<   2012年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2-850) ゴルフ

29日、曇り時々雨の天気予報だったにも関わらず、晴天に恵まれ楽しい一日を過ごした。

若い時代のゴルフ代は結構高く、2万円で精算できると安いと思うくらいだった。

今は当時と比べると安くなった。加えて熱心に、更に格安ゴルフ場を探してくれる友人がいる。

年金生活者でも、月2回ゴルフ出来るのは、彼のお蔭である。

で、感謝の気持ちを込めて、D居さんのスイングを撮影。
d0092767_1801861.jpg

君津のカナリヤガーデンゴルフクラブ。

そう、カナリヤ。
カメリヤだと、服部真夕選手が最終日18番ロングホールでツーオン。
8mのロングパットを決めイーグル。
逆転優勝を飾ったコースだが、こちらはカナリヤ。
ちょっと違う。
by ikuohasegawa | 2012-06-30 05:00 | 散歩・お出かけ | Comments(1)

2-849) ニッポンハナダカハチ

今年もまた ニッポンハナダカハチの季節がやってきた。注意書き看板を立てねばならぬ。
看板は4年前の自治会役員の時、Y本さんと製作した看板だから、本体はともかく案内は結構古びてしまった。色あせたなーと思いつつ運搬していたらハラリと落ちた。
作り直せと言うことだろうと思うよりしょうがない。

で、完成。
d0092767_616679.jpg

思い返すと、この4年間、毎年看板を出して、片づけているような気がする。気のせいかもしれないし、有りもしないことを思い込むボケかもしれない。

自治会にも管理組合にも、ハチ担当、看板担当、公園担当はいないので、作った者が責任を果たすよりしょうがない。生産者責任?
by ikuohasegawa | 2012-06-29 04:40 | 地域・団地 | Comments(0)

2-848)小沢新党のマニフェスト

さすが、計算高い不動産王小沢。次ぎの一手は、チョッと金になる会派離脱を画策。この時期の新党は金にならぬ。
d0092767_7261746.jpg

金にならなくても、すぐさま新党を立ち上げるべきである。

新党を結成したら、金科玉条のように唱えていた民主党マニフェストを新党のマニフェストとして採用されたい。民主党はとっくに捨てているから何の問題も無い。

子分もマニフェスト、マニフェストと口々に言っていたし、小沢新党党首は次のように発言している。
d0092767_7541299.jpg

そういえば民主党マニフェストは小沢幹事長の下で作成したものだった。
民主党マニフェスト(2009年衆院選)
■所要額合計16.8兆円
1.子ども手当       
2.公立高校の無償化
3.医療・介護の再生
4.農家の個別所得補償
ガソリン暫定税率の廃止
6.高速道路の無料化
7.雇用対策
8.その他(後期高齢者医療制度廃止等等)
※ 誤りが有るかもしれないが、3年を経て実行できなかったものに線を入れておいた。
そういえば、ガソリン暫定税率の廃止は、小沢幹事長自身が乗り込んでの中止だった。

「増税しないで、コレだけ、ばら撒けるというのならやってみい」

ご参考までに民主党マニフェストに記載された、財源:合計16.8兆円の内訳も記しておく。
1.公共事業見直し: 1.3兆円
2.人件費見直し: 1.1兆円
3.補助金等見直し: 6.1兆円
4.その他: 0.6兆円
5.埋蔵金の活用: 4.3兆円
6.政府資産の売却:0.7兆円

このまま、新党でやってみい。
by ikuohasegawa | 2012-06-28 07:56 | 重箱の隅をつつく | Comments(0)

2-847) うなぎ高騰

ウナギの稚魚シラスが3年連続の不漁が続いている。このままだと絶滅するかもしれないと水産庁は対策会議を開いたが、原因は「不明としかいいようがない」という。過去には、5年不漁が続いたかと思えば、その翌年に急に増えたこともあったので、原因は不明だという。

私に言わせれば、原因不明ではない。ハッキリしている。
原因は乱獲である。シラスのうちにどんどん採って大きくして、親になる前=子を作る前に食べてしまうから減ったのだ。極端な少子化なのである。要するに蒲焼の食べすぎである。

ところで、うなぎの年間購入金額日本一は浜松市だそうだ。
d0092767_8233328.jpg

我家は2007年5月以降、一回を除いて毎月欠かさず、うな重を食べている。年間12回、夫婦で24食×2千円として=4万8千円を充てていることになる。
年間7千円の、日本一浜松市はもとより、1位から5位まで足した金額1万2千円の2倍である。うぅーん。五都市の二倍か。これでは、シラス乱獲の責任は我家にあると言われてもしょうがない。
今のところ誰からも言われてはいないけど、私は、責任を感じている。Chiも同罪である。

ところで、毎月、うな重を食べるようになったのは、人生の彩り(定年後やりたいリスト)を作成してからだ。
d0092767_8242998.jpg

国内が結構忙しいので、海外旅行へは全く行けていないが、うなぎは完璧にこなしている。
by ikuohasegawa | 2012-06-28 05:08 | 今月のうなぎ | Comments(0)

2-846)海外邦人宣教者活動援助後援会

JOMAS:海外邦人宣教者活動援助後援会は1972年に活動を開始したNGOで、日本全国から寄せられた寄付金をもとに、アジア、アフリカ、南米諸国に定住するカトリック神父・修道女の方を介して辺境地域へ物資や資金を提供しています。代表は作家の曾野綾子が創立から40年務めておりましたが、このたび2012年6月より、シスター兄部純子が引き継ぎ、志を同じくする者が無償の奉仕によって活動を支えております。

JOMAS:海外邦人宣教者活動援助後援会のHPが開設された。
d0092767_6304731.jpg

HPの開設は二重の意味で嬉しい。
一つはJOMASへの新規振込みが増加する。
もう一つは詐欺口座ではなかったことが証明できた。

自分が振込先を探すのにえらく苦労したので、このブログの欄外には活動援助後援会の振込口座を載せていた。幾人の人に信用されたかは分からない。
私だって、そういうブログを見て振込みはしないけど、止むに止まれぬ気持ちからそうしていた。
by ikuohasegawa | 2012-06-27 04:26 | 繰り言 (くりごと) | Comments(0)

2-845) 新品だった

検索して、50年くらい前の幻灯機の画像を探した。当時のものの現存物だから、当然さびて古色ゆかしい写真しか見つからなかった。  
d0092767_8483865.jpg

今、所有していれば、こうなりましたという程度の古さの写真だ。しかし、50年くらい前の思い出の品としては相応しくない。だって当時は新品だった。そう、ピカピカだったのだから、古いはずがない。小学校時代の初恋の子を探したら、中高年のオバサンが出てきたようなものだ。

朝の連ドラ〝梅ちゃん先生〟は、とりあえず付き合いで、ほぼ連続して見ている。
バラック住まいから、
d0092767_8475936.jpg

下村家新築。
d0092767_8482397.jpg

全て古材で新築した、と言われればそれまでだけれど、どう見ても新築に見えない。いきなり中古住宅であった。戦後間もない頃とはいえ、新築なのだから家の木材はもう少し白く新しいと思う。鴨居も柱も皆茶色いぞ。

そういえば、映画三丁目の夕日で、走り回る軽三輪トラックには錆が施され、買いたてのテレビも輝きは無かった。皆、中古のように見えた。発売まもないのにね。50年前の話でも新品は新しいはずだ。
いくら昭和レトロと言うからといって、その時からレトロの中で生活していた訳ではないはずだ。

〝梅ちゃん先生〟は、今、隣の鶴太郎の家を新築しているけど、どんなセットが登場するやら。

この項のカテゴリーは〝重箱の隅〟ですから、ご容赦願います。
by ikuohasegawa | 2012-06-26 05:14 | 重箱の隅をつつく | Comments(1)

2-844) 敬語?

TV番組の、MAX敬語。
d0092767_8582658.jpg

お八つを、お三時と言いかえると敬語?敬語にはならないだろう。

この番組は、時々、正解が腑に落ちないことがあるので、また出る様な気がしてカメラを出しておいた。

ほら出た。ネタ採取。
d0092767_931911.jpg

確かに設問はお風呂 限定だし、お湯殿と言えば丁寧なのかもしれないが、ご飯にしますか?お風呂にしますか?と言う文節の中で、お湯殿にしますかとは、言わないだろう。

この稿は私の〝揚げ足とり〟なのだけど、揚げ足をとる の足だけ敬語にして 揚げ お御足をとるなんて言わないだろう。
朝飯前 を ご朝食前って言ったら意味が変わってしまう。 ご朝食前・・・って言うのは旅館の従業員じゃないか。

ご飯にしますか?お風呂にしますか?を敬語に正すなら「ご飯になさいますか?お風呂になさいますか?」じゃないの。せいぜい「お食事になさいますか?ご入浴になさいますか?」くらいじゃないの。

d0092767_9383480.jpg


名古屋大学教授の町田 健先生は、時々TVに出ているけど、時々が誤りがある。
by ikuohasegawa | 2012-06-25 05:01 | 重箱の隅をつつく | Comments(0)

2-843) 権太楼独演会 井戸の茶碗 傘碁

20日、県民ホールにて権太楼独演会。
d0092767_4473258.jpg

今回分のチケットは〝読売チケット〟で手配。Chiが電話で頼んだ。
読売新聞を購読しているので、現金引き換えで新聞屋さん渡し。つまり無料宅配・無料代引き。便利で良いじゃん。席は7列目の少し上手側。いい席じゃん。

隣の大ホールは THEALFEE のコンサートで入口付近は大混雑。権太楼独演会は、私なんぞが若い方で男女半々だけど、アッチは明らかに層が違う。7~80%が女性で平均して2、30歳くらい若い。
ALFEEは、全員師匠の後輩(明治学院大)で、弟子の柳家ほたるは坂崎幸之助と友人関係?だそうだ。権太楼師匠がまくらで振っていた。

この日の演目は〝井戸の茶碗〟〝笠碁〟大いに笑って堪能。
笠碁はChiが好きな演目なので、2日前に自宅で録画を見たばかりだったけれど、大満足。
落語の筋は皆 知っている。それを聞こう見ようというのが落語。それが文化というものだ。

そういえば、7月15日分(にぎわい座・権太楼独演会)は補助席しか取れていない。
発売日の6月1日は軽井沢にいて、やきもきしていた。3日の午後、岐路を野毛経由にして確保に行ったが、補助席と二階の奥しか残っていなかった。
「権太楼師匠の落語は、どこの席でも同じさ」と強がり言いながらも、チョッと残念。

師匠の横浜口演は、このところ隔月になっている。横浜軽視?
調べたら1月・3月・4月・6月・7月。今月は〝ごらく茶屋〟主催の県民ホールが入ったので二ヶ月連続となるが、チョッと少ないぞ。まじめにやって頂きたい。
「権太楼師匠、落語は、どこの席(寄席)でも同じなんだから、是非横浜で月一回」
by ikuohasegawa | 2012-06-24 05:00 | 待ってました!権太楼師匠 | Comments(0)

2-842)小沢新党

この先何が起きるか分からないので、順番を入れ替えてこの稿をUPすることにした。離党は止めたなどと言い出すと、公表する機会を失うからね。

小沢新党は60人規模なら、最低30億円の初期投資は必要だという。こうした資金は前金かつ即金で揃えなければならないが、これだけの大金を小沢氏は工面できるのか。
小沢氏の資金管理団体「陸山会」の2010年分の政治資金収支報告書によると、繰越金は1億3034万円ある。また、小沢氏が率いた「新生党」と「自由党」を解党した際、党に残った資金は、小沢氏関連の政治団体「改革フォーラム21」と「改革国民会議」に移された。両団体の繰越金(同年分)は、前者が2億2282万円、後者が9億7409万円。

報道どおりだとすると3団体合計で約13億3千万円になるが、30億円の半分にも満たない。 鳩資金はさすがに今回は動かないだろう。

不足する分は、小沢不動産王の所有物件を売却するという方法もあるが、小沢は一旦、手に入れた土地は簡単には手放さないだろう。他に隠し預金が有ったりして。
20年前の、お若いころから、こんなこと言っていたからなー。
d0092767_1034458.jpg

同調する造反議員諸君は、「今の不人気民主党では落選する。ここは〝マニフェストを守れ。反増税〟を看板に離党すれば当選できる」という思惑だろう。
ところがどっこい、増税前なら期待も有り「頑張って下さい」があるかもしれないが、選挙のころは増税法案通過済み。あの時、反対したという過去の出来事に過ぎなくなる。

君たちの当落はこう予測されている。
d0092767_911910.jpg

貴重な選挙資金を、どぶに捨てる結果にしないためには、〇 △だけを立候補させるというのが、新党党首の無駄のない合理的な判断だと思う。
しかし、私としては全員立候補してもらい、この際、小沢資金を枯渇させるというのも捨てがたい。

いずれにしても、党分裂、再編などと聞くと、何かの契機になりはせぬかと血が騒ぐ。
by ikuohasegawa | 2012-06-23 05:00 | 重箱の隅をつつく | Comments(0)

2-841) 最後の1個

小学校にレモンの木がある。
時期には、たわわ(チョッと褒めすぎ)に実っていたが、だんだん減って木には1個だけが残っていた。
d0092767_7583515.jpg

先の台風で最後のレモンが落果してしまった。

「あー、最後のレモンが落ちた。私の命もこれまで・・・・」と、悲嘆にくれている人が居はしないか。と、幼心がよみがえった。子供の時に見た幻灯のストーリーを思い出したのだ。


 「最後の一葉」
二人の若い女性画家スウとジョンジーは一緒に住んでいたがジョンジーが肺炎にかかる。ジョンジーは窓の外の壁を伝う蔦の葉が全部落ちたら自分は死ぬと思い込む。下の階に住むベアマン老人も画家だった。この話を聞いてバカバカしいことだと怒る。不思議なことに蔦の葉は最後の一枚がなぜか落ちず、ジョンジーは一命をとりとめる。一方ベアマン老人は衰弱して死んだ。壁に残った一枚の葉はベアマンが描いた絵だった。それを描くために雨の中に長時間いたためベアマンは死んだのだった。

成人してからオー・ヘンリーの短編の一話であることを確認したのだが、これを子供のころ幻灯で見たのよ。50年以上昔のことだ。
d0092767_8292372.jpg

上の穴から白熱電球を入れ、前部にはさんだフィルムを投影する幻灯機が我家にあった。白熱電球は発熱電球だから本体が熱を帯び、連続して写すとフィルムが焦げることもあった。私がと言うより父親が好きで、買っていたものと思う。
近所の子が来て、幻灯会もやったなー。そりゃー、得意だったさ。
by ikuohasegawa | 2012-06-22 05:05 | 繰り言 (くりごと) | Comments(0)