<   2016年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

3-673)BOOK型ストラップの写真

未返却図書にまつわる2013年のニュース。

米オハイオ州シャンペイン郡の図書館に、返却期限切れの本が一冊戻ってきた。本の延滞自体は珍しいことではないが、その本の返却期限を確認した職員は驚愕の事実に気付いた。なんと、その期限は1972年7月17日だったのだ。つまり、41年遅れである。
だが、返却期限以上に図書館の職員たちを驚かせたのは、本に添えられた一通の手紙と延滞金だったという。手紙には、署名なしで次のように書かれていた。

「返却が遅くなったことをお詫びします。実は私、読むのがすごく遅いのです! 一日につき2セントで41年分の延滞金、計299ドル30セント(約3万円)を同封します。本当に申し訳ございませんでした!!」

こういう例もあるが、未返却図書で検索をして一行目に出てきたのが、八重山毎日新聞の記事
石垣市立図書館(吉見武浩館長)の未返却図書が2014年3月末日現在で2790冊

事件化していないから未返却図書などと言っているが、早い話が「盗られた本」だ。


ボッティチェリの≪聖母子(書物と聖母)≫のページキーパーを調べた過程で、それとは無関係な面白いものを見つけた。
まずこの写真を。
BOOK型ストラップのアップ写真 ?
d0092767_17580255.jpg

いやいや、鎖付きの図書なのだ。

続いて、イギリス西部ヘレフォード大聖堂の図書館。
鎖につながれた禁書に見えてしまうが、盗難対策らしい。
d0092767_17583258.jpg
本が貴重だった時代の図書館だけれど、こういうことにならないように借りた本は必ず返却してほしいものだ。

ちなみに横浜市の場合
横浜市の図書館から5年間で9万5120冊の本が無くなっていたことが分かった。
横浜市の図書館から毎日55冊の本が消えている。・・・

という報告もあった。

あーあ。



More 小口のリボン
by ikuohasegawa | 2016-02-29 05:03 | 製本&修理:関連 | Comments(2)

3-672)目のつけどころがシャープです

≪聖母子(書物と聖母)≫ 絵葉書。
d0092767_16594789.jpg
ボッティチェリ展(東京都美術館で開催中)を鑑賞したK宮さんから頂いた。

東京都美術館HPの作品解説によると ≪聖母子(書物と聖母)≫は

幼子イエスを膝に抱く聖母が、優雅で安定した構図におさめられている。幼子は首を大きくひねり、愛らしい表情で聖母を仰ぎ見ている。聖母子の光輪や髪、聖母の衣服に施された刺繍、開いた書物などに、きわめて緻密な描写がみてとれる。作品の依頼主や設置場所は明らかでないが、金箔やラピスラズリなど、高価な素材が多用されていることから、重要な注文による制作であったことがうかがえる。代表作《ヴィーナスの誕生》と同じ1480年代前半に位置づけられる、ボッティチェリ円熟期の技量が光る傑作である。

「ここ、ここ、ここを見て欲しい」と、指は絵葉書の本の部分をさしている。

その日の例会で豆本の材料を頒布することになっていたので、私はてっきり横文字の豆本の要望だと思い込んだ。
「イタリア語は無理ですが、英語の豆本も作りましょう。準備します」
イタリア語は無理? ボッティチェリはイタリアだけど、今思うと間抜けなことを言ったものだ。

「ちがう、ちがう。ここを見て欲しい」

老眼鏡をかけてよく見ると、確かに解説どおり開いた書物などに、きわめて緻密な描写がみてとれる

「ここ、ここ。H谷川さんに見て欲しいのはコレ。開いた本を閉じないようにしてある」
ほほー。 
d0092767_16072757.jpg
「シャツの袖の長さを調整するアレのような」「そうそう、そう」

ここを見てとったのは、さすが製本女子。目のつけどころがシャープだ。
アッ、今だとシャープは褒め言葉にならないか。じゃあ、漢字で鋭い。慧眼、慧眼。

そして、それをH谷川なら悦ぶと見抜いたところに感服。
褒める文は偉そうになりやすいのだけれど、何だか上から目線の書きようになってしまった。

目線と言えば、
他の人が見過ごしてしまうコレに目をつけたのは、観察眼や関心のありどころもあるが、目線。
K宮さんの目線の高さにあったのは絵の下部。小柄だから。
「目の高さが丁度ここだったの」って言いかけたが・・・それほど、小柄ではない。
あーあ、書いちゃった。

帰宅してマリア様に負けぬ大型本を、引っ張り出してやってみた。
広辞苑の方が厚いけれど、ここは「西洋美術館(小学館)」でしょう。
どのページでも構わないが流れからすると、このページが最適。
d0092767_08580892.jpg
≪聖母子(書物と聖母)≫が掲載されたページをキープしてみた。

マリア様もこういうものでキープしておられたのだろうか。


K宮さんから「混まないうちに早めにどうぞ」と鑑賞をお勧め頂いたが、
幼子イエスを膝に抱く聖母、愛らしい表情で聖母を仰ぎ見るイエス。
聖なる母子像は鑑賞できない。
ここにしか目がいかないと思う。


※シャツの袖の長さを調整するアレ
アームバンドと言っていたことを思い出した。
アームガーターとかシャツガーターともいうらしい。






by ikuohasegawa | 2016-02-28 05:04 | 製本&修理:関連 | Comments(8)

3-671)和綴じ本 方丈記

手作り製本の会、例会の課題は四ツ目綴じで仕上げる「方丈記」

先回に引き続いて、完成させた作品を持ち寄りお披露目。
d0092767_17425576.jpg
女性会員ならではの表紙用紙チョイス。


袋綴じの小口には、柱題(はしらだい)魚尾(ぎょび)などが顔をのぞかせて、いかにも和本という雰囲気を出している。
いい感じだ。
d0092767_17433239.jpg
綴じ穴のラインも揃い、角布も按配よく納まって細部まで美しい。
d0092767_17430985.jpg
S口氏より
三月実施の遠足は、小川和紙の里から 工場見学ぺーパーパーク に変更すると提案有り、了承された。








by ikuohasegawa | 2016-02-27 04:51 | 製本&修理:関連 | Comments(3)

3-670)二月の鰻は関内わかな

二月の鰻は関内わかな。
ありきたりと言えばありきたりの選択だが、はるばる新規店に行って文句を言うより賢明な選択である。

先回訪れたのは2015年の1月だから、実に1年ぶりである。
ここのランチ時は特に混むから早めに家を出て、11時15分に着いたが既に十数名が入店していた。

25分経過したところで、上うな丼 登場。
d0092767_07283636.jpg
いつもはうな重を頼むのだが、ここへ来るとうな丼を注文してしまう。たっぷりご飯に魅力を感じるのだ。
蒲焼のクッション材程度に重箱の底に薄く、上品にご飯を敷く店がある。名店の証とでもいうように。
わかなも創業1872年(明治5年)、凡そ150年の歴史を持つ老舗だけれど、ビジネス街が近いこともあってか、ここのご飯の量は多い。

ドーーンとアップ。
d0092767_06270405.jpg
蒲焼はふわりと柔らかで香ばしい。甘さを抑えたタレ。
ご飯は好みの程度に固めでおまけに熱々。

山椒も色鮮やかで香り高い。
d0092767_07564686.jpg
満腹、満足。

店を出た12時過ぎには、約20卓が満卓で客は60名くらい。待ち客もいた。
d0092767_08371540.jpg
みんな、結構、蒲焼を食べるねえ。
月一の私が言うセリフではないかな。

有隣堂によって二三の買い物をして帰宅。








by ikuohasegawa | 2016-02-26 05:02 | 今月のうなぎ | Comments(6)

3-669) 並四小 五年生 焼き芋会

並木第四小学校 学援隊感謝の集いがあったが欠席した。
52冊の件が話題になって、浮いてしまう?目立つと嫌だから。

終わったのを見計らって本の修理に行くと「お礼の手紙集」が届いていた。
d0092767_14251338.jpg
オジサンはどうせ暇だけど、読み聞かせを終えてから急いで勤めに行くママもいて、頭が下がる。

「男の人の読み聞かせはいないから、きっとウケると思います」って誘われるけれど、それでウケようとは思わない。
私は修理で頑張ります。

2時限目、図書室横の中庭で五年生が焼き芋会。
d0092767_13161475.jpg
中休みに図書室に来た児童が見つけて私に聞く
「ねー、何やってるの」 「五年生が焼き芋だよ」
「いいなあ」 「君は何年生?」
「一年生。あと4年か」

計算は合っている。
そう、4年経つと焼き芋が食べられる。
d0092767_13165280.jpg
窓を開けてチラチラのぞいていたが、焼き芋はくれなかった。

考えているレベルは一年生と一緒だな。















by ikuohasegawa | 2016-02-25 05:00 | 製本&修理:関連 | Comments(8)

3-668)春節も年の初め

春節の休暇で大挙日本観光に来たように、中国では旧正月が根付いている。
中国の他にも、台湾、韓国、北朝鮮、ベトナム、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ブルネイ、モンゴルでは、国の休日として春節を祝っているそうだ。

日本人なのだが、旧正月に年賀状をくれる友人がいる。もちろん1月1日には来ない。
この友人でなくとも、年の始まりは新暦の1月1日でも、それとは別に伝統を重んじ、さまざまな生活慣習と気候がぴったり合っている旧暦を愛好する人はいる。
d0092767_07351258.png
東邦出版

私は、ときどき開く程度の愛好家です。

暦は天文と大きく関わっているので、国立天文台のHP一年のはじまりをのぞいた。
すると、いきなり「1年は繰り返すものですから、どの季節を年初=1年の始まりにしても問題ありません」ときた。
なんだか味もそっけもないなあ。

天文学的に問題は無くとも、国際的交流を考えると各国バラバラでは何かと都合が悪い。それで次第に国際基準のグレゴリオ暦に収斂してきたのだ。

では、日本はいつからグレゴリオ暦を採用したのだろう。
ウィキペディアによると
天保暦は明治5年12月2日(1872年12月31日)まで使われていた。その翌日の12月3日をもって明治6年(1873年)1月1日に改められ、グレゴリオ暦(太陽暦)に改暦された。改暦は明治5年11月9日(1872年12月9日)に布告し、翌月に実施された。この年の急な実施は明治維新後、明治政府が月給制度にした官吏の給与を(旧暦のままでは明治6年は閏6月があるので)年13回支払うのを防ぐためだったといわれる。
何だか解りにくい。
私が理解できるように順番を入れ替える。

改暦は明治5年11月9日(新暦の12月9日)に布告、翌月に実施された。
その結果、明治5年12月2日(
1872年 新暦の12月31日)まで天保暦を使い、
翌日の12月3日(新暦の1月1日)をもって明治6年(1873年)1月1日に改められ、グレゴリオ暦(太陽暦)に改暦された。
この急な改暦は、旧暦のままでは明治6年に閏6月が発生することによる。
明治政府が明治維新後、月給制度にした官吏の給与を、年13回支払うのを防ぐためだったといわれる。



冲方丁著「天地明察」を読むと、改暦には天文諸家の功名争い、公家対武家の主導権争いが絡む一大難事業であった。
それがバタバタと可決成立、改暦できたのは「政府の財政難」という何とも現実的な理由が後押ししたのだ。

まあ、国立天文台がいうとおりで「1年は繰り返すものですから、どの季節を年初=1年の始まりにしても問題ありません
けれど、驚いたろうなあ。12月、二日経ったら お正月だもの。
子供はお年玉が早くもらえて嬉しかっただろうね。



More国立天文台の 暦wiki が面白い。
by ikuohasegawa | 2016-02-24 04:48 | 繰り言 (くりごと) | Comments(3)

3-667)栞ヒモ収納ボックス

通販の栞ヒモ(150m)600円に「安い」と飛びついて失敗した。
織りが粗く切り口のほつれが激しい。それどころか、取り付け作業中に織りがゆるむという全くの粗悪品だった。しかし良かったこともある。

それは栞ヒモの容器。
d0092767_07361754.jpg

かせ状態で届いた栞ヒモを巻き取り、プラ容器(100円ショップ)に納めて端を穴から出して必要分を引き出して使う。どこかへ行ってしまいがちなヒモの端を、貼り付けた硬質スポンジの切れ目で確保するようにしたのが手柄だ。

一般的に修理の現場で普通に買えるヒモは、何色かの2‐3メートルを丸めるか小束で届く。
d0092767_06525033.jpg
リーブル通販ページより


キハラの栞ヒモ。
d0092767_07365893.jpg
キハラ通販ページより

キハラは以前、30cm位の台紙(ボール紙)に巻いていたが、価格面で対抗するため台紙はなくなったようだ。
それを切って使うのだが在庫分の始末が悪い。
で、管理しやすいボックスを作ることにした。

例によってポンチ絵。
d0092767_07374907.jpg

6色用の糸巻きをボックスにセットして、ふたの孔から引き出すようにする。
100円のスチロールの丸棒を切り糸巻きにして、それに軸を付けクルクル出てくるようにする。
容器は100円のプラシューズボックス。 勿論、糸口(ヒモの端)は硬質スポンジで固定。

作成方法を検討してみたら結構厄介だ。軸がなあ。

あれこれ、検討して別案。
d0092767_17121087.jpg
厚手のボール紙に糸巻きを縦に固定。それをボックスにセットしてふたの孔から引き出すようにする。
これだと糸巻きはクルクルしないでズルズル出てくることになるが、何より軸が無い分、工作は簡単だ。

糸巻きをボックス底でなくボール紙に接着するのは、取り出して追加のヒモを巻き易くするため。
材料、糸口は同上。

これだな。




by ikuohasegawa | 2016-02-23 04:55 | 製本&修理:ツール | Comments(2)

3-666)青と赤のレターパック

修理テキストを欲しいと申し出があった。
過去にも対応したことはあるけれど改めて見直すと不備が目立つ。

改訂せねばならぬという思いはあるが基本的に自分が説明する講座のテキストだから、訂正したり補足することができるので先延ばしして今日に至っている。どこまでお役に立てるか解らない。

修理テキストへの期待が大きいとガッカリされることになるので、ここで、こうして少々冷やしておいて郵送することにした。

レターパックはいつの間にかレターパックプラスとレターパックライトになっていた。
赤いレターパックは4㎏まで、対面渡し(受領印)が特徴。
青いレターパックライトは 4kg+厚さ3cmまで、郵便受け投げ入れ。
d0092767_07402906.jpg

※ JP HPより

他にスマートレターという商品もあった。
レターパックの半分のA5サイズで1kgまで。180円で郵便受け投げ入れ。
通販やオークション需要に対応して拡充したらしいが、家庭でも定型外で150gを超えると205円なので、小物を送るときなどにはこれを使うと良いかも。

図書ボラ 寒冷紗さん、
今回は青いレターパックライトが届きます。本日投函。

解りにくいところはコメントで質問してください。










by ikuohasegawa | 2016-02-22 05:00 | 製本&修理:関連 | Comments(7)

3-665)修理個所は修理者の目でダブルチェック

磯子図書館では、図書返却時という機会をとらえ図書館職員がチェックして、「修理確認票」の破損項目にレ点を付け回ってくる。
しかしそのレ点は図書館員が偶々見つけた破損であり、それ以外に修理箇所が無い訳ではない。

「指示が無かった」ではなく、レ点以外の箇所に気を配って欲しい。
その機会を逃さず、修理者の目でのダブルチェックが必要だと感じて修理者確認枠を増やした。
修理者は全項目確認します」の文言も入れた。

その日、自分の修理に切りがついたので修理状況を確認した。
図書館員が見つけた二箇所以外はレ点が無い。
d0092767_14052533.jpg
改訂修理確認票の意図が伝わっていない。
口を酸っぱくして言ったのになあ。

その本を開くと栞ヒモが短くなっている。
「花 おりおり」の栞ヒモに至っては三分の一しか残っていない。なんということだ。
d0092767_13480527.jpg
修理済み49冊中、実に8冊に栞ヒモの不備がある。
だから、だからの修理者全項目確認なのに。

これは、もう一度「修理確認票」の説明をして、徹底する必要がありますな。










by ikuohasegawa | 2016-02-21 04:52 | 製本&修理:ツール | Comments(4)

3-664)どいつもこいつも

順不同です。と、ことわらなくてはならぬほど頻発。

秘書賄賂疑惑の甘利、
気に入らないと停波するの高市、
妻出産間近不倫発覚の育休宮崎、
除染目標は科学的根拠なしの丸川、
歯舞が読めぬ島尻、
日本は米の51番目の州に の丸山。

どいつもこいつもと思ったら、丸山はさらにオバマ大統領は黒人奴隷の子孫とも言ったそうだ。

その後「誤解を与える発言をして申し訳ない」と陳謝したが、誰も誤解していない。
正しく理解して呆れているのだ。

そうそう、もう一人。忘れていたのはパンツ高木。
その P高木は
高木毅復興相は16日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故後に国が定めた除染の長期目標を丸川珠代環境相が「何の科学的根拠もない」などと発言した問題について、「緊張感を持って仕事をしていく必要がある」と苦言を呈した。高木氏は「丸川氏は発言を撤回したが、被災者の方々に寄り添う形で復興に取り組むことが必要だ」と述べ、環境相の姿勢に注文を付けた。
ほほー、P高木、今は更生し丸川をたしなめている。
なら P高木では申し訳ない。「過去P高木」と改めても良い。

過去のことを何時までも何時までも・・・というかもしれないが、私はいつまでも言うよ。
細野豪志だって我が家では、今でも「モナ細野」だからね。

この類の話は茶化さなくてはやりきれない。

歯舞が話題になったけれど、島尻大臣は、色丹、国後、択捉は読めたのかな。
沖縄出身だから「山原水鶏」は勿論、読めるよね。






d0092767_07311050.jpg

※小学館図鑑NEO ヤンバルクイナ










by ikuohasegawa | 2016-02-20 05:02 | 重箱の隅をつつく | Comments(6)