<   2010年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2-233) 6月の鰻 足利かわばた

6月の鰻は早くに達成していた。

信州からの帰路、太田・吉沢ゆりの里に立ち寄り山前・うなぎの川端に寄り道したので大きく東に膨らんだ。それでも寄り道する価値はある。

肝焼き400円を二串。
d0092767_8342750.jpg

『川端』が横浜にあったら毎月川端になってしまうから『今月の鰻』はカテゴリーとして存在できない。遠い栃木県足利市鹿島町にあり、時々立ち寄るからこそ『今月の鰻』に登場させることができる。

上うな重1800円を各自。
d0092767_164551.jpg

満足 満足。
by ikuohasegawa | 2010-06-30 05:44 | 今月のうなぎ | Comments(0)

2-232) 「私の書いた物」を製本

プリンターの調子が悪くなり、アレコレ調整しながら試し刷りをせねばならぬことになったそうだ。試し刷りは何のページでもよかったが、思いついて、この「365連休」を印刷した。しかしその印刷物は何をする当ても無いという話を聞いた。

せっかくの「私の印刷物」が廃棄されたり、メモ用紙にされてはアンマリなので預かり製本することにした。

私自身も見たことが無い、大量の自分のブログの印刷物を見た。総枚数実に150枚強。
d0092767_8291159.jpg

並製本はさほど難しい作業ではない。
しかし、いつもより慎重に進める。なにせ「私の書いた物」を友人がプリントし私が製本するのだから。
製本の技術試験のように感ずるのは当然だが、中身の価値を少しでも高めたいという気持ちがいつもにも増して強く湧き上がった。

このところ手が痛むので製本作業は中止していたのだけど、後で痛むのも忘れ夢中で仕上げてしまった。

アルチュさん、出来上がりましたよ。

More 言い訳
by ikuohasegawa | 2010-06-29 05:16 | 製本&修理:関連 | Comments(1)

2-231) あじさい屋敷 その二

昨日はあじさいの見事さに圧倒されていて、花紀行ポイントの申請を忘れていた。
改めて花紀行。
行楽に花紀行を付け加えるようにしている。むろん奥さん孝行の一環である。
出かける方面と開花の時期が合わないときはチョッと南へ、少し北へ更に山へと足を延ばして花を楽しんで頂けるようにする。そうそう、いつも我がまま勝手な私だから花紀行のポイント稼ぎ。今回はどちらへ。

それでは、別の角度からのあじさい屋敷の写真をどうぞ。
写真クリックで大きくなります
d0092767_1835956.jpg

一目一万株状態。園地が傾斜しているのがミソ。


d0092767_1883018.jpg


空き地として写っている山の傾斜面があじさい園。


by ikuohasegawa | 2010-06-28 05:06 | 散歩・お出かけ | Comments(0)

2-230) あじさい屋敷

茂原へ行った。
九十九里浜へは行ったことがあるけど、まさか私が茂原へ行くことになるとは思ってもいなかった。これまで用が無かったから。
ゴルフ場だって茂原の手前に幾つもあるから『この先茂原』という標識を見るだけで越境したことが無い。

あじさい屋敷の映像を見てChi共々その気になり、終日曇りという予報の出ていた土曜日に茂原へ出かけた。
千葉よみうりCCへは何度か行ったことがあるけど、そこから更に・・・実に遠い。
茂原には古くからの知人が引っ越して住んでいるが、本当にここから通って勤務しているのだろうか。

そんなことより、あじさい。丹精され実に見事なあじさい園の写真をご覧下さい。
写真クリックで大きくなります

d0092767_1805632.jpg


d0092767_18268.jpg

200種1万株。見事。入園料400円(駐車場無料) もう200円・300円余分に払う価値が有る。

服部農園・あじさい屋敷← 
by ikuohasegawa | 2010-06-27 05:15 | 散歩・お出かけ | Comments(0)

2-229) 二次被害

女子プロゴルファーの横峰さくら君は、優勝賞金1200万円を宮崎県に寄付した。我が家ではファン度が一層高まった。こういう良い子が活躍するのが当然である。
夫婦そろって、石川遼君の活躍とともに 横峰さくら君の今後の更なる活躍を祈念するものである。
報道によると、宮崎県は口蹄疫に感染または感染の疑いがある牛や豚約20万頭の殺処分と埋却作業が完了したと発表した。ワクチンを接種した牛や豚がまだ3万頭残っているが6月内に処分する計画だ。
口蹄疫の被害は畜産農家だけにとどまらなかった。不特定の人が集まる図書館、博物館なども軒並み休館。イベントも中止が200件を超えた。都城市の「あじさい公園」も、いまが盛りというのに立ち入り禁止。

2次被害も深刻だ。宮崎物産館も客が昨年の半分近くに落ち込んだ。口蹄疫発生から2か月、農場だけでなく食肉加工、ゴルフ場、ホテルにまで及ぶ。宮崎県全体の経済もじわじわと締めあげられている。

過日、信州立科町を通過したが、口蹄疫の防疫体制はそこでもとられていた。
d0092767_424958.jpg

牧場が幹線道路脇でソフトクリームと牛乳を販売するだけの売店だけど、出入りする車両のタイヤを消毒する生石灰で真っ白。牧場にしてみれば死活問題だから当然だろうなー。

そう言えばAS氏は総理時代に名古屋で「水害がこちらでなくて良かった」と発言し被災地からクレームが出て問題になった。

他山の石とし、私は今回の事態がアッチもコッチも、一日も早く収束することを祈るばかりである。
by ikuohasegawa | 2010-06-26 05:10 | 繰り言 (くりごと) | Comments(0)

2-228) 近況報告アレコレ

②スロープ完成。
d0092767_5554782.jpg

集会所入り口にスロープが完成した。多少関わりがあるので嬉しい。

③巣を作った。
d0092767_1731119.jpg

E駐車場横小公園藤棚の右手。
巣を見る人間を攻撃するそうなので見上げてはいけない。
決死の覚悟で写した、この写真で我慢して戴くのが無難。
d0092767_1792934.jpg

④掲示した。
d0092767_5563948.jpg

  頂いたデザインのポスターを自棟の掲示板にのみ勝手に掲示した。なにせ煙いんだ。

⑤復活
ちょもこさんのブログ、約一年ぶりに復活しています。

①は、もちろんW杯決勝T進出 
 日本3-1で勝利!   でしょう。
by ikuohasegawa | 2010-06-25 06:05 | 地域・団地 | Comments(0)

2=227) お得な気分

梅雨入りし終日雨の予報なのに、日中の気温は30度近く晴れた日が続いた。
なんという予報?なのだ。なんという天気?なのだ。
それでも夜間早朝は床暖房を入れている。

そんなある朝クワガタが来ていた。
d0092767_601719.jpg

カメムシに比べると何だか得した気になった。
軽井沢にて6月16日撮影
 ↑ これがワザとらしいってか。
by ikuohasegawa | 2010-06-24 05:14 | 散歩・お出かけ | Comments(0)

2-226) 武士の日本語

『品格ある日本語の数々』という惹句にひかれ購入。
つい150年前まで武士の世で話されていた侍言葉。「それは重畳」「異なことをいう」「これはしたり」など、声に出して使ってみれば、日本語本来の豊かさ・面白さが身に沁みる。品格ある日本語の数々を紹介する。

d0092767_7555215.jpg

購入理由はそういう言葉を所々に散りばめると品格漂う文章にならないか、それが無理でも格調高い文だと勘違いしてもらえないかという姑息な下心があってのことだ。まず、使ってみることにした。

確かに「手元不如意」と口にすると金が無いと言っているだけなのに、原作・藤沢周平、山田洋次映画の真田広之になったような気がする。
高潔な清貧に甘んじるというプラスのイメージもついてくるような気がするではないか。

帰宅したとき「出迎え大儀である」と言うと殿様になったような気分になれる。が、Chiに「異なことを」と言われたりしてね。
それとも「戯言を申されるでない」= 馬鹿言ってんじゃないよ。
 
武士語に変換してくれる<もんじろう>というページを見つけたので訳してみた。
例文は昨日の「軽井沢タリアセン」
入梅入り、表明させ午後より雨になると云ふ予報、出ておりき壱参日、遠出をば避けて「此処でも良きや」ぐらゐがこころもちにて出やけた、、行りてみてたまげた。

軽井沢たりあせんは、上質にてあったでござる。
軽井沢銀座が商魂丸出しが領であるとは、異なり郁郁たる集落にてあったでござる。商業活動よしんばておる、節度あるでござる商ゐ振りにていと好ましき。何に如かず騒、しくぬが、気に入りき。

益体(やくたい)もない。
by ikuohasegawa | 2010-06-23 05:15 | 繰り言 (くりごと) | Comments(1)

2-225) 塩沢湖畔のタリアセン

W.M.ヴォーリズの設計になる旧朝吹山荘「睡鳩荘」へ行った。場所は軽井沢塩沢のタリアセン。昨年、パナソニック汐留ミュージアムでヴォーリズの建築展を見た時、睡鳩荘の存在を知ったが宿題になっていた。

タリアセンは塩沢湖?畔にあることを知ってはいたが、池なのに湖なんて名乗っているから何だか便乗臭いと言うか、インチキ臭く感じてしまい足が向かなかった。

入梅入りが宣言され午後から雨になるという予報が出ていた13日、遠出を避けて「ここでも良いや」ぐらいの気持ちで出かけたが、行ってみて驚いた。

軽井沢タリアセンは上質であった。
軽井沢銀座の商魂丸出しのエリアとは異なり郁郁たる地域であった。もちろん商業活動もしているが節度ある商い振りで、とても好ましい。
何より騒がしくないのが気に入った。けばけばしくないのが気に入った。
d0092767_5225747.jpg

湖畔というのを認めても良い。

湖畔に建つW.M.ヴォーリズの設計の旧朝吹山荘「睡鳩荘」
d0092767_8231412.jpg

「睡鳩荘」のほかにも園内にはA.レイモンドの別荘を利用した美術館。展示は、ペイネだけど好みが違うのでパス。外観だけを楽しむ。

明治四十五年館。有島武郎別荘。隣接して野上弥生子書斎。堀辰雄山荘。

絵本の森美術館とピクチャレスクガーデン。
絵本の森美術館では絵本の痛み具合を思わずチェック。
直してあげたい絵本が結構目に付く。

エルツおもちゃの博物館はドイツの木のおもちゃが時間の経つのを忘れさせる。
と、見学に値する施設が整っていた。

気分がよくてオープンカフェでランチしちゃいました。
軽井沢で落ち着いたひと時を過ごしたい。そんな気分の日にはこちらをお勧めします

絵本の森美術館
タリアセン
by ikuohasegawa | 2010-06-22 05:34 | 散歩・お出かけ | Comments(0)

2-224) ピンバッジ

確か社内の昇格面接日だったと思うが、社章を紛失した友人がアルミフォイルを四角に細工しそれを襟に着け面接会場に現れたことがあった。まあ、よく似ているから遠目には分からないだろう。大いに笑ったことを覚えている。それにしても大胆というか機転がきくというか・・・。

私が紛失した時『以後十分に注意し二度と紛失しないことを誓約します』とかなんとか書いて提出し、社章を再交付してもらったことがある。

ことほど左様にサラリーマンにとって社章は欠くべからざるアイテムのようなのだが、私は普段あまり積極的に着用したことがなかった。しかし退職してからは逆にバッジが好きになった。

ポロシャツやTシャツの胸にバッジをつけると、何だか宗教団体の熱心な会員みたいだからつけないが、上着を着ると襟のボタンホールにピンバッジを付けることが多い。

ブレザーの襟に素敵なアクセサリーを付けているキチンとした、お洒落な紳士を街で見かけることもあるが、私がつけるのはピンバッジ。子供の缶バッジとほとんど同一レベルだが、お洒落とお遊びの間を狙ったアイテムのつもりでいる。バッジを付けたがるのは帰属願望の象徴で、企業という安定的帰属から離脱したことによる不安から・・・などと分析されたくはない。
d0092767_10222416.jpg

一番のお気に入りは中央の2個。これは東京オペラシティーのアートギャラリーで買ったが、名がついていない。小さいけど800円×2。これをつけていたとき何のバッジと訊ねられ「少年探偵団」と答えた。以後「少年探偵団・赤」「少年探偵団・青」と呼んでいる。

鳥は『アンリルソー・蛇使いの女』の鳥。メルシャン美術館のショップで購入。480円。

丸いのは三沢厚彦の兎。780円。

中央のバッジはご存知「みんなの党」
私は政治的にもミーハーだから、今はみんなの党を支持している。
鳩山・小沢の小鳩体制から脱却しただけで民主党の支持率は跳ね上がった。これはイカンと思い、すぐさまみんなの党へ入党届けをHPから出した。
年党費2000円を送金したら、ほどなく党員証とこのバッジが届いた。

今夜、友人たちと会うが「何のバッジ」とき聞かれたとき「秘密党員だから」と答えるのと「少年探偵団」と答えるのとどちらが面白いかなー。
バッジを選ぶのに朝から悩んでいる。

みんなの党←
by ikuohasegawa | 2010-06-21 05:05 | お気に入り | Comments(0)