<   2018年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

4-491) 二月の鰻は 竹葉亭 in 横浜そごう

月日が経つのは早いもので、もう2月は終わろうとしている。
2月は殊のほか早い。

なんといっても、経つ日が28日までしかないからねえ。
うかうかしていて、2月のうなぎを食べ損ねるところだった。

26日、買い物に行くChiについて横浜へ出て、そごうの竹葉亭へ行く。

2016年1月以来の竹葉亭うな重。
本当に余分な焼け焦げは一つもない「芸術的」焼き上がりだ。
d0092767_18443140.jpg
照明で赤が少し濃い写真になっています

ふわふわ柔らかく熱々。
山椒は香り高く快い刺激。
口中をさっぱりして、またふわふわ柔らかく熱々。

しいて言うなら、
重箱に入れても鰻は元々庶民の食べ物なのだから、名店といえどご飯の量を普通にして「タレ」をもう少しかけて欲しい。
ご飯が少ないからタレが多目だと通過して重箱の底に溜まる。それを避けているのだろう。だったら「かけタレ」を用意してくださいよ。
年のせいかもしれないが竹葉亭のタレより少し甘いのを好むようになった。

庶民の食べ物と書いたものの、この日うな重は3,564円。高嶺の花感が強くなってきた。

2012年には、この店で蒲焼き3枚の「中入れ丼」を3,575円で食している。(今は4,752円)
昔日の感・・・気取ってみたけど、6年前は「感」ではなくて昔日そのものだ。

またぞろ、鰻しらすが「壊滅的不漁」だという。
鰻は、そして「今月のうなぎ」はどうなっちゃうのだろう。

テーマを「今月のカレー」に変更しなくてはならぬのかなあ。


by ikuohasegawa | 2018-02-28 04:20 | 今月のうなぎ | Comments(3)

4-490) 2月のつくしんぼ

ウオーキングで通るデイサービスの窓飾りが月ごとに変わります。

今月のテーマは節分。

更新するのを忘れていたら季節外れになってしまいました。

月日が経つのは早いもので、ついこのあいだ豆をまいたと思ったらもう春分が間近?です。

担当が変わったのでしょうか、それとも色々お忙しいのでしょうか、とてもシンプルです。
d0092767_07131390.jpg
対比の妙。
赤:白。
四角:丸。
鬼:お福。
外:内。

こんなかわいい鬼なら家に居てもらって構わない。季節外れでもね。

「福は内、鬼も内」


by ikuohasegawa | 2018-02-27 04:15 | 今月のつくしんぼ | Comments(4)

4-489) 防災備蓄庫引っ越し計画 防災拠点役員会

地域防災拠点並木第四小学校拠点運営委員会・役員会でした。
テーマは新設防災備蓄庫への、備品移動計画策定。

まずは新備蓄庫の下見。
d0092767_17364801.jpg

d0092767_17364515.jpg

聞いていたとおり狭くなった。
d0092767_17364395.jpg
今までは使っていた教室と比べると面積は半分くらいだろう。

概ね配置する場所を決めたが、備蓄品を全て収容できるか心配だ。
d0092767_17403339.jpg
とはいえ、すべての防災拠点の備蓄庫サイズは同じなのだから入らぬはずは無い。

3月3日の運営委員会が移動日となるが、委員の多くは高齢者と女性。
市から指し向けの業者は来るが、運搬は備蓄庫入り口までらしい。
収納配置は委員会メンバーでこなさねばならぬ。

3月3日は腰にコルセットをして参加するつもりでいます。




by ikuohasegawa | 2018-02-26 04:15 | 地域・団地 | Comments(6)

4-488) 紙芝居舞台は常態に復帰しました

持ち手が切れている紙芝居舞台がもう1台あるのだけど、返却と私のタイミングが合わないので修理できずにいた。
その紙芝居舞台が貸出しから戻っていた。
d0092767_17273264.jpg
革のバンドが切れてポリ紐を結んだ応急処置のまま何年使っているのだろう。

早速、修理にかかる。
材料はバックヤードにあったポリロープ。ポリ紐ではない。

古い持ち手を外す。
左右の金具にポリロープを渡す。
5-6回往復し束にする。
それを芯にして端からポリロープをグルグルと巻いて強度を出す。
弛みやすい結び目は加熱し溶かして接着しておいた。
d0092767_17273545.jpg
上手くできたので眺めてニンマリしていた。

そこへ修理方法の確認に来た会員が持ってきたのは「世界の国歌 」
d0092767_17273831.jpg
修理方法の説明の前に思うことがあって目次を開く。

案の定、ソビエト社会主義共和国連邦が飛び込んできた。
d0092767_17274184.jpg
チェコスロバキア社会主義共和国もある。

次のページにはドイツ連邦共和国にドイツ民主国。
d0092767_17274407.jpg
さらにポーランド人民共和国。

これはあきません。
そんな国はありません。国歌を変えている国もあるだろう。
閲覧図書としては不適格と説明し、留め置きにして預かる。

司書に事情を話した。
「修理後廃棄ということもありそうなので確認します。閲覧図書でなく資料にするなら修理しますが」

そういえば、10年くらい前の観光ガイドムックなども、指摘できないだけで情報が古いのではないかと言いながら修理しております。

現在の正しい国名は
ソビエト社会主義連邦は ロシア連邦
チェコスロバキヤ社会主義共和国は チェコ共和国と スロバキヤ共和国に分離
ドイツ連邦共和国とドイツ民主国は 統一してドイツ連邦共和国
ポーランド人民共和国は ポーランド共和国

世界の国歌は「資料として書庫蔵書にしますので修理をお願いします」と言われたから修理しますが、書庫で静かに幾年かを過ごし、その後「古い」と廃棄することが無いようにお願いします。


かくして、陳腐な世界の国歌は資料として書庫に納まり、紙芝居舞台は常態に復帰いたしました。

by ikuohasegawa | 2018-02-25 04:15 | 製本&修理:関連 | Comments(5)

4-487) 近所の近況報告

昨朝はどんよりと曇った寒い朝でした。

鳩は歩道橋の手すりにとまり、人が通っても身動き一つしません。
d0092767_19453169.jpg
人に気付かないふりをしているのでしょうか。
寒いからねえ。
♪鳩は飛ばずに縮こまる♪・・・猫はこたつで丸くなるです。


私が税務署横を通りかかった8時15分には、もう長蛇の列。
d0092767_08511606.jpg
開庁時刻は8時30分です。
お寒い中、確定申告ご苦労様です。

さすがに10時半には屋外の列は無くなっていました。
庁内は知りません。
d0092767_08511846.jpg
余計なお世話ですが早めの時期はこんな列はありません。
さらにもう一言、郵送も認められていますよ。

我が家の還付金は振込がありました。

還付金振込と言えば詐欺。
ATMに行かせて
「振り込みますから、あなたの口座番号を入力してください」
「こちらからの振り込みですから振込ボタンを押してください」
「確認のため金額を80000と押してください」
上手に誘導するらしいですね。


小柴米軍貯油施設跡地の公園化事業も動き始めました。
d0092767_08511313.jpg
元からある舗装道路を残して整地作業が進んでいます。
この辺りは草地広場と遊具を設置した公園になる計画です。

図面の赤線部分が我が家のベランダから見える箇所です。
d0092767_08510172.jpg
横浜市HPより

以上、近況報告でした。
by ikuohasegawa | 2018-02-24 04:28 | 散歩・お出かけ | Comments(6)

4-486) 人気になりそうな魔女図鑑

並四小の司書さんが近所の並木中学校の司書さんから連絡をもらった。
「廃棄図書を処理します。小学校で使える物があれば融通します」と。

譲り受けてきた幾冊かのうちの1冊が、この「魔女図鑑・魔女になるための11のレッスン
司書さんが、表紙の角や背の天地を修理して、こんなに見事に復活しました。
d0092767_06124471.jpg
「これは人気になると思います」と手渡されました。

ビフォー写真はありませんが、こんなに壊れるまで読まれたということは魔女になりたい女子は多いのでしょうね。
1人くらい魔女になれてるといいのに。

魔女のタイプ別に合う家、魔女が好むファッションやハロウィンの飾り、魔女の性格分析、レシピと魔女網羅。
毒キノコはトマトとゆで卵とマヨネーズで作れるらしい。
至れり尽くせりで面白い。
白黒ページのイラストに彩色する楽しみもある。

孫がいれば口実にして買いたい。
待てよ。
私は70歳だから、20歳結婚のパターンでおっていくと50歳の子がいて、30歳の孫がいて10歳の・・・ひ孫がいてもおかしくないのだ私は。

それはともかく「魔法のお告げ」のページに鉛筆での 〇 の書き込みがいっぱいありました。

目をつむって指さした字から8番目の字、次の8番目の字、また次の8番目の字・・・と読み進むと魔法のお告げ文が出てくるのです。
d0092767_06124651.jpg
消しゴムで綺麗にして、今後の対策として魔法文字面にブッカーを貼りました。

筆記具売り場に倣って白紙を貼っておいた方がいいかな。





by ikuohasegawa | 2018-02-23 04:15 | 製本&修理:関連 | Comments(7)

4-485) 三浦の河津桜

伊豆の河津桜は川津川の堤防に並んでいる。
三浦の河津桜は京浜急行横の国道沿いに植えられている。
d0092767_07350725.jpg
六分咲きだそうですが良いタイミングでした。
d0092767_07350347.jpg

d0092767_07351465.jpg
風もなく暖かでChiも満足。
d0092767_07351746.jpg

黄色い菜の花も咲いています。
d0092767_07351189.jpg

三浦海岸駅から歩いて小松が池公園が終点。
d0092767_07352164.jpg

電車が写る跨線橋上の撮影ポイントで1枚。
d0092767_07352446.jpg
どうせなら電車を入れて写したいと待っていたら、同じ思いのカメラを持ったよその奥さんと旦那の会話が聞こえてきた。

「電車なんかいつでもすぐ来るから写真は帰りでいいよ」
「すぐ来るなら、今、写す」
奥さんの勝ち。


お昼はマグロ丼。
d0092767_10110257.jpg
中トロのマグロ丼を美味しくいただきました。


三浦海岸の河津桜の開花状況はこちらからどうぞ。









by ikuohasegawa | 2018-02-22 04:15 | 散歩・お出かけ | Comments(6)

4₋484) 近所の梅

只今、六分咲の河津桜(三浦海岸)を見に行く都合があるので、梅の状況を報告しておきます。

団地の梅が開き始めました。
d0092767_15414536.jpg
隣の白梅もぽつぽつ。
d0092767_14454596.jpg
小学校の梅はもう満開です。
d0092767_15414039.jpg

d0092767_16175398.jpg





by ikuohasegawa | 2018-02-21 04:14 | 地域・団地 | Comments(4)

4-483)熊野は「ゆや」と読む

「熊野」を「ゆや」と読むことを知った。
d0092767_06570062.jpg
梟通信より借用

どうして「ゆや」なのだろう。
漢語新辞典(大修館)をひいてみたら、熊の音読みが「ユウ」でした。
d0092767_08182657.jpg
加えて、難読には「熊谷 くまがい」と共に「熊野 ゆや」が記載されていた。
難読だから「熊野 ゆや」が読めなくてもいいか。

他の動物漢字の音読みを当たってみると
ねずみ鼠 ソ
うし牛 ギュウ
とら虎 コ
うさぎ兎 ト 
たつ龍 リュウ
へび蛇 ジャ
うま馬 バ
ひつじ羊 ヨウ
さる猿 エン
とり鶏 ケイ 鳥 チョウ
いぬ犬 ケン
いのしし猪 チョ

他には、ねこ猫 ビョウ、たぬき狸 リ、おおかみ狼 ロウ、しか鹿 ロク、ぶた豚 トン、きつね狐 コ、くじら鯨 ゲイ、しゃち鯱 コ。旭酒造のおかげで、かわうそ獺 ダツも読める。
それなのに、熊の「ユウ」のは知らなかった。私だけかもしれないが。
クマ君、クマモンごめん。

漢語新辞典(大修館)の【熊】の項は前掲の画像が全てで漢字の熊の熟語は人名を除くと五語しかない。
熊は人間生活と距離があったのかなあ。

私は『熊の油』を持っていて馴染みがあるのだけど読めなかった。
d0092767_11212977.jpg



by ikuohasegawa | 2018-02-20 04:15 | 言葉 | Comments(6)

4₋482)地域防災拠点 活動総括

横浜市防災拠点並木第四小学校拠点運営委員会。

移設新築の防災備蓄庫が完成。引き渡しは3月の予定。
d0092767_08210684.jpg
年度末が近づいて活動の総括めいた話が多くなる。

会計監査氏が危惧を漏らした。
「ある程度習得しても一年で退任していくから常に素人が運営することになる。問題である」
そうなのです。全市各拠点ともずーっと問題視しています。
とはいえ、無償のボランティアですから強制するわけにはいきません。

問題であると気づき名乗り出た人が継続しているのが現状です。
T委員長も私も10年近く継続しています。他にも2名ほどいます。あなたには来年もお願いしたい。
「私は、もう歳だから」
あーそうですか・・・ボランティア参加の申し込みかと思ったのに・・・それでは、避難してきたときに率先してご協力ください。宜しくお願いいたします。

救護班長からは
「備蓄の応急医薬品が少ない。近隣の薬局と契約し防災拠点に提供してもらうべきだ。地域の看護婦さんも登録して活動してもらうべきだ」
思わず反論「地域防災拠点の役割範囲を超えている。それは行政がやることだと思います」

委員長は柔らかく受け止めて「区役所に伝えておきます」

帰宅して調べてみたところ、既に実施済みでした。
d0092767_05025584.jpg
金沢区(各区共通)の防災計画には以下の項目あり。
d0092767_08302228.jpg
「防災拠点には応急手当用品(消毒液、包帯、絆創膏等)を配備します」

つまり防災拠点運営委員に求められるのは応急手当。その定義は以下の通り。
d0092767_08361404.jpg
消防局HPより

防災拠点は「消毒液、包帯、絆創膏等」でする「応急手当」が役割です。もっとやりたい気持ちは分かるが、薬の配布、ましてや調剤、医療行為はできるはずがありません。


看護婦さんの件

医療局HPによると
1 横浜市災害支援ナース(Yナース)
大震災発生時に、あらかじめ登録された医師、薬剤師、市職員と共に、横浜市防災計画に基づき「医療救護隊」として活動する看護職のことです。活動内容は、区内の避難所等で主に軽症者に対する応急医療を行います。
2 登録資格横浜市に在住または在勤の保健師・助産師・看護師・准看護師の有資格者で、災害時に横浜市各区の地域防災拠点(指定された小・中学校)等で支援活動ができる方。(ただし、病院勤務等で、災害時に職場に参集することになっている方は原則として除きます。)

関心を抱いたことはちょっと調べてみると直ぐ答が見つかることが有りますよ。


他には
「避難所開設訓練だけでなく、避難所運営訓練もすべきだ」という意見が出てその通りだと思った。

しかし冷静に考えると、運営訓練は無理だと思いなおした。
炊飯訓練は運営訓練だけど、他は何をしたら運営訓練になるのか浮かんでこない。

どうしても運営訓練をするなら、私は『頑固で我儘で理屈っぽい避難者役』を受け持ちます。
本気で演じますから覚悟しておいてください。

結構手こずると思います。





by ikuohasegawa | 2018-02-19 04:15 | 地域・団地 | Comments(6)