むと話はいよいよ佳境に入る。

北朝鮮が偽100$札で外貨を稼いでいるのは間違いない。ならば、お返しに金日成100ウォン札を大量に印刷し、北朝鮮の人々に配布するというのはどうだろう。
私がコピーするくらいでは間に合いませんから、印刷するのは、日本国立印刷局であります。
文句が出たら 
『私人がコピーすれば確かに犯罪でありますが、印刷局が札を印刷するのは業務であります。コレは貴国の顰(ひそみ)にならった国家事業であり、捕るのでなく差し上げるのですから、問題はないと存じます。また、貴国のものより、よく出来ていますのでご安心下さい。美しい国の美しいお札ですから』(ココは安倍新総理の口調で読む)

そうだ、子供の頃、セスナ機が撒いたビラが、空一面に揺れながらだんだん近づいてくるのは妙に興奮した。胸が高鳴り、走り出さずにはいられなかった。少年Hは。
田舎育ちの君たちは知らないかもしれないが、昔、50年前の都会ではよくあったのだ。
あれですよ、あれ。
ご困窮中の北○○の皆さん 100ウォン札を空からプレゼントの実施中です。

ここだけ○○にしても手遅れ?平沢勝栄副大臣殿、担当を命ず。セスナ機を・・・。

ところで頂いた100ウォン札は、北の偽札ではないだろうな。
自国の偽札は作らないか。

私の在庫にこんなのがありました。
d0092767_13125274.jpg

[PR]
by ikuohasegawa | 2006-09-27 06:32 | お気に入り | Comments(0)

10) 桂の樹

この夏、桂の樹を植えました。

碓氷軽井沢インターを出て裏道を行くと、桂の並木を通ります。
何回か通るうちにすっかり好きになってしまいました。

若葉はやさしい鶸萌黄(ひわもえぎ)色。
秋、黄葉はやさしい黄ハダ色なのです。
夏の緑陰までやさしい。
冬は来春が心配なほど見事に落葉します。
  ※1、萌黄色で良いのですが、チョッと気取ってみました。日本の伝統色です。
  ※2、鶸萌黄は変換出来たのに・・・ハダは草カンムリに壁の土を木に変える。
      未変換漢字の説明は、web上の李承ヨプさん(巨人)で覚えました

桂は人気の樹だそうで、結構あちこちで見かけます。木にも流行があるのです。
そう言えば、昔のチョッとした庭には、棕櫚(しゅろ)があった。ちゃんとした日本庭園にはない。棕櫚を植えるとチョッとした庭になるって言う感じかな。今はもう棕櫚は流行らない。
                 
                  我が家のランドマーク
d0092767_18351029.jpg

                 葉が丸っちくてハートっぽい。
                 ぎざぎざまでが丸っこい。 
d0092767_18193234.jpg

[PR]
by ikuohasegawa | 2006-09-23 18:36 | Comments(0)

9) カレンダー


カレンダーを作りました。
ターゲットは団塊の世代。毎日が日曜日って言う方専用です。
d0092767_15323190.jpg

これは必要ないね、作ってみて解りました。
曜日が必要なくなるとカレンダーはその意味をほとんど失う。日々に区切りがつかない。
だから毎日が日曜日ではだめだ。曜日が有って365連休が良いのだ。
[PR]
by ikuohasegawa | 2006-09-23 16:00 | お気に入り | Comments(0)

8) 空 豆

街を歩き、オッ と感じた光景を写しております。
機会があるとお見せするのですが 大半の人は「運転してて危なくありません」「こんな事ばかりやってるのですか」とか本題とは違う感想をもらす。
中にA瀬川系の波長の人がいて、「面白い」と言って頂く。「よく気が付くね」と言われることもある。
その気になれば、見えるのです。チョッと偉そう。目にはするが認識しないまま消え去る映像を、自分のフィルターですくい取る。それを,するかしないかだけです。認識しない事物は存在しないと言うことか。
存在論か禅問答の様ですが、そういう事だと思います。

新明解国語辞典をのぞきました。
明解さんはよくのぞくのですが、何気なく開いたら偶然にも空豆が目に入ったなんて、わざとらしい事ではない。ネタさがしです。
空豆の次の項目は、空耳:声・音がしないのに、聞こえたような気がすること とあります。その次にはなんと、空目もあるではないか。;本当は見えないのに、見えたような気がすること。とある。
そうです、空目を持つと、本当は見えないのに見えたような気がするのだから、在る物を見るのはたやすい。その気があれば。
お待たせいたしました。それでは空耳と空目をお目にかけましょう。在庫の空豆に描いてみました。
d0092767_7303573.jpg

私は空豆が好物です。時期にはいっぱい食べます。瓶詰め(オリーブオイル漬け)も作ります。ですから今でも空豆はあります。我が家には。

今日の展開はチョッと無理があるな。自分でも苦しい。
空目・空耳を見せたいだけ?笑って欲しいだけ?。そのとおりです。
でも、駄洒落を写すという新分野を・・・。
[PR]
by ikuohasegawa | 2006-09-22 08:51 | Comments(0)

7) あの日は朝焼け

夜明け間近、雷鳴轟き、豪雨集中。それで目覚めた人が多くいたあの朝、老人は起きていた。

雨もやみ、静けさを取り戻したが妙に赤い。本の頁から目を上げると、外は茜色。空がという状態ではない。空気までもが染まっていた。
若人が目覚める前のひと時、老人だけがこの空気を見た。そしてカメラを手にした。南の空を写してつぶやいた。 『この異様さが写るか』 写りました。
念のため申し添えますが、妻は見ていません。若いから。
d0092767_18325039.jpg


夕焼けには朝焼けをお返しいたします。

夕焼けと言えば、ある夏,山陰に行きました。
「お部屋から日本海に沈む美しい夕焼けの見える宿」と言うのに 泊まった。
いつまでも何時までも、湾の向こうの日本海に沈まない大きな太陽。それはそれは感動的な夕陽でした。日本一の夕焼けだね。

それよりも部屋が暑い。客が来てからクーラーを入れたな。クーラー全開でも冷えない。部屋が暑い。窓を開けても、赤く赤く染まった山陰は、真夏であることを忘れてはいない。暑い。空気が動かない。暑い。早く沈んじゃえ。カーテン閉めるか。手遅れ、部屋が暑いのだから。

お部屋から日本海に沈む夕焼けの美しい宿は、西日がズーッと差し込むお宿でした。

海辺の西日は2倍だよ。海面の反射がありますから。
畳はなかなか冷えないよ。押入れの布団もね。
夕食は、お部屋食と言う有難いサービス付でした。部屋が暑い。
何年か前の夕焼けの思い出です。
[PR]
by ikuohasegawa | 2006-09-21 18:38 | お気に入り | Comments(1)

6) ブログ

生活の一場面を切り取り,素直につづり写真をそえました。そんなブログを見ると、何かホットします。自分には書けないブログだから。そうだね、60歳になろうとする私には書けない。読んで素直な気持ちになれればいい。
そうか目が疲れているんだ・・・とか、夕焼けか・・・とか。

ブログは日記なのだそうだ。ふっと今日を思い浮かべ、素直に出来事を書く・・・。それが出来ない。子供の時は書けたのに、成人した私の日記は続かない。ネタ切れになる。書き込もうとするから、辛くなって止めてしまうのです。

日記でネタ切れはおかしい。今日の自分の行動にネタ切れがあろうはずが無いのに、ネタ切れになる。気の利いたこと言わなきゃ、面白がってもらいたいと言う気持ちが強くあるから、ネタ切れになるのだと解っているのですが・・・。
反面ネタがあると、これでもか、コレでどうだと書き込みすぎて、くどくなる。良くも悪くもそれが私だからしょうがないのだけれど・・・。

ブログも続かないで終了にならないかと心配ですが、まあ、過去に撮った写真をネタにすれば、しばらくはやれるかと思っております。その間に少し素直になれば、続くでしょう。

小学校の頃は毎日毎日日記を書いていました。
ネタなんかゴロゴロ。書くこと一杯の時代です。明日の分でもかけるぞ。
その、素直だった今から50年近く前に使用していた鉛筆削器を、今も使っております。ぐるぐるやってると、なんだか素直になれそうです。 『ハイッ』
d0092767_721848.jpg

包丁は使うたびに、まな板に当りますから刃が丸くなり、切れなくなります。これは、空中でササガキ作りみたいなものですから、今でもよく削れます。
そうだ、そろそろ包丁を研がなきゃいけない時期だね。
[PR]
by ikuohasegawa | 2006-09-20 10:37 | 繰り言 (くりごと) | Comments(0)

5) 見立て その二

【見立て講座】 例題解説
写真は、以前 若い友人から頂いたものであります。
右角は入学式の集合写真だと欠席者の場所だが,標識君は休んだのではない。拡大である。
ちなみに左は ゴッホ ンと言えば龍・・・・。右はヒロヤマガタにもらった?プリズムメガネのMM21。ともに彼女の初期作品であります。exブログの先輩でもあります。
例題は中央の『横浜東急ハンズ前』。
本人はコンナ写真と評価していましたが、連れ去り禁止と見立ててあった事によって例題に登用であります
d0092767_2052360.jpg

句会の宗匠なら、さしずめ「連れ去り禁止 と見立てたところがお手柄、お手柄」 と評価するぐらいのものであります。俳諧でも見立ては・・・・・。

進入禁止手をつなぐ子供歩行者専用が入れ替わる瞬間なのでありますが、その事実を脇に置いて連れ去り禁止と見立てて題とする。ウーン旨い。味ポン。膝ポン。お世辞抜きで御見事。
それが証拠に、この見立てがずーっと印象に残っておりまして、本日の登場となった訳であります。この見立てが無ければ、変わった写真で終わりです。

どうです、お解り頂けましたでしょうか、見立ての力。 楽しさを。
皆さんはどうでも、私はこれが楽しいのであります。
[PR]
by ikuohasegawa | 2006-09-17 10:12 | お気に入り | Comments(0)

4)見立て その一


一つの事・物をほかの何かになぞらえる・置き換えるのを、見立て と言います。
竜安寺の石庭は白砂を海に岩を山に見立てて、名園となっているわけでありますが、見立て方によっては、機知やユーモアを味わう事が出来るのであります。
見立ては、私にとってかなり重要な遊びなのであります。
友よ、見立てる力を養おう。

では、簡単な見立て講座。
【注意事項】 人を傷つけるネタで、ウケを狙ってはいけません。ウケればウケる程、傷付き、恨みが深くなる人が出ます。

【例   題】 今だから出来る 友人各位様の〝ボケ見立て〟(この方たちは大丈夫。傷つくほど純ではありませんから。)
それでは、
近時ウォーキングに凝って歩き回る S西さんは、絶対に徘徊老人。(直売野菜購入用の巨大なリックサックを買ったらしい。)

ゴルフ場の朝・昼・パーティー・帰路コンビ二で酒、もっともっとの I本さんはアルチュハイマー。(点滴にしてくれと家族を困らせているらしい)

女性大好き、全ての女性がストライクゾーンという H内さんは、エロチュハイマー。(踊れ無いのに、社交ダンスのコーチをやりたいやらしい)

自分の世界をしっかり確立し、周囲は見ないS水さんは、老人性引きこもり。(ゴルフ以外は外へ出ないらしい)

その他に二人分準備できましたので、自薦他薦を待っております。但し、くれぐれも見立てに限ります。事実になったら笑えないでしょ。

 ○○さんは女房が飯を食わしてくれないと、近所を言いまわる、マダラボケ老人。 
 
 ○○さんはゴルフ場やコンビ二で、すぐ『責任者をだせ』と言うトラブル老人。特定顧客老人。

私自身ですか。
デジカメを片手に街をうろうろするH谷川は、誤認逮捕。冤罪だ、冤罪老人。(またですか、いい加減にしてください。と言っているらしい)
くわばら、くわばら。
[PR]
by ikuohasegawa | 2006-09-16 10:18 | 繰り言 (くりごと) | Comments(0)